多肉植物のカット苗の育て方!水やりのポイントと寄せ植え方法

最近女性に人気の多肉植物をご存知ですか?

もともとは、雨の少ない地方が原産で、砂漠や海岸などの過酷な状況で育ってきた植物です。
ぷっくりとした葉が可愛らしく、おしゃれなカフェやお部屋のインテリアとしても注目されています。

多肉植物をカット苗としても購入した後に、土に植えるまでの育て方や、水やりについてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

外国人に日本語をマスターさせる教え方のコツ!

外国人にとって日本語はかなり難しいといいます。世界的に見ても複雑な言語で、日本語をマスターするにはか...

嫁が嫉妬しても可愛いと思う旦那さん!でも重い嫉妬は注意です!

結婚してからもお嫁さんが嫉妬すると、それを可愛いと思う旦那さんもいるようです。恋人時代を思い出す...

嫁が介護を苦に離婚したいと言っている…。当たり前だ!

嫁の介護問題。義両親の介護で離婚される夫婦が増えているようです。日本には「嫁」が「夫の両...

RPGゲームとは?知っているようで知らない奥が深いRPG

RPGゲームとは?よく耳にするけど、聞かれると説明ができない方や、よくわからないという方も少なくはな...

男性へ贈りたい!料理好き男子へ贈るこだわりのプレゼント

料理が趣味という男性も最近は多いですよね。料理に凝る男性は、女性以上にアイテムや食材にこだわりを持つ...

韓国人の食べ方で気になる音、クチャクチャ食べる理由があった

韓国人はクチャクチャと音を立てる食べ方が多いといいます。日本人がクチャクチャと音を立てて食べ...

名前の由来がないのはだめ?名前の由来が必要な理由とは

あなたの名前には由来がありますか?中には「ない」という人もいると思います。実は私の名前にも由来が...

断捨離とは単純に片付けや掃除の類義語ではない。

断捨離とは単純に片付けや掃除のことを指しているのではありません。モノを通して、そのモノへの執...

卵の白身が水っぽい原因!傷んだ卵の見分け方と鮮度別の調理法

卵を食べようと思って割ってみたら、なんだか白身が水っぽい。こんな経験をしたことがある人もいるのではな...

幼稚園のママ友が挨拶しないのはなぜ?ママ友との関わり方

幼稚園のママ友と上手に付き合っていますか?ママの中には、幼稚園で会ってこちからから挨拶をしたのに...

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。では、包丁の基本的な使い方とは、置...

中国人観光客が日本に押し寄せる理由について調べた

日本国内で中国人観光客を見ない日はありません。それくらい日本には中国人観光客が押し寄せるのですが、な...

魚のアラは正しい下処理で臭みなく!魚の味噌汁の作り方

魚のアラを使った味噌汁はお店などで食べるととても美味しいですが、いざ自分で調理しようと思うと、アラの...

交通違反は現行犯が基本だが携帯電話の場合はどうなるのか

交通違反といえば現行犯逮捕が基本になりますが、運転中の携帯電話についてはどうなるのでしょうか。...

女子の財布は黒じゃダメ?開運アップする財布のカラーについて

女子が持つ財布の色は?ピンクなどのかわいいカラーが人気の一方で、定番の黒もよく使われているそうです。...

スポンサーリンク

多肉植物のカット苗の水やり方法は?

多肉植物は、様々な形のぷっくりとした葉が魅力的な植物です。
様々なものに寄せ植え出来るので、インテリア性がとても高く注目されています。

多肉植物は鉢植えになって売られていることが多いですが、カット苗で販売されていることもあります。
カット苗は根は付いておらず、葉と茎を残して挿し木用に仕立てたものです。

郵送の際にコンパクトにまとめられるため、通信販売などでよく見かけます。

カット苗の場合は、まず切り口が乾燥しているかを確認します。
まだ乾燥されていないようであれば、日陰に置いて乾燥するのを待ちましょう。
そのまましばらく放置していると根が生えてきます。

