包丁の使い方にはコツがある!基本の姿勢と持ち方がポイント

包丁の使い方のコツを掴んで練習をすれば、包丁使いは上達していきます。

まずは、基本の姿勢や持ち方をきちんとマスターしましょう。

食材に合わせた切り方を覚えて、どんどん練習していくことが大切です。

そこで、包丁の使い方のコツやポイントなどについてご紹介致しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生地を裁断するコツ!裁断する前の準備やハサミの使い方

服を作ったり、小物を作ったりしていると生地の裁断が重要なことに気がつきます。縫い目の方が気に...

yシャツの黄ばみを落とす重曹の使い方!頑固な黄ばみの落とし方

きれいに洗濯しているはずなのに、気付くと薄っすらと付いているYシャツの黄ばみ。特に襟周りが気にな...

夜中の電話は非常識?電話をかけてもいい時間帯は〇時まで

夜中に電話をかけるのは非常識なのはわかるけれど、その時間は何時までとなるのでしょうか?夜中でも電話を...

雨の日にスニーカーではなくサンダルを履く場合の注意点

雨の日はどうしても靴が濡れてしまいますよね。「どうせ濡れるなら」とあきらめてスニーカーを履く人も多い...

ミョウガの収穫時期は?夏ミョウガと秋ミョウガの収穫と栽培方法

家庭菜園でミョウガを育てている人の中には、家庭菜園初心者の方もいますよね。ミョウガの収穫時期について...

体を柔らかくする方法【バレエ】股関節を柔かく背中をしなやかに

体を柔らかくする方法。バレエダンサーのしなやかな動きは、鍛え上げられた筋肉と、しなやかな柔軟性に...

洗剤の種類を減らすメリットと上手に選ぶためのポイント

洗剤の種類を減らすのはオススメです。種類を減らすだけで洗剤の置く場所もスッキリしますし、ストックの管...

猫が赤ちゃんの鳴き声を出す理由と対処法!猫の気持ちを知ろう

飼っている猫が赤ちゃんのような鳴き声を出しているとき、一体なぜそのような鳴き声を出すのかわからない飼...

1歳半で絵本が大好き!満足するまで繰りかえし読んであげよう

1歳半くらいの頃から絵本が好きで、読んで欲しい絵本を持ってきたりします。我が家の娘も毎日の習慣で寝る...

ダンスのキャップが落ちないようにする方法を紹介します

ダンスのキャップを落ちないようにする方法はあるのでしょうか?激しいダンスでもキャップが落ちないように...

10月始まりの手帳が売られているのはなぜ?始まり月の多様化

毎年12月になると、店頭に翌年のカレンダーと手帳が並びますよね。毎年同じ手帳を使うという方も...

誕生日なのに友達から祝われない。誕生日はお母さんに感謝する日

誕生日なのに友達から祝われない…あなたは友達の誕生日をお祝いしてあげていますか?自分...

宝くじが当たるときには前兆が?コレが気になった時がチャンス

宝くじが当たるときにはこんな前兆があるそうです!?いったいどんな前兆があるのでしょうか?宝く...

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

子供の育て方で性格に影響が?性格が良い子とはこんな子!

子供の育て方で、性格にはどのような影響があるのでしょうか?結果だけ褒めていると、努力しない子供に...

スポンサーリンク

包丁の使い方のコツは姿勢と持ち方

料理をする時に包丁を何気なく使用している人は多いですが、基本の姿勢や持ち方、使い方のコツがあります。

包丁を使用するときの姿勢

  • 立つ位置
    キッチンと自分の間はこぶし1つ分のところがちょうどいい距離です。
  • 両足を少し開く
    両足を少しだけ開く事で、安定させる事ができます。
  • 利き手側の足は、少し後ろに
    右利きなら右足を、少しだけ後ろに引くようにします。正しい姿勢になる事で、包丁を直角に使用しやすくなり、ケガの予防にもなります。

