アメリカで子供を留守番させてもいい年齢と厳しいルールとは

アメリカでは子供を一人で留守番させてはいけない厳しいルールがあります。

これは、州によっては子供の留守番可能な年齢を定めているところもあるのです。

なので、子供を一人で留守番させることで厳しい罪になることもありえます。

そこで、アメリカで子供を留守番させてもいい年齢と厳しいルールについてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬に目薬を差すときに暴れる場合の上手な差し方と、便利な方法

犬が結膜炎などの目の病気になってしまった場合は、目薬を差さないとならないこともありますね。で...

【猫の返事】無駄鳴きするときは何かを訴えている可能性も!

名前を呼ぶと返事する猫ちゃんもいますよね。名前を呼んで返事をしてくれると、とっても可愛くて思わずにや...

男性が結婚指輪をつけるのを嫌がった時の解決方法と妥協案

結婚したら男性も結婚指輪をつけるものだと思っていたのに、彼から「結婚指輪はつけたくない」と抵抗された...

10月始まりの手帳が売られているのはなぜ?始まり月の多様化

毎年12月になると、店頭に翌年のカレンダーと手帳が並びますよね。毎年同じ手帳を使うという方も...

先生の異動が発表される時期はいつ頃なのか

学校の先生は3年から5年在籍したのち異動するのが一般的です。正式発表の前には必ず内示されます...

パーティーに差し入れするならコレがおすすめ!大人数でも大丈夫

大人数のパーティーの差し入れはどんなものを持っていけばいいのか迷ってしまいますよね。みんなが...

ハムスターがトイレ砂で砂浴びはOK?砂浴びの役割と対処法

ハムスターがトイレ砂で砂浴びをしてしまう事に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ト...

長ネギのみじん切りの方法はこれで一発!細かいみじん切りの方法

長ネギは料理に欠かせない野菜の一つで、色んなメニューの名脇役として登場しますね。薬味としても人気...

鼻毛が出てるときの伝え方は?相手を傷つけないように伝える方法

デートをしていたら彼氏の鼻から鼻毛が出てる!そんな時、どんな伝え方をすればよいのか悩んでしまいますよ...

【猫の出産】出産後の猫は食欲旺盛!栄養価の高い食事が大切!

飼っている猫が妊娠して出産をした時、飼い主さんが気になるのは猫の栄養や食事など、猫の健康面についてで...

ハムスターの疑似冬眠は時間が勝負!適切な処置をしよう

ハムスターには「疑似冬眠」があり、もしそうだった場合は時間が勝負です。すぐに適切な処置をしないと...

社会人の腕時計の値段の相場とは?年代や職種による値段の捉え方

社会人になると、学生の頃に身に付けていた腕時計がしっくりこない場合があります。新たに腕時計を買い...

ピアノの楽譜を暗譜する方法!コツを掴めば絶対に忘れずに弾ける

ピアノを発表会などでで演奏するときには、楽譜を暗譜することを求められますよね。では、ピアノの...

女子の財布は黒じゃダメ?開運アップする財布のカラーについて

女子が持つ財布の色は?ピンクなどのかわいいカラーが人気の一方で、定番の黒もよく使われているそうです。...

女性が限定に弱い心理とは…。理由と限定に弱いタイプ人の特徴

店頭に並ぶ『限定品』やカフェの『期間限定商品』などには、つい目が行ってしまいますよね。特に女性は限定...

スポンサーリンク

アメリカでは子供を一人で留守番させてはいけない

子供の留守番は日本よりもずっと厳しいルールがある

どのくらい明確に、厳しく決められているルールなのでしょう。
実際のところ、明確に何歳までは一人で留守番させることはいけない、と決まっているわけではない州も多くあります。

明確に決まっていない州でも、12~13歳くらいまでは留守番をさせてはいけない年齢という暗黙の認識があります。
なので12~13歳の子供が一人になってしまう場合は、ベビーシッターにいてもらうようです。

