水彩色鉛筆の使い方!初心者向けのポイントやコツを紹介します

水彩色鉛筆の使い方は初心者には難しい?普通の色鉛筆よりもなんだか敷居の高い水彩色鉛筆ですが、コツやポイントを押さえれば難しいことはありません。

水彩色鉛筆ならではの優しいタッチや色合いで作品の幅が広がるでしょう。

どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?水彩色鉛筆の使い方や間違えたときの修正方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おばあちゃんの誕生日に子供と一緒に作れる料理とスイーツ

おばあちゃんの誕生日をお家でお祝いする時には、お祝いのお料理を何にしようかと悩みますよね? また、...

洗面台の掃除で水垢を簡単に落とす方法と綺麗を保つポイント

洗面台の掃除について水垢は便利なアイテムを使って簡単に落とすことができます。洗面台は毎日使っているう...

シナモンが苦手!美味しく食べられる食べ方は?おいしいレシピ

シナモンが苦手で日頃からあまり食べないという人もいますよね。ですが、シナモンを食べられるようになりた...

赤ちゃんに嫌われてる?母親が抱っこをすると泣く理由と対処法

初めて赤ちゃんを出産して、毎日一生懸命育児を頑張っているママたちの中には、母親が赤ちゃんを抱っこする...

洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置のメリット

「洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置したほうがいい?」という悩み。アパートやマンション...

青い着物にぴったりのメイク。基本のメイクやリップやチークの色

一生に一度の成人式は思い出に残るものにしたですね。 晴れ着の色も何色にしようか迷ってしまいます...

コンビニ風パスタサラダの作り方からアレンジ方法まで徹底解説!

コンビニに並んでいるパスタサラダ、一回食べると病みつきになってしまいますよね。 でも毎回買って...

駐車場のスリット部分に雑草が。すき間の雑草対策方法とは

駐車場のスリットに雑草が生えてしまうのをどうにかしたい。雑草対策にはどのようなものがいいのでしょうか...

運動会2歳児向けの障害物競争と障害物を作る際の注意点

幼稚園や保育園などの運動会では、2歳児が参加する障害物競争もあります。 まだまだ体が未発達な2歳児...

職場の虐めが退職理由だった場合の注意点と転職する時のポイント

職場の退職理由が虐めということもあると思います。 職場で虐めに合うのはとても辛いものです。1日の大...

男性の太ももの平均的な太さとは?細くするための方法も解説!

スピードスケートや自転車競技などのスポーツをしている人の太ももってかなり太く感じますが、男性の平均的...

ベースとギター初心者に向いているのはどっち?それぞれの特徴

バンドを始めたい!そう思った時、初心者の方はベースかギターのどちらを選ぶかで、迷ってしまいませんか。...

服の生地の種類や特徴を理解して、上手に着こなしましょう

服を洗濯する時に表示を確認すると「綿」など生地の種類が必ず書いてありますが、いったいどのくらいの種類...

夜中のカップラーメンで太る理由と食べても太らないコツとは

夜中にカップラーメンを食べると太ると言いますが、それには理由があるのです。 では、夜中にカップ...

彼氏や夫の携帯・パソコンの履歴をチェックした先に待ってるもの

彼氏の携帯。 履歴をチェックしたいと思う時は、どんな時? 彼氏の携帯をチェックしたら、履歴が...

スポンサーリンク

水彩色鉛筆の使い方とは?初心者はこのアイテムがあると便利!

水彩色鉛筆は、水に溶ける色鉛筆のことです。

普通の色鉛筆と水彩色鉛筆に、描き方の違いはありませんが、色鉛筆では表現ができないやさしい味わい深さを楽しむことが出来ます。

絵を描く時は、水彩色鉛筆で塗ってから、筆などに水を含ませて塗った色を伸ばしていきます。

画材道具が売っているお店に行くと、「水筆ペン」という商品が置いているところもあります。

これは、普通インクがはいるところに、水が入るようになっているので、いちいち筆を水につけなくても筆の先端から水が出てくるため、手間が省け、水彩色鉛筆を使う時にはとても便利なものと言えます。

水彩色鉛筆は、基本的に普通の色鉛筆と同じ描き方です。

水彩色鉛筆で塗った色の上から、水筆ペンや水に含ませた筆を使い、色を伸ばしていきますが、色を溶かすということを意識し、筆は寝かせた状態でやさしく伸ばしていくのがポイントです。

