産後2週間頃は苦労しなくても体重が減る!産後の体重管理の方法

赤ちゃんを出産後、どのくらい自分の体重が減るのか気になる人もいますよね。産後2週間が経った頃、どのように体重に変化が出るのか知りたい人もいるでしょう。

赤ちゃんを出産して1ヶ月くらいの頃までは、特に苦労をしなくても体重が減って行くようです。でも、その後の体重管理をしっかり行わないと、後々後悔することもあります。

そこで今回は、産後の体重管理について、体重が減る時期と体重が戻らない理由についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

日光の代わりにライトで植物を育成!おすすめライトの選び方

室内で植物を育ててみたいけど、日当たりの良い場所が確保できないという理由で育てるのを諦めている方はい...

髪を染めない女性が急増中!地毛に戻すメリットは以外と大きい

「髪を染めないなんて考えられない!」特に白髪が目立つ女性にとって髪染めは必須ではないでしょうか。...

アメリカのお風呂の入り方と日本のお風呂事情と大きく違う点

アメリカ人のお風呂の入り方は、日本の入り方と全く違います。日本は湯船にゆったりとつかり、時には小...

バレエの発表会に招待された時の服装のポイントと注意点

子供のお友達からバレエの発表会に招待されることがありますが、大人も子供もどんな服装で行けばいいのか迷...

革製品をクリームで再生させよう!100均グッズも使えます

長く革製品を使っているとどうしてもツヤがなくなってきてしまいますが、クリームを使って磨くことで再生さ...

栄養満点バナナの美味しい食べ方と長持保存方法!

バナナって手頃に食べられて美味しいですよね。そのままでも十分に美味しいバナナですが、食べ方によっては...

背中についている贅肉の落とし方を知りたい!

背中って、自分で認識しにくい身体の部位ですよね。意識的に見ようとしても身体をひねらないと、見るこ...

文鳥雛が挿し餌を食べないときの対処法と上手なコツや成長の仕方

文鳥の雛が挿し餌を食べないと飼い主としては心配になってしまいますが、挿し餌を食べないのはどんな理由か...

兄弟の結婚祝い【披露宴なし】相場や地域差・経済事情について

兄弟が結婚する時の結婚祝いは【披露宴なし】でも10万円包むのが相場であり、一般的だと言われています。...

ノートの使い道。今話題の趣味ノートを作ってみよう!

ノートの使い道って人それぞれです。主に、勉強に使うイメージですが、今話題の『趣味ノート』を始めて...

味噌汁に入れる豆腐の基本の切り方。まな板か手のひらで切るか

味噌汁に豆腐を入れるときに、豆腐の切り方や大きさは育った家庭によってバラバラだと思います。お...

158cmの平均体重はどのくらい?女性の標準体重や美容体重

女性に生まれたからには美しくいたいと思うのは誰しもが持つ願いです。それはきっと老若男女変わらない...

ナンバープレートが盗難にあったら保険は使えるのか徹底解説

車上荒らしによってカーナビなどが盗難にあうケースが増えていますが、実はナンバープレートの盗難も多いと...

【猫の出産】出産後の猫は食欲旺盛!栄養価の高い食事が大切!

飼っている猫が妊娠して出産をした時、飼い主さんが気になるのは猫の栄養や食事など、猫の健康面についてで...

ゴーヤの葉っぱがしおれる原因とゴーヤを栽培する時のポイント

ゴーヤを栽培している人の中には、ゴーヤの葉っぱがしおれることに頭を悩ませている人もいますよね。ゴ...

スポンサーリンク

産後2週間以降の体重の減り方は?

産後2週間経過しても、体重全く減らないという人もいるでしょう。だからと言って、焦る必要はありません。2週間以降経過して、1ヶ月経っても体重が減らないという人もいるでしょう。産後1ヶ月くらいまでは、特に苦労しなくても体重が減っていくという話を聞いたにも関わらず、話しと違うと感じている人もいるのではないでしょうか。

産後一ヶ月頃までは産褥期(さんじょくき)という期間です。出産後の母体は、ダメージも多く、妊娠や出産によって変化した体を回復させるための重要な時期でもあります。産褥期の褥という字は、布団という意味であり、産後1ヶ月程度は布団の上でシッカリと休むという意味でもあるようです。ですから産褥期は、安静にしてゆっくりと休むべきです。

体重がなかなか元に戻らないからといって、この時期に激しく体を動かしてはいけません。先ずは、自分の体をいたわり、回復させることが優先です。特別なダイエットに取り組まなくても、赤ちゃんに母乳を与えていれば、自然と体重は減ってきます。安心してください。

直ぐにでも体重を元に戻したいからと、無理に食事制限をしてダイエットしようとすると、母乳にも影響してしまいます。母乳が出なくなってしまったり、授乳することによるカロリーの消費も少なくなってしまいます。

