耳たぶにピアスを開けたい!ニードルを使う場合の注意点とは

初めて耳たぶにピアスを開ける人は、ピアッサーにするかニードルにするか迷うところでしょう。

ニードルの方がホールの安定は早いと言われていますが、初めての人でもニードルの方がおすすめなのでしょうか?開ける時の注意点は?

やっぱり病院へ行った方が安全?初めて耳たぶにピアスを開ける人のためにニードルを使う場合のメリット・デメリットや注意点について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

靴を履いて歩くと痛い!足の甲が痛くならない靴の選び方

靴を履いて歩くと痛いのって、最悪ですよね。その反対で、自分の足にピッタリと合う靴を履くとどんなに...

猫の長毛種!毛玉のとり方と予防のブラッシング方法をご紹介

猫を飼っている方は毛玉が出来ないように、日々ブラッシングをしていらっしゃると思います。特に長毛種は毛...

ゆで卵をレンジで温め直しすると危険な理由と爆発させないコツ

ゆで卵を電子レンジで温め直しすると爆発すると聞いたことはありませんか?これを防ぐためには、ゆ...

高校の学校説明会で質問することのメリットやするべきポイント

高校の学校説明会では質問を個別で受けてくれることがあります。このとき、どんな質問をしたらいいのか...

セキセイインコが野菜を食べない場合に飼い主ができることとは

セキセイインコの健康のためにも飼い主としては野菜を食べてもらいたいですよね。でも、中には野菜...

幼稚園の年少さんに通園し始めたが友達が出来ない時の解決策

4月から幼稚園の年少さんになり楽しい幼稚園生活を送ってほしいと願うママも多いですよね。しかし友達が出...

絶叫系が苦手でも友達と遊園地を楽しみたいときの対処法と克服法

絶叫系が苦手でも友達と一緒に遊園地を楽しみたいと思う人は多いはずです。しかし、絶叫系が苦手な...

防音対策をしてカラオケを自宅で楽しむ方法をご紹介します

カラオケ好きな人は、自宅でもカラオケの練習をしたいと思うのではないでしょうか。しかし、賃貸物...

異性からの電話の断り方の上手なコツや相手を傷つけない方法とは

異性からの誘いの電話がしつこいときに上手な断り方とはどうしたらいいのでしょうか?では、相手が...

ハムスターの鳴き声がクックッとする時の気持ちと対処法

ハムスターは様々な鳴き声をしますが、「クックッ」という鳴き声をすることがあります。なんだか苦しそうな...

革のひび割れ修復を自宅で【革靴編】注意点やポイントと予防対策

革のひび割れの修復は自分でもできるのでしょうか?革靴を丁寧に履いていたつもりなのに、気がつけばひび割...

風邪でも朝ごはんは食べよう!パンでも大丈夫!食べたいレシピ

風邪をひいたみたい・・・。朝ごはんは食べた方がいいの?それとも胃腸に負担がかかるから食べないほうがい...

大安ではなく仏滅に結婚式!離婚率やメリットについて紹介します!

大安に結婚式を挙げたいと思っている人が多いですよね?それは、仏滅に結婚式を挙げると離婚率が高いな...

yシャツの黄ばみを落とす重曹の使い方!頑固な黄ばみの落とし方

きれいに洗濯しているはずなのに、気付くと薄っすらと付いているYシャツの黄ばみ。特に襟周りが気にな...

木綿VS絹ごし、麻婆豆腐に合う豆腐の紹介と美味しくするコツ

麻婆豆腐はふんわりとした豆腐が美味しいですね。この豆腐、木綿と絹ごしあなたはどちらを使っています...

スポンサーリンク

初めて耳たぶにピアスを開けるけど、ニードルでも大丈夫?

耳たぶにピアスを開けたいと調べてみると、ピアッサーとニードルの二通りの開け方が候補に上がります。
他にも画鋲や安全ピンで開けたなどという話を聞いたことのある方もいらっしゃると思いますが、痛いだろうなと不安に思う方がほとんどだと思います。

初めてピアスを開ける方ならニードルよりはピアッサーで開けるのがおすすめです。

ピアッサーで開けるときは一気に貫通させることができるので、痛みが長引いたり斜めに空いてしまったりというリスクを防ぐことができるのです。

せっかくおしゃれをするなら、きれいに開いたピアスホールでおしゃれを楽しみたいですよね。

ピアスホールを作ったあとも、きれいに保ちつづけるためにきちんとした開け方とケアの仕方を勉強しておきましょう!