12~13歳だと日本では小学校高学年~中学生なので、むしろ留守番をしても問題がない年齢になってきたという感覚になりますよね。

このように考えると、子供の留守番に関してアメリカのルールは確かに厳しいのかもしれません。
その分、子供の安全にも配慮しているということですね。

アメリカは州によって子供の留守番可能な年齢を定めている

アメリカで、留守番が可能になる年齢をはっきりと定めている州は、2つあります。
メリーランド州では8歳から、イリノイ州では14歳からと定められていて、規定の年齢に満たない子供を留守番させると、保護者は罪に問われることになります。

外で子供だけで遊ばせることも同様に考えられていて、子供だけなら家の周辺など保護者の目が行き届く場所のみとなっています。

子供だけで道をウロウロしているだけでありえないようで、これも子供だけで留守番をさせていることと同じだと考えられています。

明確に年齢が定められているのは2つの州ですが、それ以外の州でも保護者が参考にするべきガイドラインがあります。
なので、他の州では留守番に関して自由ということではありません。

アメリカのガイドラインの内容

  • 7歳以下 留守番だけでなく、車中や裏庭、公園も一人にしてはいけない
  • 8~10歳 昼間の明るい時間帯で、1時間半以内の留守番までにさせる
  • 11~12歳 夜間の時間帯は避け、3時間以内の留守番までにさせる
  • 13~15歳 保護者がいなくても留守番は出来るが、一晩以上はいけない
  • 16~17歳 事情がある場合は、2日間程度の留守番は許可される

アメリカで子供が一人で留守番できるかの判断材料とは

先ほどのガイドラインで、年齢別によっての留守番の基準を紹介しました。

しかし必ずしも、このガイドライン通りだとは限りません。

子供によって精神年齢や対応力は違う

一言で12歳の子供と言っても、みんなが同じような対応や行動が出来るわけではありませんよね。

なのでガイドラインを参考にしつつ、自分の子供の性格や成熟度を考慮して判断する必要があります。
万が一、留守番中に事故や火災などの重大な何かが起きた場合、100%保護者の責任になります。
罪に問われ、罰を受ける可能性も十分にあります。

子供の留守番を検討するとき

  • 子供が一人で留守番をしても大丈夫ほどの判断力、行動力があるか
  • 子供が留守番をすることに、不安や恐怖を感じていないか
  • 責任感のある行動を、取ることが出来る子供か
  • 緊急時、すぐに保護者に連絡をすることが出来るか

など、数時間程度を一人で留守番しても問題ないか、判断する必要があります。

アメリカで子供を一人で留守番させるのが重罪になることも

日本でも幼い子供を一人で留守番させない

もし留守番させた場合、親の責任として良い行動とは言えません。
まだ未熟で判断力や行動力のない子供を留守番させ、何か起きてからでは遅いですからね。

日常的に長時間留守番をさせていれば、ネグレクトとして罪に問われる可能性もあるでしょう。
しかし一度や二度の留守番で、問題も起こらずに留守番することが出来れば、罪に問われることはほとんどないですよね。

アメリカではたった一度の留守番でも、罪に問われることもあります。
いったいここまで留守番に対して厳しいのは、何故なのでしょう。

アメリカで子供を一人にすること自体が、ネグレクトの虐待だと考えられているからなのです。
家で留守番すること以外にも、例え1分でも車内に一人にすることもNGです。

子供が一人でいるところを発見した大人には通報の義務があり、大人が一丸となって子供を守ろうとしているのです。

13歳以上の兄姉が居れば子供だけの留守番は可能

アメリカでの平均的な考えとして、子供の留守番=12歳以下という認識が多いようです。
13歳以上になれば、夜には保護者が帰宅することを条件に、留守番をすることが許可されるケースが多いです。
なので13歳以上の子供がいれば、年齢の低い兄弟がいたとしても留守番させることは可能になります。

それでもやはり、緊急時にすぐに保護者と連絡が取れる環境にすること、保護者の居場所を子供が把握出来るようにするなどということは不可欠です。

緊急時に保護者に連絡が出来るということで、子供自身の安心感も違いますよね。

いくら年齢が低くないとしても、子供が不安な気持ちを感じずに留守番出来るために、保護者としての配慮は何歳になっても必要なことですね。