よさこいの歴史と魅力!高知や北海道など各地のよさこいについて

高知ではよさこい祭りが、北海道ではYOSAKOIソーラン祭りが開催されていることは日本全国でも知られていることですよね。

高知や北海道のよさこいの歴史ではどちらが古いのでしょうか。それぞれのよさこいの特徴にはどんなものがあるのでしょう。

日本全国では、高知や北海道以外でもよさこいが踊られているところがあります。そこで今回は、各地のよさこいやよさこいの魅力・歴史についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫がキャットタワーに登らないのはなぜ?登らない理由と対処法

飼っている猫のためにキャットタワーを購入してみたけど、全く猫が登らない。こんなお悩みを抱えている飼い...

前髪の産毛が邪魔なら切るべき?産毛を手入れするコツと注意点

前髪を上げた時に産毛が気になりませんか?産毛の濃さは人によって違いますが、どうしても邪魔で切りた...

ホイップクリームを保存するなら冷蔵?冷凍?オススメの保存方法

ホイップクリームって意外と余ってしまい困りませんか?冷蔵保存でどの位持つのかが気になりますよね。...

電車に乗る時の子供の暇つぶし方法!ゲームやおすすめグッズ紹介

小さな子供を連れて電車に乗る時、長い時間電車を利用することで、子供が飽きてしまうことがあります。...

チンチラのケージに必要な大きさとケージ選びのポイント

チンチラを飼う場合には色々な飼育道具が必要になりますが、中でも重点を置きたいのがケージです。チン...

漢検準1級の効率的な勉強法とは?短期間で一発合格を目指そう

履歴書に書くなら漢検2級まで取得しておけば十分ですが、やっぱり準1級に挑戦してみたいですよね。...

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

コンサートのうちわが目立つ色とは?背景と文字とのバランス

アイドルのコンサート=うちわというくらい、目立つ色でメッセージを書いた自作のうちわは定番グッツとなっ...

ショパンの別れの曲の難易度とは?練習する場合のコツを教えます

ちょっと聞いた限りではショパンの曲の中ではそれほど難易度は高くないように思える「別れの曲」。...

喧嘩が起きた時の仲裁方法は?大人の喧嘩・子供の喧嘩の仲裁方法

目の前で喧嘩が起きてしまったらあなたは仲裁に入りますか?場合によって仲裁に入るかどうかは違うと思いま...

ノートの使い道。今話題の趣味ノートを作ってみよう!

ノートの使い道って人それぞれです。主に、勉強に使うイメージですが、今話題の『趣味ノート』を始めて...

パンにバターを塗りたくても固い!塗り方のコツを紹介します!

トーストしたパンにバターを塗って食べる!美味しいですよね!でも、バターが固くて塗り方が難しいって...

ラインが未読のままの友達がスルーする理由、返信してもらう方法

ラインが未読のままだと友達に何かあったのではと心配になることはありませんか。友達がラインを未...

夏休みの宿題が終わってないと焦っているあなたへアドバイス

「どうしよう!もうすぐ夏休みが終わるのに宿題が全く終わってない!」という小中学生もいるのではないでし...

体の筋肉の名称とその役割を覚えて、効果的な筋トレをしましょう

筋トレを始めようと思って本などを見ていると「大臀筋」や「下腿三頭筋」など見たことも聞いたこともような...

スポンサーリンク

高知と北海道のよさこい・高知のよさこいについて

よさこい祭りの本家本元と言えば「高知」ですよね。

毎年8月の4日間は、高知市内の競演場や演舞場で約2O0団体にもおよぶ踊り子が乱舞する様子を見ることが出来ます。

よさこい祭りとは

1954年に高知県の民謡である「よさこい節」から始まったお祭りですが、初回はわずか21団体750人しかいなかったそうです。

それが今や高知ばかりではなく、全国によさこいが広がり日本を代表する夏の風物詩にもなっています。

よさこいは、全国的に不況が続く中で、浮き沈んだ気持ちをよさこいで吹き飛ばし、市民の健康や繁栄、そして活気がない商店街を元気にするために、高知県の商工会議所が中心となって始めました。

