肩が上がる癖をどうにかしたい!リラックス方法と緊張のとき方

肩が上がる癖を治したい!

力の入れ方を知っていても、力の抜き方を知らない人がほとんどです。

気持はリラックスしていても、身体に力が入っていると意味がありません。

あなたは、きちんと身体の力を抜くことができますか?

肩が上がってしまうなら、まずは肩甲骨周りをリラックスさせましょう!

意識するだけで、自分の癖は治すことができるんですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性のパンツスーツはベルトなしでもいいの?着こなし方のコツ

女性のパンツスーツは「デキる女風」でとてもかっこいいため、就活の際に着用する方も増えていますが、ベル...

うさぎが怒るとする『足ダン』について。うさぎの気持を知ろう

うさぎが怒ると見せる姿の一つに『足ダン』がありますよね?足ダン(スタンピング)には大きく2つ...

女性が限定に弱い心理とは…。理由と限定に弱いタイプ人の特徴

店頭に並ぶ『限定品』やカフェの『期間限定商品』などには、つい目が行ってしまいますよね。特に女性は限定...

前髪の産毛が邪魔なら切るべき?産毛を手入れするコツと注意点

前髪を上げた時に産毛が気になりませんか?産毛の濃さは人によって違いますが、どうしても邪魔で切りた...

雷が近い時は家が一番安全とは限らない?落雷からの避難方法

雷が家から近いととても怖いものですが、家にいれば安全だと思っていませんか?野外よりも確かに安全か...

車のブレーキが効かない夢の基本的な意味と夢の内容別の意味

車を運転しているときにブレーキが効かない夢を見たら、夢の中であっても恐怖心や焦りを感じてしまうもので...

記憶を消したい。残念ながら記憶を消す方法はありません

記憶を消したい。過去の記憶。苦しい思い出。思い出したくない場面。心が重くなるよう...

役立つ本の収納術、大量にある本の収納のコツや便利なアイテム

本やマンガが好きな人にとって大変なのは、本の収納をどうするかです。数冊や数十冊くらいでしたらさほ...

日光の代わりにライトで植物を育成!おすすめライトの選び方

室内で植物を育ててみたいけど、日当たりの良い場所が確保できないという理由で育てるのを諦めている方はい...

チンチラのケージに必要な大きさとケージ選びのポイント

チンチラを飼う場合には色々な飼育道具が必要になりますが、中でも重点を置きたいのがケージです。チン...

猫がネズミを捕食するのは狩猟本能から!外に出さないことが一番

猫はネズミを捕食して暮らしてきました。そこには狩猟本能以外にも理由があるのですが、飼い主としては...

体を柔らかくする方法!正しい前屈でキレイな姿勢をGETしよう

体が固くて前屈することができない人もいますよね!体を柔らかくする方法が知りたいという人もいるかもしれ...

ナンバープレートが盗難にあったら保険は使えるのか徹底解説

車上荒らしによってカーナビなどが盗難にあうケースが増えていますが、実はナンバープレートの盗難も多いと...

独身者が多い会社にはこんな理由が!?日本のリアル結婚事情

会社によって独身者が多い会社、逆に既婚者が多い会社というのはあるのでしょうか?調べてみると、やは...

色占いでピンクを選んだ女性の心理と色の持つ効果

色占いには、深層心理が隠れていると言われます。ピンクを選んだ女性はどのような心理なのでしょうか。...

スポンサーリンク

肩が上がる癖を治したい!肩が上がる原因とは?

人の自然な呼吸方式としての腹式呼吸ですが、その呼吸法がストレスや怒り、緊張、姿勢の悪さ、その人の癖により腹式呼吸に使う筋肉が上手く機能を果たせなくなり、いわゆる「肩呼吸」という肩を大きく動かし呼吸が浅く大きくなてってしまうのです。
そのため、呼吸の荒さも強調されます。
その肩呼吸が癖になってしまうと、肩に常に力が入り肩が上がる癖となってしまいす。

座禅や武道では「肩を落として力を抜いて呼吸を整える」などという指導がよくあります。
きっと知らず知らずのうちに緊張や不安などがあるのでしょう。

自分を振り返り、心当たりがあるのであれば、呼吸法、姿勢など見直したり、ストレスを抱えてるのであればストレス解消をしてみてはいかがでしょうか。

何か癖にすることは簡単かもしれませんが、1度癖になった事を正すのは容易ではありません。
毎日意識をして肩を上げる癖を直していきましょう。

肩が上がる癖を治したいなら?肩が上がる原因を知ろう!

