体が柔らかくなるストレッチ!毎日やると絶対に柔らかくなる!

体が固いと感じている人は多いものです。ですが諦めてはいけません!

ストレッチを少しずつでも、毎日続けることで体は柔らかくなりますよ!

体が柔らかくなるオススメのストレッチを紹介します。

骨盤や股関節にいい、下半身にいいというストレッチを部分別で紹介しますね。

体が固いと困る事、柔軟をやる時の注意点やポイントがあります!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

中国人観光客が日本に押し寄せる理由について調べた

日本国内で中国人観光客を見ない日はありません。それくらい日本には中国人観光客が押し寄せるのですが、な...

ベランダの目隠くしで隣の視線対策!おすすめの目隠し対策を紹介

賃貸マンションで生活している人の中には、ベランダ越しのお隣の視線や周囲の視線が嫌だと感じている人もい...

スキンシップが苦手。子供への愛情不足を心配します

スキンシップが苦手。母親でも、子どもに甘えられたりベタベタされたりするのを、苦手に思う人も居...

保育園に通園している子供が朝ごはんを食べない理由

保育園に通う子供が朝ごはんを食べない、ご飯を食べるのに時間がかかるとイライラしてしまうママも多いので...

ラインが未読のままの友達がスルーする理由、返信してもらう方法

ラインが未読のままだと友達に何かあったのではと心配になることはありませんか。友達がラインを未...

インコのケージの掃除の手順や丸洗い方法と清潔に保つための頻度

インコのケージの掃除はとても大切です。インコにとってケージは毎日生活する場所なので、汚れが酷くなる前...

返信が来ない!友達から返信が来ない時に考えられる原因

友達にメールやLINEを送ったのに中々返信が来ないこともありますよね。友達に嫌われてしまった?何かあ...

職場にノースリーブはおばさん以前の問題!避けるべきアイテム

職場にノースリーブを着ていくと「おばさんなのに肌を見せて」と陰口を叩かれる、といった意見も耳にします...

救急車と警察先にどっちを呼ぶべき?交通事故の正しい対応

交通事故に遭ったり交通事故を目撃した場合、救急車と警察先にどっちを呼ぶべきかで迷います。では...

知り合いの父親が亡くなった時にかける言葉。ベストな言葉選び

友人や会社の人など身近な人の父親が亡くなったといういう突然の訃報に、なんて声を掛けていいのかよくわか...

ニートの息子を追い出す方法とニートにさせない事前予防とは

ニートの息子を追い出すために日々苦労をしているご家族もいるでしょう。現在成人なのに働かないニ...

落ち着いて対処を!郵便のいろいろな投函間違いについて

郵便物の投函間違いには、意外にも色々なパターンが存在します。例えば自分の自宅のポストの郵便物...

ウエストの腹筋をくびれさせるコツやトレーニング方法とは

ウエストは腹筋をトレーニングで鍛えることによってくびれさせることができます。では、ウエストを...

小学校の先生へ上手にクレームを言うには?伝え方について

小学校の先生にクレームを言うときにはどのようにして伝えたらいいのでしょうか?クレームを言うと...

植物を育てるのが上手な人が実践!植物を元気に成長させる方法

部屋やお庭に植物があると見ているだけでも癒されますし、部屋やお庭の雰囲気もぐっとよくなりますし、花を...

スポンサーリンク

体が柔らかくなる!部分別のストレッチ法

身体を柔かくしたいなら、毎日少しづつでもストレッチをすることを続けてください。

そう!一度や二度やったからと言って、柔らかい身体を手に入れることはできません。

どんなストレッチをするかより、毎日続けられるストレッチをするほうが大切です。

例えば、股関節によいとされているストレッチ。
床に座りあぐらをかくように、足の裏を合わせて座ります。

合わせた足先を持って、背筋を伸ばすように身体を前傾させます。
この時、呼吸を止めないように前傾させましょう。
ゆっくりと息を吐き出しながら前傾し、伸びを感じたなら、その場で止まりましょう。
息を吸いながらゆっくりと身体をおこし、元の姿勢に戻ります。

これなら、お風呂上がりにすぐできますし、続けやすいと思います。
まずは、ファーストコンタクト。
この股関節を柔らかくするストレッチから始めてみてはいかがですか?

