本音と建前が交差する顔の不思議、恋愛するなら左側ポジションで

コミュニケーションの場では常に本音と建前が交差するものですが、相手が本音なのか建前なのか、顔だけで判断できるといいます。

本音と建前を見分けるなら顔のどちら側を見るといいのでしょうか。なぜ顔は非対称で表情の違いがあるのでしょうか。

本音と建前を上手く利用すれば、ビジネスや恋愛でも活用できそうです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アパートでの騒音!気になるテレビの音量などを徹底調査

アパートで暮らしていると隣の生活音が気になることありますよね。テレビの音量もその一つです。 相...

旦那が怖い。話せない。それは異常な夫婦関係ですよ

旦那のことが怖い。 突然怒り出すから、話せない。意見を言うことは許されない。 そんな、夫婦関...

自治会の役員の上手な断り方!円満な断り方と引き受けるメリット

自治会や町内会の役員をどうしてもやりたくないとき、どんな風に断れば良いのでしょうか。上手な断り方が分...

服の生地の種類や特徴を理解して、上手に着こなしましょう

服を洗濯する時に表示を確認すると「綿」など生地の種類が必ず書いてありますが、いったいどのくらいの種類...

髪を染めない女性が急増中!地毛に戻すメリットは以外と大きい

「髪を染めないなんて考えられない!」特に白髪が目立つ女性にとって髪染めは必須ではないでしょうか。 ...

計画を立てるのが苦手!克服することはできる?考え方と対処法

計画を立てることが苦手でいつもうまくいかないという人もいますよね。うまく計画を立てて予定を進めて行き...

落ち着いて対処を!郵便のいろいろな投函間違いについて

郵便物の投函間違いには、意外にも色々なパターンが存在します。 例えば自分の自宅のポストの郵便物...

鍋についたカレーの焦げを簡単に落とす方法と焦げつかないために

カレーを作ったら、鍋が焦げてしまうことがあると思います。 鍋の底が焦げ付いてなかなか落ちにくい...

知り合いの父親が亡くなった時にかける言葉。ベストな言葉選び

友人や会社の人など身近な人の父親が亡くなったといういう突然の訃報に、なんて声を掛けていいのかよくわか...

家庭菜園で育てたピーマンが赤いワケを教えます!

家庭菜園でピーマンを栽培している方も多いでしょう。 ピーマンは家庭でも栽培しやすく、プランター...

体を柔らかくする方法【簡単ストレッチ】効果的に柔軟性をアップ

体を柔らかくする方法と言えば、やっぱりストレッチですよね!ストレッチは続けることで効果を得られること...

自転車の塗装を自分でするときのコツや簡単にできる手順方法

自転車の塗装を自分でしてみたいと思っているあなた。自転車を長年使っているとだんだん塗装が剥げていくの...

お葬式に出席する場合の香典の渡し方と服装のマナーを理解しよう

お葬式に出席することになった場合、香典袋はどれがいいのか、渡す時のタイミングや渡し方はどうしたらいい...

喧嘩が起きた時の仲裁方法は?大人の喧嘩・子供の喧嘩の仲裁方法

目の前で喧嘩が起きてしまったらあなたは仲裁に入りますか?場合によって仲裁に入るかどうかは違うと思いま...

証明写真を撮る時は前髪は眉毛にかからないようにしよう!

就活で証明写真を撮ることがありますが、前髪は面接官への印象を与えるとても重要なポイントとなるので注意...

スポンサーリンク

本音と建前を見分けるなら顔のどちら側を見るといいの?

日本人は、本音と建前を交差して生活しています。
相手との関係や距離をより良く保つために、建前で接することがあります。

しかし建前ではなくて、本音が知りたいのにわからない、という悩みにぶつかることもあるでしょう。

人間の本音は、顔の左側に表れると言われています。これは脳の働きが、大きく関係しています。

脳は右脳と左脳に分かれていて、それぞれ違う役割をしています。左脳は理系脳と言われ、論理的な思考や言語、データの処理などを司っています。
一方右脳は、直感やひらめき、感情のイメージを処理をしています。右脳の司令は体の左側に表れ、左脳の司令は体の右側に表れます。
なので直感や感情を司る右脳の働きは、顔の左側に表れるということになります。

