体が柔らかくなるストレッチ!毎日やると絶対に柔らかくなる!

体が固いと感じている人は多いものです。ですが諦めてはいけません!

ストレッチを少しずつでも、毎日続けることで体は柔らかくなりますよ!

体が柔らかくなるオススメのストレッチを紹介します。

骨盤や股関節にいい、下半身にいいというストレッチを部分別で紹介しますね。

体が固いと困る事、柔軟をやる時の注意点やポイントがあります!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

同棲の生活費は彼氏持ちか折半か。ケンカにならないお金のルール

彼氏と同棲をしたいという時には、お金のことも前もって話しておくのがおすすめです。生活費は彼氏持ちにし...

漢検準1級の効率的な勉強法とは?短期間で一発合格を目指そう

履歴書に書くなら漢検2級まで取得しておけば十分ですが、やっぱり準1級に挑戦してみたいですよね。 ...

セラミックフライパンが焦げ付く原因は2つ!使い方に注意

表面が白くおしゃれな印象が強いセラミックフライパン。 滑りが良く料理がしやすいフライパンですが、間...

野菜の水やりは夕方いいって本当?その理由とみずやりの仕方

野菜の水やりはいつあげるのが最適?夏の水やりは夕方がいいといわれますが、それは本当なのでしょうか?ま...

あまのじゃくな性格になる原因とあまのじゃくを直す方法とは

あまのじゃくな性格になってしまう原因はあるのか。 自分に愛情や関心を示してほしいのに、いざ相手が振...

風呂場に洗濯物を干すと、部屋干しよりもこんなにいいことが!

皆さん洗濯物はどこに干していますか? リビングで部屋干しや使っていない部屋に干すという人もいる...

目玉焼きの黄身を真ん中にする方法!綺麗な目玉焼きの作り方解説

目玉焼きを焼くとき、いつも黄身が真ん中からずれて綺麗に作れないというお悩みを抱えている人もいますよね...

バレエ発表会!子供の肌に負担をかけないメイク落としの方法

バレエの発表会では、子供が普段はしないような派手なメイクを施します。子供にとっては、可愛い衣装やメイ...

生おからとおからパウダーは代用することができる?特徴と使い方

スーパーなどでよく見かけるおからは「生おから」と言われるタイプですが、サラサラと粉状になったタイプが...

柴犬が洋服を嫌がる時の対策!洋服を着せるメリットと嫌がる理由

柴犬に洋服を着せようと思っても、洋服を嫌がるためになかなか着てくれないこともありますよね。柴犬が洋服...

肩が上がる癖をどうにかしたい!リラックス方法と緊張のとき方

肩が上がる癖を治したい! 力の入れ方を知っていても、力の抜き方を知らない人がほとんどです。 ...

長ネギのみじん切りの方法はこれで一発!細かいみじん切りの方法

長ネギは料理に欠かせない野菜の一つで、色んなメニューの名脇役として登場しますね。 薬味としても人気...

喧嘩が起きた時の仲裁方法は?大人の喧嘩・子供の喧嘩の仲裁方法

目の前で喧嘩が起きてしまったらあなたは仲裁に入りますか?場合によって仲裁に入るかどうかは違うと思いま...

家庭菜園で育てたピーマンが赤いワケを教えます!

家庭菜園でピーマンを栽培している方も多いでしょう。 ピーマンは家庭でも栽培しやすく、プランター...

サボテン短毛丸の育て方のコツや水やりのポイントをご紹介

サボテンの中でも丈夫で比較的育て方が簡単な短毛丸ですが、根腐れせずに綺麗に花を咲かせるためにはコツが...

スポンサーリンク

体が柔らかくなる!部分別のストレッチ法

身体を柔かくしたいなら、毎日少しづつでもストレッチをすることを続けてください。

そう!一度や二度やったからと言って、柔らかい身体を手に入れることはできません。

どんなストレッチをするかより、毎日続けられるストレッチをするほうが大切です。

例えば、股関節によいとされているストレッチ。
床に座りあぐらをかくように、足の裏を合わせて座ります。

合わせた足先を持って、背筋を伸ばすように身体を前傾させます。
この時、呼吸を止めないように前傾させましょう。
ゆっくりと息を吐き出しながら前傾し、伸びを感じたなら、その場で止まりましょう。
息を吸いながらゆっくりと身体をおこし、元の姿勢に戻ります。

これなら、お風呂上がりにすぐできますし、続けやすいと思います。
まずは、ファーストコンタクト。
この股関節を柔らかくするストレッチから始めてみてはいかがですか?