無理な食事制限は避け、適切な量と質の食事をシッカリととることが、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても、健康的と言えるでしょう。シッカリと食べることでストレスを溜めづらくなります。しかし、甘いものや油分の多い食事は避けましょう。どうしても間食したいのであれば、果物がお勧めです。

食事に気をつけることで、自然に体重も減少するでしょう。決して焦らないことです。

産後2週間で体重が減らない!でも無理な運動は禁物です

出産をしたら、赤ちゃんだけでなく羊水や胎盤が体内から出て行くので、産後は一気に体重が元に戻ると思っている人もいるかも知れません。

しかし、一度増えてしまった体重はなかなか落ちないものです。産後2週間経過したところで、やはり体重がなかなか落ちないという人もいるでしょう。だからと言って、無理に運動してはいけません。

出産後、体は直ぐに戻るわけではありません。産後の体は、女性ホルモンのバランスが崩れています。妊娠中の女性は、水分や栄養を蓄えるプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増加しますが、出産が終わると急に激減します。プロゲステロンが分泌されている間は、イライラしたり精神的に不安定になるだけでなく、水分を溜めてむくみやすくなるため便秘になりがちです。ダイエットの効果が出ない時期でもあります。

ですから、プロゲステロンが激減する産後は、直ぐに体重が元に戻るのではと思いがちです。しかし、脂肪を燃焼させるためには、筋肉が必要になります。妊娠中は、激しい運動が出来ず筋肉量が減少することから、脂肪がつきやすくなります。妊娠中に筋肉が落ちることで、産後もしばらくは脂肪が燃えにくい状態になっているのです。

産後、痩せたいのであれば、筋肉量を増やすような運動がお勧めです。だからといって、急激な筋トレも良くはありません。産後は体に負担がかかるため、産褥期の間はゆっくりと過ごし、1ヶ月経過したあたりから、ゆっくりとストレッチから始めていくと良いでしょう。

産後1~2週間頃は苦労しなくても体重が減ってくる時期

産後、4~5キロ程度は直ぐに減ると言われています。これは、赤ちゃんと羊水と胎盤の重さの合計です。妊娠中には水分も蓄えられているため、徐々に排出されて1週間後には5~6キロ減るとも言われています。ですから、1~2週間頃までは苦労しなくても体重が落とせます。

しかし、問題はその後です。その後の体重の減少は努力次第です。
産後1ヶ月から半年位の間で、前の体重よりも痩せることが出来るのか、前よりも太ってしまうのかを決定付けてしまうのです。ダイエットや運動をしなければ、体重は同じままと言えます。

もし、ダイエットしたいのであれば、産後の産褥期が終わる1ヶ月ほど経過した時期からはじめると良いでしょう。1ヶ月検診後、体に異常がないと言われた段階で、ダイエットを開始するのがベストです。産後ダイエットは、半年頃までの間に行うと、効果的といわれています。半年以降は、脂肪は落としにくい脂肪に変わってしまいます。1ヶ月から半年の間が、ダイエットできるか出来ないかの勝負なのです。

産後1週間で体重が減り始める!

産後は、いつから体重が減り始めるのでしょうか。体重そのものが減り始めるのは、産後1~2週間経過した頃です。

出産直後に減った体重は、赤ちゃんや羊水、胎盤です。これは、赤ちゃんとそれを守っていた部分に過ぎません。1週間後から、お母さんの母乳の分泌量は増えます。赤ちゃんに合わせて、授乳やオムツ替え、寝かしつけの度に、お母さんは何度も起きなければなりません。

母乳を与えていることで体重が減ったり、寝不足による体重減少も考えられます。しかし病院では栄養を考え、量のある食事が提供されたり、過食気味な食事をしている人もいるでしょう。そのような場合は、体重がなかなか落ちることはないでしょう。ですから、1~2週間経過しても体重が変わらないからといって、慌てることはありません。

産後の体重減少は2ヶ月~6ヶ月頃が分かれ道!

産後の体重は2ヶ月~6ヶ月頃が分かれ道だそうです。ここで産前より痩せることが出来るのか、太ってしまうのかが決まります。この期間に努力した人だけが痩せることが出来るのです。この期間はダイエットするのがぴったりな期間なのです。

出産時に増えた体重の一部は、赤ちゃん、羊水、胎盤です。増えた残りの体重は、水分や尿や汗として数週間で排出され、母乳を数ヶ月与えれば、通常は元に戻るという計算になります。

しかし、なかなか元に戻らないという人もいるでしょう。このような人は、産後に太るような生活をしていたり、妊娠中に適正以上に体重が増えてしまっていたかのどちらかです。

太った原因は、摂取エネルギーのほうが消費エネルギーより多いことが要因なのです。

産後に赤ちゃんのお世話をしているから、母乳を与えているからと言って、必要以上に食べたり、全く動かない生活をしていては、今後も益々体重は増加してしまいます。
ダイエットするのであれば、2ヶ月から6ヶ月の今しかありません。まだ間に合いそうなそこのあなた、早速、ダイエットに取り組みましょう。