中学時代はヤンキーだった女子の特徴と友達としての付き合い方

あなたの周りに「この人中学時代はもしかしてヤンキーだったかも…」と思うような人はいませんか?
ふとした言動や仕草で、何となく気付くことってありますよね。

昔、ヤンキーだった女子の特徴をご紹介します。

しかし、昔ヤンキーだったからと言って、今の関係に不安を持つことはありません。
今のあなたにとって本当に大切な人ならば、過去にこだわる必要はないのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫がネズミを捕食するのは狩猟本能から!外に出さないことが一番

猫はネズミを捕食して暮らしてきました。そこには狩猟本能以外にも理由があるのですが、飼い主としては...

小学校の先生へ上手にクレームを言うには?伝え方について

小学校の先生にクレームを言うときにはどのようにして伝えたらいいのでしょうか?クレームを言うと...

別居はするけど離婚しない!浮気されても離婚しない理由と対処法

パートナーに浮気をされていたことがわかると、とてもショックですよね。悲しい気持ちを抱えて辛い時間を過...

スマホのクリアケースを簡単アレンジ!かわいいアイデア特集

スマホケースはいろいろなものが販売されていますが、人とはちょっと違うケースが欲しいとか、自分だけのこ...

絶叫系が苦手でも友達と遊園地を楽しみたいときの対処法と克服法

絶叫系が苦手でも友達と一緒に遊園地を楽しみたいと思う人は多いはずです。しかし、絶叫系が苦手な...

ナンバープレートが盗難にあったら保険は使えるのか徹底解説

車上荒らしによってカーナビなどが盗難にあうケースが増えていますが、実はナンバープレートの盗難も多いと...

夏休みの宿題は最終日までにやるコツと効率的に終わらせる方法

夏休みの宿題は最終日までに計画的に終わらせておくのが理想です。しかし、どうしてもギリギリにな...

部活で女子との人間関係で悩んだときに読んで欲しい対処法

部活の女子との人間関係に悩む人は意外と多いのではないでしょうか。部活や練習は好きだけど、人とのコミュ...

隣人との騒音トラブル。一戸建てでも注意が必要

隣人との騒音トラブルといえば集合住宅の場合が多いものですが、一戸建てであってもたびたび起こってしまい...

インコのケージの掃除の手順や丸洗い方法と清潔に保つための頻度

インコのケージの掃除はとても大切です。インコにとってケージは毎日生活する場所なので、汚れが酷くなる前...

植物を育てるのが上手な人が実践!植物を元気に成長させる方法

部屋やお庭に植物があると見ているだけでも癒されますし、部屋やお庭の雰囲気もぐっとよくなりますし、花を...

大学の入学祝いの金額の相場と姪がもらって嬉しいプレゼント

姪が大学に入学することになったら、やはり入学祝いを贈るのがおすすめです。そこで頭を悩ませるのが、...

嫁が嫉妬しても可愛いと思う旦那さん!でも重い嫉妬は注意です!

結婚してからもお嫁さんが嫉妬すると、それを可愛いと思う旦那さんもいるようです。恋人時代を思い出す...

スキンシップが苦手。子供への愛情不足を心配します

スキンシップが苦手。母親でも、子どもに甘えられたりベタベタされたりするのを、苦手に思う人も居...

彼氏や夫の携帯・パソコンの履歴をチェックした先に待ってるもの

彼氏の携帯。履歴をチェックしたいと思う時は、どんな時?彼氏の携帯をチェックしたら、履歴が...

スポンサーリンク

中学時代はヤンキーだったかも…女子の元ヤンの特徴

普段はバレないように気を遣っていたとしても、ふとした瞬間に元ヤンキーだったことがバレてしまうこともありますよね。おっとりとした語り口調の人が、突然ものすごい強い口調で子供にキレたり手を挙げたりすると、「あぁ、この人はきっと…」と一瞬で元ヤンキーだったと気付かれてしまうこともあるでしょう。

それ以外にも、見かけだけで判断出来るようなわかりやすいタイプも存在します。近所のスーパーなどで、子供に大きな声で怒鳴っているママさんの方をふと見ると、派手な髪の毛の色にスエットにサンダルといった、いかにもわかりやすい格好の人であることが多いありませんか?
そして、その言葉遣いもなかなかなもので、子供に対しての脅し文句のオンパレードで、こちらも一瞬ビクッ!となってしまうことも。