根が生えたら霧吹きなどで水をかけます。

根が数本長く伸びるのを待ってから土に植えます。

多肉カット苗の発芽を促進させる水やりの目安

多肉植物のカット苗を購入したら、まずは根が出るまで日陰で保管して待ちましょう。
根が1本だけではなかなか土になじまないので、数本伸びてくるまで辛抱強く待ちます。

水やりは土に植えてからでも良いでしょう。

多肉植物は水は少なめの方が発芽を促進させることができる

  • カット苗は一年中購入することが出来ますが、生育の良い苗を購入するためには、春や秋が向いています。
    春や秋は多肉植物の過ごしやすい季節で、大抵の植物の生育期です。
  • 種類や葉っぱの大きさなどによっても発根や発芽の期間が異なりますが、この季節であれば、10~20日程度で苗に変化がみられるでしょう。
  • 苗を購入する時には苗の状態をしっかりと確認しましょう。
    活き活きとしていて、葉っぱに穴や枯れがないものを選びます。
    虫が付いていないことも確認しましょう。
    虫は葉の裏にいることもあるので注意が必要です。

多肉のカット苗に大量に水やりするのは要注意

多肉植物には沢山の種類があり、水を好むものとそうでないものがあります。

多肉植物の寄せ植えは水分量が同じ種類をまとめるのがおすすめ

寄せ植えの前に調べてみるが良いでしょう。

一般的に育ち方の早いものは水もたくさん必要とする傾向があります。

基本的に多肉植物は雨の少ない地方が原産で、砂漠や海岸などの過酷な状況で育ってきた植物です。
そのため、他の植物に比べると少ない水分で生きることが出来ます。

水を与えすぎると、いつまでも用土が湿ったままで根や茎が腐ってしまいますから、水やりの量には注意しましょう。

また、小さな多肉植物に大きな鉢を使うのもおすすめできません。
この場合も土がなかなか乾燥しないため、根や茎が腐ってしまう原因になります。

初心者でも育てやすい多肉植物の品種は?

多肉植物は9科に分類されて品種は1万5000種もある

多肉植物の種類を、すべてを把握することはかなり困難でしょう。

初心者の場合は、店頭に置いてある種類だけでも覚えきれないと思います。
種類の多さ故に楽しさも多いですが、どれを選べばよいのか迷う原因にもなりますよね。

初心者が育てるなら、「セダム属」がおすすめです。
葉は小さいですが、ぷっくりと肉厚でとても可愛らいいのが特徴です。

日当たりの良い場所を好み乾燥に強い種類です。
寒さや暑さに強く、屋外でも栽培可能で、鉢植えでも地植えでも大丈夫な点もおすすめな理由です。

春と秋によく育ちます。
春~夏はみどり色のぷっくりとした可愛い葉が魅力的です。
秋から冬には紅葉もするので、一年を通して楽しむことができますよ。

多肉カット苗の寄せ植えにチャレンジ

多肉植物の面白さは寄せ植え、時期は春や秋がおすすめです

気に入った鉢に様々な苗をレイアウトして、インテリア性に富んだ作品を作りましょう。
寄せ植えを行うなら、真夏は避けるのが良いでしょう。

  1. 使いたい多肉植物のカット苗を準備します。
    植え込む鉢のサイズに合わせて、苗の量を調節しましょう。
  2. 鉢の内経が3~4cmの小さなものなら1~2本、一回り大きくなる毎に苗は倍量程度を目安にすると良いでしょう。
    多肉植物の種類によっては、切り口を乾燥させただけでも問題ないものもありますが、根が数本伸びてから植える方が、土に馴染みやすいためおすすめです。
  3. 土は園芸用の培養土に赤玉の小粒を1:1で混ぜ合わせます。
    土の深さは7cm程度にし、それよりも深い鉢の場合には軽石などの水はけの良いもので高さを確保しましょう。
  4. レイアウトはお好みです。
    バランスを見ながら、自由に土に挿していきます。
    土に指すときは、根が傷つかないように優しく行いましょう。
    土が見えない様にぎっしりと植えた方が、可愛い仕上がりになります。
  5. 苗が挿しにくい場合には、切り口付近の葉を数枚外すとよいでしょう。
    葉を外しすぎるとボリュームがなくなり寂しくなるので、注意しまししょう。