前髪を自分で切る割合は多い!失敗しないカットのポイントとは

前髪だけは自分で切るという人の割合は意外と多いそうです。もちろん、前髪だけでも美容室に行くという人も中にはいます。

伸びてきた前髪を自分で切るときには、やっぱり失敗せずに切りたいですよね。

そこで、失敗しない前髪カットのポイントや注意点などについてご紹介致しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

停電でもトイレの水は流れる。日常でトイレを知っておくことが必要

停電の時、トイレの水ってどうして流れるの? 電動のタンクレストイレの場合はどうやって水を流せば...

クッキーに書くチョコペンのコツ【初心者向けスイーツレッスン】

プレゼント用にクッキーを作って、メッセージを入れる場合や、カワイイ模様を入れる時に使うのがチョコペン...

【猫の返事】無駄鳴きするときは何かを訴えている可能性も!

名前を呼ぶと返事する猫ちゃんもいますよね。名前を呼んで返事をしてくれると、とっても可愛くて思わずにや...

交通違反は現行犯が基本だが携帯電話の場合はどうなるのか

交通違反といえば現行犯逮捕が基本になりますが、運転中の携帯電話についてはどうなるのでしょうか。 ...

神経質を治したい!神経質は疲れる!神経質な人の特徴を解説

自分の神経質な性格に悩んでいる人もいますよね。神経質な性格だと、色々と疲れることもありますから、治し...

色占いでピンクを選んだ女性の心理と色の持つ効果

色占いには、深層心理が隠れていると言われます。ピンクを選んだ女性はどのような心理なのでしょうか。 ...

【卒業旅行】大学生最後に卒業旅行に行かないと後悔することも!

大学を卒業した時、気の合う友達や恋人と卒業旅行に行くという人もいますよね。ですが、誰もがみんな卒業旅...

犬がトイレシートからずれるのを防ぐには?対処方法をご紹介

犬がトイレシートからずれてしてしまうときには、どのようにして教えてあげたらいいのでしょうか? ...

猫が赤ちゃんの鳴き声を出す理由と対処法!猫の気持ちを知ろう

飼っている猫が赤ちゃんのような鳴き声を出しているとき、一体なぜそのような鳴き声を出すのかわからない飼...

アメリカで子供を留守番させてもいい年齢と厳しいルールとは

アメリカでは子供を一人で留守番させてはいけない厳しいルールがあります。 これは、州によっては子...

部活の引退が遅いと受験勉強に響く?成功するタイプとは

部活の引退が遅いのは、本人よりも親が心配になってしまいますよね。しかし、部活を最後まで精一杯させてあ...

アロマハンドクリームの作り方のコツと気をつけたい注意点

アロマハンドクリームの作り方は材料が揃えばどなたでも簡単です。水洗いなどで手が荒れてしまっても、自分...

アパートでの騒音!気になるテレビの音量などを徹底調査

アパートで暮らしていると隣の生活音が気になることありますよね。テレビの音量もその一つです。 相...

アメリカのお風呂の入り方と日本のお風呂事情と大きく違う点

アメリカ人のお風呂の入り方は、日本の入り方と全く違います。 日本は湯船にゆったりとつかり、時には小...

うさぎに赤ちゃんが生まれたら?生まれたてのうさぎの接し方

うさぎに赤ちゃんが生まれたら気になってしまいますよね、母親はちゃんとお世話をしているか?ときには赤ち...

スポンサーリンク

自分で切る人急増!?前髪だけでも美容院に行く人の割合は減っている

前髪が伸びてきて邪魔だと思った時、あなたは自分で切りますか?それとも美容院に行って切ってもらいますか?

私は前髪だけなら自分で切っていますが、周りに聞いてみると前髪だけで美容院に行く人もいることを知り、驚きました。

前髪だけで美容院に行く必要性

自分で前髪を切った場合、切りすぎやバランスが悪くなる事もあるので、そういったことを考えると美容院に行ったほうがキレイに切ってもらえるので良いですよね。

憧れの芸能人のような前髪になりたくて度々美容院まで切りに行くという人もいます。
前髪のカットだけで1000円ほどの料金がかかるそうです。少しでも節約をしたい私にとって、前髪のみで1000円は大金と感じてしまいます。

美容院の方に前髪のカットだけで来る人はいるのかと聞いてみたところ、定期的にいるようです。
年々前髪カットだけの人は減ってきていて、最近では月に1人いるかいないかというほどなのだそうです。

前髪が伸びたら自分で切るという人の割合は意外と多い!