論理的な思考が出来る左脳の働きは、顔の右側に表れるので、建前として捉えることが出来るのです。

本音と建前が現れやすい顔のパーツ

顔の左右以外にも、顔のパーツの動きなどで本音を紐解くことが出来ます。

目元は本音と建前が現れやすい

目元は感情が表れやすい部分の一つですよね。

笑ったときに、右の目尻の方が下がっている場合は、楽しいという感情に理性が加わっています。相手に対しての優しさや思いやりの感情が伺えます。

反対に、左の目尻の方が下がっている場合は、笑顔の中にあんまり楽しくない、早くこの話終わらないかな、といった感情が隠れています。

冷酷さや協調性の無さを見ることが出来ます。

どちらでもなく、目が笑っていない人は、今の状況を早く抜け出したいとか、相手に対して関心がないことが表れています。

口元に出る本音と建前

口元で感情を確かめたいとき、口角の上がり方を見てみましょう。

口角が上がっているほど、人との付き合いが好きでオープンな人です。
反対に口角を下げたまま笑う人は、人付き合いが好きではない、自分の本音を話すことに躊躇している様子が伺えます。

右の口角が上がっている人は、人との関わりが好きで、自分のことを相手に知ってほしいと思っていますが、まだ少し遠慮しているという感じでしょうか。
左の口角が上がっている人は、人との付き合いが面倒、表情を頑張って作っているという気持ちがわかります。

建前が必要なビジネスシーンは右顔、表情が豊かで本音が出やすい左顔は恋愛シーンが有効

顔はほとんどの人が左右非対称で、右と左では顔つきも表情も違ってきます。

友人関係や恋愛においては、本音を知りたいと思うものです。
顔の左側は、本音が表れやすい他に、顔が柔らかく優しく見えます。

なので心を開いて話したい相手や、好きな相手に対しては左側の顔を見せるといいでしょう。

また左側の顔の方が、美人にも見える人が多いのです。
本音を見せたり、優しく見せてくれるだけでなく、美人にまで見せてくれるなら、断然左側の顔を見せたいと思いますよね。

しかしビジネスシーンでは、建前も必要です。

右側の顔は、シャープに見えたり、知的に見せてくれます。
優しいという印象ではありませんが、ビジネスシーンではシャープで知的に見えた方がいいと思う人も多いでしょう。

そんな人は右側の顔を積極的に見せて、商談や会議などで知的な印象をアピールしましょう。

顔の左半分がぎこちない笑いの時は本音を隠した作り笑いかも

同じく笑っている状況でも、心から笑っているかそうではないかで、笑顔には変化が生じます。

心から笑って見せている笑顔の場合だと、顔の表情が左右対称になります。

しかし心からの笑いではない場合、顔の左側がぎこちなく固い表情に見えます。
これは無理して作り笑いをしているのです。

顔の左側は本音を表すと言いました。
いくら笑っていても、作り笑いを顔の左側は隠せないのです。

体の左側は右脳が働いているので、本音が出てしまいます。
嘘をつくことが出来ないのが、体の左側です。

自分では普通に笑えている、嘘をつけていると思っていても、左側は隠すことが出来ず、本音がついつい顔を覗かせているのです。

他にも右の口角だけを上げて笑う人がいたら、その人も作り笑いです。
そのような表情で笑うことが普通になってしまって、口元が歪んでしまう人までいます。

口の右側が上がっている人は、作り笑いが多いと考えておいた方がいいでしょう。

前髪の分け目で印象が変わる!理知的に見せたいなら本音が出やすい左側、ミステリアスに見せたいなら建前が現れる右側

前髪一つでも人の印象は変わるものですが、どのような印象に思われたいかということに合わせて前髪を作ると、理想のイメージに近付けるかもしれません。

  • 冷静で知的
    知的に思われたい人は、前髪の分け目を左側にしてみましょう。顔の左側に本音や感情が表れます。その部分を見せることで、理知的な印象になります。
  • 女性らしさ
    女性らしく見られたい人は、前髪の分け目を右側にしましょう。建前を表す顔の右側を見えるようにすると、少しミステリアスで大人の女性の雰囲気を醸し出すことが出来ます。
  • 若々しさ
    若々しく、可愛らしい印象には前髪を下ろします。おでこを隠すことで、若さや可愛い印象が強くなり、穏やかな印象に見られます。
  • 自分の意見を持っている
    前髪を真ん中で分けると、自分の意見や価値観をしっかり持ち、周囲の意見に惑わされない女性に見えます。サバサバしていて社交的という性格の人が、前髪を真ん中で分けている傾向があります。
  • 明るく情熱的

明るくて、何事にも積極的なイメージは、おでこを出している髪型です。目立つことが好きで、自分の気持ちをストレートに表現出来る人が、おでこを出している傾向にあります。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691