足首が硬い子供が急増する理由。柔らかくするメリットとその方法

足首が硬い子供が増えているといいます。
足首が硬い、曲がりが悪いのでしゃがむことが出来ないそうです。

まずは足首の柔軟性のチェックをしてみましょう。
チェックのやり方の紹介と、足首が硬くなってしまう原因についてみていきましょう。

足首が硬いと困ること、足首を柔らかくすることのメリット、柔らかくする方法などをお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

体を柔らかくする方法【簡単ストレッチ】効果的に柔軟性をアップ

体を柔らかくする方法と言えば、やっぱりストレッチですよね!ストレッチは続けることで効果を得られること...

体が柔らかくなるストレッチ!毎日やると絶対に柔らかくなる!

体が固いと感じている人は多いものです。ですが諦めてはいけません!ストレッチを少しずつでも、毎...

レジンの宇宙塗りの基本的な塗り方と綺麗なグラデーションのコツ

レジンアクセサリーで人気の宇宙塗りは、大人の女性でも身につけられるシックな仕上がりで深い色味がとても...

耳たぶにピアスを開けたい!ニードルを使う場合の注意点とは

初めて耳たぶにピアスを開ける人は、ピアッサーにするかニードルにするか迷うところでしょう。ニー...

親の過保護はNG!子供が高校になっても過保護・過干渉な親

「もう高校生になったのに親が過保護で悩んでいる」という人もいますよね。親の過保護は子供の成長に悪影響...

夫に無視される期間が長い場合の解決方法は「待つこと」

夫婦喧嘩をすると、夫が無視するというケースもありますが、その期間が長いとどうやって仲直りしたらいいの...

寝る前にテレビを見せると子供にどんな影響を及ぼすのか

寝る直前まで子供にテレビを見せている家庭って実は多いのではないでしょうか。寝室にテレビがある...

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。では、包丁の基本的な使い方とは、置...

おばあちゃんの誕生日に子供と一緒に作れる料理とスイーツ

おばあちゃんの誕生日をお家でお祝いする時には、お祝いのお料理を何にしようかと悩みますよね?また、...

ノートの使い道。今話題の趣味ノートを作ってみよう!

ノートの使い道って人それぞれです。主に、勉強に使うイメージですが、今話題の『趣味ノート』を始めて...

名前の由来がないのはだめ?名前の由来が必要な理由とは

あなたの名前には由来がありますか?中には「ない」という人もいると思います。実は私の名前にも由来が...

喧嘩が起きた時の仲裁方法は?大人の喧嘩・子供の喧嘩の仲裁方法

目の前で喧嘩が起きてしまったらあなたは仲裁に入りますか?場合によって仲裁に入るかどうかは違うと思いま...

ライブに行くために仕事を早退する場合に使える言い訳を教えます

好きなアーティストのライブは自分た休みの日にあるとは限らないですよね。平日の夜に開催されるということ...

スキンシップが苦手。子供への愛情不足を心配します

スキンシップが苦手。母親でも、子どもに甘えられたりベタベタされたりするのを、苦手に思う人も居...

スポンサーリンク

足首が硬いのでしゃがめない子供が増えています

子供がしゃがむという動作

股関節、膝関節、足関節の最大に近い屈伸が必要になります。特に足関節の可動域の柔軟性が低いと、しゃがむことができないので、かかとが床から離れてしまうか、後ろに転がってしまうのです。慎重は骨端線という骨内にある成長軟骨が集まる成長線を中心に骨が成長することで伸びます。骨の成長スピードは早く、ピーク時には年間10センチ以上伸びる子供もいます。この成長スピードに筋、腱、靭帯などの骨の近くの組織の成長が追いつかず、この線維が引き伸ばされ過緊張となるので柔軟性を失うのです。

しゃがめない原因になっているのが現代の生活スタイルです。昭和の時代のトイレは和式が多く日常の生活でも正座をしたりしゃがむということがありましたが、現在では和式のトイレを使ったことのない子供が多くなりました。学校でも一昔前までは和式のトイレがありましたが、今ほとんどの学校は洋式トイレになっています。そして家庭でもイスやテーブルと言った生活スタイルが変わったことにより股関節や足首が硬い子供が多くなったと考えられるのです。

