クッキーに書くチョコペンのコツ【初心者向けスイーツレッスン】

プレゼント用にクッキーを作って、メッセージを入れる場合や、カワイイ模様を入れる時に使うのがチョコペンですよね。

レシピ本やネットでは、かわいいデコレーションがほどこされたクッキーをよく見かけますが、いざ自分でやってみると同じようにできないという方は多いのではないでしょうか?

模様が途切れ途切れになってしまったり、線が太くなったり細くなったり、なかなか上手くいきませんよね。

そこで、どのようにすればチョコペンを上手に使えるのか、上手に書けるコツをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

彼氏や夫の携帯・パソコンの履歴をチェックした先に待ってるもの

彼氏の携帯。履歴をチェックしたいと思う時は、どんな時?彼氏の携帯をチェックしたら、履歴が...

パーティーに差し入れするならコレがおすすめ!大人数でも大丈夫

大人数のパーティーの差し入れはどんなものを持っていけばいいのか迷ってしまいますよね。みんなが...

うさぎが怒るとする『足ダン』について。うさぎの気持を知ろう

うさぎが怒ると見せる姿の一つに『足ダン』がありますよね?足ダン(スタンピング)には大きく2つ...

七五三の着物の着付け方法!3歳の女の子の着付けとポイント

女の子の七五三は3歳の頃と7歳の頃の2回です。七五三は、子供の健やかな成長を願って行われる行事でもあ...

バスタオルを使わない割合って結構多いの?の疑問について

バスタオルを使わない家庭の割合って、どのくらいか知ってますか?私も常々疑問に思っていました。...

体力が落ちたらどの位で戻るの?戻す方法と期間について

体力が落ちた。怪我で運動の練習ができなかったり、入院生活などで活動量が減ると、筋肉が減り体力...

実家からの仕送りで喜ばれる食べ物やアイテムは?迷ったらこれ

大学生になり、一人暮らしを始める方も多いですよね。初めて実家から離れて一人暮らしをするお子様に、ちょ...

床の張り替えは一部だけでも可能だが、高い技術が必要なため注意

床の傷が気になり、一部だけでも張り替えることができれば…と誰しも思うのではないでしょうか。そ...

長時間運転をする時の休憩の目安!眠気や疲労を感じた時は休憩を

長時間運転をする場合、事故を防ぐためにもこまめに休憩をはさみながら運転をすることが大切です。...

韓国語の勉強法が知りたい!独学でも簡単に楽しくできるポイント

韓国のドラマを字幕無しでみたい!K-POPの歌を理解したい!色んな理由で韓国語を学んでみたいとい...

宝石を研磨する方法について。宝石の硬度と磨き方について

宝石を研磨する方法について興味があります!もちろん、ダイヤモンドを紙やすりで磨こうとはしませ...

家の玄関の方角に迷ったときの決め方のポイントや気をつけること

家の玄関の方角を決めることで、他の部屋の配置や庭の位置などが変わってきますよね。なので、玄関の方角や...

風邪や熱があり寝るときの服装とは?寝巻きや布団のかけ方

風邪をひいてしまい寝るときにはどんな服装で眠るといいのでしょうか?寒いときには厚着をしたほう...

つけ麺スープの残りは美味しいダシ!残ったスープの活用法

ラーメンのつけ麺を食べると、どうしても最後にスープが残りますよね。たっぷりとダシの効いた美味...

女の友情はもろいと感じるエピソードと疎遠になるワケととは

女同士の友情はもろいと思いますか?そんな事はないよ・・・といいたいところですが、実際には女同...

スポンサーリンク

クッキーにチョコペンで文字を書くコツ

まずクッキーにチョコペンでメッセージなどを書く場合には必ずクッキーを焼いた後、粗熱をとってからにしましょう!

