男装メイクのやり方!コスプレでなりたい顔に近づけるポイント

最近、コスプレのイベントは増えてきていますよね。趣味で楽しむものから本格的なものまで、たくさんの方が集まります。

キャラクターになりきったカワイイ女性もいれば、女性が男性のキャラになりきる方も多く、クールなメイクが印象的ですよね。
そんな男装メイクはどのようにすると男性らしさを作れるのでしょうか?

男装メイクのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

10月始まりの手帳が売られているのはなぜ?始まり月の多様化

毎年12月になると、店頭に翌年のカレンダーと手帳が並びますよね。 毎年同じ手帳を使うという方も...

バレンタインの手作り友チョコにおすすめ!大量生産できるレシピ

バレンタインの友チョコ用に毎年たくさんのチョコのお菓子を作るという方も多いと思います。 周りの友達...

一人暮らしをもっと楽しい毎日に!寂しい気持ちの乗り越え方

念願の一人暮らしにワクワクして新しい生活を始めたのに、少し経つと部屋の中にポツンといることが寂しく感...

不良品の交換はレシートなしでも対応可能なのか対処法を紹介

不良品の交換はレシートなしでもできるのか気になりますよね。まさか不具合があるなんて思ってもいないのだ...

圧力鍋で時短できるのはどれくらい?こんなに時短できます

圧力鍋はどれくらいの時短ができるのでしょうか?扱いが難しいのでは?失敗しそう…など時短は気になるけれ...

【猫の出産】出産後の猫は食欲旺盛!栄養価の高い食事が大切!

飼っている猫が妊娠して出産をした時、飼い主さんが気になるのは猫の栄養や食事など、猫の健康面についてで...

実家からの仕送りで喜ばれる食べ物やアイテムは?迷ったらこれ

大学生になり、一人暮らしを始める方も多いですよね。初めて実家から離れて一人暮らしをするお子様に、ちょ...

夫婦の会話がない。子供なし夫婦の会話の見つけ方について

夫婦で会話がない。 子供なしなので、二人の共通の楽しみや趣味などがないと、顔を合わせるだけの毎日に...

ご飯を使った簡単安心おやつ!お子様に人気のレシピをご紹介

皆さんはお子様のおやつにはどんなものを出していますか? 理想は手作りという方も多いと思いますが...

スマホのクリアケースを簡単アレンジ!かわいいアイデア特集

スマホケースはいろいろなものが販売されていますが、人とはちょっと違うケースが欲しいとか、自分だけのこ...

電車に乗る時の子供の暇つぶし方法!ゲームやおすすめグッズ紹介

小さな子供を連れて電車に乗る時、長い時間電車を利用することで、子供が飽きてしまうことがあります。 ...

ミョウガの収穫時期は?夏ミョウガと秋ミョウガの収穫と栽培方法

家庭菜園でミョウガを育てている人の中には、家庭菜園初心者の方もいますよね。ミョウガの収穫時期について...

雨で湿度が高い!ジメジメした嫌な湿度を下げる方法を教えて!

雨が降っていると家の中の湿度が高くなってジメジメ・・・。湿度が原因で気が滅入ったり、なんだかイライラ...

足が長い虫代表の『ガガンボ』と『ザトウムシ』について

足の長い虫の代表といえば『ガガンボ』と『ザトウムシ』ではないのでしょうか? 小さな胴体に、長い...

モラハラ離婚での子供への伝え方や影響と知っておきたいこと

モラハラ夫との離婚したいと思っていても、子供がいることでなかなか踏み込めないという人もいるかもしれま...

