アメフト部とチア部はアメリカスクールカーストのトップ?を調査

アメリカの高校を描いたドラマや映画を見ると、アメフト部やチア部が人気者で生徒のリーダー的存在というイメージが強いですが、果たして現実でもスクールカーストのトップに君臨しているものなのでしょうか。

日本にもチアリーダーはいますが、やはりそこは本場アメリカ。やはりアメフト部やチア部は日本よりもかなり好意的に捉えられているのは事実なようです。

それではご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

先生との生徒のLINE交換は禁止って言われました。そのワケ

携帯やスマホは必需品で、いつもLINEやSNSをやっているという学生さんも多いでしょう。 連絡...

一人暮らしの女子料理の頻度と上手に作るコツ

進学や就職などで一人暮らしを始める人も多いですよね。はじめて一人暮らし女子の料理頻度はどのくらいなの...

日光の代わりにライトで植物を育成!おすすめライトの選び方

室内で植物を育ててみたいけど、日当たりの良い場所が確保できないという理由で育てるのを諦めている方はい...

大学の入学祝いの相場の金額や渡すマナーとおすすめプレゼント

大学の入学祝いの相場について、どのくらいの金額を包むべきか悩む人も多いでしょう。 例えば、甥っ子や...

友達に誘われない子供に親ができる友達力の育て方のコツとは

友達に誘われない子供が友達から好かれるようになるにはどうしたらいいのでしょうか? では、子供が...

多肉植物のカット苗の育て方!水やりのポイントと寄せ植え方法

最近女性に人気の多肉植物をご存知ですか? もともとは、雨の少ない地方が原産で、砂漠や海岸などの...

夫に無視される期間が長い場合の解決方法は「待つこと」

夫婦喧嘩をすると、夫が無視するというケースもありますが、その期間が長いとどうやって仲直りしたらいいの...

初めての漫喫でのデートには、どんな服装がいいのかを紹介

漫喫でデートと聞くと、ちょっと不安に感じる女性もいることでしょう。 ですが、最近の漫喫はとても...

七五三の着物の着付け方法!3歳の女の子の着付けとポイント

女の子の七五三は3歳の頃と7歳の頃の2回です。七五三は、子供の健やかな成長を願って行われる行事でもあ...

跳び箱練習を自宅でするオススメな方法と誰でもできるコツとは

跳び箱の練習は跳び箱がなくても自宅でできるのでしょうか? では、自宅でできる跳び箱が飛べるよう...

ベースとギター初心者に向いているのはどっち?それぞれの特徴

バンドを始めたい!そう思った時、初心者の方はベースかギターのどちらを選ぶかで、迷ってしまいませんか。...

ガスの元栓閉め忘れた!問題について。今のガスって元栓ないんだね

ガスの元栓を閉め忘れて外出しちゃった! もう、家に戻ることもできないしソワソワしちゃいますよね...

鍵の交換を自分でする方法!交換手順と注意するポイント

鍵の調子が悪く、開け締めがスムーズにいかない場合や、お子様が鍵を落としてしまった場合など、鍵の交換を...

小銭貯金を郵便局で!硬貨の入金ができるATMは郵便局だけ

小銭貯金をするなら郵便局のATMが最適です。 もちろん、銀行のATMでも硬貨対応のものもありま...

柴犬が洋服を嫌がる時の対策!洋服を着せるメリットと嫌がる理由

柴犬に洋服を着せようと思っても、洋服を嫌がるためになかなか着てくれないこともありますよね。柴犬が洋服...

スポンサーリンク

アメリカのスクールカースト上位はアメフト部とチア部が中心!?

あなたはスクールカーストという言葉の意味をご存知ですか?

スクールカーストとは、人気者の生徒を頂点にしたピラミット型の上下関係のことを言い、もっとも上の人気者、それを取り巻く生徒、地味で目立たない生徒といった順番に形成されています。

実際にアメリカでは、スクールカーストの頂点に立つ男子学生を「ジョック」、女子学生を「クイーンビー」と呼ぶそうです。

たいていの場合、ジョックにはアメフト部、クイーンビーにはチアリーダーの生徒がなりやすいと言われています。

また、このジョックとクイーンビーのすぐ下に位置する取り巻きは「サイドキックス」と呼ばれ、ジョックやクイーンビーの命令を聞いたり、逆に自分より下の立場の学生をこき使ったりすることがあるようです。
日本の人気アニメにも出てきそうなポジションですね。