そうしないとせっかく書いたメッセージやイラストがとろけてしまい大変なことに…。

でもそれさえ気をつければクッキーにメッセージを書くくらいなら簡単にできてしまいます。

チョコペンでクッキーにメッセージを書く場合は、書きたいメッセージの線の太さにあわせてコルネを作ったりします。

書きたい文字が決まって、コルネの準備もできたら早速作業に移っていきます。
まずクッキーに文字の書き始めのしるしをつけていきます。
しるしがあるとバランスよくきれいに書けます。

文字を書くときの最大のコツはチョコの固さに注意することです。

実際にクッキーに書き始める前にクッキングシートなどの上で、練習してみるのもいいかもしれません。

クッキーに書くチョコペンのコツ!チョコペンには2種類ある

チョコペンには二種類あります。
それは”速乾タイプ”と”ソフトタイプ”の二種類です。
速乾タイプのものは書いた後に固まる特徴があり、ラッピングするお菓子やチョコでの飾りを書くのが得意なチョコです。

ソフトタイプのものはアイスやパンケーキなどへのおえかきにしようしたりするとよいタイプです。
タルトなどに流し込んで使えばハート模様や矢羽模様などが簡単に作ることができます。
ソフトタイプと速乾タイプを併用すればレオパード柄なども作ることができます。

つまようじを使えばさらに作れるモチーフは広がります。
カップケーキの飾りつけなどにもチョコペンは活躍します。
作りたいお菓子のイメージにあわせて使い分けていきましょう。

クッキーにチョコペンで上手に絵を書くコツは温度が大切

やはりチョコペンで上手に絵を書くには温度が大切です。
やわらかすぎると文字やイラストがにじんでしまうため、ある程度固さを保ったチョコの状態で書き始めるのがよいと思います。

通常、チョコペンは40℃から50℃のお湯につけてやわらかくして使用しますが、最初にじっくりお湯につけてあたためていても結構早く固くなってしまいます。
さすが速乾タイプです。

作業をするときは使いたいチョコペンの数だけマグカップなど耐熱容器を用意して、そこにチョコペンの先が沈まないくらいまでお湯を入れて、チョコペンの固さを調節するとよいと思います。

こまめにお湯につけて適度な固さを保ったものを使用しましょう。
温度はぎりぎり手でもてるくらいまで一度しっかりあたためることが必要です。

一度しっかり溶けきったチョコペンだと、きれいにイラスト描くことができると思います。

※やけどにお気をつけください!

チョコペンを使う時には一定のスピードで書く

チョコペンで文字やイラストを描くときには一定のスピードで描くということが大事です。
一定のスピードでないと途中で文字やイラストの線が途切れてしまったりということがおきてしまいます。

固まってしまうかもと思うとあせってしまうかもしれませんが、固まったらまたお湯で溶かせばいいのですから、ゆっくりのんびりきれいにクッキーの文字やイラストを仕上げましょう。

それでも、もし失敗してしまったら、あわてず落ち着いてつまようじ作戦に出ましょう。

途切れてしまったチョコの部分をつなげる分だけチョコペンからチョコをもらって、つまようじでその部分をなぞっていきます。

すると線がつなげるはずです。
落ち着いてリカバリーしていきましょう。

細かい部分はコルネを使うのもおすすめ

先ほど記事の中にも出てきましたが、コルネというのはポリ袋にチョコペンの中身を移し、端に集めて絞るというものです。
そうすることでチョコペンの容器でメッセージなどを書くよりも、細くきれいな線で書くことができるのです!

細くきれいな線を描くことができるようになれば、速乾タイプのチョコを使ってバタフライモチーフなんかも作れるかもしれません。

チョコペンでも先を切る長さを変えると細い線にできたり、逆に太い線にできたりとバリエーションを作ることができます。

枠線を先に書いてしまって塗りつぶしたくなったら先を切ってしまうなんて作戦もいいかもしれませんね。

ちょっとした手間をかけることで、イメージに近いお菓子がわりと簡単にできてしまうと思います!

チョコペンは工夫によっては柄入りチョコレートを作ることができたり、カップケーキに羽を生やせたりといろんな使い方ができます。

ハロウィンの時期には、棺のような形のココアクッキーを焼いてそこにパステルカラーのチョコペンで、ハロウィンのキャラクターたちを描いてデコレーションするのもかわいいかもしれません。

たくさん作ってかわいく飾って最後はおいしくいただきましょう!