うさぎがハーネスを嫌がる時の装着方法とハーネスに慣らす方法

「ハーネスを付けてうさぎと散歩をしたい」と思っている飼い主さんもいますよね。ですが、うさぎがハーネスを嫌がることに頭を悩ませてる人もいるでしょう。

うさぎと一緒に散歩をする「うさんぽ」というものが、うさぎを飼っている人たちの間で人気になっていますが、うさぎがハーネスの装着を嫌がる時は一体どうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、うさぎがハーネスの装着を嫌がる時の装着方法と、ハーネスに慣らす方法についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

市販のパック餅をつきたてに再現する3つの方法

スーパーに行くとパックに入った餅が売られていますが、そのパック入りの餅を、なんとつきたての餅に再現で...

1歳半は絵本から成長する?読まないのはもったいない!

1歳半の子供に絵本の読み聞かせをしていると、他のものに興味が向くなどして集中しないこともあるでしょう...

シナモンが苦手!美味しく食べられる食べ方は?おいしいレシピ

シナモンが苦手で日頃からあまり食べないという人もいますよね。ですが、シナモンを食べられるようになりた...

高校のテストがやばい!勉強をしていなかった時にできる対処法

「高校のテスト勉強を全くやっていなかった!やばい!」テスト前にこんなふうにピンチを迎えている人もいる...

床の張り替えは一部だけでも可能だが、高い技術が必要なため注意

床の傷が気になり、一部だけでも張り替えることができれば…と誰しも思うのではないでしょうか。そ...

【水泳帽への名前付け】2種類の付け方とコツをご紹介します

プールのシーズンが始まると水泳帽や水着に名前を付けるようにと、園や小学校から連絡がきます。し...

親が過干渉!大学生になったら親は関わり過ぎずに子供に自立を!

大学生になっても親の過干渉で悩んでいるという人もいます。過干渉の親は、自分が過干渉だということに気が...

嫁が介護を苦に離婚したいと言っている…。当たり前だ!

嫁の介護問題。義両親の介護で離婚される夫婦が増えているようです。日本には「嫁」が「夫の両...

女の友情はもろいと感じるエピソードと疎遠になるワケととは

女同士の友情はもろいと思いますか?そんな事はないよ・・・といいたいところですが、実際には女同...

絵の題材に迷った時の決め方!まずは好きな物を思い浮かべよう

これから絵を描こうと紙を前にした時、何を描くべきか題材で悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。...

夢と潜在意識の関係は?潜在意識は夢でメッセージを伝えてくれる

夢と潜在意識には関係があるという話を聞くこともありますが、実際にそんなことは起こり得ることなのでしょ...

セキセイインコが野菜を食べない場合に飼い主ができることとは

セキセイインコの健康のためにも飼い主としては野菜を食べてもらいたいですよね。でも、中には野菜...

日本の民族衣装「和服」と男性和服のオシャレなスタイルとは!

日本の民族衣装「和服」。主に男性や子供が着る甚平なども、伝統的な日本在来の衣服です。この...

自転車に乗れるようになるには?子供の自転車練習方法

子供から自転車に乗りたいと言われたら、どのようにしてサポートしてあげたらいいのでしょうか?自...

中学受験で失敗しないために親が心得ておくべきこと

中学受験をするというお子様の場合には、ご両親も教育熱心が方が多いと思います。熱心なあまり、つい自...

スポンサーリンク

うさぎがハーネスの装着を嫌がる時の付け方

うさぎと散歩したいのに、うさぎがハーネスを嫌がってしまい散歩ができない飼い主さんも居ると思います。

そこで、うさぎがハーネスの装着を嫌がる時の付け方についてご紹介します。

まず初めに、うさぎにハーネスをつける際には、うさぎのテリトリー内で装着しようとするのはNGです。
うさぎのテリトリー内で装着しようとすると、テリトリーに侵入したハーネスに対し気が向いてしまい、嫌がってしまう可能性が高いです。

