中学時代はヤンキーだった女子の特徴と友達としての付き合い方

あなたの周りに「この人中学時代はもしかしてヤンキーだったかも…」と思うような人はいませんか?
ふとした言動や仕草で、何となく気付くことってありますよね。

昔、ヤンキーだった女子の特徴をご紹介します。

しかし、昔ヤンキーだったからと言って、今の関係に不安を持つことはありません。
今のあなたにとって本当に大切な人ならば、過去にこだわる必要はないのです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

白シャツの黄ばみを重曹で綺麗に!衣類の黄ばみ汚れを落とす方法

着ようと思っていた白シャツに、黄ばみ汚れを見つけてしまった経験がある人もいますよね。旦那様やお子...

部屋のドアの隙間をなくしたいときに試したい方法

部屋のドアに隙間があると、寒い冬なんかは床下がスースーして寒いものです。なんとか隙間をなくしたい!と...

ハムスターの疑似冬眠は時間が勝負!適切な処置をしよう

ハムスターには「疑似冬眠」があり、もしそうだった場合は時間が勝負です。すぐに適切な処置をしないと...

ゆで卵をレンジで温め直しすると危険な理由と爆発させないコツ

ゆで卵を電子レンジで温め直しすると爆発すると聞いたことはありませんか?これを防ぐためには、ゆ...

すぐできる!簡単ハンドメイド子供服の作り方【スカート編】

ハンドメイドが好きな方は子供服も自分で作ってみたい!と思いませんか?しかし小物とは違い洋服となると、...

口癖『なんか』と使ってしまう。やめたい時の心がけとは

口癖を治したい!会話の中ですぐに『なんか』と使ってしまうのをやめたいと思っています。クセ...

アメリカは赤信号でも歩行者が渡るのが常識?日本と違う交通事情

アメリカは車社会。歩行者が道路を横断する時に確認する信号機ですが、日本とはだいぶ事情が違うようです。...

目の疲労回復グッズにはどんなものがある?目の疲れ対策

目の疲労回復に役立つのはどのようなグッズなのでしょうか?目が疲れていると、肩が凝ってしまったり、頭痛...

同棲の生活費は彼氏持ちか折半か。ケンカにならないお金のルール

彼氏と同棲をしたいという時には、お金のことも前もって話しておくのがおすすめです。生活費は彼氏持ちにし...

高校のテストがやばい!勉強をしていなかった時にできる対処法

「高校のテスト勉強を全くやっていなかった!やばい!」テスト前にこんなふうにピンチを迎えている人もいる...

スマホのクリアケースを簡単アレンジ!かわいいアイデア特集

スマホケースはいろいろなものが販売されていますが、人とはちょっと違うケースが欲しいとか、自分だけのこ...

先生の異動が発表される時期はいつ頃なのか

学校の先生は3年から5年在籍したのち異動するのが一般的です。正式発表の前には必ず内示されます...

車にぬいぐるみを置くのは違反?助手席などに乗せる心理

車のダッシュボードや助手席にぬいぐるみを置いている車を見かけたりしませんか?では、車内や助手...

旦那が転職?離婚したいなんて言わず旦那を支えるのが得策

旦那が急に転職すると言い出したら、妻としてあなたはどうしますか?妻が離婚したいと思うタイミングに夫の...

旦那が自己中で子供!そう!旦那という生き物はそういうものです

旦那の自己中っぷりに、本当にもう腹しか立たない。子供より子ども!イライラする気持わか...

スポンサーリンク

中学時代はヤンキーだったかも…女子の元ヤンの特徴

普段はバレないように気を遣っていたとしても、ふとした瞬間に元ヤンキーだったことがバレてしまうこともありますよね。おっとりとした語り口調の人が、突然ものすごい強い口調で子供にキレたり手を挙げたりすると、「あぁ、この人はきっと…」と一瞬で元ヤンキーだったと気付かれてしまうこともあるでしょう。

それ以外にも、見かけだけで判断出来るようなわかりやすいタイプも存在します。近所のスーパーなどで、子供に大きな声で怒鳴っているママさんの方をふと見ると、派手な髪の毛の色にスエットにサンダルといった、いかにもわかりやすい格好の人であることが多いありませんか?
そして、その言葉遣いもなかなかなもので、子供に対しての脅し文句のオンパレードで、こちらも一瞬ビクッ!となってしまうことも。

