包丁の使い方にはコツがある!基本の姿勢と持ち方がポイント

包丁の使い方のコツを掴んで練習をすれば、包丁使いは上達していきます。

まずは、基本の姿勢や持ち方をきちんとマスターしましょう。

食材に合わせた切り方を覚えて、どんどん練習していくことが大切です。

そこで、包丁の使い方のコツやポイントなどについてご紹介致しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

顔が揺れる女子が嫌われる理由と緊張で揺れないための対処法とは

顔が揺れる女子に対して嫌悪感を抱く人が多いのはどうしてなのかご存知でしょうか。そもそも顔が揺...

バレエのレッスンを受ける効果は?子供へのメリット、デメリット

バレエは小さな女の子が憧れる習い事の1つ。子供にとってはバレエの衣装が可愛くて魅力的にうつります。...

雷が近い時は家が一番安全とは限らない?落雷からの避難方法

雷が家から近いととても怖いものですが、家にいれば安全だと思っていませんか?野外よりも確かに安全か...

おみくじの恋愛運が『あきらめなさい』そんな時でも解決策はある

お正月には、毎年神社に初詣に行き、おみくじを引くと言う方は多いですよね。または、旅行で訪れた先の...

夫婦の会話がない。子供なし夫婦の会話の見つけ方について

夫婦で会話がない。子供なしなので、二人の共通の楽しみや趣味などがないと、顔を合わせるだけの毎日に...

女の友情はもろいと感じるエピソードと疎遠になるワケととは

女同士の友情はもろいと思いますか?そんな事はないよ・・・といいたいところですが、実際には女同...

玉ねぎの収穫の目安と収穫後の処理・乾燥方法・玉ねぎの保存方法

家庭菜園で玉ねぎを栽培している人は、玉ねぎの収穫の目安と収穫後の処理・乾燥方法について知りたいですよ...

オリーブオイル賞味期限切れ活用法!捨てずにエコな使い道

オリーブオイルはどこのご家庭にもあり、パスタやサラダなどの調理に使うことが多いですよね。最近は健...

RPGゲームとは?知っているようで知らない奥が深いRPG

RPGゲームとは?よく耳にするけど、聞かれると説明ができない方や、よくわからないという方も少なくはな...

新卒と中途との待遇の違いと中途採用者が出世するための秘訣

新卒とは違って中途採用者に求められるのは即戦力。即戦力を期待されて入社しても、新卒よりも待遇が悪...

スーパーの店長が嫌い!アルバイト先の店長が嫌いな時の対処法

アルバイト先のスーパーの店長のことが嫌いで、この先どうしたらいいか悩んでいる人もいますよね。バイト先...

髪の毛の外ハネを直す方法!外出先でも直せる方法と外ハネ対策

髪の毛が外ハネするとなんだか気が滅入りませんか?キレイにスタイリングした髪の毛ので外出する方がテンシ...

金魚の水槽を掃除いらずにすることは可能?綺麗な水槽を保つコツ

金魚飼育でもっとも大変な作業が、水槽掃除です。掃除いらずの水槽が作れたら…と思う方も多いのではないで...

男性に嫌悪感を抱く理由。原因はそれぞれ!環境やトラウマとは

近くに男性がいると何となく落ち着かない、気分が悪い、嫌悪感があるという女性がいます。男性に対...

【卒業旅行】大学生最後に卒業旅行に行かないと後悔することも!

大学を卒業した時、気の合う友達や恋人と卒業旅行に行くという人もいますよね。ですが、誰もがみんな卒業旅...

スポンサーリンク

包丁の使い方のコツは姿勢と持ち方

料理をする時に包丁を何気なく使用している人は多いですが、基本の姿勢や持ち方、使い方のコツがあります。

包丁を使用するときの姿勢

  • 立つ位置
    キッチンと自分の間はこぶし1つ分のところがちょうどいい距離です。
  • 両足を少し開く
    両足を少しだけ開く事で、安定させる事ができます。
  • 利き手側の足は、少し後ろに
    右利きなら右足を、少しだけ後ろに引くようにします。正しい姿勢になる事で、包丁を直角に使用しやすくなり、ケガの予防にもなります。