そのため、うさぎにハーネスを付ける際にはテリトリー以外の場所で装着させるようにしましょう。

また、ハーネスの付け方を飼い主さんがしっかりと理解しておく必要があります。

実際に付ける際に、飼い主さんが戸惑ってしまうとうさぎがその間に嫌がって逃げ出してしまう可能性があります。

サイズ調整も含め、事前にハーネスについて充分に理解することが大切です。

うさぎがハーネスを嫌がる時は徐々に慣らすことが大切

うさぎがハーネスを嫌がる時は、無理にせず徐々に慣れさせることも大切です。

まずは、ハーネスに慣れさせるようにします。

うさぎの視界に入る場所にハーネスを置いて、うさぎにとってハーネスは身近なものだということを認識させましょう。

ハーネスを見ても逃げないようであれば、ハーネスをうさぎの体に触れさせます。

実際に装着する必要はありません。
体に軽く巻きハーネスの感触に慣れて貰いましょう。

ハーネスを体に触れさせても嫌がらないようであれば、ハーネスを実際に体に装着してみます。

この際、おやつなどを与えながら装着するのがオススメです。
また、ハーネスを装着させることができたらおやつを与え褒めましょう。

慣れるまでには時間がかかることが考えられますので、慣れていない初めのうちは長時間装着させることは避け、徐所に時間を長くしていくことが大切です。

うさぎがハーネスを嫌がる場合もハーネスをつけてお散歩を

うさぎがハーネスを嫌がる場合でも、散歩が必要な場合には必ずハーネスを装着させるようにしなければいけません。

うさぎは、突然驚き暴れたり走り出す可能性もあり、脱走してしまうかもしれません。
そういったことを防ぐ上でも、散歩の際のハーネスは必須です。

ですが、無理にハーネスをうさぎに装着させることは、うさぎにとって大きなストレスとなってしまいます。

そのため、日頃からゆっくりと時間をかけ、うさぎがストレスと感じない程度にハーネスに慣れさせることが大切です。

また、うさぎがハーネスに慣れて散歩ができるようになった場合でも、いきなり公園などに連れて行くのは避けましょう。

家の中でしか過ごしていないうさぎは、いつもと違う環境に戸惑ってしまう可能性があります。

初めは、家の玄関先などで慣れさせ徐所に場所を変えていく必要があります。

うさぎが散歩をする場所はどんな場所がおすすめ?

うさぎはとても臆病でストレスを感じやすい動物です。

そのため、散歩をする際にも、うさぎがストレスと感じてしまうような場所は避ける必要があります。

カラスの居る場所
犬や猫が散歩をしている場所
線路沿い

上記にもあるような、他の動物が居る場所での散歩は厳禁です。

それ以外であっても、ドッグランの近くなども犬の鳴き声でうさぎが怯えてしまう可能性があるため、避けましょう。

合わせて、道路沿いを散歩させる場合も線路沿いなど大きな音の出る場所も避けます。

一方で、国立公園などは敷地が広く道路からも離れているため、オススメです。

しかし、場所によっては除草剤などが撒かれている可能性もありますので、注意するようにしましょう。

また、散歩中にうさぎが何かに驚いてしまいパニック状態になってしまうことも考えられますので、散歩の際には必ずハーネスを着用させ、うさぎの性格に合わせてサークルにするなどの対応をとることも大切です。

うさぎの散歩にはこんな役割もあります

最近では、うさぎを中心としたイベントが各地で開催されています。

うさぎの人気が上がっているのはもちろんのこと、うさぎの散歩には、そういったイベントを通して飼い主さん同士で気軽に交流することができる役割もあります。

また、うさぎの散歩には上記のような役割のほかにも重要な意味があります。

近年は自然災害が多く、避難する場合にはペットも一緒に避難しなければいけません。

散歩をしたことがないなど家から出たことがない場合、突然の外の環境にうさぎはパニック状態に陥ってしまう可能性が高いでしょう。

日頃から外の環境に慣れさせておくことで、そういった際にも避難をスムーズに行うことができ、うさぎがパニックを起こしてしまうことを防ぐことができます。

一方で、避難の際にはうさぎが逃げ出してしまわないように、ハーネスの着用が必要となるでしょう。

散歩を日常的に行うことでハーネスにも慣れさせることができ、いざというときにハーネスの装着をスムーズに行うことができます。

うさぎを散歩させることは、うさぎの気分転換以外にも上記のような役割があるのです。
うさぎがストレスと感じるほど無理に行うことはNGですが、適度に散歩を行うことは大切です。