アメリカは赤信号でも歩行者が渡るのが常識?日本と違う交通事情

アメリカは車社会。歩行者が道路を横断する時に確認する信号機ですが、日本とはだいぶ事情が違うようです。

アメリカは赤信号でも堂々と歩行者が渡る?アメリカの歩行者信号機は止まれのマークが赤い手?ボタンを押さないと歩行者は永遠に渡れない?

観光時にも役立つ、アメリカの交通事情についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夜に洗濯物を干しっぱなしにすることが良くない理由を教えます

仕事しているママは、夜夕食を食べてから洗濯する人も多いのではないでしょうか。 しかし、夜に洗濯...

夏休みの宿題が終わってないと焦っているあなたへアドバイス

「どうしよう!もうすぐ夏休みが終わるのに宿題が全く終わってない!」という小中学生もいるのではないでし...

ご飯を使った簡単安心おやつ!お子様に人気のレシピをご紹介

皆さんはお子様のおやつにはどんなものを出していますか? 理想は手作りという方も多いと思いますが...

スマホのクリアケースを簡単アレンジ!かわいいアイデア特集

スマホケースはいろいろなものが販売されていますが、人とはちょっと違うケースが欲しいとか、自分だけのこ...

よさこいの歴史と魅力!高知や北海道など各地のよさこいについて

高知ではよさこい祭りが、北海道ではYOSAKOIソーラン祭りが開催されていることは日本全国でも知られ...

親との同居にベストなタイミングは?多い理由と同居前の注意点

旦那の親との同居はできるならば避けたい…、そう思っている女性は多いと思います。 しかし、さまざまな...

絵が上手い人の特徴!絵が苦手な人が参考になるヒント

絵やイラストが得意という方がいますが、そのような方達にはどうやら特徴があるようです。 絵の上手い人...

スーツの後ろに付いてる糸は?ベントについている糸について

スーツの後ろに糸がバッテンについていますよね。スーツを着慣れない方はコレって何?と思われるのではない...

旦那がケチ過ぎてムカつく!離婚する前にちょっと考えてみて!

旦那がケチで、ケチすぎて離婚したい! でも、ちょっと待って! 浪費家の旦那より、ケチな旦那の...

花が長持ちする保存方法。 冷蔵庫を使って日持ちさせよう

蒸し暑い夏の時期ですと切花を買ってきて飾ってもあまり日持ちがしませんよね。それは花が長持ちするには適...

マスクを寝る時につけるなら濡らすと効果的!理由と付け方

寝る時にまでマスクをしていたら寝にくいのでは?確かに慣れるまでは寝にくいこともあるかもしれません。し...

洗剤の種類を減らすメリットと上手に選ぶためのポイント

洗剤種類を減らすのはオススメです。種類を減らすだけで洗剤の置く場所もスッキリしますし、ストックの管理...

夫が育児に協力的!イクメンの特徴と育児に非協力的な時の考え方

夫が家事や育児に協力的だとママもとっても助かりますよね!子供のお世話や家事に追われている時に夫が助け...

社会人の腕時計の値段の相場とは?年代や職種による値段の捉え方

社会人になると、学生の頃に身に付けていた腕時計がしっくりこない場合があります。 新たに腕時計を買い...

オリーブオイル賞味期限切れ活用法!捨てずにエコな使い道

オリーブオイルはどこのご家庭にもあり、パスタやサラダなどの調理に使うことが多いですよね。 最近は健...

スポンサーリンク

アメリカは赤信号で歩行者が渡っていても歩行者完全優先

アメリカは車社会

ですが完全に歩行者優先です。

横断歩道用の信号が赤信号の点滅で歩行者が渡ろうとして、渡りきらずに赤になっても歩行者が優先なので歩行者が渡り終わるまでは車を発進することができません。

日本の信号は、青→青点滅→赤 に対しアメリカの信号は、青→赤点滅→赤です。

アメリカの教則本によると、赤点滅は渡り始めることが禁止となっていますがそれを守る人はほとんどいません。
なぜなら、アメリカの横断歩道の信号の青(渡っても良い)の信号は日本の3分の1程度の長さしかありません。

