身体が柔らかくなりたいならストレッチ!そのポイントとは

身体が柔らかくなりたいならストレッチがおすすめ。
お金もかかりませんし、毎日コツコツ続けることで身体がどんどん柔らかくなっていきます。

では最初はどんなストレッチから始めるべきなのでしょうか。身体が柔らかくなるおすすめのストレッチ方法とは?

ストレッチで身体が柔らかくなれば、基礎代謝もアップしてダイエット効果も期待できます。硬くなった身体を柔らかくしていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【猫の返事】無駄鳴きするときは何かを訴えている可能性も!

名前を呼ぶと返事する猫ちゃんもいますよね。名前を呼んで返事をしてくれると、とっても可愛くて思わずにや...

絵の題材に迷った時の決め方!まずは好きな物を思い浮かべよう

これから絵を描こうと紙を前にした時、何を描くべきか題材で悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。...

ゆで卵をレンジで温め直しすると危険な理由と爆発させないコツ

ゆで卵を電子レンジで温め直しすると爆発すると聞いたことはありませんか?これを防ぐためには、ゆ...

福神漬けがカレーに添えられる理由について調べました

カレーの横に添えられている赤いもの、そう誰もが知っている「福神漬け」ですよね。福神漬けとカレ...

足首が硬い子供が急増する理由。柔らかくするメリットとその方法

足首が硬い子供が増えているといいます。足首が硬い、曲がりが悪いのでしゃがむことが出来ないそうです...

アメリカのお風呂の入り方と日本のお風呂事情と大きく違う点

アメリカ人のお風呂の入り方は、日本の入り方と全く違います。日本は湯船にゆったりとつかり、時には小...

パンにバターを塗りたくても固い!塗り方のコツを紹介します!

トーストしたパンにバターを塗って食べる!美味しいですよね!でも、バターが固くて塗り方が難しいって...

夫が許せない!妻が離婚を考えてしまう理由や許せない行動とは!

夫をどうしても許せない、だから離婚しようかと考えている。このような奥さん、いませんか?夫...

跳び箱練習を自宅でするオススメな方法と誰でもできるコツとは

跳び箱の練習は跳び箱がなくても自宅でできるのでしょうか?では、自宅でできる跳び箱が飛べるよう...

服の生地の種類や特徴を理解して、上手に着こなしましょう

服を洗濯する時に表示を確認すると「綿」など生地の種類が必ず書いてありますが、いったいどのくらいの種類...

妊娠中プールウォーキングをするメリットや方法、注意点

妊娠中の運動不足解消に役立つのが、プールウォーキングです。水中なので浮力もあり、足腰に負担をかけるこ...

目の疲労回復グッズにはどんなものがある?目の疲れ対策

目の疲労回復に役立つのはどのようなグッズなのでしょうか?目が疲れていると、肩が凝ってしまったり、頭痛...

女の友情はもろいと感じるエピソードと疎遠になるワケととは

女同士の友情はもろいと思いますか?そんな事はないよ・・・といいたいところですが、実際には女同...

小銭貯金を郵便局で!硬貨の入金ができるATMは郵便局だけ

小銭貯金をするなら郵便局のATMが最適です。もちろん、銀行のATMでも硬貨対応のものもありま...

指のサイズの平均値を紹介します。簡単に測る方法とポイント

エンゲージリングやカップルリングなど指輪を購入する時に必要なのが、指のサイズです。女性の薬指...

スポンサーリンク

ストレッチで本当に身体が柔らかくなるの?最初はどんなストレッチから始めるべき?

身体の柔軟性は一日二日では、手には入りません。ローマは一日にして成らず。
身体の柔軟性も一日では手に入れることはできません。

身体を柔らかくしたいなら、毎日コツコツと地道にストレッチを続けること以外、道はありません。

フィットネスウエアに着替えて、スタジオでじっくりとストレッチをしなくても、大丈夫。
思いついた時に、思いついたように柔軟・ストレッチをしてみましょう!

