アメリカは赤信号でも歩行者が渡るのが常識?日本と違う交通事情

アメリカは車社会。歩行者が道路を横断する時に確認する信号機ですが、日本とはだいぶ事情が違うようです。

アメリカは赤信号でも堂々と歩行者が渡る?アメリカの歩行者信号機は止まれのマークが赤い手?ボタンを押さないと歩行者は永遠に渡れない?

観光時にも役立つ、アメリカの交通事情についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高校の学校説明会で質問することのメリットやするべきポイント

高校の学校説明会では質問を個別で受けてくれることがあります。このとき、どんな質問をしたらいいのか...

ニートの息子を追い出す方法とニートにさせない事前予防とは

ニートの息子を追い出すために日々苦労をしているご家族もいるでしょう。現在成人なのに働かないニ...

ナンバープレートが盗難にあったら保険は使えるのか徹底解説

車上荒らしによってカーナビなどが盗難にあうケースが増えていますが、実はナンバープレートの盗難も多いと...

男性に嫌悪感を抱く理由。原因はそれぞれ!環境やトラウマとは

近くに男性がいると何となく落ち着かない、気分が悪い、嫌悪感があるという女性がいます。男性に対...

PTAが廃止されている小学校も多い!現在のPTAの形と現状

最近の小学校ではPTAが廃止されているところも増えてきています。以前は当たり前だったPTAの活動も、...

既読スルー!友達から既読無視される。友達の心理と思いつくこと

既読スルー。ちょっと凹むけど、LINEは気軽なツールです。あまり気にしないほうがいいと思いま...

つけ麺スープの残りは美味しいダシ!残ったスープの活用法

ラーメンのつけ麺を食べると、どうしても最後にスープが残りますよね。たっぷりとダシの効いた美味...

鍋についたカレーの焦げを簡単に落とす方法と焦げつかないために

カレーを作ったら、鍋が焦げてしまうことがあると思います。鍋の底が焦げ付いてなかなか落ちにくい...

ジムの持ち物、仕事帰りに寄るならできるだけ少なくが鉄則!

仕事帰りのジム通いで悩むのが、ジムに必要な持ち物たちの存在。あれもこれもと用意してしまうと、大き...

洗剤の種類を減らすメリットと上手に選ぶためのポイント

洗剤の種類を減らすのはオススメです。種類を減らすだけで洗剤の置く場所もスッキリしますし、ストックの管...

新卒と中途との待遇の違いと中途採用者が出世するための秘訣

新卒とは違って中途採用者に求められるのは即戦力。即戦力を期待されて入社しても、新卒よりも待遇が悪...

産前産後に里帰りしない場合の食事問題を解決します!

出産のために実家に戻り、産後もそのまま過ごす「里帰り」。しかし、それを選択しない人も増えてきています...

果物ジュースの基本の作り方!野菜や豆乳も使ってみて!

果物はたくさん食べることは出来ないけれど、 ジュースにしたら忙しい朝でも手軽に摂れそうですね!...

部活で女子との人間関係で悩んだときに読んで欲しい対処法

部活の女子との人間関係に悩む人は意外と多いのではないでしょうか。部活や練習は好きだけど、人とのコミュ...

犬がトイレシートからずれるのを防ぐには?対処方法をご紹介

犬がトイレシートからずれてしてしまうときには、どのようにして教えてあげたらいいのでしょうか?...

スポンサーリンク

アメリカは赤信号で歩行者が渡っていても歩行者完全優先

アメリカは車社会

ですが完全に歩行者優先です。

横断歩道用の信号が赤信号の点滅で歩行者が渡ろうとして、渡りきらずに赤になっても歩行者が優先なので歩行者が渡り終わるまでは車を発進することができません。

日本の信号は、青→青点滅→赤 に対しアメリカの信号は、青→赤点滅→赤です。

アメリカの教則本によると、赤点滅は渡り始めることが禁止となっていますがそれを守る人はほとんどいません。
なぜなら、アメリカの横断歩道の信号の青(渡っても良い)の信号は日本の3分の1程度の長さしかありません。