体が柔らかくなるストレッチは毎日しよう!

スキマ時間にできるストレッチをご紹介します!

それは『足首を伸ばす』ということです。

これは、デスクワークなら、比較的簡単に誰にもバレずにすることができます。
椅子に骨盤を立てて、背筋を伸ばして座ります。

それから、座ったまま右足でつま先立ちします。
そうすると、右足の足首の前あたりが伸びると思います。

この時、足の甲が伸びるのを、しっかりと感じるようにしてください。
土踏まずが、つらないように注意しましょう。
同じく、左の足でも行ってください。

足首の前側が伸びたと思います。
逆に、床にかかとを付けて指先を上げ、足首を曲げると足首のアキレス腱側が伸びていきます。

このときも、呼吸を止めないように心がけてくださいね。

ストレッチバンドを使って!体の下半身が柔らかくなる

ある程度、ストレッチの動作に慣れてきたら「もう少し支えがあると伸ばせるんだけどな」と感じるようになります。

そんな時は『ストレッチバンド』を使って、ストレッチをしてみませんか?

ストレッチバンドには、いろいろな種類があります。
オススメなのは、バンドの両端が『輪』になっているものです。
この『輪』に足先を入れ引っ掛けることができるのでとても使いやすいのです。

また、持ち手にすると力加減を調節しやすくストレッチしやすいのでおすすめです。

仰向けに寝てバンドの一方についている輪に足を引っ掛け、もう一方の輪は手で持ちます。

足を真上に上げてみましょう。
この時、床から腰が浮かないように注意してください。
そこから、足を胸の方まで近づけていきます。

この時、呼吸を止めないように注意しましょうね。

あなやの柔軟性は大丈夫?チェックしてみよう

自分の身体が硬いのか、柔らかいのかの判断をします。

  1. 立って、足を肩幅に広げます
    ゆっくりとお辞儀をしていきましょう。手が床に付けば、OK!
    手が床につかなければ、腰が硬いようです。
  2. 長座で座り、足の指まで手が届くように前屈します
    上手にできないのは、足の裏側やお尻の筋肉が凝り固まっているから。
  3. 壁を背に立ちます
    手の甲を壁につけたまま、上に移動させます。
    この時に、手や肘が壁から離れないように注意しましょう。
    肩甲骨周りが柔らかければバンザイできるはずです。
  4. 目の前で手を合わせます
    目の高さまで手と肘を真っ直ぐに伸ばしたままキープすることができればOKです。

体が柔らかくなるってどんなイメージ?

しなやかな筋肉って、ゴムのように伸び縮みするようなイメージかもしれませんが、実は違うんです。

筋肉は、ゴムではなく、チェーンに近いのです。

ストレッチを行うと、チェーンの輪が増えて筋肉が長くなると表現するほうが正しい気がします。

筋肉というのは『筋繊維』の集まりですよね。
そしてチェーンの一つの輪は『筋節』と言って、増やすことができるのです。
ストレッチを毎日継続した結果『筋節』が増え、細かいチェーンの輪が繋がった筋繊維はしなやかに動くというイメージとなります。

身体が硬い事によるデメリットって何でしょうか?
身体が硬いと、血行不良になりがちです。
その結果疲労が回復しにくく、質の良い睡眠をとることができにくくなると考えられます。
また、むくみや冷えも改善しにくく、身体が常にこわばった状態であると考えられます。

また、腰痛や、肩こりの症状がある人は、症状が軽いうちに全身のストレッチを行うようにしてください。

身体を柔らかくしたいからといって、無理にギュウギュウ押したりひいたりしても身体は柔かくなりません。

気持ち良い程度に伸ばすことを続けることが大切です。

ゴムを伸ばすイメージではなく、細かいチェーンの輪を増やすイメージでストレッチを行いましょうね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691