前髪が伸びてきて鬱陶しいと思っている時、どうしていますか?
少し整える程度に切りたいけど、それだけで美容院に行くのも気が引ける…という方もいるかと思います。

そんな時は自分で前髪を切ってしまいましょう。前髪を自分で切る女性は急増してきています。

自分で前髪を切ると必ず失敗してしまうという方も多くいますよね。
私も前髪を切るたび均等に切れていなかったり切りすぎてしまったりと失敗したことが何度もあります。
その前髪で学校に行くのがとても恥ずかしいと思ったほどです。

しかし、自分で前髪を切ったことが無い人でも自分でやってみたら意外と上手に切れたという声もあり、自分で前髪を切る女性が増えているのです。

自分で前髪を切ろうと考えている人はまず、道具から揃えましょう。
前髪を切る時に必要な道具

  1. ハサミ
  2. 髪の毛を梳かすコーム
  3. 髪の毛を留めておくダッカールピン

この3つは最低限用意しておきましょう。更に梳きバサミとヘアスプレーがあると便利です。

前髪はセルフ割合多し!自分で切るメリットや注意事項

前髪を自分で切るメリットとは一体何でしょうか?

前髪を自分で切るメリットは、自分の好みなどで思い通りに切れるので満足度が高くなります。
美容院で髪の毛を切ってもらったけど、あまり好みの髪型にならなかった…という経験をした方もいることでしょう。
実際に私がそうでした。自分の好みは自分にしかわからないものですよね。

前髪を自分でカットすれば時間の短縮、お金の節約になる

美容院で切ってもらおうとすると予約が必要だったり美容院まで行く時間もかかったりしますが、自分で切るとそんな時間を短縮できます。
もちろん自分できるので料金がかかることもありません。

前髪を自分で切る時の注意事項

自分で切る時は焦らずにゆっくりと少しずつ切っていきます。焦っている時に切ると切りすぎてしまうことが多いので余裕を持ちましょう。

切る時は鏡を使って前後左右から何度も確認しながら切りましょう。明るい場所で床がフローリングのところで切ると、細かい髪の毛が見えやすいです。
フローリングだと落ちた髪の毛を掃除するとき楽になりますよ!

前髪を自分で切るときはいつものスタイリングで!

前髪を自分で切る時はいつも通りのスタイリングをしてから始めましょう。

自分で前髪を切る時は濡らさない

美容院では髪の毛を濡らしてから切り始めますが、切ることに慣れていない私達が髪の毛を濡らして切ってしまうと、乾かした時に予想以上に短くなるという、失敗に繋がってしまいます。

そのため、髪は乾いた状態で普段どおりに整えた状態で行いましょう。

スタイリングが終わったら前髪を丁寧に取り分けましょう。取り分けることで切りやすくなり、またサイドを切りすぎてしまうことを防げます。

いよいよ切る作業に入りますが、一気に切るということはしないでください。少しずつ切ることが失敗しないために大切な作業です。
切る時はハサミを横にして切るとパッツンになってしまうので、斜めに入れて切っていくと良いです。

ハサミを斜めに入れて切り口をギザギザにすると自然な前髪に切ることができます。
縦に入れてしまうと前髪がでこぼこになってしまうことがあるので、斜めに入れることが大切です。

伸びた前髪はちょっとだけ自分で切るとナチュラルになる

「前髪をちょっとだけ切って長持ちさせたい」「絶妙なラインを保ちたい」、という方にオススメな失敗しにくい切り方をご紹介します。

  1. まずは目の粗いコームで前髪を梳かし、前髪を2つに分けましょう。
  2. 切りたいと思う長さよりも、少し眺めの位置で切り、毛先を数回に分けて斜めに切りそろえていきます。
  3. もう一束の前髪を下ろし、先程切った髪の長さに合わせて切っていきます。
  4. 両サイドの髪を斜めに合わせるように切ります。最後にコームで梳かしてバランスを整えたら出来上がりです。

サイドの髪は真ん中の髪より長めにすると顔に沿ったナチュラルなラインになります。

美容院に行かなくても、自分で思い通りに前髪が切れます。自分の好みの通りに切れるのがセルフカットの良いところです。
セルフカットが慣れない方は、何度も切っていくうちに慣れていくので心配はいりませんよ!


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691