徳島県の阿波踊りに対抗するために始めたという説もあります。

町の元気を取り戻すために始めたよさこいが、全国的にも有名なお祭りになるのは、当時の商法会議所の人達も予想していなかったのではないでしょうか。

よさこいの踊り子も回を重ねるごとに進化し続け、現在ではチームの個性がめざましく、衣装や髪型も派手になっていき音楽も伝統的なものから、ロック調やサンバ調など、どの団体も特色のあるよさこいを取り入れ、見ている人を楽しませてくれます。

高知と北海道のよさこい・北海道のよさこいについて

北海道でよさこいが始まったのは1992年のこと。

「YOSAKOIソーラン祭り」と名付けられたこのお祭りは、札幌市内を中心に、新緑がまぶしい6月に行われます。

当初は参加団体が10チーム総勢1千人で始まった北海道のよさこいは、回を増すごとに進化し続け、道内だけではなく道外や北海道と交流のある外国からも参加するほど愛される祭りになりました。

北海道「YOSAKOIソーラン祭り」の特徴

高知県の「よさこい祭り」をルーツに、北海道の民謡である「ソーラン節」と、よさこいの「鳴子」がミックスしたものということです。

ソーラン節とは昔、北海道の漁師がニシン漁の際に歌った労働歌で、「ヤーレンソーラン!」の掛け声が特徴の民謡です。

「YOSAKOIソーラン祭り」のルールとして、「手に鳴子を持って踊ること」そして、「曲にソーラン節のフレーズを入れること」の2つがあります。

基本的には、この2つさえ守れば、誰でも参加が出来ます。

現在では、参加者が約3万人、観客が200万人にもなり、すっかり北海道を代表するお祭りとして定着しています。

高知と北海道のよさこいは何が違うの?

北海道の「YOSAKOIソーラン祭り」は、高知のよさこいがルーツになっていることは周知の事実です。

北海道の学生が、高知県で見たよさこい祭りの臨場感に感動したことがきっかけとなり、北海道でもあんな盛り上がるお祭りをしたいと始めたのです。

北海道の代表的な民謡である「ソーラン節」と、高知県のよさこいを合体したという斬新な発想が成功した例と言えるのではないでしょうか。

「YOSAKOIソーラン祭り」は1992年から始まったので、本家のよさこい祭りに比べると歴史は浅いですが、この成功例を参考に、全国的にも町興しや商店街復興のために普及をみせています。

本家であるよさこいでは、よさこい踊りの曲で、鳴子を持って踊るというルールが伝統的に受け継がれていますが、YOSAKOIソーランでは地域によってはルールも幅広く、手に持つ楽器も自由だったり、曲もその地域にまつわる民謡を取り入れるなど、様々です。

よさこいは高知と北海道だけじゃない!名古屋でも踊られています

よさこい祭りで有名な地域は高知と北海道ですが、実はこれらの地域だけではなく、日本各地色々なところでよさこいが踊られています。

日本の真ん中に位置する名古屋のよさこい

真夏の8月に「にっぽんど真ん中祭り(通称:どまつり)」というお祭りが開催されます。

この「どまつり」は、観客動員ゼロ、つまり、全員参加型という新しいコンセプトのもと始まったお祭りで、その動員数は国内外合わせて約200チーム、2万人以上もの人達が参加しています。

どまつりの名物となるのは、参加者も観客も一緒になって踊りを楽しむ「総踊り」です。
どまつりの最終日の夜に、フィナーレを飾る総踊りは圧巻の一言!

2O10年には、この総踊りはギネス世界記録にも認定され、公式に、「世界一の総踊り」として名古屋を代表するお祭りになりました。

見るだけではない、踊る楽しみも味わえる「どまつり」、とても興味深いですね。

宮城県でもよさこいが行われています

宮城県の仙台市でも、毎年10月下旬に「みちのくYOSAKOIまつり」というお祭りが開催されます。

いまや、全国250以上にものぼる市町村で開催されている「よさこい」ですが、この「みちのくYOSAKOIまつり」が最初に行われたのは、1997年のことです。

宮城県出身で、高知の大学に通う学生が、自分の故郷にもよさこい祭りのような祭りを立ち上げようと企画して始まったそうです。

参加チームは、北海道から関西方面まで多岐に渡り、観客動員数は約50万人という全国のお祭りの中でも大きなものとなっています。

「人・まち・環境」にやさしい祭りということをコンセプトにしているため、ゴミの分別をはかったエコステーションの設置や、参加チームや市民ボランティアによるゴミの清掃なども徹底していることも大きな特徴です。