目薬の差し方には裏技があります。上手く差すコツと正しい使い方

目薬を差すのが苦手という人もいますね。目に入ってくるのが見えるのですから当然です。

ですが場合によってはどうしても差さないといけない時もありますね。

目薬が苦手な方に差し方の裏技を紹介します。

いくつかありますので、自分に合った方法を試してみてください。

また差す前にやること、差した後の注意点なども併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

インディアンの言葉。子育て中のあなたに送る魔法の言葉

インディアンの子育て4訓を知っていますか?インディアンに語り継がれる言葉を、子育て中のあなた...

ノートの使い道。今話題の趣味ノートを作ってみよう!

ノートの使い道って人それぞれです。主に、勉強に使うイメージですが、今話題の『趣味ノート』を始めて...

背中についている贅肉の落とし方を知りたい!

背中って、自分で認識しにくい身体の部位ですよね。意識的に見ようとしても身体をひねらないと、見るこ...

妊娠中プールウォーキングをするメリットや方法、注意点

妊娠中の運動不足解消に役立つのが、プールウォーキングです。水中なので浮力もあり、足腰に負担をかけるこ...

運動会2歳児向けの障害物競争と障害物を作る際の注意点

幼稚園や保育園などの運動会では、2歳児が参加する障害物競争もあります。まだまだ体が未発達な2歳児...

野菜ジュースはパックがいいかペットボトルがいいか選び方を解説

スーパーやコンビニはもちろん、自動販売機にも野菜ジュースが売られていて野菜不足を気にする人にとっては...

高校のテストがやばい!勉強をしていなかった時にできる対処法

「高校のテスト勉強を全くやっていなかった!やばい!」テスト前にこんなふうにピンチを迎えている人もいる...

ハムスターの床材は新聞紙でもいい?ハムスターの飼い方

ハムスターの床材として新聞紙は適している?適していない?消耗品となる床材はできれば、コストがかからな...

お昼のコンビニに飽きたからお弁当生活に!時短弁当のコツ

働く女子の皆さんは、お昼はどのようなものを食べていますか?近くの飲食店で外食、コンビニのお弁...

ロマンスカーの展望席の予約裏技を大公開!今すぐチェック

ロマンスカーの展望席から眺める景色は格別!予約困難な席ですが、予約裏技があるの知っていますか?あ...

先生の異動が発表される時期はいつ頃なのか

学校の先生は3年から5年在籍したのち異動するのが一般的です。正式発表の前には必ず内示されます...

猫がネズミを捕食するのは狩猟本能から!外に出さないことが一番

猫はネズミを捕食して暮らしてきました。そこには狩猟本能以外にも理由があるのですが、飼い主としては...

ハムスターがトイレ砂を食べるのはナゼ?予防方法をご紹介

ハムスターがトイレ砂を食べるときには、どんなことが原因なのでしょうか?ハムスターの性格にもよ...

初めての漫喫でのデートには、どんな服装がいいのかを紹介

漫喫でデートと聞くと、ちょっと不安に感じる女性もいることでしょう。ですが、最近の漫喫はとても...

中国人観光客が日本に押し寄せる理由について調べた

日本国内で中国人観光客を見ない日はありません。それくらい日本には中国人観光客が押し寄せるのですが、な...

スポンサーリンク

目薬が苦手な方へ。差し方の裏技があります

大人でも目薬を差すのが苦手な人は多い

まず目薬を持つ手を固定します。慣れないと目薬を持つ手が空中でぶれてしまうことがあります。だから反対の手でグーを作り目尻を下げその手を台にして目薬を差すのも1つの方法です。

そして顔の筋肉を上手に使う方法です。口を大きく開け「あ~」と言葉を言いながら差す方法です。口を大きく開けることで自然と目も見開きます。目が小さい人でも目薬が差しやすくなります。

そしてトイレットペーパーの芯を使う方法です。トイレットペーパーの芯を目薬を差す目に当て望遠鏡を使う時のように覗き、芯の反対側から目薬を差します。芯を目に当てることでまぶたが閉じるのを防いでくれます。