また、水彩色鉛筆を使う時の注意点として、色の上から重ねて塗る時には、前の色が乾いてから伸ばします。

まだ乾ききっていない状態で伸ばしても、上手く色が乗らないということもあります。

水彩色鉛筆の使い方とは?初心者が気をつけるポイント

素敵な絵が水彩色鉛筆で描かれているのを見かけて、それをきっかけに自分でも水彩色鉛筆を始めたくなる人もいるでしょう。

絵画というと、真っ先に思い浮かぶ道具は絵の具ですが、最近ではパステル画や色鉛筆画も大人の趣味として親しまれているようです。

中でも、水彩色鉛筆を使った絵は、水彩画に近い仕上がりになるので、手軽に使えるのに本格的ということで人気があります。

基本的には、色鉛筆と同じ描き方ではありますが、水彩色鉛筆は塗った色を水で溶かすという工程がありますので、水で伸ばした時の色の濃淡を計算して塗っていく必要があります。

そのため、描きはじめる時は、手前側を強く、奥に行くほどに弱くなるように描き方を変えることが大切です。

また、濃い色を出したい時には、いきなり濃い色の水彩色鉛筆を使うのではなく、はじめに薄い色を塗ってから濃い色をかぶせるように塗ることが良いでしょう。

絵の具との大きな違いは、色の混色が難しいということです。

塗った色がそのまま水に溶けて伸びるので、初心者には水彩色鉛筆は最初は扱いにくいと感じることもあるようです。

何度も練習していくうちに、色の伸ばし方などが身につき、水彩色鉛筆で絵を描くのが楽しくなる人が多いようです。

水彩色鉛筆の初心者あるある。使い方を間違ったときには?

水彩色鉛筆を使い始めて間もない頃は、水の量が思ったより多かったり、筆の立たせ方が強かったりなどで、思ったように塗れないということもあるかと思います。

でも、水彩色鉛筆の良いところは、多少の間違いなら修正が可能ということです。

間違えて塗ってしまった箇所を、水を多めに含ませたペーパータオルなどで拭き取れば、元の状態に戻ることもあります。

水彩色鉛筆で塗った色が、思ったより濃い場合は、水を付ける前に消しゴムで消すのが効果的ですが、普通の消しゴムでは紙を傷めてしまうこともありますので、ここでは練り消しを消したい箇所に押し付けて再度丸めるという作業を繰り返すことがおすすめです。

水で伸ばしたあとは、水が乾くのを待ってから塗り足すようにしましょう。

もし、乾ききっていない状態で、水彩色鉛筆を塗り足してしまうと、余計に濃い色になってしまい、修正が不可能な状態になってしまいます。

また、背景に大きな水彩画タッチの絵を持ってくる場合には、水彩色鉛筆で描く前に、先に紙全体を水で湿らせてから描くという方法もあります。

こうして塗った色をさらに水で伸ばすことによって、よりやさしく淡いタッチの絵になります。

水彩色鉛筆に少し慣れてきたらこんな使い方もおすすめ

水彩色鉛筆の使い方が段々とわかるようになってきたら、水彩色鉛筆を使って普通に描くだけではないよりプロっぽい使い方もあるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

たとえば、水彩色鉛筆の芯を削って、絵の具のように使ったり、削った水彩色鉛筆の芯を絵に振りまいて筆で溶かすという方法です。

どちらも、普通の描き方では表現できない、インパクトのある絵が出来るかもしれません。

カッターなどで、細かい粒状になった芯は、綿棒や指に水を付けて伸ばしても、また違う色合いになって面白いですよ。

普通の水彩画とはまた違う、ボカシのやさしい色合いになります。

やさしいタッチよりも、どちらかというとメリハリがある絵の方が好みという方は、水を弾く特性のある油性の色鉛筆をあえて一緒に使うことで、面白い仕上がりになりますので、ぜひお試しください。

水彩色鉛筆や水筆ペンをうまく使って絵を書いてみよう!

水彩色鉛筆を使うメリットは、普通の色鉛筆を使うような細かい描写もでき、同時に色を水に溶かすことによって水彩画のような優しい描写も出来るということです。

そのため、背景を水彩画のようにぼかし、水彩色鉛筆でイラストを描くという手法もよく使われています。

水彩色鉛筆でイラストを描く人の多くは、イラストの輪郭を際立たせるために、「水性ボールペン」を使用しているようです。

イラストを水性ボールペンで描いたら、水彩色鉛筆でさらに色を塗っていくという方法です。

水彩色鉛筆は、色数が多いので、絵の具のように混色はせずに、水彩色鉛筆そのものの色を活かして使う人が多いようです。

水彩色鉛筆と水筆ペンを使って、自分だけのオリジナルの絵を描いてみませんか。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691