日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

生姜の収穫時期の目安は?収穫時期を変えると色々な味が楽しめる

2018.11.17

生姜を初めて育てる人の中には生姜の収穫時期の目安についてよくわからない人もいますよね。せっかく栽培するのですから、一番いい時期に収穫して美味しさを楽しみたいものです。

生姜を収穫する時の目安の時期は一体どのくらいになるのでしょうか。栽培や収穫・保管のポイントは?

そこで今回は、生姜を収穫する時の収穫時期と、栽培・保管の方法についてお伝えします。

種類別・生姜の収穫時期の目安

風邪のときなどにも効く「生姜」ですが、実は生姜の種類により収穫時期が異なります。

種類別の生姜の収穫時期の目安をご紹介します

筆生姜の収穫時期の目安について

筆生姜は、茎葉が生い茂り塊茎が大きくなり始めた頃が収穫時期です。
その目安としては、初夏の6~7月頃の収穫がオススメです。

また、収穫の際には、新芽だけを収穫するようにしましょう。

葉生姜の収穫時期の目安について

葉生姜は、株元が赤くなった頃が収穫時期です。
目安としては、7~8月頃に収穫がオススメです。

また、収穫の際には、株元から収穫するようにしましょう。

根生姜の収穫時期の目安について

根生姜は、地上に出てる茎葉が黄色くなった頃が収穫時期です。
目安としては、気温も下がった秋ごろの10~11月頃がオススメです。

どの生姜も基本的には、本格的に冬を迎える前には収穫を済ませるようにしましょう。

また、植え付けに使用した古い種生姜は、すりおろし生姜として利用することができます。

生姜の植え付け・収穫時期の目安について

生姜の植え付け時期や方法、収穫時期の目安と収穫方法についてご紹介します。

種生姜の植え付け時期や植え付け方法について

  1. 種生姜を3~4日程度、陽にあて芽を出します。
  2. 種生姜の1片が50g~100g程度になるように手で分けます。
  3. 分けたら、3日程度陰干しをし断面を乾燥させます。
  4. 栽培スペースの真ん中に、幅15cm深さ20cm程度の穴を掘り、元肥を入れ土を10cm程度かぶせます。
  5. 4の上に種生姜の芽が上になるように置き、溝が埋まるまで土をかぶせます。
    生姜の上からかぶせる土は、5cm程度にします。

以上で、植え付けは完了です。

植え付けは4月中頃~5月中頃までを目安に行うようにしましょう。
また、芽が伸びてくるまでには1ヶ月程度かかります。

生姜の収穫方法について

生姜の収穫方法は、株の周りにスコップを入れ株をほりあげることで収穫できます。

また、生姜は寒さに弱いため霜が降るまでには収穫を済ませるようにし、生姜を保存する際には、新聞紙で包み15℃程度を保てる暗所で保存しましょう。

生姜の収穫時期について

  • 葉生姜
    葉が5~6枚になった頃、目安としては7月~8月頃に行います。
  • 根生姜
    茎葉が黄色く色づいた頃に行います。

生姜は目安の収穫時期をずらすことで色々な大きさが楽しめる

生姜は、収穫時期をずらすことで様々な大きさの生姜を楽しむことができ、また病害虫が少なく育てやすい野菜でもあります。

夏真っ盛りの頃の生姜は「葉生姜」を収穫することができ、辛味も少ないことから生のままかじることもできます。

一方で、秋口には「根生姜」を収穫することができ、香りの強い生姜を収穫することができます。

また、収穫した根生姜を数ヶ月保管することで辛味の強い「ヒネ生姜」にすることができ、ヒネ生姜は薬味などで利用することができます。

生姜を上手に栽培するためには、乾燥に注意し、地温が15℃以上になってから植え付けするのがポイントです。

また、直射日光などの強すぎる日当たりは、生姜にとってあまり良いことではありませんので、適度な日陰で栽培することも大切です。

生姜の保管・保存方法

生姜の保管方法と上手な保存方法についてご紹介します

生姜の保管方法について

最適な保管温度は、15℃程度だと言われています。

保管温度が高ければ芽が出てしまい、逆に低すぎると生姜は傷んでしまいます。
また、乾燥に弱いため土はつけたまま保管し、適切な湿度を保つようにしましょう。

一方で、茎の付け根のピンクに色づいている部分は保管中に色が落ち、数ヶ月程度で生姜の色が濃くなり食べごろとなります。

生姜の上手な保存方法について

土をキレイにとってしまった場合には、生姜にラップを巻き、冷暗所に保管します。
涼しいところがなければ、冷蔵庫の野菜室でも問題ありません。

また、乾燥を防ぐために、新聞紙を水に濡らし生姜に巻くのも効果的です。

生姜をすりおろした場合には、ラップに包み冷凍するようにしましょう。

秋になると新生姜がなくなるのはなぜ?

根生姜と比べると辛味が控えめで、水分も多く含まれていて食べやすい「新生姜」ですが、秋頃になると新生姜がスーパーに無いことありますよね。

ビニールハウスで栽培している新生姜は、露天の畑で栽培されている野菜と比べても、光熱費等がかかり原価が高くなってしまいます。

そのため、露地物が収穫できる時期にはビニールハウスでの新生姜の収穫を止め、露地物を中心に収穫していることから、新生姜がスーパーに置かれていないのかもしれません。
また、収穫が露地物に変わる時期が秋である9月頃だと言われています。

一方で、新生姜のイメージが「夏」であることから、スーパー側が売れないことを予想して、置いていないことも考えられるでしょう。

 - 簡単な問いに対する答え