包丁の握り方

  • 手の平で、包丁の柄の付け根のところから包み込むようにして持つ。
  • 人差し指と親指で、中心部を握って、固定させるように残りの3本の指で握ります。
    また、人差し指を包丁の背の部分に乗せると、細かい作業がやりやすくなります。

包丁の使い方のコツは左手の添え方や人差し指の爪がポイント

包丁の使い方のコツとして、まな板に対し、包丁を直角に下ろすように使用する事です。
利き手の反対側の手は、食材を押さえるというよりも、軌道を正しくするために添えるというイメージです。

利き手の反対側の添え方のコツ

利き手の反対側の手を、猫の手のように丸くさせて、安定させるように、手の平の付け根辺りをまな板に乗せます。

切るものに対して人差し指を立てて支えます。

そのまま爪をガイドにするように沿うように切って、少しずつ指をずらしながら切っていくことの繰り返しです。

立てて支えて、爪をガイドにして切る事で、もしも間違えて切ってしまってもケガが少なくて済むようになります。

人差し指と親指で支えてガイドにする人もいます。

ずれやすいものなどは、やりやすい方法でやってみるのもいいでしょう。

大切な包丁の使い方のコツ

  • 左手の手の平の根元あたりで固定させる
  • 包丁を直角に下ろす

包丁の使い方のコツは基本となる3通りの切り方に慣れること

包丁を使って切るにも、食材によって切り方が違ってきます。

●押し切り

  • 野菜などを切る時
    野菜などを切る時は、包丁を前の方に押すようにして切る押し切りです。トントンとリズムよく切るのも押し切りです。

●落とし切り

  • 魚の頭や野菜のヘタなど落とす時
    真っすぐと垂直に包丁を落とすように切るのが落とし切りです。

●引き切り

  • 肉などを切る時
    肉などを切る時は、包丁の刃の根元あたりから刃の先の方へ引くようにして切るのが引き切りとなります。

基本的に包丁を使用する時は力を入れすぎたりせずにリラックスして使用しましょう。

慣れてきたら自然と切るスピードも速くなるので、無理に早く切ろうとしないようにしましょう。

充分ケガには注意して使用する事が大切です。

包丁をうまく使うコツを掴んで練習しよう

包丁の切れ味にもよりますが、なかなか上手く切れないものもあります。

たとえばケーキなどは、スポンジの硬さとクリームの硬さ、フルーツの硬さなどが違っていて、1度に切ろうとしてしまえば、つぶれてしまう部分やクリームがはみ出てしまう部分などが出てしまったりする事があります。

ケーキを上手に切るコツは包丁を温めること

  • 包丁を使用する前に温めておく
    包丁を、ちょっと熱いと思う位に熱湯などで温めておくことで、刃に触れたクリームがほどよく溶けて、切りやすくなります。
  • 前後にゆっくり動かす
    包丁とまな板が直角になるような角度で、前後に動かしましょう。
    前後に動かす事で、それぞれ違う硬さのものや潰れやすいものがあっても崩れることなく切りやすくなります。
  • 左側から切る
    包丁の左側に、小さくなったケーキがくる事で、倒れそうになっても左手で支える事も可能になります。
    シュークリームなど、クリームが出てしまいやすいものでも、切れるようになります。

立ち位置や握り方と左手をうまく使えるようになれば包丁は使える

基本的な包丁の握り方の他にも、食材によって違う握り方をした方がいいものもあります。

●押さえ

  • 硬い野菜など
  • 筋が多いお肉など

包丁の左側と右側に、親指と人差し指の腹が来るように握るようにします。

●握り

  • 大根やかぼちゃなど、更に硬いもの

5本の指全てで包丁を、しっかりと握る持ち方です。

●指差し

  • 白髪ネギなど

細かい作業をするなら、人差し指をまっすぐと包丁の背に支えるようにします。

利き手の反対側

丸めるように猫のようにした利き手の反対側の手を、中指の第一関節に包丁の腹を沿わせるようにして使用したり、立てた人差し指の爪をガイドにしたりします。

手の平の根元を固定して、食材もしっかりと押さえるようにして動いてしまわないようにしましょう。