耳たぶにピアスを開けたい!ニードルを使う場合の注意点とは

初めて耳たぶにピアスを開ける人は、ピアッサーにするかニードルにするか迷うところでしょう。

ニードルの方がホールの安定は早いと言われていますが、初めての人でもニードルの方がおすすめなのでしょうか?開ける時の注意点は?

やっぱり病院へ行った方が安全?初めて耳たぶにピアスを開ける人のためにニードルを使う場合のメリット・デメリットや注意点について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

玄関のタイルに付着する白い粉の正体と掃除に必要な物と手順

ふと見た時に、玄関のタイルの部分に白い粉のような物が付着していることはありませんか?どこから...

小学校のバザーに出すもので、手作りの場合のポイント!

小学校でバザーはありますか?学校によって色んな細かいルールはあるようですが、子供のためならと...

ハムスターの疑似冬眠は時間が勝負!適切な処置をしよう

ハムスターには「疑似冬眠」があり、もしそうだった場合は時間が勝負です。すぐに適切な処置をしないと...

猫が赤ちゃんの鳴き声を出す理由と対処法!猫の気持ちを知ろう

飼っている猫が赤ちゃんのような鳴き声を出しているとき、一体なぜそのような鳴き声を出すのかわからない飼...

ショパンの別れの曲の難易度とは?練習する場合のコツを教えます

ちょっと聞いた限りではショパンの曲の中ではそれほど難易度は高くないように思える「別れの曲」。...

卵の白身が濁ってるのは新鮮なしるし?卵の鮮度について

卵の白身が濁ってると、もしかしてこれは古い卵なのでは…と思ったことはありませんか?卵かけご飯やす...

バレンタインの手作り友チョコにおすすめ!大量生産できるレシピ

バレンタインの友チョコ用に毎年たくさんのチョコのお菓子を作るという方も多いと思います。周りの友達...

グルーガンのグルーで作る簡単可愛いアクセサリーの作り方

グルーガンを使う時には、接着剤として購入する方が多いと思います。接着剤としても優秀なグルーガンですが...

保育園に通園している子供が朝ごはんを食べない理由

保育園に通う子供が朝ごはんを食べない、ご飯を食べるのに時間がかかるとイライラしてしまうママも多いので...

産後2週間頃は苦労しなくても体重が減る!産後の体重管理の方法

赤ちゃんを出産後、どのくらい自分の体重が減るのか気になる人もいますよね。産後2週間が経った頃、どのよ...

うさぎに赤ちゃんが生まれたら?生まれたてのうさぎの接し方

うさぎに赤ちゃんが生まれたら気になってしまいますよね、母親はちゃんとお世話をしているか?ときには赤ち...

新卒と中途との待遇の違いと中途採用者が出世するための秘訣

新卒とは違って中途採用者に求められるのは即戦力。即戦力を期待されて入社しても、新卒よりも待遇が悪...

畳にフローリングカーペットを敷く時はカビ対策を忘れずに!

畳にフローリングカーペットを敷くことで、和室から洋室へと変えることができますが、敷く前のカビ対策が大...

目薬の差し方には裏技があります。上手く差すコツと正しい使い方

目薬を差すのが苦手という人もいますね。目に入ってくるのが見えるのですから当然です。ですが場合...

バレエのレッスンを受ける効果は?子供へのメリット、デメリット

バレエは小さな女の子が憧れる習い事の1つ。子供にとってはバレエの衣装が可愛くて魅力的にうつります。...

スポンサーリンク

初めて耳たぶにピアスを開けるけど、ニードルでも大丈夫?

耳たぶにピアスを開けたいと調べてみると、ピアッサーとニードルの二通りの開け方が候補に上がります。
他にも画鋲や安全ピンで開けたなどという話を聞いたことのある方もいらっしゃると思いますが、痛いだろうなと不安に思う方がほとんどだと思います。

初めてピアスを開ける方ならニードルよりはピアッサーで開けるのがおすすめです。

ピアッサーで開けるときは一気に貫通させることができるので、痛みが長引いたり斜めに空いてしまったりというリスクを防ぐことができるのです。

せっかくおしゃれをするなら、きれいに開いたピアスホールでおしゃれを楽しみたいですよね。

ピアスホールを作ったあとも、きれいに保ちつづけるためにきちんとした開け方とケアの仕方を勉強しておきましょう!