お年寄りや小さい子供の歩く速さではその青の長さで渡り切ることができません。

ドライバーは信号が青でも横断歩道に人がいるかどうか必ず確認して渡る必要があるのです。

アメリカの歩行者用信号機は日本とどこが違うのか

日本に横断歩道の信号機

人が止まっている姿と歩いている姿そして赤と青で色分けされていますよね。

アメリカの横断歩道の信号機は止まれは手のマークで表現されます。
人が歩くマークに変わったら歩いて良いのは日本と同じですね。
そして、その渡れから止まれに変わるまでやたらと早いことがあります。
慣れない日本人が異国の地の物珍しい建物や景色に見とれてダラダラ渡っていたらすぐにクラクションを鳴らされます。
ある程度、交通量も考慮して時間を決めていると思いますが、極端な部分が多々あるんですよ。

日本では信号機は規則性を持って青や赤に変わりますよね。
こっちが赤だから次はこっちが青になるから渡れるなという判断ができますが、アメリカでは信号機のボタンを押さなければ横断歩道の色は変わってくれないため、日本の感覚で信号が変わるだろうと待っていても押さない限り渡ることはできません。

アメリカは車優先なため、ボタンを押さないと永遠に信号が変わらず歩行者が渡れないこともある

アメリカはとても広大な土地ですので、州によっても信号機の決まりが違うかもしれませんが、ほとんどの地域で横断歩道の信号はボタンを押さなければ渡れません。

それだけ車社会な国ということですよね。
車に慣れている人が多いので、どんな道でもビュンビュンと飛ばして行きますので東京の都会に住んでいる日本人なんかは慣れないうちは恐怖でしょう。

横断歩道が渡っても良いサインに出たらすぐに点滅、赤の手のマーク止まれに変わるまでのカウントダウンが始まるのです。
特にボストンではこのような信号機が多く最初は戸惑いましたが、すぐに慣れます。
また地域の人も慣れているため、クラクションを慣らして焦らしてくる人はあまりいません。

これが都会だったらどうなんでしょう。
考えるとゾッとしますが、信号の対応が荒い分、ドライバーの優しさに助けられているといった感じです。

しかし。もう少し子供やお年寄りの事を考えた信号が増えることを期待したいですね。

アメリカは歩行者完全優先とはいえ歩行者は気づかれないことも多い

アメリカは徒歩圏内でも歩く人はあまりいない

車を使うことが当たり前ですので、歩道を歩いていても家の駐車場からいきなり車が出てきたり、広い道をビュンビュンスピードを出して走っています。
突然歩行者や野生動物が侵入してきてもあのスピードでは止まることができません
きっと、歩行者もそのような車事情を理解して突然道路に出るような人もいないんですけどね。

もしそのような事故が起きてもドライバーは「普段から気をつけて運転しているけど人には気づかなかった」と口をそろえて言うでしょう。

いつどこで事故に巻き込まれるかわからないので、アメリカでは必ず横断歩道を使用し歩いていてもいつどこから車がくるか注意して歩く必要がありますよ。

自分の身は自分で守りましょうね。

アメリカは赤信号でも右折ができる?その驚きの交通事情とは

アメリカの交通ルールは日本と違う

これは赤信号でも右に曲がれることです。

アメリカの道を走っていると、「No right turn on signal」という標識がありますが、この標識がないところでは信号が赤でも関係なく右折が可能です。

不安な場合はウィンカーを上げて対向車線の車に自分が曲がりたいことをアピールして曲がると相手も気づいてくれるでしょう。

基本的に日本のように右折車線はないので、右折したい人はあらかじめ右車線を走っています。
もし、あなたが右折するつもりがないのに右車線で止まっていて、後ろの車が曲がりたかったらクラクションを鳴らされ右折しなければいけないはめになりますので注意してくださいね。
右折するつもりがないのなら左車線を走るとこのようなことはないでしょう。

どの国や地域の道を走るにも慣れるまでは不安や他のドライバーに迷惑をかけてしまうこともあるでしょうが、それも経験ですね。

アメリカに住むのですから慣れないとどうにもならないですから、挫けず慣れるよう頑張ってくださいね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691