日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

カレーライスとサラダの献立にあと一品!簡単おすすめ副菜

2018.11.19

カレーライスとサラダという献立はとても相性の良い組み合わせですよね。

しかし、育ち盛りのお子様などだと、それだけでは物足りないという場合があるかもしれません。
さらにあと一品追加したいという場合には、どのようなレシピが良いのでしょうか?

カレーに合う副菜やスープをご紹介します。
調理も簡単でパパっとできるおかずばかりです。

カレーライスにサラダとあと一品!手作りの福神漬け

カレーライスによく合う一品といえばコレ!福神漬けです。

福神漬けなら、いつもサラダと一緒にカレーライスに添えているわ。という方も多いと思いますが、ただの福神漬けではありません。ポイントは手作りということ!

野菜がたくさん摂れて、栄養バツグン!箸が止まらない手作り福神漬けを作ってしまいましょう。

ちなみに福神漬けにはどのような野菜が入っているのかご存知ですか?色がついていて、しかもしっかりと味付けがされているので、なんの野菜なのか識別しにくいですよね。

まず形でわかりやすいのがレンコン、食感ではポリポリとした大根やきゅうりが入っていることが伺えます。そしてナスや人参、なた豆も含まれているんですよ。

なた豆以外は、お家でもいつでも手に入る食材ですよね。なた豆はスナップエンドウなどに変えても問題ありませんよ。

作り方はまず材料を豆以外全てカットするところから始まりますが、市販と同じ大きさだと手間がかかるので薄切りにするだけでOKです。

カットした後は軽く塩を降って水に付けてアクを出した後、しっかりと水気を取り除きます。

後はしょうゆ、みりん、酒、酢などの合わせ調味料で野菜を汁がなくなるまで煮たら完成です。市販の福神漬けとは一味違った味ですが、箸休めにぴったりな一品となります。

カレーライスにサラダとあと一品は酢の物であっさりと

カレーライスは言わずとしれた、しっかりとした味付けです。そこで年々あっさりとした付け合せが欲しくなるのは、私だけではないはずです。

もちろんサラダも良いのですが、もう一品箸休め的な料理があると嬉しいですよね。

そこであっさり、さっぱりといえば酢の物。カレーにらっきょうの酢漬けが合うように、他の酢の物もカレーに良くあって、両方の箸が進みます。

ちなみに酢の物といえば定番のきゅうりとわかめが、すぐに頭に思い浮かびますが、メインにもなるような一味違った材料で酢の物を作ることも可能です。

例えば魚介類を使ってボリューム満点の酢の物なら、サバ缶やタコ、イカやエビを使った酢の物。

またいつもと違った野菜の酢の物なら、長芋や大根、アボカドを使った酢の物も美味しくてカレーにぴったりです。ぜひ試してみてください!

カレーライスとサラダにあと一品野菜たっぷりスープ

カレーライスとサラダを作ったら、あと一品をスープにする方法もあります。

具だくさんスープなら、立派な一品となりお腹も満足しますよ!

我が家の具だくさんスープの代表といえば、なんちゃってポトフ。冷蔵庫の野菜室掃除をするかのように、野菜室に余っている野菜を入れて、ベーコンやウィンナーでさらにボリューム感を出します。

味付けはコンソメで。お手軽にしかも間違いない味にすることが出来るので、おすすめな味付けですよ。

ちなみにカレーライスにじゃがいもが入っているときは、スープにじゃがいもを入れるのはやめておきましょう。同じ食材が入ってしまって飽きてしまうことと、重くなりすぎてしまうので、その点は注意をしてください。

味付けはコンソメ味の他に、トマトベースでもカレーライスに合うので、その日の気分や材料によって決めると良いでしょう。

カレーライスと相性の良いサラダは?

カレーライスを作るときのもう一品として、まず思いつくのは皆さんサラダではないでしょうか。

さっぱりとした野菜サラダもカレーとの相性が良いですが、サラダもいつも同じだと飽きてしまいますよね。

サラダのバリエーションが増えれば、いつもと同じカレーライスでも少し雰囲気が違ってきます。

食べ盛りの子供が喜ぶサラダは、マカロニやスパゲッティサラダ!マヨネーズであえるので、全体的にカロリーが高くなってしまいますが、安定の美味しさです。

カレーライスがちょっと重たく感じるのなら、付け合せのサラダはよりさっぱりしたものにしてみましょう。

マリネやピクルスならお酢が入っているので、さっぱりとしていてお口直しの一品としても最適です。またサラダだと量が食べられなくても、マリネやピクルスにすると箸が進む方もいらっしゃいますよね。

その他にもお店でよく見かける、コールスローやシーザーサラダ、コブサラダや豆腐のサラダなど、バリエーションを変えて楽しむことが出来ます。

いつものサラダにちょっと飽きてしまったら、このようなサラダを参考にしてみてください。

家でも挑戦したい手作りナン

カレーライスの付け合せやもう一品というときの料理についてお話してきましたが、カレーといえば忘れてはいけないのがナン!

最近ではカレーとご飯ではなく、ナンを合わせる方も少なくありません。そして子供の給食にもナンがカレーと一緒に出されるようになって、人気のメニューの一つになっています。

でも、美味しくてついついナンをたくさん食べたくなるのが難点、市販のナンを買うと普段のカレーライスを作るときに比べると高くついてしまいますよね。

そこで、手作りでナンを作ってしまいましょう。お家でナンを作れば、購入するよりもずっと安くついて、子供もお腹いっぱい、存分にナンを堪能することが出来ます。

ナンはパンを作るときと同じように、発酵が必要となりますが二次発酵がいらないので、時間をそれほど必要としません。

ポイントは必ず強力粉を使用することです。家に薄力粉だけしかないからと、強力粉を混ぜないともちもちしたナン特有の食感がなくなってしまいます。

また発酵が進まないと、ふんわりとしたナンが出来上がらないので、この2点には注意をしてくださいね。

 - 簡単な問いに対する答え