クッキーに書くチョコペンのコツ【初心者向けスイーツレッスン】

プレゼント用にクッキーを作って、メッセージを入れる場合や、カワイイ模様を入れる時に使うのがチョコペンですよね。

レシピ本やネットでは、かわいいデコレーションがほどこされたクッキーをよく見かけますが、いざ自分でやってみると同じようにできないという方は多いのではないでしょうか?

模様が途切れ途切れになってしまったり、線が太くなったり細くなったり、なかなか上手くいきませんよね。

そこで、どのようにすればチョコペンを上手に使えるのか、上手に書けるコツをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

嫁が嫉妬しても可愛いと思う旦那さん!でも重い嫉妬は注意です!

結婚してからもお嫁さんが嫉妬すると、それを可愛いと思う旦那さんもいるようです。恋人時代を思い出す...

洗濯機の排水口掃除の頻度や掃除方法と臭いやつまりの防止策

洗濯機の排水口の掃除は、気がつくと汚れが溜まっているものです。しかし、掃除せずに放置している...

息子の一人暮らしは母親の子離れタイミング!心配でもできること

息子の一人暮らしは母親にとってはとても心配な出来事ですよね。いくつになっても子供は親にとって...

親の過保護はNG!子供が高校になっても過保護・過干渉な親

「もう高校生になったのに親が過保護で悩んでいる」という人もいますよね。親の過保護は子供の成長に悪影響...

飲食店で感動したサービスや嬉しい一言!こんなお店に行きたい

飲食店では、食事が美味しいのもはもちろん、店員さんの接客というのもお店の評価の基準になりますよね。...

実家暮らしでのストレス!30代女性が感じる悩みと対処法

仕事を持つ30代の女性でも、実家暮らしの方は大勢います。食事の心配はいりませんし、金銭的にも一人...

女の友情はもろいと感じるエピソードと疎遠になるワケととは

女同士の友情はもろいと思いますか?そんな事はないよ・・・といいたいところですが、実際には女同...

小銭貯金を郵便局で!硬貨の入金ができるATMは郵便局だけ

小銭貯金をするなら郵便局のATMが最適です。もちろん、銀行のATMでも硬貨対応のものもありま...

快適な温度とは?室内の過ごしやすい温度や湿度をご紹介

快適に過ごせる室内の温度はいったいどのくらいなのでしょうか? 過ごしやすい室内の温度は、季節によって...

ヒールは歩き方で脱げる事も?脱げる原因と自分でできる対処法

パンプスなど、ヒールのある靴を履いていると脱げてしまう事もありますよね。歩き方によってはヒールが脱げ...

字を綺麗に書くなら文字を綺麗に書く練習をしないこと

字を綺麗に書くコツは、ひたすら練習すること!?そんなことはありません。綺麗に書けない...

文房具をアレンジで簡単可愛くさせるコツ!仕事の効率もアップ

文房具は簡単にアレンジするだけで自分だけのオリジナル文房具へと変身できちゃいます。では、簡単...

シナモンが苦手!美味しく食べられる食べ方は?おいしいレシピ

シナモンが苦手で日頃からあまり食べないという人もいますよね。ですが、シナモンを食べられるようになりた...

作り置きの容器は消毒した方が安心安全!消毒してから保存しよう

作り置きおかずを作ったら容器に入れて冷蔵庫で保存をしますが、その容器、しっかり消毒していますか?...

騒音問題を管理会社へ伝えた後の手紙の効果と問題解決に向けて

マンションで多い騒音の悩み。問題を解決してほしいと管理会社に連絡を入れた場合、騒音被害を訴えるやり方...

スポンサーリンク

クッキーにチョコペンで文字を書くコツ

まずクッキーにチョコペンでメッセージなどを書く場合には必ずクッキーを焼いた後、粗熱をとってからにしましょう!

