料理が上手い人の基準はどこ?これができれば料理上級者に見える

女性ならば、やはり料理は上手になりたいもの。
最初はみんな料理初心者ですが、周りの人から見た時の料理が上手い人の基準とはどのようなことなのでしょうか?
すぐに料理上手になることは難しいですが、料理上手を目指して女子力をアップしましょう!
料理が上手い人の特徴や、男性が彼女にこれだけはマスターしておいて欲しいと思うことをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

飲食店で感動したサービスや嬉しい一言!こんなお店に行きたい

飲食店では、食事が美味しいのもはもちろん、店員さんの接客というのもお店の評価の基準になりますよね。 ...

職場でお菓子を配る行為は迷惑かどうか。上手な断り方の方法とは

職場でお菓子を配る人がいます。どこかのお土産を買って来ましたという他にも毎日のようにお菓子を持ってき...

ハムスターは疑似冬眠で硬直することも!死後硬直との見分け方

ペット用として販売されているハムスターは冬眠をすることがありませんが、疑似冬眠によって硬直することが...

畳にフローリングカーペットを敷く時はカビ対策を忘れずに!

畳にフローリングカーペットを敷くことで、和室から洋室へと変えることができますが、敷く前のカビ対策が大...

待ち合わせに遅刻する人の対処方法連絡なしの場合は帰るのもアリ

待ち合わせではいつも待たされてばかり。毎回のように遅刻してさらに連絡なしの彼氏や友人に振り回されて疲...

寝坊をした時に使える言い訳【学校編】寝坊を防ぐ方法も解説

前の晩夜更かしをして寝坊しまい、学校にはなんて言い訳をしようかと考えてしまうこともあると思います。 ...

桃の色々レシピ。シロップがジュースやゼリーやジェラートに変身

そのまま食べても美味しい桃ですが、たくさんあったりちょっと固いなという場合には桃を使って色々な食べ方...

パーティーに差し入れするならコレがおすすめ!大人数でも大丈夫

大人数のパーティーの差し入れはどんなものを持っていけばいいのか迷ってしまいますよね。 みんなが...

窓サッシから入り込む隙間風対策!簡単な方法と窓の調整法を解説

築年数の古い家に住んでいると、窓サッシから入り込む寒い隙間風が気になってしまうことがあります。 ...

お昼のコンビニに飽きたからお弁当生活に!時短弁当のコツ

働く女子の皆さんは、お昼はどのようなものを食べていますか? 近くの飲食店で外食、コンビニのお弁...

水彩色鉛筆の使い方!初心者向けのポイントやコツを紹介します

水彩色鉛筆の使い方は初心者には難しい?普通の色鉛筆よりもなんだか敷居の高い水彩色鉛筆ですが、コツやポ...

連絡が遅い友達が言う理由とは。返信が早くなる対策も紹介します

あなたの周りにも連絡しても返信が遅い友達っていませんか? 返信のスピードに関してはみんな色々違...

すぐできる!簡単ハンドメイド子供服の作り方【スカート編】

ハンドメイドが好きな方は子供服も自分で作ってみたい!と思いませんか?しかし小物とは違い洋服となると、...

アロマハンドクリームの作り方のコツと気をつけたい注意点

アロマハンドクリームの作り方は材料が揃えばどなたでも簡単です。水洗いなどで手が荒れてしまっても、自分...

耳たぶにピアスを開けたい!ニードルを使う場合の注意点とは

初めて耳たぶにピアスを開ける人は、ピアッサーにするかニードルにするか迷うところでしょう。 ニー...

スポンサーリンク

料理が上手い人の基準は?これができれば料理上手

誰でも料理を上手に作りたいと思いますよね。料理が上手いと思う人の基準とはどのような基準なのでしょうか。

冷蔵庫の中にあるものでチャチャッと何か作れると料理上手だと思います。料理名などないけど適当に1品出来る人は料理上手だと感じる人が多いです。

1人暮らしをしている人に多いですが、余り物が多く出てしまうことありますよね。そんな時に冷蔵庫の中にあるもので「パッと」作れたりすると料理が出来る人をと感じることがあります。特に鶏肉やひき肉は日持ちしないのでそのような食材でなんでも作れる人は料理上手と感じます。