ニードルを使って耳たぶにピアスを開ける場合のメリットとデメリットとは?

ニードルでもピアスホールを作ることができますがニードルは少し上級者向けです。

ニードルを使うメリット

  • ピアスホールが安定するまでの期間が短い。
  • きれいなホールが完成する。
  • 好きなデザインのファーストピアスを選ぶことができる。
    といった点が挙げられます。 

ニードルを使うデメリット

  • ピアッサーよりも痛みを伴う。
  • 開けることを躊躇してしまうと痛みが長引き時間がかかってしまう。
  • ファーストピアスを買う手間がある。
    という点が困った要素です。

値段もピアッサーと比較するとピンキリですが、500~2,000円程度のものまでと差がある上に種類も多いです。

ピアッサーもニードルも一長一短なので、自分にあったやり方でピアスホールを作るのがよいでしょう。

耳たぶにニードルを使ってピアスを開ける場合の手順をご紹介します

早速ピアッサーを使ってホールを作ろう、というところなのですが、ここは慎重に準備をしていきましょう。

ピアッサーを使う前に気をつけることがあります。
それは耳たぶが穴を開けた影響で腫れてしまうことを考慮して、ファーストピアスを用意することです。

ファーストピアスの長さは自分の耳たぶの厚さと同じか、それ以上のものを選ぶのがおすすめです。
腫れが引くどころか膿んでしまう可能性もあるため、長さにゆとりのあるものを選びましょう。
理想の長さは耳たぶの厚さ+3mmほどのものです。

用意ができたら早速開けていきましょう。

  1. まず開けたい耳たぶの場所に消毒液をつけ、コットンや綿棒などで消毒します。
  2. ペンなどで開けたい位置にマーキングを行います。
  3. 耳に対して垂直になるように、ピアッサーの角度を確認しましょう。
  4. 両手でピアッサーを持ちバチンと音がするまで押し込み切りましょう。
  5. ※ここで恐怖に負けてしまうとピアッサーが最後までお仕込み切れずに、耳たぶの厚さに負けてしまいます。
    きっちり最後まで貫通できないと余計に痛くなりますのでご注意ください。
  6. 貫通していることを確認したら消毒して完成です。

※ピアッサーを取り扱うときはくれぐれも不衛生な場所で使用しませんよう注意してください。感染症などの原因となります。

また、自分で開けるのが不安な場合には、必ず病院で開けるようにしてください。

初めての人はセルフでピアスを開けるよりも病院で開けた方が安全?

セルフでピアスを開けるときはピアッサーを使いますが
病院ではピアスガンという機械を使用してピアスホールを作ります。

セルフで行うとピアッサーと消毒液などの費用が、全体で2,500~3,000円ほどです。

病院だと全て込みで、4,000~10,000円ほどかかります。

セルフで開けることに対するメリット

  • 安く済む
  • 自分の好きな時間にできる

セルフで開けることに対するデメリット

  • 失敗する可能性がある
  • 左右の位置に差が出る可能性がある
    という点などが挙げられます。

ですが病院でピアスホールを作ると、病院によっては高額になることもありますが安全性が高くアフターケアまで行ってもらえます。

そのためはじめてのピアスで心配だという方は病院でピアスを開けてもらってもいいかもしれません。

※ピアスの穴あけは医療行為です。
必ず医師免許を取得している方に開けてもらいましょう。

初めてピアスを開けたら、その後のケアが大切です!

ピアスを開けたら暫くの間は痛いかもしれませんがしっかりと消毒を行いましょう。

消毒は一日一回必ず行ってください。
綿棒などに消毒液をつけてピアスホールを消毒します。
ファーストピアスは取らないまま綿棒で周辺に消毒液をつけて、ファーストピアスを動かしてホール内の消毒を行います。

お風呂などで耳につけたままでもいいので、ピアスの洗浄も行いましょう。

ボディーソープや洗顔フォームなどを泡立てたものを使用し、ファーストピアスを取らないまま、耳たぶの表と裏に泡をのせていきます。
ピアスは動かさないままで、指の腹で優しく周辺を洗いましょう。

水圧の弱いシャワーでしっかりと洗い流し、タオルで水分を拭き取れば完璧です。

開けたばかりのピアスホールが安定するのには少なくても半年、長くて何年もかかります。
あまり動かさないようにして、消毒と洗浄を続けて清潔を保っていきましょう。