スマホの自撮りでかわいく見せるコツ!テクニックでもっと好印象

今は多くの人がスマホを持ち、SNSなどに投稿する人も増えています。スマホで自撮りをする機会もますます増え、少しでもかわいく写りたいですよね。

自撮りがいつも上手くいかないとか、似たような写真ばかりになるというお悩みも多いと思います。

スマホの自撮りはコツをおさえれば、今よりももっとキレイに撮れるはずです。かわいく見せるためのポイントや上手な撮り方をご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浪人した友達を応援したい!やってもいいこと・悪いことは〇〇!

友達が受験に失敗して浪人することが決まった時、大変な受験勉強を励ましたり、次の受験で合格することがで...

見た目が怖い人で本当は優しい人の特徴と見た目通り怖い人の特徴

見た目が怖いけど、本当は優しいという人はいます。あなたの周りにもいませんか?人は見た目が9割...

高校の学校説明会で質問することのメリットやするべきポイント

高校の学校説明会では質問を個別で受けてくれることがあります。このとき、どんな質問をしたらいいのか...

岩塩がピンク色をしているのはなぜ?人気のヒマラヤ岩塩とは

ピンク色をしている岩塩を見たことがある人もいるでしょう。普通の塩は白い色なのに、なぜ岩塩がピンク色を...

158cmの平均体重はどのくらい?女性の標準体重や美容体重

女性に生まれたからには美しくいたいと思うのは誰しもが持つ願いです。それはきっと老若男女変わらない...

野良猫を保護して鳴きやまないときの対処方法について

野良猫の保護をしてなかなか鳴きやまないときにはどのように接したらいいのでしょうか?はじめは威...

タッパーを弁当箱に!詰め方次第で美味しい・嬉しいメリットが

お弁当箱の代わりに、タッパーを使ってお弁当を持参している人もいるのではないでしょうか。タッパ...

窓サッシから入り込む隙間風対策!簡単な方法と窓の調整法を解説

築年数の古い家に住んでいると、窓サッシから入り込む寒い隙間風が気になってしまうことがあります。...

漢検準1級の効率的な勉強法とは?短期間で一発合格を目指そう

履歴書に書くなら漢検2級まで取得しておけば十分ですが、やっぱり準1級に挑戦してみたいですよね。...

本音と建前が交差する顔の不思議、恋愛するなら左側ポジションで

コミュニケーションの場では常に本音と建前が交差するものですが、相手が本音なのか建前なのか、顔だけで判...

親の過保護はNG!子供が高校になっても過保護・過干渉な親

「もう高校生になったのに親が過保護で悩んでいる」という人もいますよね。親の過保護は子供の成長に悪影響...

妊娠中プールウォーキングをするメリットや方法、注意点

妊娠中の運動不足解消に役立つのが、プールウォーキングです。水中なので浮力もあり、足腰に負担をかけるこ...

生姜の収穫時期の目安は?収穫時期を変えると色々な味が楽しめる

生姜を初めて育てる人の中には生姜の収穫時期の目安についてよくわからない人もいますよね。せっかく栽培す...

旦那が自営業で不安…。もう、腹をくくって不安を楽しもう!

旦那が自営業で、収入が安定しないことが不安でしかない。そんな奥さんはたくさん居ると思います。...

うさぎが足ダンをやめない理由と対処法!うさぎの足ダン対策

うさぎが足ダンをやめないことに頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。足ダンをやめない...

