ゆで卵をレンジで温め直しすると危険な理由と爆発させないコツ

ゆで卵を電子レンジで温め直しすると爆発すると聞いたことはありませんか?

これを防ぐためには、ゆで卵を電子レンジで温め直しすると爆発する理由を知ることで爆発させずに温め直すことができます。

また、温め直しではなく、ゆで卵を電子レンジで作る方法もありますよ。

そこで、ゆで卵をレンジで温め直しすると危険な理由と爆発させないコツなどについてご紹介致しますので、ぜひ参考にしてみてください

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。では、包丁の基本的な使い方とは、置...

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

中国人観光客が日本に押し寄せる理由について調べた

日本国内で中国人観光客を見ない日はありません。それくらい日本には中国人観光客が押し寄せるのですが、な...

ヒールは歩き方で脱げる事も?脱げる原因と自分でできる対処法

パンプスなど、ヒールのある靴を履いていると脱げてしまう事もありますよね。歩き方によってはヒールが脱げ...

旦那のこんな言い方にムカつく!奥さんのイライラを解消する方法

今、これを読んでいるあなたは、旦那さんにイライラしていますね!旦那のこんな態度がムカつく、こんな...

連絡が遅い友達が言う理由とは。返信が早くなる対策も紹介します

あなたの周りにも連絡しても返信が遅い友達っていませんか?返信のスピードに関してはみんな色々違...

バレエのレッスンを受ける効果は?子供へのメリット、デメリット

バレエは小さな女の子が憧れる習い事の1つ。子供にとってはバレエの衣装が可愛くて魅力的にうつります。...

先生の異動が発表される時期はいつ頃なのか

学校の先生は3年から5年在籍したのち異動するのが一般的です。正式発表の前には必ず内示されます...

オリーブオイル賞味期限切れ活用法!捨てずにエコな使い道

オリーブオイルはどこのご家庭にもあり、パスタやサラダなどの調理に使うことが多いですよね。最近は健...

インコのケージの掃除の手順や丸洗い方法と清潔に保つための頻度

インコのケージの掃除はとても大切です。インコにとってケージは毎日生活する場所なので、汚れが酷くなる前...

法事の香典は新札か?法事に使用するお札と香典のマナーを解説

法事に香典を出すことになったとき、今まで香典を包んだことがなければ使用するお札は新札かどうかわからな...

ネットの友達と音信不通に。突然の別れに戸惑っています

ネット上の友達と突然連絡が取れなくなってしまった。音信不通になってしまったのは、どうしてでし...

野良猫を保護して鳴きやまないときの対処方法について

野良猫の保護をしてなかなか鳴きやまないときにはどのように接したらいいのでしょうか?はじめは威...

犬に食べさせてはダメ!クッキーや食べ物は人間用の物を与えない

飼い主さんが食べている物を犬が欲しがることもあります。ですが、人間用のクッキーなどの食べ物を犬に与え...

猫がネズミを捕食するのは狩猟本能から!外に出さないことが一番

猫はネズミを捕食して暮らしてきました。そこには狩猟本能以外にも理由があるのですが、飼い主としては...

スポンサーリンク

ゆで卵が電子レンジで温め直しすると爆発する理由

電子レンジでゆで卵を加熱すると爆発してしまうことがありますが、これは一体どのような原理が原因なのでしょうか。

レンジは食品の中の水分に電波を当てることで食品を温めている

電子レンジを使ってゆで卵を加熱すると、卵の中に含まれている水分が卵の中で沸騰した状態になり、卵を覆っている薄皮や白身のせいで蒸気が卵の外に逃げることができなくなってしまいます。

このような状態で高圧になって沸点が上がり、100℃以上の状態になることで爆発してしまうという原理です。

レンジの中で爆発しなくても、卵を取り出した時に爆発してしまう事もある

ゆで卵だけではなく、目玉焼きを電子レンジで加熱するときであっても、たまに爆発してしまうことがあります。

また、卵以外にも薄皮で包まれている食品は爆発する可能性がありますので、食品を加熱するときには注意してくださいね。

ゆで卵を爆発させずに電子レンジで温め直しする方法

せっかくゆで卵を食べるのだから温かい状態で食べたいと思いますよね。ですが、ゆで卵をそのまま電子レンジで温め直してしまうと、卵が爆発してしまうことがあります。

ゆで卵を半分に切ってから加熱すると爆発しない

また、ゆで卵の黄身の部分に割り箸を刺し、穴を開けた状態で電子レンジに入れれば、爆発を予防することができます。

これはゆで卵だけではなく、目玉焼きでも同じ事が言えます。黄身の部分に穴が開いていないと、卵が爆発してしまう可能性が高いです。

電子レンジは、食品を一気に加熱して温め直すものです。

このため、急激な過熱が起きて卵が爆発してしまうのです。

ゆで卵や卵の爆発を予防して温め直したいという場合は、ちょっとした一手間を加えて加熱することで、爆発してしまうことを予防することができますよ。

 

ゆで卵の電子レンジでの温め直しで大爆発!?

電子レンジでゆで卵を温め直すのは危険だ言うのは聞いたことがありましたが、少しの時間の温めなら大丈夫、自分なら大丈夫という根拠のない自信があり、ゆで卵をレンジで温め直しをしました。

なぜ危ないとわかっているのに温め直してしまったのかというと、どうしてもカレーにトッピングしたいという小さな理由からでした。

 

ゆで卵を電子レンジに入れて40秒間加熱し、電子レンジの中から取り出しました。この時点では爆発する様子がなかったので、やっぱり短い時間だから平気だったのだと勝手に思い込み、安心してカレーの上に乗せました。

そして、食べ始めてスプーンで卵を少し触った瞬間『バン!』という破裂音とともにゆで卵が木っ端微塵に爆発してしまいました。

まさか、レンジから出した後に爆発するとは予想していませんでしたので、一瞬何が起きたのか理解出来ませんでした。

テーブルもカレーも見るも無残な状態になり、楽しみにしていた食事もゆで卵を温め直したせいで食べる事ができませんでした。

 

そういえば電子レンジの中から取り出す時に、ゆで卵が微妙に震えていた気がします。

この経験を経て、私は今後2度と短時間でもゆで卵を温め直す事はしなくなりました。

スコッチエッグでも電子レンジでの温め直しには注意を

皆さんはスコッチエッグという卵を使った料理はご存知でしょうか?

スコッチエッグはイギリス料理の一つで、ピクニックに行くときに定番の料理のようです。

サラダと一緒に食べたり、トマトソースをかけて食べたりする、とても美味しい料理なのですよ!

このスコッチエッグ、ゆで卵をひき肉で包んで作るもので、ひき肉で包んだ後に溶き卵やパン粉をまぶして油でカラッと揚げて作る料理です。

スコッチエッグを食べるときは温かい状態で食べるととっても美味しいのですが、温め直すときにはゆで卵同様に注意が必要になります。

スコッチエッグを電子レンジで温め直すときも、スコッチエッグが電子レンジの中で爆発してしまうことがあります。

このため、半分に切って加熱をするか、割り箸を黄身に刺して破裂しない用にしてから温め直すことがポイントです。

上手に温め直せば、美味しいスコッチエッグを食べることができますよ。