ハムスターの初日の餌やりについて。水やケージの準備も万端に

ハムスターを自宅につれていく準備は出来ていますか。

初日はどうやって迎えたらいいのか心配ですね。

餌や水やケージはどうしたらいいのでしょう。初日の様子を紹介します。中には餌をすぐに食べない場合もありますが、慣れてくると食べてくれるでしょう。

また初日にやってはいけない事があります。

ハムスターが居心地良く暮らせるように準備してあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アメリカの結婚式は招待状から式のスタイルまで日本とは大違い!

アメリカの結婚式について調べてみたところ、招待状からその式のスタイルまで日本とは大きく違うことが分か...

すぐできる!簡単ハンドメイド子供服の作り方【スカート編】

ハンドメイドが好きな方は子供服も自分で作ってみたい!と思いませんか?しかし小物とは違い洋服となると、...

建築学科の就職先にはどんなところがある?女子の就活

建築学科に通っている女子の就職先にはどのようなところがあるのでしょうか?男性社会のイメージが強い建築...

革製品をクリームで再生させよう!100均グッズも使えます

長く革製品を使っているとどうしてもツヤがなくなってきてしまいますが、クリームを使って磨くことで再生さ...

旦那が怖い。話せない。それは異常な夫婦関係ですよ

旦那のことが怖い。突然怒り出すから、話せない。意見を言うことは許されない。そんな、夫婦関...

宝石を研磨する方法について。宝石の硬度と磨き方について

宝石を研磨する方法について興味があります!もちろん、ダイヤモンドを紙やすりで磨こうとはしませ...

冬は釣りが難しい?冬の川で釣れる魚を紹介します

釣りが大好きな人なら、夏とは言わず、春も秋も一年中釣りがしたいですよね。しかし、冬だけは話は別で...

コンビニ風パスタサラダの作り方からアレンジ方法まで徹底解説!

コンビニに並んでいるパスタサラダ、一回食べると病みつきになってしまいますよね。でも毎回買って...

異性からの電話の断り方の上手なコツや相手を傷つけない方法とは

異性からの誘いの電話がしつこいときに上手な断り方とはどうしたらいいのでしょうか?では、相手が...

庭の芝生の代わりとなるクラピアの特徴や育て方について

庭のお手入れはできるだけしたくないという人におすすめなのが「クラピア」です。芝よりも柔らかく、白や薄...

木綿VS絹ごし、麻婆豆腐に合う豆腐の紹介と美味しくするコツ

麻婆豆腐はふんわりとした豆腐が美味しいですね。この豆腐、木綿と絹ごしあなたはどちらを使っています...

旦那の転勤。子供なしで転勤。孤独とさみしさを乗り越えるには

旦那の転勤による、精神的不安定さを抱えてしまう奥様はたくさんいらっしゃいます。転勤族だって知...

タッパーを弁当箱に!詰め方次第で美味しい・嬉しいメリットが

お弁当箱の代わりに、タッパーを使ってお弁当を持参している人もいるのではないでしょうか。タッパ...

ミョウガの収穫時期は?夏ミョウガと秋ミョウガの収穫と栽培方法

家庭菜園でミョウガを育てている人の中には、家庭菜園初心者の方もいますよね。ミョウガの収穫時期について...

夏休みの宿題が終わってないと焦っているあなたへアドバイス

「どうしよう!もうすぐ夏休みが終わるのに宿題が全く終わってない!」という小中学生もいるのではないでし...

