ハムスターの初日の餌やりについて。水やケージの準備も万端に

ハムスターを自宅につれていく準備は出来ていますか。

初日はどうやって迎えたらいいのか心配ですね。

餌や水やケージはどうしたらいいのでしょう。初日の様子を紹介します。中には餌をすぐに食べない場合もありますが、慣れてくると食べてくれるでしょう。

また初日にやってはいけない事があります。

ハムスターが居心地良く暮らせるように準備してあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ハムスターの疑似冬眠は時間が勝負!適切な処置をしよう

ハムスターには「疑似冬眠」があり、もしそうだった場合は時間が勝負です。すぐに適切な処置をしないと...

あまのじゃくな性格になる原因とあまのじゃくを直す方法とは

あまのじゃくな性格になってしまう原因はあるのか。自分に愛情や関心を示してほしいのに、いざ相手が振...

大学受験に失敗した人の立ち直り方!考えすぎないようにしよう

大学受験に失敗すると、「こんなはずではなかった。」と立ち直ることができない人も多いでしょう。...

産後2週間頃は苦労しなくても体重が減る!産後の体重管理の方法

赤ちゃんを出産後、どのくらい自分の体重が減るのか気になる人もいますよね。産後2週間が経った頃、どのよ...

包丁の使い方にはコツがある!基本の姿勢と持ち方がポイント

包丁の使い方のコツを掴んで練習をすれば、包丁使いは上達していきます。まずは、基本の姿勢や持ち...

スモック【保育園・幼稚園用】の簡単かわいいアレンジアイデア

保育園や幼稚園で着るスモック。もう少しかわいくアレンジしたいと思うことがあると思います。そこで、...

大学に行ったら彼氏・彼女ができるって思ってたのにできないよ!

大学へ進学したら彼氏や彼女ができる!そう、感じていたのに実際のところは…高校のように...

PTA会長に推薦された場合の断り方とは?ウソはNGです

PTAの役員をやるだけでも大変なのに、会長に推薦されたりするとなんとか断りたいと考えてしまう人の方が...

お葬式に出席する場合の香典の渡し方と服装のマナーを理解しよう

お葬式に出席することになった場合、香典袋はどれがいいのか、渡す時のタイミングや渡し方はどうしたらいい...

ハムスターのトイレ砂として代用できるもの!困った時の代用品

ハムスターのお世話で、トイレ砂を交換しようと思ったら、トイレ砂が切れていた…。買いに行ける明...

犬に目薬を差すときに暴れる場合の上手な差し方と、便利な方法

犬が結膜炎などの目の病気になってしまった場合は、目薬を差さないとならないこともありますね。で...

魚のお手軽簡単レシピ!フライパンで美味しく片付けもラクラク

ご家庭で焼き魚を食べる時には、魚焼きグリルで焼くご家庭が多いと思います。でも、この魚焼きグリ...

色占いでピンクを選んだ女性の心理と色の持つ効果

色占いには、深層心理が隠れていると言われます。ピンクを選んだ女性はどのような心理なのでしょうか。...

【水泳帽への名前付け】2種類の付け方とコツをご紹介します

プールのシーズンが始まると水泳帽や水着に名前を付けるようにと、園や小学校から連絡がきます。し...

食パンにオリーブオイルを使った簡単美味しい食べ方

朝はパン派という方は食パンを食べることが多いと思いますが、どうしてもメニューがワンパターンになりがち...