スポンサーリンク

スマホで自撮りする時のコツ!光の当て方の注意点

スマホでの自撮りが上手に撮ることができないという人は、まずは光の当て方に注意してみましょう。

自撮りをするときに、光の当たり方を気をつけるだけで全然写り方が変わってきますよ。

例えば、家の中で自撮りするときに肌を綺麗に見せたいのであれば、顔の下から光を反射させるといいでしょう。

白いタオルや画用紙など光を反射させるものを下に置くのがオススメです。

また、蛍光灯の下での撮影では、肌がくすんで見えてしまいます。照明を暖色系にするか、薄い布で照明を覆うなど光の調整をしましょう。

それから、外で自撮りをするときには、パステルカラーの洋服がオススメです。パステルカラーなどの中間色の洋服を着ていると、光の調整がしやすいのです。

もしも、しわや肌荒れなどを隠したり、小顔効果を狙っているなら、逆光で撮影してみてはどうでしょう。

意外な効果が期待できますよ。ぜひ試してみてくださいね。

スマホの自撮りは上から撮るのがコツ

スマホでかわいく自撮りしたいなら、上から撮るようにしましょう。

これは、かわいく自撮りするときのポイントになります。

どうして上から撮るとかわいく撮れるのかというと、目がレンズの近い位置に来るからなのです。

そうすることで、目が大きく映り、可愛らしく見えるようになるのです。

よく女性の上目遣いはかわいいと言われますよね。それと同じく、少し上目遣いで撮った方がかわいく写りますよ。

ですから、少し上を向いて上から撮ることで、目も大きくなり、かわいく自撮りができるということです。

スマホでかわいく自撮りしたいなら、ぜひ上から撮るようにしましょう。これは自撮りの基本です。

そして、上目遣いにすれば、よりかわいく自撮りすることができますよ。まずはやってみましょう。

スマホの自撮りでかわいく見えるコツ

スマホで自撮りするときの撮り方の基本がわかりましたが、さらにかわいく見えるためのコツがあります。

まず、自撮りするときには顎をあげないことです。これは、上から撮るという撮り方にも当てはまりますね。頭より少し上にカメラを構えて、顎を引きましょう。

さらに、目をしばらく閉じてからパッと開くと、目の瞳孔が開いて、黒目がちなかわいい目になりますよ。

また、自分の気になる顔の欠点を隠すのもポイントです。

例えば、丸顔が気になるならほっぺたに手をあててみたり、自然に隠してあげましょう。

最近では、このような小顔効果を狙った小技が人気で、口元や顔の一部を隠すなどして撮るのも流行っていますよ。

もちろん、このとき髪の毛は綺麗にセットしておきたいですね。実は意外と重要なポイントなんです。髪型によって小顔に見えたり、美人度が増したりもしますよ。

小物使いによっても見せ方が変わってくるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スマホの自撮りで気を付けたいスマホの持ち方

自撮りをするときには、スマホの持ち方にも気をつけたいですね。普段スマホを持つときのままで、自撮りを撮っても綺麗には写りません。

普段の持ち方のままでは、自分とは反対側にレンズが遠くなってしまうのです。これって、レンズを見下ろすような感じですね。カメラにすると、下から見上げた感じです。

これでは、顎が目立ち、鼻の穴まで写ってしまいますよね。とても綺麗に映るとは言えません・・・。

なので、自撮りをするときには、スマホを傾けないように垂直に持つようにしましょう。まるで鏡を見るような感じで、顔に対してまっすぐ垂直に持つのです。

そうすれば、普段の斜め下からの持ち方で撮るよりも、ずっとスッキリ撮ることができますよ。

自撮りをするときには、ぜひスマホの持ち方にも気をつけましょう。

自撮りが上手な人の写真も参考に

スマホで上手にかわいく自撮りできてる人もいますよね。自分もこんな風にかわいく撮りたいと思いませんか?

でしたら、ぜひ自撮りが上手な人の写真を参考にしてみましょう。

まずは、自分で自撮り何枚か撮って、自分の写真を見てみましょう。

例えば、どの角度から撮るとどんな表情になるのかなど研究してみます。

その中で気に入った角度や表情を見つけて、ぜひ外出先などでの自撮りに活かしてみましょう。

もちろん、笑顔の作り方にも練習してみてください。それから、人の自撮りを参考にしましょう。

上手に自撮りできている人の写真をよく見てみて、メイクの仕方や角度、光のバランスなどチェックしてみましょう。

このように、参考になったところを自分で自撮りするときにも、ぜひ試してみてくださいね。