スポンサーリンク

ハムスターを迎える初日の餌や水のあげ方

ハムスターを自宅に迎えたら、まずは餌やお水を与えましょう。

基本的にハムスターが寝ているのであれば、無理に起こして与える必要はありません。

ハムスターを起こさないように、餌をゲージ内に入れてあげましょう。

また、与える餌ですが「ペレット」を与えましょう。

ハムスターの餌と言われたら、ひまわりの種をイメージする方も多いと思いますが、ひまわりの種や野菜系の餌は与えません。

一方で、お水は新鮮なお水を与える必要があります。

お水の交換は、1日に1回を目安に行うようにしましょう。

新鮮なお水を維持してあげることは、ハムスターの体の健康を考える上でもとても大切なことです。

この交換を面倒くさいからと怠ってしまえば、病気の原因にもなりますので注意が必要です。

ハムスターが初日に餌を食べないことはある

ハムスターは、急激な環境の変化によりストレスを感じます。

そのため、初日はそういったストレスが原因で餌を食べないこともあります。

ですが、ハムスターにより個体差はありますので、中には初日から活発に動き回る子もいると思います。

どちらにしても、新しい環境に慣れてくれると、ゲージ内を走り回ったりして餌も食べてくれるようになるでしょう。

ある程度の期間が経っても、餌に興味を示さない場合には動物病院で診てもらう必要がありますが、一先ず初日は様子を見てあげましょう。

また、ハムスターは音に敏感に反応する動物です。

大きな音などは出さないように配慮し、少しでも落ち着いて過ごせるようにゲージは毛布などで覆ってあげるなど、ハムスターが安心して過ごせるようにしてあげることが大切です。

ハムスターの初日のお世話は餌・水・ケージ

ハムスターを迎えた初日のお世話は、基本的に「餌」と「水」と「ゲージ」の3つです。
そこで、お世話するにあたり3つの注意点をご紹介します。

ハムスターの餌について

 

ハムスターの餌は様々な種類があると思いますが、主食として与えるのは「ペレット」です。

ペレットには、ハムスターが必要としている栄養素が入っています。
そのため、ペレットを食べれば栄養を充分に補うことができます。

その上で、おやつを与える場合には、ひまわりの種などを与えるようにしましょう。

お水について

基本的にお水は1日に1回を目安に交換しましょう。

ハムスターに限らずに言えることですが、新鮮なお水を与えるということは、ペットの健康を考える上でもとても大切なことです。

また、夏場は交換の回数を増やすなどの対応も必要です。

ゲージについて

上記でもご紹介したように、ハムスターは環境の変化でストレスを感じてしまいます。

そのため、ハムスターが今の環境に慣れるまでは、ハムスターが安心して過ごせるように配慮してあげなければいけません。

落ち着いて過ごせるように、人通りの多い場所は避け、ゲージはタオル等で覆ってあげると良いでしょう。

ハムスターを飼い始めてから2日目の後は

ハムスターを飼い始めてから2日目以降は、ハムスターにより個体差はありますが、徐所に新しい環境に慣れ始める頃となります。

お部屋の中に閉じこもっていたハムスターもゲージ内をうろつくようになったりするでしょう。

お部屋から出てくるようになったら、今の環境に慣れている証です。

餌を手に乗せて与え、飼い主さんのニオイを認識させましょう。
ですが、中には餌を食べなかったり、食べてもすぐにお部屋に閉じこもることもあるかもしれません。

また、ハムスターによっては2日目以降も怖がってしまい、お部屋から出てこない可能性もあります。

そういった場合には、無理に出さずに、ハムスターが新しい環境に慣れるまで優しく見守ってあげることが大切です。

ハムスターを長く元気で過ごしてもらうために

ハムスターに長く元気に過ごしてもらうためには、「ご飯」「お水」「お家」「トイレ」の4つのお世話を欠かさずにすることが、重要なポイントです。

ハムスターのご飯とお水のお世話について

長く元気に過ごして貰うためには欠かせない「ご飯」と「お水」は、毎日必ず新鮮なもの与えましょう。

夏場は、気温が高く餌が腐りやすいこともありますので、その点も注意しなければいけません。

ご飯もお水も新鮮なものを与えることは、ハムスターの体の健康を維持する上でとても大切なことです。

ハムスターのお家とトイレについて

生活するためには欠かせない「お家」と「トイレ」ですが、可能な限り毎日行うようにしましょう。

ですが、ゲージから物を全て出すなど、大まかな掃除をする必要はありません。

排泄物があったら片付ける、餌の食べ残しを拾ってあげるなど細かい掃除で構いません。
ハムスターがゲージ内で過ごす中で、汚れていることが原因でストレスとなってしまうような環境にならないようにすることが大切です。