年齢層が高くなるとお出しをしっかり取っている人を料理上手と感じる人も多いです。昆布だし、かつお節を入れてふきんでしっかりこすという感じです。そして魚をさばくなどがあります。手順や手際のよさで料理が出来ると感じます。

料理が上手い女性の基準はこんな部分にも感じる

料理が上手い女性は基準をしっかりと押さえていることが多いです。まず包丁を使うので手を清潔にしています。爪を整えたり、髪をしっかり束ねたりしています。料理は身だしなみを整えることから始まります。この過程を無視してしまうと異物が入っていることもあるので注意しましょう。

料理を作る時は目分量ではなく、量るものはきっちり量ったり、下ごしらえをしっかりしています。計量や下ごしらえはとても面倒ですが、美味しい料理を作るためには大切な過程です。面倒だから目分量で作ってしまうと、想像とは違う味になってしまうことが多いので計量はしっかりすることをオススメします。

料理上手の女性は手際がいい人が多いです。凝っている料理もササッと作れてしまうことが多いのです。美味しい料理を作るには何度も作ることで経験が物をいうことになります。いつも料理している人は美味しい料理を手際よく作ることが出来ます。

これができれば料理が上手い?基準にされがちな料理

どんな料理が出来ると料理が上手いと思われるのでしょうか。基準になる料理を紹介します。

まずはみんなが大好きな肉じゃがです。肉じゃがは和食の代表で定番料理の1つです。料理上手な人の肉じゃがはとても美味しいので、ものさしに使う人も多いです。家庭的なイメージのある肉じゃがを作れる女性は料理上手というイメージがあります。

そして煮物も基準にされています。料理が得意な人は上手に煮物を作る事が出来る。男性は煮物が作れる女性に料理の基本がしっかり出来ていると感じ人が多いのです。

そして日本人なら味噌汁という人も多くいました。味噌汁は簡単に作れそうなイメージですが、出汁から取り作るので奥が深いです。煮物や味噌汁など和食が作れる女性は料理上手という人が多いのかもしれません。

子供や大人に大人気のオムライスも料理の腕はわかると言われる料理の1つです。

男性が彼女に求める料理のレベルは?

男性が彼女に求める料理のレベルはどのようなものなのでしょうか。

1週間分作れるといい。7日分の料理が出来るかどうかは男性にとって大きな基準になるようです。前日残ったカレーをカレードリアにしたり、カレーうどんにしたり、料理のアレンジ力をつける努力をすることで男性の胃袋を掴めます。そうすると男性も手放したくなくなるので頑張ってレパートリーを増やしましょう。

男性よりも料理が下手な女性はモテません。自分よりも料理が出来る人を彼女にしたいと考える男性は多いです。しかし最近は料理をすることを趣味にしている男性も増えているのでそのような男性とは張り合うよりも「美味しい」と褒めて男性のプライドを立ててあげるようにしましょう。

又お味噌汁だけ作れればいいという男性もいます。家庭の味という感じでお味噌汁と考えている男性もいます。出汁で使う昆布は北海道産に限るなどとお味噌汁へのこだわりを見せることで「毎日家庭的な料理を作ってくれそう」と結婚を考える男性も多くいるのです。結婚となると美味しいご飯を毎日食べたいので料理の出来る女性と結婚したいと思う人が多いのです。

料理がヘタな人にありがちな特徴

料理が下手だと思うことありませんか?そんな料理が下手な人にありがちな特徴を紹介します。

料理はスピードと勘違いして湯通しなどのひと手間かかる下ごしらえを省略してしまうことです。下ごしらえで大きな差がつくこともあります。

料理を我流で作るケースです。料理の基本を知らないことにすら気がついていない場合があります。そして料理中に味見をしません。味を整えることを知らないのです。調味料を「大体このくらい」と味見をしないで料理を完成させていまうので同じ料理が毎回違う味付けになったり、何を食べてもすべて同じ味になっていることがあるのです。

そしてアレンジ、創作料理にしてしまうことがあるのです。料理が甘い時は塩。薄い時は醤油。など感覚で料理を作ってしまうのです。思いつきで調味料を入れてしまうので料理がマズくなるのです。

思い当たることありませんか?このようなことに注意することで料理がヘタな人から料理上手になることが出来ます。我流やアレンジではなく、しっかりと基本を知ることから始めましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691