中学時代はヤンキーでも良いママになる女子は多い

たとえ中学時代はヤンキーだった人でも、大人になるとガラッと変わる場合も多いようです。

彼女たちは少々口は悪くても、ヤンキー同士は仲間との結びつきを大切にする傾向が強いため、大人になってからも心を許した相手とは、とても強い信頼関係が生まれるのです。元ヤンキーの女性は面倒見の良い人が多く、子供が生まれてからは家族を守り、子供のために良きママになろうと頑張る人もたくさんいます。愛情深く子供を見守り、周囲からも信頼されるような、ステキなママになる人も多いのです。

また、正義感が強くて何事も曲がったことが大嫌いなタイプが多く、お付き合いする男性に対しても一途に尽くす人も多いようです。もちろん浮気などはもってのほか!相手の浮気がわかろうものなら、昔のヤンキー時代さながらに、徹底的に追い込むケースも…。

中学のときはヤンキーだった女子が大人になると

元ヤンキーの女性は、男前な性格の人が多いです。曲がったことが大嫌いなので、ちょっとした不正や理不尽な行為を見逃さず、男らしくキチンと正そうとします。仲間に対しては愛情深く、とことん守ってくれますが、敵とみなした相手は徹底的に攻撃します。

言葉遣いが悪くて近寄りがたい雰囲気があったとしても、それは相手に対して弱い部分を見せまいと、威嚇しているがゆえ。自分を強く見せるために、あえて強い口調で威嚇したり、派手なメイクで着飾ったりしているだけで、本当は心優しい女性であることが多いので、「最初は怖かったけれど、話してみるととてもいい人だった」というように印象がガラッと変わることも。

また、ふとした場面で口の悪さが出てしまうこともあるため、どうしても怖い印象を与えがちですが、こちらから仲良くしようと歩み寄ると、次第に心を開いてくれて、よき友人となってくれることも多いです。彼女たちは警戒心が強いため、見知らぬ相手には自分を強く見せようとして、ついつい強い口調になりがちですが、仲間に対しては愛情深く接してくれるので、親しくなれればとても心強い存在となるでしょう。

こんないい面もたくさん

ヤンキーの社会はとくに上下関係が厳しいのですが、後輩に慕われるためには、先輩として尊敬される存在となる必要があります。普段からよく後輩の面倒をみて、時には身体を張って守ってくれる、そんな姿を見ているので、下に続く者たちも、自然と後輩の面倒をみるようになります。
先輩たちにしてもらったことは、当然自分たちも後輩に対してしてやるべきだとの考えが強いため、元ヤンキーには面倒見の良い女性が多いのでしょう。

また、その上下関係の厳しさは、周囲に対しての気遣いをすることにもつながります。若いうちから先輩に対して常に気を遣うことが当然として育ってきたので、大人になってからもそれは続き、周囲の友達は彼氏、夫に対しても気遣いを忘れずに接することが出来るのです。

多少口は悪くとも、家族や仲間を大切にし、気遣いの出来る女性なんて、とても魅力的ですよね。

過去にこだわるよりも今の関係を大切にして

学生時代からの友人とは別に、結婚して子供が生まれたことで、新しくママ友となる人たちもたくさんいることでしょう。そんな中で、外見が派手だったり言葉遣いが悪いママがいると、話しかけるのを躊躇してしまうこともあるかと思います。

元ヤンキーに対する世間のイメージは、基本的にはあまり良くはないでしょう。しかし、実際に話してみることで、実は面倒見がよく誠実で、仲間や家族を大切にするといった、良い面もたくさん見えてくることがあるのです。

確かに、お互いの過去を良く知らない者同士、価値観の違いなどはあるでしょう。ですが、あくまでも過去は過去です。相手が元ヤンキーだからといって、今のあなたにとって何か支障があるでしょうか?

それでも過去が気になるなら、そっと距離を置けばいいのです。彼女にしても、あなたが心から信頼できる相手ではないのであれば、さほど気にもしないでしょう。

自分の過去をあまり話したがらないのは、自分の過去に対して引け目を感じているからかもしれません。その半面、過去を否定されたり仲間を悪く言われることはイヤがる人も多いので、過去の姿ではなく、あくまでのこれからの人間関係を大切にしましょう。