跳び箱練習を自宅でするオススメな方法と誰でもできるコツとは

跳び箱の練習は跳び箱がなくても自宅でできるのでしょうか?

では、自宅でできる跳び箱が飛べるようになる練習方法とはどうすればいいのでしょうか?

また、誰でもできるようになる跳び箱を跳ぶためのポイントやコツとはどんなことでしょう?

そこで、跳び箱練習の自宅でのオススメな方法と誰でもできるコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

同棲の生活費は彼氏持ちか折半か。ケンカにならないお金のルール

彼氏と同棲をしたいという時には、お金のことも前もって話しておくのがおすすめです。生活費は彼氏持ちにし...

魚のアラは正しい下処理で臭みなく!魚の味噌汁の作り方

魚のアラを使った味噌汁はお店などで食べるととても美味しいですが、いざ自分で調理しようと思うと、アラの...

鍋についたカレーの焦げを簡単に落とす方法と焦げつかないために

カレーを作ったら、鍋が焦げてしまうことがあると思います。鍋の底が焦げ付いてなかなか落ちにくい...

夜中のカップラーメンで太る理由と食べても太らないコツとは

夜中にカップラーメンを食べると太ると言いますが、それには理由があるのです。では、夜中にカップ...

【特急券の変更】 日付の変更は1回に限り手数料なしで可能です

新幹線に乗る時に購入した特急券。しかし、何らかの理由で購入後に日付の変更が必要になる場合もあるでしょ...

先生の異動が発表される時期はいつ頃なのか

学校の先生は3年から5年在籍したのち異動するのが一般的です。正式発表の前には必ず内示されます...

添い寝で赤ちゃんの寝かしつけをしたい!泣いても耐えて!

添い寝をすると赤ちゃんは安心するそうです。そして、抱っこでの寝かしつけやおっぱいを飲ませなが...

免許【合格するコツ】学科試験の重要なポイントと注意点

免許合格のコツについては、日頃からの準備が大切です。学科試験にはなんとか一回で合格して、次の実技試験...

作り置きの容器は消毒した方が安心安全!消毒してから保存しよう

作り置きおかずを作ったら容器に入れて冷蔵庫で保存をしますが、その容器、しっかり消毒していますか?...

家庭菜園で育てたピーマンが赤いワケを教えます!

家庭菜園でピーマンを栽培している方も多いでしょう。ピーマンは家庭でも栽培しやすく、プランター...

すぐできる!簡単ハンドメイド子供服の作り方【スカート編】

ハンドメイドが好きな方は子供服も自分で作ってみたい!と思いませんか?しかし小物とは違い洋服となると、...

【猫の返事】無駄鳴きするときは何かを訴えている可能性も!

名前を呼ぶと返事する猫ちゃんもいますよね。名前を呼んで返事をしてくれると、とっても可愛くて思わずにや...

スキンシップが苦手。子供への愛情不足を心配します

スキンシップが苦手。母親でも、子どもに甘えられたりベタベタされたりするのを、苦手に思う人も居...

ベースとギター初心者に向いているのはどっち?それぞれの特徴

バンドを始めたい!そう思った時、初心者の方はベースかギターのどちらを選ぶかで、迷ってしまいませんか。...

法事の香典は新札か?法事に使用するお札と香典のマナーを解説

法事に香典を出すことになったとき、今まで香典を包んだことがなければ使用するお札は新札かどうかわからな...

スポンサーリンク

自宅でできる跳び箱が飛べるようになる練習とは

跳び箱がないからと言って、自宅では跳び箱を飛べるようになるための練習が出来ないわけではありません。自宅でも跳び箱を飛ぶための練習は出来るのです。

跳び箱を飛ぶ為に大切なのは、体の支えです。体を支えるための練習であれば、自宅でも出来るはずです。

体を両手でしっかりと支えるための運動を行ってみましょう。まずばクマ歩きです。

クマ歩きとは、ハイハイの姿勢で床から膝を浮かせたこの状態で歩く歩き方です。この時、両手足でしっかりと体を支えてください。徐々に慣れてきたら、片足を床から離して、歩いてみましょう。両手と片足で歩くのはなかなか難しいと思いますが、両腕を鍛える良い練習になります。

また、カエル歩きもオススメです。歩くというより飛び跳ねる運動になります。まず両手を床に着いてから両足を着きます。手足は同時には動きません。足を着地させる際には、手より前に足を着地させましょう。

動かずに、その場で出来る練習もあります。カエルの足打ちです。両手を床に着けてカエルのポーズをします。そのまま両足をジャンプさせ、空中で両足の裏を合わせて足打ちします。始めは高くジャンプできないかも知れませんが、慣れてくると少しずつジャンプも高くなり、足打ちの回数も増やすことが出来るでしょう。ポイントは、お尻を高く上げるというイメージです。目線は、床に着いた両手の間に落とすのが重要になります。

二人で行う運動もあります。
押し車です。両手を床につけ肘を伸ばします。両足を補助者に持ってもらい、そのまま手だけで歩きます。

跳び箱のイメージをつかむ為には、馬乗りも効果的な練習です。いきなり跳ぶ練習をさせようと馬跳びさせると、上手く行かない場合、恐怖心が残って跳び箱が怖くなってしまいます。その為、補助者の背中に跳んで乗り、腕で押して跳び下りるという動作を分けて行うのが良いでしょう。

