義父と同居する時に迷う間取り、将来を見越して設計を立てよう

義父と同居となり家を新築する場合、どのような間取りにするべきか迷ってしまいます。
起床時間、寝る時間も異なるため、お互いプライバシーが守れるような設計にしたいものですが、どのような間取りにするのがベストなのでしょうか。

大切なのは、家族の状況は変化するということ。
今の状況だけを見て間取りを決めてしまうと、後々後悔することに。
二世帯住宅にする場合も、将来のことを見越してよく考えましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

神経質を治したい!神経質は疲れる!神経質な人の特徴を解説

自分の神経質な性格に悩んでいる人もいますよね。神経質な性格だと、色々と疲れることもありますから、治し...

文房具をアレンジで簡単可愛くさせるコツ!仕事の効率もアップ

文房具は簡単にアレンジするだけで自分だけのオリジナル文房具へと変身できちゃいます。 では、簡単...

犬がシャワーを嫌がるときの対処法とシャンプーを嫌がる理由

「飼っている犬にシャワーをすると嫌がるので困る」というお悩みを抱えている飼い主さんもいますよね。シャ...

小学校のバザーに出すもので、手作りの場合のポイント!

小学校でバザーはありますか? 学校によって色んな細かいルールはあるようですが、子供のためならと...

RPGゲームとは?知っているようで知らない奥が深いRPG

RPGゲームとは?よく耳にするけど、聞かれると説明ができない方や、よくわからないという方も少なくはな...

卵の白身が濁ってるのは新鮮なしるし?卵の鮮度について

卵の白身が濁ってると、もしかしてこれは古い卵なのでは…と思ったことはありませんか? 卵かけご飯やす...

目を大きくする方法は?子供も大人も気になるその方法を紹介!

目を大きくする方法が知りたい! 子供の目が小さいから大きくする方法を知りたい人、また、大人でも目を...

生姜の収穫時期の目安は?収穫時期を変えると色々な味が楽しめる

生姜を初めて育てる人の中には生姜の収穫時期の目安についてよくわからない人もいますよね。せっかく栽培す...

法事の香典は新札か?法事に使用するお札と香典のマナーを解説

法事に香典を出すことになったとき、今まで香典を包んだことがなければ使用するお札は新札かどうかわからな...

鉄のフライパンに必要な「最初の手入れ」と「普段の手入れ」

鉄のフライパンは熱の伝わりが良いので、料理の仕上がりに違いが出ます。またフライパンのままオーブンで加...

体を柔らかくする方法は?短期間で硬い体を柔らかくする方法

体が硬いことが悩みだという人もいますよね。硬い体を短期間で柔らかくする方法が知りたいという人もいるで...

タコさんウインナーが広がらない悩みを解決。切り方にコツあり

お弁当のおかずの定番のタコさんウインナーですが、足の部分が上手く広がらないというお悩みはありませんか...

男性の太ももの平均的な太さとは?細くするための方法も解説!

スピードスケートや自転車競技などのスポーツをしている人の太ももってかなり太く感じますが、男性の平均的...

前髪を自分で切る割合は多い!失敗しないカットのポイントとは

前髪だけは自分で切るという人の割合は意外と多いそうです。もちろん、前髪だけでも美容室に行くという人も...

旦那が自己中で子供!そう!旦那という生き物はそういうものです

旦那の自己中っぷりに、本当にもう腹しか立たない。 子供より子ども! イライラする気持わか...

スポンサーリンク

義父と同居する場合、どんな間取りがベストなのか

義父が1人になってしまった場合、家を新築し同居する場合も多いです。新築の場合は、間取りを決める事になりますが、ストレスなく同居するにはこの間取りが重要な点になってきます。

義父と息子家族の生活リズムに違いがある場合、出来るだけ生活音が気にならない、お互いがのんびりとできる空間づくりに重点を置いて部屋の場所を決めましょう。

義理父の部屋は1階で8~10畳ほどの部屋があると過ごしやすいと思います。

我が家の場合は、子供もいるので上り下りする階段の音、リビンクのテレビの音など気にして、義理父との部屋の間には廊下をつくりました。また、そして1番気をつけたのは義父の部屋の上の部屋を作らないことです。

