日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

料理が上手い人の基準はどこ?これができれば料理上級者に見える

2018.11.30

女性ならば、やはり料理は上手になりたいもの。
最初はみんな料理初心者ですが、周りの人から見た時の料理が上手い人の基準とはどのようなことなのでしょうか?
すぐに料理上手になることは難しいですが、料理上手を目指して女子力をアップしましょう!
料理が上手い人の特徴や、男性が彼女にこれだけはマスターしておいて欲しいと思うことをご紹介します。

料理が上手い人の基準は?これができれば料理上手

誰でも料理を上手に作りたいと思いますよね。料理が上手いと思う人の基準とはどのような基準なのでしょうか。

冷蔵庫の中にあるものでチャチャッと何か作れると料理上手だと思います。料理名などないけど適当に1品出来る人は料理上手だと感じる人が多いです。

1人暮らしをしている人に多いですが、余り物が多く出てしまうことありますよね。そんな時に冷蔵庫の中にあるもので「パッと」作れたりすると料理が出来る人をと感じることがあります。特に鶏肉やひき肉は日持ちしないのでそのような食材でなんでも作れる人は料理上手と感じます。

年齢層が高くなるとお出しをしっかり取っている人を料理上手と感じる人も多いです。昆布だし、かつお節を入れてふきんでしっかりこすという感じです。そして魚をさばくなどがあります。手順や手際のよさで料理が出来ると感じます。

料理が上手い女性の基準はこんな部分にも感じる

料理が上手い女性は基準をしっかりと押さえていることが多いです。まず包丁を使うので手を清潔にしています。爪を整えたり、髪をしっかり束ねたりしています。料理は身だしなみを整えることから始まります。この過程を無視してしまうと異物が入っていることもあるので注意しましょう。

料理を作る時は目分量ではなく、量るものはきっちり量ったり、下ごしらえをしっかりしています。計量や下ごしらえはとても面倒ですが、美味しい料理を作るためには大切な過程です。面倒だから目分量で作ってしまうと、想像とは違う味になってしまうことが多いので計量はしっかりすることをオススメします。

料理上手の女性は手際がいい人が多いです。凝っている料理もササッと作れてしまうことが多いのです。美味しい料理を作るには何度も作ることで経験が物をいうことになります。いつも料理している人は美味しい料理を手際よく作ることが出来ます。

これができれば料理が上手い?基準にされがちな料理

どんな料理が出来ると料理が上手いと思われるのでしょうか。基準になる料理を紹介します。

まずはみんなが大好きな肉じゃがです。肉じゃがは和食の代表で定番料理の1つです。料理上手な人の肉じゃがはとても美味しいので、ものさしに使う人も多いです。家庭的なイメージのある肉じゃがを作れる女性は料理上手というイメージがあります。

そして煮物も基準にされています。料理が得意な人は上手に煮物を作る事が出来る。男性は煮物が作れる女性に料理の基本がしっかり出来ていると感じ人が多いのです。

そして日本人なら味噌汁という人も多くいました。味噌汁は簡単に作れそうなイメージですが、出汁から取り作るので奥が深いです。煮物や味噌汁など和食が作れる女性は料理上手という人が多いのかもしれません。

子供や大人に大人気のオムライスも料理の腕はわかると言われる料理の1つです。

男性が彼女に求める料理のレベルは?

男性が彼女に求める料理のレベルはどのようなものなのでしょうか。

1週間分作れるといい。7日分の料理が出来るかどうかは男性にとって大きな基準になるようです。前日残ったカレーをカレードリアにしたり、カレーうどんにしたり、料理のアレンジ力をつける努力をすることで男性の胃袋を掴めます。そうすると男性も手放したくなくなるので頑張ってレパートリーを増やしましょう。

男性よりも料理が下手な女性はモテません。自分よりも料理が出来る人を彼女にしたいと考える男性は多いです。しかし最近は料理をすることを趣味にしている男性も増えているのでそのような男性とは張り合うよりも「美味しい」と褒めて男性のプライドを立ててあげるようにしましょう。

又お味噌汁だけ作れればいいという男性もいます。家庭の味という感じでお味噌汁と考えている男性もいます。出汁で使う昆布は北海道産に限るなどとお味噌汁へのこだわりを見せることで「毎日家庭的な料理を作ってくれそう」と結婚を考える男性も多くいるのです。結婚となると美味しいご飯を毎日食べたいので料理の出来る女性と結婚したいと思う人が多いのです。

料理がヘタな人にありがちな特徴

料理が下手だと思うことありませんか?そんな料理が下手な人にありがちな特徴を紹介します。

料理はスピードと勘違いして湯通しなどのひと手間かかる下ごしらえを省略してしまうことです。下ごしらえで大きな差がつくこともあります。

料理を我流で作るケースです。料理の基本を知らないことにすら気がついていない場合があります。そして料理中に味見をしません。味を整えることを知らないのです。調味料を「大体このくらい」と味見をしないで料理を完成させていまうので同じ料理が毎回違う味付けになったり、何を食べてもすべて同じ味になっていることがあるのです。

そしてアレンジ、創作料理にしてしまうことがあるのです。料理が甘い時は塩。薄い時は醤油。など感覚で料理を作ってしまうのです。思いつきで調味料を入れてしまうので料理がマズくなるのです。

思い当たることありませんか?このようなことに注意することで料理がヘタな人から料理上手になることが出来ます。我流やアレンジではなく、しっかりと基本を知ることから始めましょう。

 - 簡単な問いに対する答え