中学時代はヤンキーでも良いママになる女子は多い

たとえ中学時代はヤンキーだった人でも、大人になるとガラッと変わる場合も多いようです。

彼女たちは少々口は悪くても、ヤンキー同士は仲間との結びつきを大切にする傾向が強いため、大人になってからも心を許した相手とは、とても強い信頼関係が生まれるのです。元ヤンキーの女性は面倒見の良い人が多く、子供が生まれてからは家族を守り、子供のために良きママになろうと頑張る人もたくさんいます。愛情深く子供を見守り、周囲からも信頼されるような、ステキなママになる人も多いのです。

また、正義感が強くて何事も曲がったことが大嫌いなタイプが多く、お付き合いする男性に対しても一途に尽くす人も多いようです。もちろん浮気などはもってのほか!相手の浮気がわかろうものなら、昔のヤンキー時代さながらに、徹底的に追い込むケースも…。

中学のときはヤンキーだった女子が大人になると

元ヤンキーの女性は、男前な性格の人が多いです。曲がったことが大嫌いなので、ちょっとした不正や理不尽な行為を見逃さず、男らしくキチンと正そうとします。仲間に対しては愛情深く、とことん守ってくれますが、敵とみなした相手は徹底的に攻撃します。

言葉遣いが悪くて近寄りがたい雰囲気があったとしても、それは相手に対して弱い部分を見せまいと、威嚇しているがゆえ。自分を強く見せるために、あえて強い口調で威嚇したり、派手なメイクで着飾ったりしているだけで、本当は心優しい女性であることが多いので、「最初は怖かったけれど、話してみるととてもいい人だった」というように印象がガラッと変わることも。

また、ふとした場面で口の悪さが出てしまうこともあるため、どうしても怖い印象を与えがちですが、こちらから仲良くしようと歩み寄ると、次第に心を開いてくれて、よき友人となってくれることも多いです。彼女たちは警戒心が強いため、見知らぬ相手には自分を強く見せようとして、ついつい強い口調になりがちですが、仲間に対しては愛情深く接してくれるので、親しくなれればとても心強い存在となるでしょう。

こんないい面もたくさん

ヤンキーの社会はとくに上下関係が厳しいのですが、後輩に慕われるためには、先輩として尊敬される存在となる必要があります。普段からよく後輩の面倒をみて、時には身体を張って守ってくれる、そんな姿を見ているので、下に続く者たちも、自然と後輩の面倒をみるようになります。
先輩たちにしてもらったことは、当然自分たちも後輩に対してしてやるべきだとの考えが強いため、元ヤンキーには面倒見の良い女性が多いのでしょう。

また、その上下関係の厳しさは、周囲に対しての気遣いをすることにもつながります。若いうちから先輩に対して常に気を遣うことが当然として育ってきたので、大人になってからもそれは続き、周囲の友達は彼氏、夫に対しても気遣いを忘れずに接することが出来るのです。

多少口は悪くとも、家族や仲間を大切にし、気遣いの出来る女性なんて、とても魅力的ですよね。

過去にこだわるよりも今の関係を大切にして

学生時代からの友人とは別に、結婚して子供が生まれたことで、新しくママ友となる人たちもたくさんいることでしょう。そんな中で、外見が派手だったり言葉遣いが悪いママがいると、話しかけるのを躊躇してしまうこともあるかと思います。

元ヤンキーに対する世間のイメージは、基本的にはあまり良くはないでしょう。しかし、実際に話してみることで、実は面倒見がよく誠実で、仲間や家族を大切にするといった、良い面もたくさん見えてくることがあるのです。

確かに、お互いの過去を良く知らない者同士、価値観の違いなどはあるでしょう。ですが、あくまでも過去は過去です。相手が元ヤンキーだからといって、今のあなたにとって何か支障があるでしょうか?

それでも過去が気になるなら、そっと距離を置けばいいのです。彼女にしても、あなたが心から信頼できる相手ではないのであれば、さほど気にもしないでしょう。

自分の過去をあまり話したがらないのは、自分の過去に対して引け目を感じているからかもしれません。その半面、過去を否定されたり仲間を悪く言われることはイヤがる人も多いので、過去の姿ではなく、あくまでのこれからの人間関係を大切にしましょう。