中学時代はヤンキーだった女子の特徴と友達としての付き合い方

あなたの周りに「この人中学時代はもしかしてヤンキーだったかも…」と思うような人はいませんか?
ふとした言動や仕草で、何となく気付くことってありますよね。

昔、ヤンキーだった女子の特徴をご紹介します。

しかし、昔ヤンキーだったからと言って、今の関係に不安を持つことはありません。
今のあなたにとって本当に大切な人ならば、過去にこだわる必要はないのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピアノの楽譜を暗譜する方法!コツを掴めば絶対に忘れずに弾ける

ピアノを発表会などでで演奏するときには、楽譜を暗譜することを求められますよね。では、ピアノの...

目玉焼きの黄身を真ん中にする方法!綺麗な目玉焼きの作り方解説

目玉焼きを焼くとき、いつも黄身が真ん中からずれて綺麗に作れないというお悩みを抱えている人もいますよね...

母の一人暮らしは寂しい思いをしていないか心配。出来る事を紹介

男性の寿命よりも女性の寿命の方が長いため、老後は女性が残されることになるケースは多いのではないでしょ...

ゆるふわの巻き方でボブをふんわりともっと可愛くする方法

ふんわりとしたボブってとても魅力的です。こんな髪型になりたいと思っている女性も多いはずです。ボブ...

ラムネの中にあるビー玉を取り出す時の開け方と上手な飲み方

ラムネを飲んだ後、瓶のの中に入っているビー玉を取り出したいと思う人もいますよね。お子さんのおもちゃに...

高校でバイト禁止なら内職はしてもいい?高校生のアルバイト事情

高校がバイト禁止なら内職をすればいい?と単純に考えるのは危険かもしれません。確かに、内職なら働いてい...

犬の散歩を夜中にすることのメリットと注意点と危険への対策

昼間に散歩が出来ない、夜しか時間がないなどの理由で犬の散歩が夜中になってしまう場合もあるでしょう。...

職場の虐めが退職理由だった場合の注意点と転職する時のポイント

職場の退職理由が虐めということもあると思います。職場で虐めに合うのはとても辛いものです。1日の大...

自転車の塗装を自分でするときのコツや簡単にできる手順方法

自転車の塗装を自分でしてみたいと思っているあなた。自転車を長年使っているとだんだん塗装が剥げていくの...

単位を取れない夢をよく見る!そんな夢をみるのには意味がある

単位を取れない夢。起きた後も後味が悪いです。私は卒業をしてから何年もたつのに未だに、そんな夢を見るこ...

友達に誘われない子供に親ができる友達力の育て方のコツとは

友達に誘われない子供が友達から好かれるようになるにはどうしたらいいのでしょうか?では、子供が...

夜のオムツが必要なのは何歳まで?その年齢について徹底調査!

「いつになったら夜のオムツが外れるんだろう・・・。」そう悩むママが多いのではないのでしょうか?...

部屋に蜘蛛が!でも大きい蜘蛛ならそっとしておく手もある

部屋に蜘蛛がいるだけでもびっくりしますが、それが大きい蜘蛛だともっと怖いものです。すぐに追い...

イランイランのアロマ効果を上手に楽しむコツについて紹介

イランイランのアロマの効果は女性にとって嬉しいものばかりです。香りには好みが分かれるかもしれませんが...

女性の肩幅が狭いのが悩みなら広くする方法やおすすめコーデテク

女性は肩幅が狭いと華奢に見えるので、憧れる女性も多いものです。しかし、そんな肩幅が狭いことに...

スポンサーリンク

中学時代はヤンキーだったかも…女子の元ヤンの特徴

普段はバレないように気を遣っていたとしても、ふとした瞬間に元ヤンキーだったことがバレてしまうこともありますよね。おっとりとした語り口調の人が、突然ものすごい強い口調で子供にキレたり手を挙げたりすると、「あぁ、この人はきっと…」と一瞬で元ヤンキーだったと気付かれてしまうこともあるでしょう。

それ以外にも、見かけだけで判断出来るようなわかりやすいタイプも存在します。近所のスーパーなどで、子供に大きな声で怒鳴っているママさんの方をふと見ると、派手な髪の毛の色にスエットにサンダルといった、いかにもわかりやすい格好の人であることが多いありませんか?
そして、その言葉遣いもなかなかなもので、子供に対しての脅し文句のオンパレードで、こちらも一瞬ビクッ!となってしまうことも。