スポンサーリンク

ハムスターを迎える初日の餌や水のあげ方

ハムスターを自宅に迎えたら、まずは餌やお水を与えましょう。

基本的にハムスターが寝ているのであれば、無理に起こして与える必要はありません。

ハムスターを起こさないように、餌をゲージ内に入れてあげましょう。

また、与える餌ですが「ペレット」を与えましょう。

ハムスターの餌と言われたら、ひまわりの種をイメージする方も多いと思いますが、ひまわりの種や野菜系の餌は与えません。

一方で、お水は新鮮なお水を与える必要があります。

お水の交換は、1日に1回を目安に行うようにしましょう。

新鮮なお水を維持してあげることは、ハムスターの体の健康を考える上でもとても大切なことです。

この交換を面倒くさいからと怠ってしまえば、病気の原因にもなりますので注意が必要です。

ハムスターが初日に餌を食べないことはある

ハムスターは、急激な環境の変化によりストレスを感じます。

そのため、初日はそういったストレスが原因で餌を食べないこともあります。

ですが、ハムスターにより個体差はありますので、中には初日から活発に動き回る子もいると思います。

どちらにしても、新しい環境に慣れてくれると、ゲージ内を走り回ったりして餌も食べてくれるようになるでしょう。

ある程度の期間が経っても、餌に興味を示さない場合には動物病院で診てもらう必要がありますが、一先ず初日は様子を見てあげましょう。

また、ハムスターは音に敏感に反応する動物です。

大きな音などは出さないように配慮し、少しでも落ち着いて過ごせるようにゲージは毛布などで覆ってあげるなど、ハムスターが安心して過ごせるようにしてあげることが大切です。

ハムスターの初日のお世話は餌・水・ケージ

ハムスターを迎えた初日のお世話は、基本的に「餌」と「水」と「ゲージ」の3つです。
そこで、お世話するにあたり3つの注意点をご紹介します。

ハムスターの餌について

 

ハムスターの餌は様々な種類があると思いますが、主食として与えるのは「ペレット」です。

ペレットには、ハムスターが必要としている栄養素が入っています。
そのため、ペレットを食べれば栄養を充分に補うことができます。

その上で、おやつを与える場合には、ひまわりの種などを与えるようにしましょう。

お水について

基本的にお水は1日に1回を目安に交換しましょう。

ハムスターに限らずに言えることですが、新鮮なお水を与えるということは、ペットの健康を考える上でもとても大切なことです。

また、夏場は交換の回数を増やすなどの対応も必要です。

ゲージについて

上記でもご紹介したように、ハムスターは環境の変化でストレスを感じてしまいます。

そのため、ハムスターが今の環境に慣れるまでは、ハムスターが安心して過ごせるように配慮してあげなければいけません。

落ち着いて過ごせるように、人通りの多い場所は避け、ゲージはタオル等で覆ってあげると良いでしょう。

ハムスターを飼い始めてから2日目の後は

ハムスターを飼い始めてから2日目以降は、ハムスターにより個体差はありますが、徐所に新しい環境に慣れ始める頃となります。

お部屋の中に閉じこもっていたハムスターもゲージ内をうろつくようになったりするでしょう。

お部屋から出てくるようになったら、今の環境に慣れている証です。

餌を手に乗せて与え、飼い主さんのニオイを認識させましょう。
ですが、中には餌を食べなかったり、食べてもすぐにお部屋に閉じこもることもあるかもしれません。

また、ハムスターによっては2日目以降も怖がってしまい、お部屋から出てこない可能性もあります。

そういった場合には、無理に出さずに、ハムスターが新しい環境に慣れるまで優しく見守ってあげることが大切です。

ハムスターを長く元気で過ごしてもらうために

ハムスターに長く元気に過ごしてもらうためには、「ご飯」「お水」「お家」「トイレ」の4つのお世話を欠かさずにすることが、重要なポイントです。

ハムスターのご飯とお水のお世話について

長く元気に過ごして貰うためには欠かせない「ご飯」と「お水」は、毎日必ず新鮮なもの与えましょう。

夏場は、気温が高く餌が腐りやすいこともありますので、その点も注意しなければいけません。

ご飯もお水も新鮮なものを与えることは、ハムスターの体の健康を維持する上でとても大切なことです。

ハムスターのお家とトイレについて

生活するためには欠かせない「お家」と「トイレ」ですが、可能な限り毎日行うようにしましょう。

ですが、ゲージから物を全て出すなど、大まかな掃除をする必要はありません。

排泄物があったら片付ける、餌の食べ残しを拾ってあげるなど細かい掃除で構いません。
ハムスターがゲージ内で過ごす中で、汚れていることが原因でストレスとなってしまうような環境にならないようにすることが大切です。