スポンサーリンク

コスプレで男装メイクをするなら目元がポイント

最も顔の印象が大きく変えることができるのは目元のメイク

  • 目元のメイクを二次元寄りにすることで、一気にキャラクター感を出すことができますし、顔の雰囲気もガラッと変えることできるのです。
    目元のメイクは目の形を変える以外にも、カラーコンタクトレンズにて目の色を変える事が重要です。
    カラコンをつけることで外国人のようにすることもできますし、アニメキャラクターならではの色のついた目にすることで一気にキャラクター感を引き出すことできるでしょう。
  • 目の形を変える化粧としてよく用いられる方法としてはダブルラインを引く方法があります。
    ダブルラインとは、二重の上の線をガッツリ引いて目の大きさを大きくすることができ、よりなりたいキャラクターの目の形にするものです。
    ダブルラインを引くのが難しいという人はアイシャドウで影を作る方法もあります。

コスプレで男装メイクをするならダブルラインでなりたいキャラに変身

コスプレで男装メイクに挑戦する場合は、先ほどもお伝えした、ダブルラインを引いてみる事をお勧めします。

ダブルラインはキャラクターに寄せた目の形を作ることができる

方法としては、アイシャドウやアイライナーで目を大きく見せたり形を変えることができるのです。

アニメキャラクターは特に目が特徴的で、目が大きかったり鋭かったりしますよね。
その特徴をとらえた目の形を作ることで、よりキャラクターに近づける事ができるのです。
男装メイクの場合は目を大きくするというよりも、目力を引き出す事が大切になってきます。

男性らしい鋭くて掘りの深い目もメイクにて作る事ができます。

このダブルラインと眉消しのメイク方法をマスターすれば、どんな人でもなりたいキャラクターに似せることができるでしょう。

もともと一重の人でも目の大きさが小さい人でもメイク方法を工夫すればいくらでもどうにでもなりますよ。

男装メイクのコスプレは眉毛も大切

コスプレでメイクをする場合は、目元のメイクが重要であるとお伝えしてきました。

目のメイクももちろん大切ですが実は眉毛のメイクもかなり重要

キャラクターによって眉毛の形は様々で、眉毛を似せることでよりなりたいキャラクターに近づけることができます。

特に男装メイクの場合は、目頭と眉頭を近づけた方がより男性的な顔立ちになります。

そのため、目頭と眉頭を近づけるために眉毛を全部剃り、新しい眉毛を書く人もいるようですね。

全部眉毛をそってしまった方が綺麗な出来栄えにはなると思いますが、学生だと眉毛を全部剃るのは抵抗があると思います。

そういった場合は眉毛用の眉毛を消すコンシーラーなども売ってますので利用してみてもよいでしょう。

慣れるまではうまく使えないかもしれませんが、慣れてしまえば気軽に眉毛の形を変えることができるのでおすすめです。

コスプレで男装メイクをする時は陶器のような肌を目指す

コスプレで男装メイクをする場合は、目元のメイクだけできればよいというわけではありません。

メイクをする時には肌や顔の形も気を付ける必要がある

男装メイクをより美しく見せるためには陶器のような美しい肌を演出しなければなりません。

アニメのキャラクターはみんな美しい肌をしているため、より肌を綺麗に見せる事が大切です。

肌のくすみなどはコンシーラーなどでカバーしてメイクの土台を作ってみましょう。

そして、堀の深さを演出したり、シャープな顔の形を作るためには、シェーディングとハイライトを使ってメイクをする必要があるでしょう。

女性は顔の輪郭が男性よりもふんわりしていますので、顎や頬にシェーディングを入れてシャープにしたり、ノーズシャドウを入れて鼻を高くするなどしてみましょう。

ちなみに、可愛い顔立ちの男性キャラクターをコスプレする場合は大げさに行わない方が良いでしょう。

男性らしく見せるために引き締まった輪郭の作り方

男性キャラクターに寄せるためには、より男性らしい輪郭を作る必要があります。

その方法としてはテーピングをする必要があります。

テーピングを顔に使うことで、女性ならではの丸い顔の輪郭を持ち上げてよりシャープな輪郭を作り出すことができます。

顔のたるみも上にリフトアップすることですっきりとした印象にすることができるでしょう。

テーピングをする場合、テーピングがはみ出てしまうと出来が良くなくなってしまうので、見えないように気を付けてください。

また、化粧下地などで隠したり、ウィッグでうまく見えないようにすることができます

コツとしては、あまりテープは下に来ないようにして、気持ち上の場所にテープを止めるようにしてみてください。

慣れるまでは大変ですが、慣れてしまえば顔の輪郭を大きく変える事ができるので男装メイクをする場合はぜひ挑戦してみてください。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691