産後2週間頃は苦労しなくても体重が減る!産後の体重管理の方法

赤ちゃんを出産後、どのくらい自分の体重が減るのか気になる人もいますよね。産後2週間が経った頃、どのように体重に変化が出るのか知りたい人もいるでしょう。

赤ちゃんを出産して1ヶ月くらいの頃までは、特に苦労をしなくても体重が減って行くようです。でも、その後の体重管理をしっかり行わないと、後々後悔することもあります。

そこで今回は、産後の体重管理について、体重が減る時期と体重が戻らない理由についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サボテン短毛丸の育て方のコツや水やりのポイントをご紹介

サボテンの中でも丈夫で比較的育て方が簡単な短毛丸ですが、根腐れせずに綺麗に花を咲かせるためにはコツが...

単位を取れない夢をよく見る!そんな夢をみるのには意味がある

単位を取れない夢。起きた後も後味が悪いです。私は卒業をしてから何年もたつのに未だに、そんな夢を見るこ...

インディアンの言葉。子育て中のあなたに送る魔法の言葉

インディアンの子育て4訓を知っていますか?インディアンに語り継がれる言葉を、子育て中のあなた...

栄養満点バナナの美味しい食べ方と長持保存方法!

バナナって手頃に食べられて美味しいですよね。そのままでも十分に美味しいバナナですが、食べ方によっては...

隣人との騒音トラブル。一戸建てでも注意が必要

隣人との騒音トラブルといえば集合住宅の場合が多いものですが、一戸建てであってもたびたび起こってしまい...

家庭菜園で育てたピーマンが赤いワケを教えます!

家庭菜園でピーマンを栽培している方も多いでしょう。ピーマンは家庭でも栽培しやすく、プランター...

騒音問題を管理会社へ伝えた後の手紙の効果と問題解決に向けて

マンションで多い騒音の悩み。問題を解決してほしいと管理会社に連絡を入れた場合、騒音被害を訴えるやり方...

電車に乗る時の子供の暇つぶし方法!ゲームやおすすめグッズ紹介

小さな子供を連れて電車に乗る時、長い時間電車を利用することで、子供が飽きてしまうことがあります。...

身体が柔らかくなりたいならストレッチ!そのポイントとは

身体が柔らかくなりたいならストレッチがおすすめ。お金もかかりませんし、毎日コツコツ続けることで身...

色占いでピンクを選んだ女性の心理と色の持つ効果

色占いには、深層心理が隠れていると言われます。ピンクを選んだ女性はどのような心理なのでしょうか。...

大学の入学祝いの相場の金額や渡すマナーとおすすめプレゼント

大学の入学祝いの相場について、どのくらいの金額を包むべきか悩む人も多いでしょう。例えば、甥っ子や...

猫がキャットタワーに登らないのはなぜ?登らない理由と対処法

飼っている猫のためにキャットタワーを購入してみたけど、全く猫が登らない。こんなお悩みを抱えている飼い...

子供が遅刻する場合の連絡方法?学校によっても違いアリ

学校を遅刻する場合、学校への連絡はどうするのが正しいのでしょうか。小学校であれば、あらかじめ予定され...

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

交通違反は現行犯が基本だが携帯電話の場合はどうなるのか

交通違反といえば現行犯逮捕が基本になりますが、運転中の携帯電話についてはどうなるのでしょうか。...

スポンサーリンク

産後2週間以降の体重の減り方は?

産後2週間経過しても、体重全く減らないという人もいるでしょう。だからと言って、焦る必要はありません。2週間以降経過して、1ヶ月経っても体重が減らないという人もいるでしょう。産後1ヶ月くらいまでは、特に苦労しなくても体重が減っていくという話を聞いたにも関わらず、話しと違うと感じている人もいるのではないでしょうか。

産後一ヶ月頃までは産褥期(さんじょくき)という期間です。出産後の母体は、ダメージも多く、妊娠や出産によって変化した体を回復させるための重要な時期でもあります。産褥期の褥という字は、布団という意味であり、産後1ヶ月程度は布団の上でシッカリと休むという意味でもあるようです。ですから産褥期は、安静にしてゆっくりと休むべきです。

体重がなかなか元に戻らないからといって、この時期に激しく体を動かしてはいけません。先ずは、自分の体をいたわり、回復させることが優先です。特別なダイエットに取り組まなくても、赤ちゃんに母乳を与えていれば、自然と体重は減ってきます。安心してください。

直ぐにでも体重を元に戻したいからと、無理に食事制限をしてダイエットしようとすると、母乳にも影響してしまいます。母乳が出なくなってしまったり、授乳することによるカロリーの消費も少なくなってしまいます。

無理な食事制限は避け、適切な量と質の食事をシッカリととることが、赤ちゃんにとってもお母さんにとっても、健康的と言えるでしょう。シッカリと食べることでストレスを溜めづらくなります。しかし、甘いものや油分の多い食事は避けましょう。どうしても間食したいのであれば、果物がお勧めです。