足首のストレッチ

足首の柔軟性は、普段の生活をするのに欠かせません。デスクワークの最中でも、椅子の下に座りながら足首のストレッチはできます。
座ったままで膝下だけつま先立ちをしてみてください。足の甲から足首が伸びるのを感じることができませんか?
反対に床にかかとをつけてつま先を上げてください。アキレス腱の伸びを感じることができるはずです。

痛気持ちいところまで伸ばしてみましょう。伸ばしている時に、呼吸を止めないこと。

何度か交互におこなったら、足首をくるくる右と左に回して終了です。

身体が柔らかくなるおすすめのストレッチ方法

股関節周りをストレッチ

  1. 床に座り、あぐらをかくように足を股関節側に曲げ、足の裏を合わせます。
  2. 合わせた足の先を手で持ちながら、背筋を伸ばすように身体を前へ倒します。
  3. この時に、呼吸は止めないように意識しましょう。
  4. 息をゆっくりと吐き、スローモーションで体を倒します。
  5. 気持ちがよく、伸びを感じるところまで、体を倒してください。
  6. 痛いのに無理をして伸ばしても柔軟性を手に入れることはできません。
  7. この動作を何度か繰り返しましょう。
  8. 股関節周りがほぐれてきます。
  9. 片足を伸ばしたり、両足を伸ばしたりして同じように前屈してみましょう。
  10. 徐々に体が前へ前へと倒れるようになります。
  11. また、壁に背を付けて立ってみてください。
  12. そして、バンザイしてみましょう。体が一直線に真っ直ぐなりますか?
  13. 体が壁に沿って伸びないのなら、腕を真上に上がるように、肩甲骨周りのストレッチも行いましょう。
  14. まずは、腕をぐるぐると大きく回すことからはじめてください。

身体が柔らかくなるためにはいつストレッチを行うべき?回数は?

夜、時間を作るのは結構難しいですよね。
絶対にストレッチのために時間を作ると思っても、生活に追われて結局はできないままで一日が終わってしまうことが続いてしまいがちです。
そうなると、罪悪感しか感じないのでストレッチをしようと思うことすらできなくなってしまいがちです。

夜寝る前にする!と決めてしまうと、できなかった時に負の感情が溢れてしまいます。
そんな要らぬ罪悪感を感じないためにも、スキマ時間にストレッチをするようにしてみてはいかがですか?

仕事の合間に『伸び』も立派なストレッチ

自分が思うよりも、自分の体の可動域は狭いはず。
伸び一つで、自分の体の可動域は少しづつ広がります。
これだって、十分ストレッチをしているということになりますよ。

決めてしまうと、苦しくなるもの。

身体を柔らかくするなら痛いのを我慢してストレッチをする方が効果的?

痛みに耐えて、涙を流しながらギュウギュウ体を伸ばしても、柔軟性を手に入れることはできません。
痛いのに耐えながら一生懸命身体を伸ばしても、身体は自分の筋肉を守ろうとして逆に筋肉を固くしてしまうのです。

『痛気持ちいい』が限界です。

心地よさを感じるところまで伸ばしたら、その位置をキープするようにしましょう。
長さは30秒程度です。
それ以上、長い時間静止させていても身体が柔らかくなることにつながることはありません。

また、人には『利き〇〇』があります。
右が得意な人、左が得意な人それぞれです。

苦手な方を克服しようと頑張る傾向がありますが、得意な方を柔らかくする方がストレッチは進みやすいのです。
やりやすい方の身体が柔らかくなっていくと、不得意な方も柔くなっていくものです。

身体を柔らかくするためにストレッチをする時のポイント

身体が柔らかくなったと実感するには

ストレッチを初めてから1ヶ月を過ぎたところでしょうか?

ストレッチをやり始めた時の動画をとっておくのも、目に見えて効果がわかりやすいのでおすすめです。

自分ではさほど感じなくても、動画で確かめると自分の身体が確実に柔軟性を持ったことを感じることができるでしょう。

身体が温まっている時にストレッチをすると、筋肉や関節が伸びやすいので、同じことをしても、倍の効果を得ることができます。

また、水分補給も忘れないようにしましょう。
筋肉に水分が少ないと、筋肉が伸びにくいのです。

普段から、水分を摂る習慣をつけることも、身体を柔らかくするためには必要なことです。

続けることが大切です。

時間がある時には、自宅やスタジオでじっくりと取り組み、時間がない時には、隙間時間を利用して、身体のいろいろな部分を伸ばしましょう!