ニードルを使って耳たぶにピアスを開ける場合のメリットとデメリットとは?

ニードルでもピアスホールを作ることができますがニードルは少し上級者向けです。

ニードルを使うメリット

  • ピアスホールが安定するまでの期間が短い。
  • きれいなホールが完成する。
  • 好きなデザインのファーストピアスを選ぶことができる。
    といった点が挙げられます。 

ニードルを使うデメリット

  • ピアッサーよりも痛みを伴う。
  • 開けることを躊躇してしまうと痛みが長引き時間がかかってしまう。
  • ファーストピアスを買う手間がある。
    という点が困った要素です。

値段もピアッサーと比較するとピンキリですが、500~2,000円程度のものまでと差がある上に種類も多いです。

ピアッサーもニードルも一長一短なので、自分にあったやり方でピアスホールを作るのがよいでしょう。

耳たぶにニードルを使ってピアスを開ける場合の手順をご紹介します

早速ピアッサーを使ってホールを作ろう、というところなのですが、ここは慎重に準備をしていきましょう。

ピアッサーを使う前に気をつけることがあります。
それは耳たぶが穴を開けた影響で腫れてしまうことを考慮して、ファーストピアスを用意することです。

ファーストピアスの長さは自分の耳たぶの厚さと同じか、それ以上のものを選ぶのがおすすめです。
腫れが引くどころか膿んでしまう可能性もあるため、長さにゆとりのあるものを選びましょう。
理想の長さは耳たぶの厚さ+3mmほどのものです。

用意ができたら早速開けていきましょう。

  1. まず開けたい耳たぶの場所に消毒液をつけ、コットンや綿棒などで消毒します。
  2. ペンなどで開けたい位置にマーキングを行います。
  3. 耳に対して垂直になるように、ピアッサーの角度を確認しましょう。
  4. 両手でピアッサーを持ちバチンと音がするまで押し込み切りましょう。
  5. ※ここで恐怖に負けてしまうとピアッサーが最後までお仕込み切れずに、耳たぶの厚さに負けてしまいます。
    きっちり最後まで貫通できないと余計に痛くなりますのでご注意ください。
  6. 貫通していることを確認したら消毒して完成です。

※ピアッサーを取り扱うときはくれぐれも不衛生な場所で使用しませんよう注意してください。感染症などの原因となります。

また、自分で開けるのが不安な場合には、必ず病院で開けるようにしてください。

初めての人はセルフでピアスを開けるよりも病院で開けた方が安全?

セルフでピアスを開けるときはピアッサーを使いますが
病院ではピアスガンという機械を使用してピアスホールを作ります。

セルフで行うとピアッサーと消毒液などの費用が、全体で2,500~3,000円ほどです。

病院だと全て込みで、4,000~10,000円ほどかかります。

セルフで開けることに対するメリット

  • 安く済む
  • 自分の好きな時間にできる

セルフで開けることに対するデメリット

  • 失敗する可能性がある
  • 左右の位置に差が出る可能性がある
    という点などが挙げられます。

ですが病院でピアスホールを作ると、病院によっては高額になることもありますが安全性が高くアフターケアまで行ってもらえます。

そのためはじめてのピアスで心配だという方は病院でピアスを開けてもらってもいいかもしれません。

※ピアスの穴あけは医療行為です。
必ず医師免許を取得している方に開けてもらいましょう。

初めてピアスを開けたら、その後のケアが大切です!

ピアスを開けたら暫くの間は痛いかもしれませんがしっかりと消毒を行いましょう。

消毒は一日一回必ず行ってください。
綿棒などに消毒液をつけてピアスホールを消毒します。
ファーストピアスは取らないまま綿棒で周辺に消毒液をつけて、ファーストピアスを動かしてホール内の消毒を行います。

お風呂などで耳につけたままでもいいので、ピアスの洗浄も行いましょう。

ボディーソープや洗顔フォームなどを泡立てたものを使用し、ファーストピアスを取らないまま、耳たぶの表と裏に泡をのせていきます。
ピアスは動かさないままで、指の腹で優しく周辺を洗いましょう。

水圧の弱いシャワーでしっかりと洗い流し、タオルで水分を拭き取れば完璧です。

開けたばかりのピアスホールが安定するのには少なくても半年、長くて何年もかかります。
あまり動かさないようにして、消毒と洗浄を続けて清潔を保っていきましょう。