肩が上がってしまう原因とは?改善方法をご紹介します

  • 緊張感
    なにかがあって緊張している状態である場合もありますし。姿勢の悪さが首や肩周りの筋肉をそうさせてしまい緊張状態になっている場合もあります。
    知らず知らずのうちの姿勢の悪さが体の筋肉をこわばらせ肩が上がってしまっています。仕事上、主にパソコンばかりしている人は首の位置が肩より前にでてしまっている、下ばかり向いていること姿勢を少し正す事で解消できます。
    良い姿勢をキープする事は日々の意識が必要となります。
  • 呼吸の仕方
    水泳選手のインタビューなどでよく見かけますが、競技が終わり一息つく間もなく選手はインタビューがあります。
    その時の選手は疲れも残り胸や肩から呼吸をしていませんか。
    肋骨が横に開くように胸や肩で大きく息し、しだいにおさまっていきますよね。
    運動もしていないのに、この胸式呼吸、肩呼吸が癖になっている人は呼吸法を見直す必要があります。

肩が上がる癖を治したいなら身体の力を抜く練習をしよう!

肩が上がってしまうのは心理的なことが原因でもありますが、癖になってしまっている場合も考えられます。

肩の力を抜こうと意識すると、抜くことができますが、意識するあまり逆効果になってしまうことがあります。

意識を肩からそらし、自分の好きな趣味などに違うことに集中すると肩の力を抜くことができるとおもいます。

また肩に力が入っている事で体の重心は上へとあがり良い状態とはいえません。
その対処法として、足の裏を意識する事もとても効果的です。
姿勢を正して立ち両足均等に体重をかけて立ちます。
前を向いたまま足の指を5本べったり地につけると体の重心は下に下がります。
最後に肩の力が抜けてているのを確認し抜けているのであれば体の重心は上手に下に下がっている状態です。

通勤ラッシュで電車やバスで立つ事が多いと思いますが、毎日意識して練習してみましょうね。
慣れてくると自然と肩の力を下げることができますよ。

あなたの肩はなで肩?それともいかり肩?

肩の形は人それぞれ違います。
大きく分けて、なで肩といかり肩がありますがその違いでも印象が変わってきます。

  • いかり肩の特徴
    僧帽筋の上部線維と肩甲挙筋が短く筋肉が硬まる傾向にあります。
    これらの筋肉をほぐす、もしくは下部繊維の筋肉を鍛えれば、肩の上がりが少しでも解消につながります。
    いかり肩の人は肩が凝ったと感じやすくマッサージを受ければ即効性があります。
  • なで肩の特徴
    腕を支える僧帽筋の上部繊維が低下し、腕を支える筋肉が弱まってしまう傾向にあります。腕を支えようと常に肩に力が入ってしまうため、肩が上がってしまいます。
    少しでも肩の筋肉をつけることをオススメします。
    なで方の人はいかり肩の人のように肩が凝ったときに、マッサージを受けるのは僧帽筋の力がなく伸びきった状態ですので、マッサージは逆効果です。

肩が上がってしまうのは、緊張しているから?

肩が上がってしまう癖を心理学で説明します。

肩が上がってすくめてしまう人を見ることがよくあります。
そのしぐさにこめられている人間の心理は自信のなさ、恐怖や不安、緊張などが理由に挙げられます。
肩をすくめて身を小さくすることがそれらの表れとしてでます。
気温的に寒くなってきた時に同じ行動をしますよね。
それは意識的に筋肉の力を入れ体を小さくし、熱のエネルギーを蓄えようとする人間の本能です。

この2つの理由が同じしぐさをする、その関係性がまだはっきりとは明らかにされてはおりませんが、肩を上げてすくめている人を見て気温的に寒くないのであれば、その人が悩みを抱えている、もしくは何かに失敗やミスを犯したとき、不安ごとがある時と考え、暖かい言葉をかけてあげると相手もその気持ちが少しでも和らぐかもしれませんね。