そして高齢ということもあって義父の部屋の隣にトイレを作るようにしました。高齢になるとトイレが近くなります。そんな時でもすぐに行けるように配慮しました。

長い廊下を作ったことによって各部屋のプライバシーがとても上手に保たれています。子供部屋や私達の部屋も廊下によって区切られているので独立感があります。同居を考えている場合は廊下を作ることでプライバシーが保たれるのでオススメします。

義父と同居の間取りを考える時はプライバシー性を重視しよう

義父、義母との同居が決まり家を新築する時、生活リズムの違いをしっかり把握することが大切です。

同居は2つの世帯の生活リズムを乱さない事がポイント

義父母の起床、就寝時間は若夫婦と違います。そのようなことを考えた間取りにしましょう。もし夫の帰宅時間が遅い場合は、浴室を義父母の部屋から離して作るようにしましょう。

そして将来のことを考えてバリアフリーにしておくことも大切です。義父母の部屋を和室にするか洋室にするか本人たちの希望をしっかり聞くことも大切なことです。将来介護が必要になる可能性もあるので洋室にしておくといいです。

何より大事なことはお互いの動線をチェックすることです。出来るだけ顔を合わす頻度を少なくすることがポイントになります。リビングでの団らんの場所ではおしゃべりを楽しめる場所ですが、1人の時間も大切なので、家の中で出来るだけ顔を合わせないようにすることがポイントになるのです。出来れば2階に夫婦専用のトイレを付けるといいです。

義父との同居で間取りを考える時は、遠い先に起こり得ることから順に考える

義父との同居の間取りを考える時に完全分離型もしくは二世帯住宅を考えますよね。もし二世帯住宅を建ててしまうと、親世帯が高齢施設に入所したり天に召されてしまうと広い家だけが残っていまいます。二世帯住宅は一般的な家よりも広いので、売却や貸出としてもなかなか需要がない場合が多いのです。通常の住宅よりも建築費用もかかりますし、”更地にして売る方法しかない”とならないように将来のことをよく考えましょう。

同居は住居形態の選択が重要

お金に余裕があると、玄関やリビング、浴室などの一部を共有する半同居タイプではなく、完全分離したタイプにしておくこと無難です。他人に貸すことも考えると完全分離していると貸しても見つかりやすいです。

完全分離型であれば各住居部分の切り売りは難しく、売却するとしても一棟売りが基本になるので売りやすい作りにしておく必要もあるのです。

義父と同居する時の部屋は一階の玄関、トイレ近くがベスト

介護の仕事をして働いています。そのような仕事をしているせいもあり老人のお世話をしています。自分たちだけでは生活が出来なくなった人、子供と同居をしていたけど施設に入ってくる人もいるので色々な話を聞く機会があります。

もし義父と同居することになった場合は生活のしやすさを1番に考えたいと思います。いずれ自分たちも歳を取ります。階段を上がり2階で寝ることは不可能になるので1階での生活を考えた間取りを考えています。

同居するとなった場合を考えて、義父の部屋の近くに玄関とトイレがあるように設計を頼みました。玄関の近くというのは、もしデイサービスを利用するとなった時に職員さんがリビングを通り義父の部屋に行くのが嫌だからです。もし子供が多感な時期になると2階の部屋から出てこない場合も考えています。

誰でもプライベートな部分を見られるのは嫌ですよね。もし義父の友達が来た場合も直接部屋に行けるように配慮しました。トイレは夜中に起きる機会も段々増えてくるので部屋の近くだと安心だと思いこのような間取りにしようと考えています。

義理の親と同居する不安…同居するメリットはあるのか

義理の親と同居すると不安と感じる人が多いですが、自分の両親と同居するよりも平和です。義両親とはお互いに気を遣い接するのでとても平和に過ごすことが出来ます。気を使うのでデメリットもありますが、慣れると仲良くなりつつ程よい距離感を保てるようになるので、自分の親よりも楽です。実の母娘ほど遠慮がないので喧嘩になりやすいというデメリットがあるのです。

そして子供のいる親は子供の面倒を見てもらえるのでとても助かります。ちょっと見ていて欲しいというときにとても助かります。たまに子供を連れて散歩にも出かけてくれますし、その間ママは息抜きをすることも出来るのです。子供は色々な人に遊んで貰えるので遊びの幅が広がります。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691