足首が硬い子供の柔軟性のチェックの仕方

子供の足首が硬いのかわからない

こういった保護者の人も多いですよね。足首の柔軟性を確かめる方法を紹介します。

まず両足を揃えて立ちます。次にそのまましゃがみます。そしてお尻を床につけないように膝を抱えます。そのままの状態を維持できれば足首は柔らかいです。そしてしゃがんだ時にお尻をついてしまったり、上手にその体勢が出来ない場合は足首が硬くなっています。

足首が硬くなるのは足首だけが原因ではありません。足首を回してみるとふくらはぎも一緒に動きます。足首が硬くなるのはふくらはぎの筋肉が硬くなっていることが原因なのです。ふくらはぎの筋肉が硬くなる原因として、生活習慣が関係しています。運動不足やむくみなどがあると、ふくらはぎの筋肉は固くなります。

しゃがめない原因は子供も大人も同じ。足首が硬いなど関節にみられる事

しゃがむという動作は足首を使う

その中でも特に重要なのが足首、膝、股関節、背骨です。しゃがむことが出来ない人はこの関節が硬くなっているのでしゃがむことが出来ないのです。

しゃがむ時に足首は大きく曲がります。しかしふくらはぎが硬くなると足首を曲げられる範囲は狭くなるのです。そしてスネの筋肉が硬くなると関節に詰まりをおこしてしまうので深く曲げることができなくなるのです。そして膝が柔らかくないと、膝に力が入ってしまいます。そうなると膝の重心が前にかかるのでかかとを浮かせないとしゃがむことができなくなるのです。しゃがむには股関節の動きも重要になります。しかし硬いと深く曲げることができないのです。そしてしゃがむ時には背骨を丸めます。しかし硬くなると丸めることができないので、お尻を後ろに突き出したりしてしまうのです。

子供も大人も同じで足首が硬くなるとしゃがむという動作ができにくくなります。

足首のストレッチのメリットとやってはいけない場合

足首のストレッチをするメリット

それは血行がよくなり、むくみが解消されます。そして足首の動く範囲が広がるのでケガの予防にもなるのです。

まず動きがよくなるので捻挫の予防になります。ストレッチを続けると柔軟性が身につくので、大きく動かせるようになります。逆に動く範囲が狭いと、すぐにつまずいたり転びやすくなるので捻挫するリスクが高くなるのです。よく捻挫するという人は足首が硬くなっている可能性があるのでストレッチで足首を柔らかくしましょう。

足を捻挫している時はストレッチをしないようにしましょう。捻挫で足首を痛めている時は安静にする、固定することが大切です。なので捻挫している時は絶対に足首のストレットを行わないようにしましょう。

足首を柔らかくしたり伸ばすストレッチじはこちら

足首を柔らかくする方法ってよくわかりませんよね。足首を柔らかくすると柔軟性がよくなったり、捻挫の予防になります。最近の子供は足首が硬い子供が多いので足首を柔らかくしましょう。足首を柔らかくするストレッチを紹介します。足首の動きは底屈と背屈、内転と外転、回内と回外、内回し、外返しの方向に動かすことが出来るのです。

まず壁で足首を伸ばすストレッチ体操です。足を前後に開き、両手を壁に当てます。そして後ろ足のかかとを床につけます。背筋を伸ばし、手で壁を押して、後ろ足のかかとを床に押し付けます。後ろ足のふくらはぎが伸びているのが感じます。足の前後を入れ替えて繰り返してストレッチをします。このとき後ろ足のかかとは浮かさないようにします。

又座ったままで出来るストレッチもあります。両足をまっすぐ伸ばした状態で座り、手前と奥の両方向に交互に足首を伸ばすストレッチ方法です。行う時は息を止めずに呼吸しながら行いましょう。

その他にすねのストレッチやふくらはぎのストレッチなども一緒に行うといいです。