自宅でオススメな跳び箱を飛ぶための練習方法

実際に跳び箱を飛ぶ際、跳び箱の前で減速すると、つい腰が引けてしまって飛べないということもあるでしょう。腰が引けてしまうと後ろに腰が落ちてしまい、前に力が行かず、跳び箱の手前で止まってしまう人もいるかも知れません。

そんな人向けに、自宅で出来る練習があります。

腰を引かず、両足でジャンプできるように、等間隔に横線などを引いて、線の間を両足で飛んで真っ直ぐに進みましょう。何度も行ってなれることで、腰を引くことなくジャンプできるようになります。

また、跳び箱を跳ぶ際は、脚を大きく開くことが出来なければと跳び箱を跳ぶことが出来ません。お尻も高く上げなければなりません。

脚をしっかり開きお尻を高く上げる練習も、自宅で行うことが出来ます。
床に手を付き、両方の脚を曲げずに床を蹴る練習をします。そのときに、蹴った脚は横に大きく開きましょう。跳び箱を跳ぶイメージで何度も練習してください。

跳び箱を跳ぶ時に注意したいのが手の位置です。両手を跳び箱の奥に付かなければ体は跳び箱を越えられず、お尻は跳び箱の上に落ちてしまいます。

自宅で出来る練習としては、うさぎ跳びがオススメです。うさぎ跳びは手を後ろに組むことが多いのですが、今回は両手を床に着いて、両足で降りて前に進みましょう。出来るだけ手を遠くに着くのがポイントです。遠くに手がつけるように何度も練習してください。

跳び箱の練習を自宅でするなら馬跳びをさせよう!

跳び箱を上手く飛べない原因は、跳び箱を飛び越えるという恐怖心からきている場合が殆どです。そんな時は、自宅で馬跳びの練習をしてみましょう。
子供が飛べないようなら、大人が馬になってあげて、馬跳びさせてあげると良いでしょう。

始めのうちは、低い姿勢の馬になって、子供が跳べるようになるまで行ってください。跳べるという感覚を身に付けると同時に、恐怖心を徐々になくすことが大切なのです。慣れてきたら少しずつ高い姿勢にしていくと良いでしょう。
馬跳びを跳ぶという動作を何度も繰り返すことで、必ず馬が上手に跳べるようになります。恐怖心もなくなり、実際に飛び越えるコツもつかめてくるでしょう。

跳び箱を使用しないこの方法は、自宅でも気軽に出来るの練習方法と言えるでしょう。

開脚跳びを教えるときのコツと練習方法

跳び箱を跳べるようになるためには、跳んだ際に脚を大きく開いて開脚の姿勢になることが大切です。それを開脚跳びといます。

開脚跳びの練習は、跳び箱を使わずに自宅でも練習することが出来ます。

マットなどクッション性のあるものを敷いて、そこに跳び箱があるというイメージで行いましょう。

イメージした跳び箱の遠くに手をつきましょう。踏み切る時は脚をしっかりと閉じます。お尻をしっかりと上げてください。お尻が下がっていると跳び箱を跳ぶことは出来ません。
ジャンプしたと同時に両脚は曲げずに大きく開きます。開いた脚が、手より前へ行くようにしてます。手より後ろでは、跳び箱を跳ぶことは出来ません。手より脚が前に来るタイミングで、脚がマットについたら手を離しましょう。必ず手より脚が前に来るタイミングで手を離すことが出来るように練習してください。同時に離してはいけません。

シッカリと頭に叩き込むと同時に、体で覚えましょう。このことが身につくと、実際に跳び箱を使ったときにスムーズに跳ぶことが出来ます。脚を大きく開き、脚が手より前に来ているかは、とても重要なので気をつけて練習してください。

誰でもできる!跳び箱を跳ぶためのポイント

跳び箱を跳ぶ際には、重要なポイントがあります。覚えて、自宅でも練習やイメージトレーニングしてみましょう。

跳び箱を跳ぶには、シッカリと走ることが必要です。助走にスピードが無ければ、高く飛ぶことが出来ません。助走にスピードがあっても、ロイター板の前で減速してしまう人もいます。そのような時には、跳び箱を跳んでスピード感になれることが重要になります。

ロイター板は、両脚で蹴りましょう。跳び箱を飛ぶためにはジャンプ力が必要です。上手に飛べない場合、両脚で踏み切っていなかったり、ロイター板の上に立ち止まっていることもあるようです。必ず、ロイター板は両脚で蹴り、ジャンプに十分な力を与えてあげましょう。

視線は、必ず前方に置くことです。手の位置が気になるからと言って、手をついた際に視線を下に向けてしまっては、飛距離が得られなくなります。跳び箱を跳ぶ際には、着地する前方に視線をもって行きましょう。
手の着く位置は、跳び箱のなるべく奥に付きましょう。手を着いたら、お尻を高く上げます。

この手順さえシッカリと頭に入れて繰り返して練習すれば、誰でも跳び箱を飛ぶことができるはず。

先ずは、恐怖心を無くすことからはじめましょう。手順を把握し、自宅でも様々な練習をして、恐怖心も跳び箱も、飛び越えてしまいましょう。