目薬の差し方。裏技やコツや差した後について

目薬を上手に差せない人いますよね。目薬の差し方のコツや裏技はあるのでしょうか。
点眼する時に目薬の容器の先端が目に近づいてくると、怖いので無意識のうちに目を閉じてしまうので上手く目薬が目に入らないのです。上手に入れる事はまぶたを指で押し下げて目薬を入れると上手く入れることが出来ます。

目薬の1滴は約50マイクロリットル

目に保持できる薬の量は大人で約20~30マイクロリットルなので、何滴も入れる人がいますが多く入れても目から溢れてしまうだけなので無駄なのです。溢れた液が目の周りの皮膚についてかぶれることもあるので適量に差すことがポイントになります。目の周りに溢れた目薬はかぶれの原因になるのでティッシュで拭き取ることをオススメします。目薬を差してすぐにパチパチと瞬きはしないようにしましょう。瞬きすると目薬が涙と一緒に流れ出てしまい効果が発揮できないこともあります。
何より大切なのは他の人と貸し借りすることは絶対にしないことです。

目薬の差し方の裏技を使う前にやっておくこととは

目薬の裏技を試す前に目薬の差し方を知っていますか?知っているようで知らない目薬の差し方を紹介します。

目薬を差す前にやるべきこと

それは手洗いです。汚れた手で目薬を差そうと点眼、薬剤が出る部分を触ってしまうと目薬が汚染されてしまうので必ず手はしっかりと洗いましょう。そして点眼します。どちらか片方の手に目薬を持ち、持っていない手でまぶたを軽く下にひくと目薬の浸透がよくなります。目薬の量は1滴で十分です。点眼瓶の先がまぶたやまつげにつかないように2~3センチ上から差すようにします。まぶたやまつげに触れてしまうと目薬に菌がついてしまう可能性があるので注意しましょう。そしてあまり上の方から目薬を入れると目薬が目に入らないこともあり、目のまわりの皮膚に目薬がついてかぶれの原因になります。

正しい目薬の差し方をご存知ですか?

あなたはどのように目薬を差していますか?容器の先が目やまつげについていたり、目薬を差した後目をパチパチしたり、滴数をしっかりと守って入れていますか?間違った点眼方法をしていると次のようなことが起きる可能性が出てきます。

まず目薬の効果が十分に発揮されない、目薬が汚染される可能性があります。正しい差し方をすることで目薬の効果も上がり、目薬を清潔に保つ事が出来るのでこの機会に正しい目薬の使い方を覚えてみましょう。

涙は涙腺から出て、目の表面を潤し埃などを洗い流します。涙は瞬きによって目頭の方に集まり、涙点、鼻涙管を通り喉の方へ流れるのです。

目薬を差すと、目薬は目の表面にある涙と混じます。このため目薬も涙と一緒に喉の方へ流れます。喉の奥で目薬を感じることがあるのは流れてしまうためです。

目薬が苦手な小さいお子さんへの差し方について

子供はよく目の病気にかかることがありますよね。そんな時目薬を処方されることがあると思いますが、子供なので自分では差すことが出来ません。そして大人が目薬を差そうとしてもなかなかじっとしていることが出来ないので上手く目薬を入れることが出来なくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

目薬が苦手な小さな子どもには素早く行う

まず手を綺麗に洗います。手にはバイキンがたくさんついているので必ず石鹸で綺麗にしましょう。大人が足を広げて座り、子供を足の間に仰向けに寝かせます。子供の頭が股の所に来るようにします。両足で子供の腕と足を押さえ、片方の手で子供のまぶたを開き、もう片方の手で目薬を差します。この時、目薬が目やまつげいつかないように気をつけましょう。目薬は1滴で十分です。目薬を差したらまぶたを閉じて1~2分目をつぶらせてます。目から溢れ出た目薬はそのままにしておかず、必ずティッシュで拭き取ります。皮膚がかぶれてしまう可能性があります。

大人でも目薬が目に入ってくるのが見えるので差すのが苦手な人もいます。そんな場合は家族に目薬をさしてもらうようにしましょう。