食事に気をつけることで、自然に体重も減少するでしょう。決して焦らないことです。

産後2週間で体重が減らない!でも無理な運動は禁物です

出産をしたら、赤ちゃんだけでなく羊水や胎盤が体内から出て行くので、産後は一気に体重が元に戻ると思っている人もいるかも知れません。

しかし、一度増えてしまった体重はなかなか落ちないものです。産後2週間経過したところで、やはり体重がなかなか落ちないという人もいるでしょう。だからと言って、無理に運動してはいけません。

出産後、体は直ぐに戻るわけではありません。産後の体は、女性ホルモンのバランスが崩れています。妊娠中の女性は、水分や栄養を蓄えるプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増加しますが、出産が終わると急に激減します。プロゲステロンが分泌されている間は、イライラしたり精神的に不安定になるだけでなく、水分を溜めてむくみやすくなるため便秘になりがちです。ダイエットの効果が出ない時期でもあります。

ですから、プロゲステロンが激減する産後は、直ぐに体重が元に戻るのではと思いがちです。しかし、脂肪を燃焼させるためには、筋肉が必要になります。妊娠中は、激しい運動が出来ず筋肉量が減少することから、脂肪がつきやすくなります。妊娠中に筋肉が落ちることで、産後もしばらくは脂肪が燃えにくい状態になっているのです。

産後、痩せたいのであれば、筋肉量を増やすような運動がお勧めです。だからといって、急激な筋トレも良くはありません。産後は体に負担がかかるため、産褥期の間はゆっくりと過ごし、1ヶ月経過したあたりから、ゆっくりとストレッチから始めていくと良いでしょう。

産後1~2週間頃は苦労しなくても体重が減ってくる時期

産後、4~5キロ程度は直ぐに減ると言われています。これは、赤ちゃんと羊水と胎盤の重さの合計です。妊娠中には水分も蓄えられているため、徐々に排出されて1週間後には5~6キロ減るとも言われています。ですから、1~2週間頃までは苦労しなくても体重が落とせます。

しかし、問題はその後です。その後の体重の減少は努力次第です。
産後1ヶ月から半年位の間で、前の体重よりも痩せることが出来るのか、前よりも太ってしまうのかを決定付けてしまうのです。ダイエットや運動をしなければ、体重は同じままと言えます。

もし、ダイエットしたいのであれば、産後の産褥期が終わる1ヶ月ほど経過した時期からはじめると良いでしょう。1ヶ月検診後、体に異常がないと言われた段階で、ダイエットを開始するのがベストです。産後ダイエットは、半年頃までの間に行うと、効果的といわれています。半年以降は、脂肪は落としにくい脂肪に変わってしまいます。1ヶ月から半年の間が、ダイエットできるか出来ないかの勝負なのです。

産後1週間で体重が減り始める!

産後は、いつから体重が減り始めるのでしょうか。体重そのものが減り始めるのは、産後1~2週間経過した頃です。

出産直後に減った体重は、赤ちゃんや羊水、胎盤です。これは、赤ちゃんとそれを守っていた部分に過ぎません。1週間後から、お母さんの母乳の分泌量は増えます。赤ちゃんに合わせて、授乳やオムツ替え、寝かしつけの度に、お母さんは何度も起きなければなりません。

母乳を与えていることで体重が減ったり、寝不足による体重減少も考えられます。しかし病院では栄養を考え、量のある食事が提供されたり、過食気味な食事をしている人もいるでしょう。そのような場合は、体重がなかなか落ちることはないでしょう。ですから、1~2週間経過しても体重が変わらないからといって、慌てることはありません。

産後の体重減少は2ヶ月~6ヶ月頃が分かれ道!

産後の体重は2ヶ月~6ヶ月頃が分かれ道だそうです。ここで産前より痩せることが出来るのか、太ってしまうのかが決まります。この期間に努力した人だけが痩せることが出来るのです。この期間はダイエットするのがぴったりな期間なのです。

出産時に増えた体重の一部は、赤ちゃん、羊水、胎盤です。増えた残りの体重は、水分や尿や汗として数週間で排出され、母乳を数ヶ月与えれば、通常は元に戻るという計算になります。

しかし、なかなか元に戻らないという人もいるでしょう。このような人は、産後に太るような生活をしていたり、妊娠中に適正以上に体重が増えてしまっていたかのどちらかです。

太った原因は、摂取エネルギーのほうが消費エネルギーより多いことが要因なのです。

産後に赤ちゃんのお世話をしているから、母乳を与えているからと言って、必要以上に食べたり、全く動かない生活をしていては、今後も益々体重は増加してしまいます。
ダイエットするのであれば、2ヶ月から6ヶ月の今しかありません。まだ間に合いそうなそこのあなた、早速、ダイエットに取り組みましょう。