お年寄りや小さい子供の歩く速さではその青の長さで渡り切ることができません。

ドライバーは信号が青でも横断歩道に人がいるかどうか必ず確認して渡る必要があるのです。

アメリカの歩行者用信号機は日本とどこが違うのか

日本に横断歩道の信号機

人が止まっている姿と歩いている姿そして赤と青で色分けされていますよね。

アメリカの横断歩道の信号機は止まれは手のマークで表現されます。
人が歩くマークに変わったら歩いて良いのは日本と同じですね。
そして、その渡れから止まれに変わるまでやたらと早いことがあります。
慣れない日本人が異国の地の物珍しい建物や景色に見とれてダラダラ渡っていたらすぐにクラクションを鳴らされます。
ある程度、交通量も考慮して時間を決めていると思いますが、極端な部分が多々あるんですよ。

日本では信号機は規則性を持って青や赤に変わりますよね。
こっちが赤だから次はこっちが青になるから渡れるなという判断ができますが、アメリカでは信号機のボタンを押さなければ横断歩道の色は変わってくれないため、日本の感覚で信号が変わるだろうと待っていても押さない限り渡ることはできません。

アメリカは車優先なため、ボタンを押さないと永遠に信号が変わらず歩行者が渡れないこともある

アメリカはとても広大な土地ですので、州によっても信号機の決まりが違うかもしれませんが、ほとんどの地域で横断歩道の信号はボタンを押さなければ渡れません。

それだけ車社会な国ということですよね。
車に慣れている人が多いので、どんな道でもビュンビュンと飛ばして行きますので東京の都会に住んでいる日本人なんかは慣れないうちは恐怖でしょう。

横断歩道が渡っても良いサインに出たらすぐに点滅、赤の手のマーク止まれに変わるまでのカウントダウンが始まるのです。
特にボストンではこのような信号機が多く最初は戸惑いましたが、すぐに慣れます。
また地域の人も慣れているため、クラクションを慣らして焦らしてくる人はあまりいません。

これが都会だったらどうなんでしょう。
考えるとゾッとしますが、信号の対応が荒い分、ドライバーの優しさに助けられているといった感じです。

しかし。もう少し子供やお年寄りの事を考えた信号が増えることを期待したいですね。

アメリカは歩行者完全優先とはいえ歩行者は気づかれないことも多い

アメリカは徒歩圏内でも歩く人はあまりいない

車を使うことが当たり前ですので、歩道を歩いていても家の駐車場からいきなり車が出てきたり、広い道をビュンビュンスピードを出して走っています。
突然歩行者や野生動物が侵入してきてもあのスピードでは止まることができません
きっと、歩行者もそのような車事情を理解して突然道路に出るような人もいないんですけどね。

もしそのような事故が起きてもドライバーは「普段から気をつけて運転しているけど人には気づかなかった」と口をそろえて言うでしょう。

いつどこで事故に巻き込まれるかわからないので、アメリカでは必ず横断歩道を使用し歩いていてもいつどこから車がくるか注意して歩く必要がありますよ。

自分の身は自分で守りましょうね。

アメリカは赤信号でも右折ができる?その驚きの交通事情とは

アメリカの交通ルールは日本と違う

これは赤信号でも右に曲がれることです。

アメリカの道を走っていると、「No right turn on signal」という標識がありますが、この標識がないところでは信号が赤でも関係なく右折が可能です。

不安な場合はウィンカーを上げて対向車線の車に自分が曲がりたいことをアピールして曲がると相手も気づいてくれるでしょう。

基本的に日本のように右折車線はないので、右折したい人はあらかじめ右車線を走っています。
もし、あなたが右折するつもりがないのに右車線で止まっていて、後ろの車が曲がりたかったらクラクションを鳴らされ右折しなければいけないはめになりますので注意してくださいね。
右折するつもりがないのなら左車線を走るとこのようなことはないでしょう。

どの国や地域の道を走るにも慣れるまでは不安や他のドライバーに迷惑をかけてしまうこともあるでしょうが、それも経験ですね。

アメリカに住むのですから慣れないとどうにもならないですから、挫けず慣れるよう頑張ってくださいね。