中学時代はヤンキーでも良いママになる女子は多い

たとえ中学時代はヤンキーだった人でも、大人になるとガラッと変わる場合も多いようです。

彼女たちは少々口は悪くても、ヤンキー同士は仲間との結びつきを大切にする傾向が強いため、大人になってからも心を許した相手とは、とても強い信頼関係が生まれるのです。元ヤンキーの女性は面倒見の良い人が多く、子供が生まれてからは家族を守り、子供のために良きママになろうと頑張る人もたくさんいます。愛情深く子供を見守り、周囲からも信頼されるような、ステキなママになる人も多いのです。

また、正義感が強くて何事も曲がったことが大嫌いなタイプが多く、お付き合いする男性に対しても一途に尽くす人も多いようです。もちろん浮気などはもってのほか!相手の浮気がわかろうものなら、昔のヤンキー時代さながらに、徹底的に追い込むケースも…。

中学のときはヤンキーだった女子が大人になると

元ヤンキーの女性は、男前な性格の人が多いです。曲がったことが大嫌いなので、ちょっとした不正や理不尽な行為を見逃さず、男らしくキチンと正そうとします。仲間に対しては愛情深く、とことん守ってくれますが、敵とみなした相手は徹底的に攻撃します。

言葉遣いが悪くて近寄りがたい雰囲気があったとしても、それは相手に対して弱い部分を見せまいと、威嚇しているがゆえ。自分を強く見せるために、あえて強い口調で威嚇したり、派手なメイクで着飾ったりしているだけで、本当は心優しい女性であることが多いので、「最初は怖かったけれど、話してみるととてもいい人だった」というように印象がガラッと変わることも。

また、ふとした場面で口の悪さが出てしまうこともあるため、どうしても怖い印象を与えがちですが、こちらから仲良くしようと歩み寄ると、次第に心を開いてくれて、よき友人となってくれることも多いです。彼女たちは警戒心が強いため、見知らぬ相手には自分を強く見せようとして、ついつい強い口調になりがちですが、仲間に対しては愛情深く接してくれるので、親しくなれればとても心強い存在となるでしょう。

こんないい面もたくさん

ヤンキーの社会はとくに上下関係が厳しいのですが、後輩に慕われるためには、先輩として尊敬される存在となる必要があります。普段からよく後輩の面倒をみて、時には身体を張って守ってくれる、そんな姿を見ているので、下に続く者たちも、自然と後輩の面倒をみるようになります。
先輩たちにしてもらったことは、当然自分たちも後輩に対してしてやるべきだとの考えが強いため、元ヤンキーには面倒見の良い女性が多いのでしょう。

また、その上下関係の厳しさは、周囲に対しての気遣いをすることにもつながります。若いうちから先輩に対して常に気を遣うことが当然として育ってきたので、大人になってからもそれは続き、周囲の友達は彼氏、夫に対しても気遣いを忘れずに接することが出来るのです。

多少口は悪くとも、家族や仲間を大切にし、気遣いの出来る女性なんて、とても魅力的ですよね。

過去にこだわるよりも今の関係を大切にして

学生時代からの友人とは別に、結婚して子供が生まれたことで、新しくママ友となる人たちもたくさんいることでしょう。そんな中で、外見が派手だったり言葉遣いが悪いママがいると、話しかけるのを躊躇してしまうこともあるかと思います。

元ヤンキーに対する世間のイメージは、基本的にはあまり良くはないでしょう。しかし、実際に話してみることで、実は面倒見がよく誠実で、仲間や家族を大切にするといった、良い面もたくさん見えてくることがあるのです。

確かに、お互いの過去を良く知らない者同士、価値観の違いなどはあるでしょう。ですが、あくまでも過去は過去です。相手が元ヤンキーだからといって、今のあなたにとって何か支障があるでしょうか?

それでも過去が気になるなら、そっと距離を置けばいいのです。彼女にしても、あなたが心から信頼できる相手ではないのであれば、さほど気にもしないでしょう。

自分の過去をあまり話したがらないのは、自分の過去に対して引け目を感じているからかもしれません。その半面、過去を否定されたり仲間を悪く言われることはイヤがる人も多いので、過去の姿ではなく、あくまでのこれからの人間関係を大切にしましょう。