そうしないとせっかく書いたメッセージやイラストがとろけてしまい大変なことに…。

でもそれさえ気をつければクッキーにメッセージを書くくらいなら簡単にできてしまいます。

チョコペンでクッキーにメッセージを書く場合は、書きたいメッセージの線の太さにあわせてコルネを作ったりします。

書きたい文字が決まって、コルネの準備もできたら早速作業に移っていきます。
まずクッキーに文字の書き始めのしるしをつけていきます。
しるしがあるとバランスよくきれいに書けます。

文字を書くときの最大のコツはチョコの固さに注意することです。

実際にクッキーに書き始める前にクッキングシートなどの上で、練習してみるのもいいかもしれません。

クッキーに書くチョコペンのコツ!チョコペンには2種類ある

チョコペンには二種類あります。
それは”速乾タイプ”と”ソフトタイプ”の二種類です。
速乾タイプのものは書いた後に固まる特徴があり、ラッピングするお菓子やチョコでの飾りを書くのが得意なチョコです。

ソフトタイプのものはアイスやパンケーキなどへのおえかきにしようしたりするとよいタイプです。
タルトなどに流し込んで使えばハート模様や矢羽模様などが簡単に作ることができます。
ソフトタイプと速乾タイプを併用すればレオパード柄なども作ることができます。

つまようじを使えばさらに作れるモチーフは広がります。
カップケーキの飾りつけなどにもチョコペンは活躍します。
作りたいお菓子のイメージにあわせて使い分けていきましょう。

クッキーにチョコペンで上手に絵を書くコツは温度が大切

やはりチョコペンで上手に絵を書くには温度が大切です。
やわらかすぎると文字やイラストがにじんでしまうため、ある程度固さを保ったチョコの状態で書き始めるのがよいと思います。

通常、チョコペンは40℃から50℃のお湯につけてやわらかくして使用しますが、最初にじっくりお湯につけてあたためていても結構早く固くなってしまいます。
さすが速乾タイプです。

作業をするときは使いたいチョコペンの数だけマグカップなど耐熱容器を用意して、そこにチョコペンの先が沈まないくらいまでお湯を入れて、チョコペンの固さを調節するとよいと思います。

こまめにお湯につけて適度な固さを保ったものを使用しましょう。
温度はぎりぎり手でもてるくらいまで一度しっかりあたためることが必要です。

一度しっかり溶けきったチョコペンだと、きれいにイラスト描くことができると思います。

※やけどにお気をつけください!

チョコペンを使う時には一定のスピードで書く

チョコペンで文字やイラストを描くときには一定のスピードで描くということが大事です。
一定のスピードでないと途中で文字やイラストの線が途切れてしまったりということがおきてしまいます。

固まってしまうかもと思うとあせってしまうかもしれませんが、固まったらまたお湯で溶かせばいいのですから、ゆっくりのんびりきれいにクッキーの文字やイラストを仕上げましょう。

それでも、もし失敗してしまったら、あわてず落ち着いてつまようじ作戦に出ましょう。

途切れてしまったチョコの部分をつなげる分だけチョコペンからチョコをもらって、つまようじでその部分をなぞっていきます。

すると線がつなげるはずです。
落ち着いてリカバリーしていきましょう。

細かい部分はコルネを使うのもおすすめ

先ほど記事の中にも出てきましたが、コルネというのはポリ袋にチョコペンの中身を移し、端に集めて絞るというものです。
そうすることでチョコペンの容器でメッセージなどを書くよりも、細くきれいな線で書くことができるのです!

細くきれいな線を描くことができるようになれば、速乾タイプのチョコを使ってバタフライモチーフなんかも作れるかもしれません。

チョコペンでも先を切る長さを変えると細い線にできたり、逆に太い線にできたりとバリエーションを作ることができます。

枠線を先に書いてしまって塗りつぶしたくなったら先を切ってしまうなんて作戦もいいかもしれませんね。

ちょっとした手間をかけることで、イメージに近いお菓子がわりと簡単にできてしまうと思います!

チョコペンは工夫によっては柄入りチョコレートを作ることができたり、カップケーキに羽を生やせたりといろんな使い方ができます。

ハロウィンの時期には、棺のような形のココアクッキーを焼いてそこにパステルカラーのチョコペンで、ハロウィンのキャラクターたちを描いてデコレーションするのもかわいいかもしれません。

たくさん作ってかわいく飾って最後はおいしくいただきましょう!