包丁の握り方

  • 手の平で、包丁の柄の付け根のところから包み込むようにして持つ。
  • 人差し指と親指で、中心部を握って、固定させるように残りの3本の指で握ります。
    また、人差し指を包丁の背の部分に乗せると、細かい作業がやりやすくなります。

包丁の使い方のコツは左手の添え方や人差し指の爪がポイント

包丁の使い方のコツとして、まな板に対し、包丁を直角に下ろすように使用する事です。
利き手の反対側の手は、食材を押さえるというよりも、軌道を正しくするために添えるというイメージです。

利き手の反対側の添え方のコツ

利き手の反対側の手を、猫の手のように丸くさせて、安定させるように、手の平の付け根辺りをまな板に乗せます。

切るものに対して人差し指を立てて支えます。

そのまま爪をガイドにするように沿うように切って、少しずつ指をずらしながら切っていくことの繰り返しです。

立てて支えて、爪をガイドにして切る事で、もしも間違えて切ってしまってもケガが少なくて済むようになります。

人差し指と親指で支えてガイドにする人もいます。

ずれやすいものなどは、やりやすい方法でやってみるのもいいでしょう。

大切な包丁の使い方のコツ

  • 左手の手の平の根元あたりで固定させる
  • 包丁を直角に下ろす

包丁の使い方のコツは基本となる3通りの切り方に慣れること

包丁を使って切るにも、食材によって切り方が違ってきます。

●押し切り

  • 野菜などを切る時
    野菜などを切る時は、包丁を前の方に押すようにして切る押し切りです。トントンとリズムよく切るのも押し切りです。

●落とし切り

  • 魚の頭や野菜のヘタなど落とす時
    真っすぐと垂直に包丁を落とすように切るのが落とし切りです。

●引き切り

  • 肉などを切る時
    肉などを切る時は、包丁の刃の根元あたりから刃の先の方へ引くようにして切るのが引き切りとなります。

基本的に包丁を使用する時は力を入れすぎたりせずにリラックスして使用しましょう。

慣れてきたら自然と切るスピードも速くなるので、無理に早く切ろうとしないようにしましょう。

充分ケガには注意して使用する事が大切です。

包丁をうまく使うコツを掴んで練習しよう

包丁の切れ味にもよりますが、なかなか上手く切れないものもあります。

たとえばケーキなどは、スポンジの硬さとクリームの硬さ、フルーツの硬さなどが違っていて、1度に切ろうとしてしまえば、つぶれてしまう部分やクリームがはみ出てしまう部分などが出てしまったりする事があります。

ケーキを上手に切るコツは包丁を温めること

  • 包丁を使用する前に温めておく
    包丁を、ちょっと熱いと思う位に熱湯などで温めておくことで、刃に触れたクリームがほどよく溶けて、切りやすくなります。
  • 前後にゆっくり動かす
    包丁とまな板が直角になるような角度で、前後に動かしましょう。
    前後に動かす事で、それぞれ違う硬さのものや潰れやすいものがあっても崩れることなく切りやすくなります。
  • 左側から切る
    包丁の左側に、小さくなったケーキがくる事で、倒れそうになっても左手で支える事も可能になります。
    シュークリームなど、クリームが出てしまいやすいものでも、切れるようになります。

立ち位置や握り方と左手をうまく使えるようになれば包丁は使える

基本的な包丁の握り方の他にも、食材によって違う握り方をした方がいいものもあります。

●押さえ

  • 硬い野菜など
  • 筋が多いお肉など

包丁の左側と右側に、親指と人差し指の腹が来るように握るようにします。

●握り

  • 大根やかぼちゃなど、更に硬いもの

5本の指全てで包丁を、しっかりと握る持ち方です。

●指差し

  • 白髪ネギなど

細かい作業をするなら、人差し指をまっすぐと包丁の背に支えるようにします。

利き手の反対側

丸めるように猫のようにした利き手の反対側の手を、中指の第一関節に包丁の腹を沿わせるようにして使用したり、立てた人差し指の爪をガイドにしたりします。

手の平の根元を固定して、食材もしっかりと押さえるようにして動いてしまわないようにしましょう。