サイドキックスの下にいるのが「ナード」と呼ばれる学生たちで、中でも勉強ができる子たちは脳を意味する「ブレイン」、また「オタク」的存在の生徒たちは「ギーク」で、それらを総称してナードと呼ばれています。

調べてみると実際にアメリカではアメフトやチア部の子たちがリーダー格のなるケースが多いのです。

アメリカの高校生はアメフト部とチア部のキャプテンが花形

先ほども触れましたが、アメリカのハイスクールで目立つ存在はチアリーダーとアメフト部の生徒たちです。

やはり見た目がキレイだったり、カッコ良かったり、逞しい体を持っていることは、アメリカでも人気者になる条件なのですね。

チアリーダーとアメフト部のキャプテンは、それぞれの取り巻きを連れ歩き、自信満々で高校生活を送るようです。

なんだか海外ドラマの世界のようですね。

アメリカではチアリーダーとアメフト部のキャプテンを頂点とした、はっきりとしたヒエラルキーが存在する

先ほども書きましたが、下層には「ナード」と呼ばれる地味な学生たちが存在します。

スクールカーストは日本にも存在し、いわゆるグループ間の上下関係のことを指しています。

アメリカも日本も派手で目立つ学生たちのグループがあるのは同じですね。

アメリカの人気スポーツといえば、やっぱりアメリカンフットボールです。そして、それを応援するチアガールたちはやはり憧れの存在なのでしょう。

本当にドラマで見るようにアメフトとチアリーダーはアメリカの高校では人気者なのか

ここでは、実際にアメリカで高校生活を送った経験のある人の意見をご紹介します。

 

「やはり、アメリカではアメフトはとても人気のスポーツのため、アメフト選手は、憧れの存在です。
ただし、アメフト選手だからといって必ずしも全員が人気者というわけではありません。

チームの一部の選手が人気者ということです。

チアリーダーの子たちも、キレイで目立つ存在の女の子たちが集まってはいまつが、全員が全員超人気者というわけではありません。

個人的な感想としては、映画で観るほど露骨な感じではありません。

男子にとってはアメフトの人気はすごいものがあり余すが、女子はいろいろなスポーツに人気者たちが分散している気がします。

チアの子のなかにも他のスポーツと掛け持ちをしている子がいて、ほかのクラブでも人気の子は存在します。」

アメリカではチアリーダーというだけで好意的に見られる

日本にも高校や大学のチア部が有名なところはいくつかありますが、やはり本場アメリカとは、社会的な位置づけにしても大きく異なる部分があります。

アメリカでは、チアリーダーはクラスや学校でもみんなのお手本となる優等生やリーダーとして尊敬されており、勉強もできて最新トレンドにも詳しくファッションもおしゃれなのです。

そのため、チアリーダーの社会的なイメージはとても良く、日本でチアを経験したことのある人がアメリカで「学生時代、チアリーダーやってました」と何気なく言うと、ものすごく好意的な反応が返ってくるのだそう。

やはり日本とはチア女子の立場もイメージも結構違っていますね。

でも賢くてポジティブでリーダーシップのある女の子なら、人気者になって当然です。

また、そうした理由からアメリカでのチアの女の子たちは10代~20代女子のリーダー的存在なため、若い女性たちをターゲットにしている企業のマーケティングにも一役買っているようです。

アメリカのティーンの女子には、文武両道で模範的なチアリーダーがトレンドの中心になりがちな理由がわかりましたね。

アメフトに華を添えるチアはアメリカ女性の理想的存在

全米スポーツで大人気を誇るアメリカンフットボール。

その魅力は、最高のアスリートたちが見せるスピードとぶつかり合い、選手、コーチらが繰り広げる巧みな戦略ゲーム、そしてスタンドでわき上がる数万の観客の大歓声と、つきる事がありません。

そしてこの魅力ある試合を華やかに彩るのがチアリーダーです。

アメリカではチアは美しくて、賢くて、仕事も両立できるっていう強い女性の象徴そのものなのです。

さらに、彼女たちは慈善活動にも積極的で、年間約300件以上の地域貢献活動に参加しています。

そんなチアリーダーたちの多くは、週末の試合の為に、時には1日6時間にも及ぶハードな練習を行います。

莫大な報酬が支払われるわけではないのに、毎年多くの女性たちがチアリーダーになることを目指して、オーディションに参加します。

ドラマや映画の影響で、チアに対し意地悪な女子たちではというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実は社会の見本的な存在だったのですね。

人気があるのも納得ですね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691