体が柔らかくなるストレッチは毎日しよう!

スキマ時間にできるストレッチをご紹介します!

それは『足首を伸ばす』ということです。

これは、デスクワークなら、比較的簡単に誰にもバレずにすることができます。
椅子に骨盤を立てて、背筋を伸ばして座ります。

それから、座ったまま右足でつま先立ちします。
そうすると、右足の足首の前あたりが伸びると思います。

この時、足の甲が伸びるのを、しっかりと感じるようにしてください。
土踏まずが、つらないように注意しましょう。
同じく、左の足でも行ってください。

足首の前側が伸びたと思います。
逆に、床にかかとを付けて指先を上げ、足首を曲げると足首のアキレス腱側が伸びていきます。

このときも、呼吸を止めないように心がけてくださいね。

ストレッチバンドを使って!体の下半身が柔らかくなる

ある程度、ストレッチの動作に慣れてきたら「もう少し支えがあると伸ばせるんだけどな」と感じるようになります。

そんな時は『ストレッチバンド』を使って、ストレッチをしてみませんか?

ストレッチバンドには、いろいろな種類があります。
オススメなのは、バンドの両端が『輪』になっているものです。
この『輪』に足先を入れ引っ掛けることができるのでとても使いやすいのです。

また、持ち手にすると力加減を調節しやすくストレッチしやすいのでおすすめです。

仰向けに寝てバンドの一方についている輪に足を引っ掛け、もう一方の輪は手で持ちます。

足を真上に上げてみましょう。
この時、床から腰が浮かないように注意してください。
そこから、足を胸の方まで近づけていきます。

この時、呼吸を止めないように注意しましょうね。

あなやの柔軟性は大丈夫?チェックしてみよう

自分の身体が硬いのか、柔らかいのかの判断をします。

  1. 立って、足を肩幅に広げます
    ゆっくりとお辞儀をしていきましょう。手が床に付けば、OK!
    手が床につかなければ、腰が硬いようです。
  2. 長座で座り、足の指まで手が届くように前屈します
    上手にできないのは、足の裏側やお尻の筋肉が凝り固まっているから。
  3. 壁を背に立ちます
    手の甲を壁につけたまま、上に移動させます。
    この時に、手や肘が壁から離れないように注意しましょう。
    肩甲骨周りが柔らかければバンザイできるはずです。
  4. 目の前で手を合わせます
    目の高さまで手と肘を真っ直ぐに伸ばしたままキープすることができればOKです。

体が柔らかくなるってどんなイメージ?

しなやかな筋肉って、ゴムのように伸び縮みするようなイメージかもしれませんが、実は違うんです。

筋肉は、ゴムではなく、チェーンに近いのです。

ストレッチを行うと、チェーンの輪が増えて筋肉が長くなると表現するほうが正しい気がします。

筋肉というのは『筋繊維』の集まりですよね。
そしてチェーンの一つの輪は『筋節』と言って、増やすことができるのです。
ストレッチを毎日継続した結果『筋節』が増え、細かいチェーンの輪が繋がった筋繊維はしなやかに動くというイメージとなります。

身体が硬い事によるデメリットって何でしょうか?
身体が硬いと、血行不良になりがちです。
その結果疲労が回復しにくく、質の良い睡眠をとることができにくくなると考えられます。
また、むくみや冷えも改善しにくく、身体が常にこわばった状態であると考えられます。

また、腰痛や、肩こりの症状がある人は、症状が軽いうちに全身のストレッチを行うようにしてください。

身体を柔らかくしたいからといって、無理にギュウギュウ押したりひいたりしても身体は柔かくなりません。

気持ち良い程度に伸ばすことを続けることが大切です。

ゴムを伸ばすイメージではなく、細かいチェーンの輪を増やすイメージでストレッチを行いましょうね。