肩が上がる癖をどうにかしたい!リラックス方法と緊張のとき方

肩が上がる癖を治したい!

力の入れ方を知っていても、力の抜き方を知らない人がほとんどです。

気持はリラックスしていても、身体に力が入っていると意味がありません。

あなたは、きちんと身体の力を抜くことができますか?

肩が上がってしまうなら、まずは肩甲骨周りをリラックスさせましょう!

意識するだけで、自分の癖は治すことができるんですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

既読スルー!友達から既読無視される。友達の心理と思いつくこと

既読スルー。ちょっと凹むけど、LINEは気軽なツールです。あまり気にしないほうがいいと思いま...

【卒業旅行】大学生最後に卒業旅行に行かないと後悔することも!

大学を卒業した時、気の合う友達や恋人と卒業旅行に行くという人もいますよね。ですが、誰もがみんな卒業旅...

不良品の交換はレシートなしでも対応可能なのか対処法を紹介

不良品の交換はレシートなしでもできるのか気になりますよね。まさか不具合があるなんて思ってもいないのだ...

夢と潜在意識の関係は?潜在意識は夢でメッセージを伝えてくれる

夢と潜在意識には関係があるという話を聞くこともありますが、実際にそんなことは起こり得ることなのでしょ...

オリーブオイル賞味期限切れ活用法!捨てずにエコな使い道

オリーブオイルはどこのご家庭にもあり、パスタやサラダなどの調理に使うことが多いですよね。最近は健...

よさこいの歴史と魅力!高知や北海道など各地のよさこいについて

高知ではよさこい祭りが、北海道ではYOSAKOIソーラン祭りが開催されていることは日本全国でも知られ...

猫の居場所は?雨の日に野良猫がいる場所とエサや過ごし方を解説

しとしとと雨が降っている雨の日、野良猫たちが一体どこで過ごしているのか気になる人もいますよね。家の中...

窓の断熱シートが綺麗に取れない時の剥がし方とポイント

冷気対策で窓に貼った断熱シート、その剥がし方で困ってしまう方は多いようです。断熱シートはオー...

猫の長毛種!毛玉のとり方と予防のブラッシング方法をご紹介

猫を飼っている方は毛玉が出来ないように、日々ブラッシングをしていらっしゃると思います。特に長毛種は毛...

お昼のコンビニに飽きたからお弁当生活に!時短弁当のコツ

働く女子の皆さんは、お昼はどのようなものを食べていますか?近くの飲食店で外食、コンビニのお弁...

証明写真を撮る時は前髪は眉毛にかからないようにしよう!

就活で証明写真を撮ることがありますが、前髪は面接官への印象を与えるとても重要なポイントとなるので注意...

長ネギのみじん切りの方法はこれで一発!細かいみじん切りの方法

長ネギは料理に欠かせない野菜の一つで、色んなメニューの名脇役として登場しますね。薬味としても人気...

彼氏や夫の携帯・パソコンの履歴をチェックした先に待ってるもの

彼氏の携帯。履歴をチェックしたいと思う時は、どんな時?彼氏の携帯をチェックしたら、履歴が...

卵のカラザの簡単な取り方、カラザの役割や栄養について

卵を割ると黄身の横に白いカラザがありますが、その取り方に苦戦する方も多いのではないでしょうか。...

大安ではなく仏滅に結婚式!離婚率やメリットについて紹介します!

大安に結婚式を挙げたいと思っている人が多いですよね?それは、仏滅に結婚式を挙げると離婚率が高いな...

スポンサーリンク

肩が上がる癖を治したい!肩が上がる原因とは?

人の自然な呼吸方式としての腹式呼吸ですが、その呼吸法がストレスや怒り、緊張、姿勢の悪さ、その人の癖により腹式呼吸に使う筋肉が上手く機能を果たせなくなり、いわゆる「肩呼吸」という肩を大きく動かし呼吸が浅く大きくなてってしまうのです。
そのため、呼吸の荒さも強調されます。
その肩呼吸が癖になってしまうと、肩に常に力が入り肩が上がる癖となってしまいす。

座禅や武道では「肩を落として力を抜いて呼吸を整える」などという指導がよくあります。
きっと知らず知らずのうちに緊張や不安などがあるのでしょう。

自分を振り返り、心当たりがあるのであれば、呼吸法、姿勢など見直したり、ストレスを抱えてるのであればストレス解消をしてみてはいかがでしょうか。

何か癖にすることは簡単かもしれませんが、1度癖になった事を正すのは容易ではありません。
毎日意識をして肩を上げる癖を直していきましょう。

肩が上がる癖を治したいなら?肩が上がる原因を知ろう!

肩が上がってしまう原因とは?改善方法をご紹介します

  • 緊張感
    なにかがあって緊張している状態である場合もありますし。姿勢の悪さが首や肩周りの筋肉をそうさせてしまい緊張状態になっている場合もあります。
    知らず知らずのうちの姿勢の悪さが体の筋肉をこわばらせ肩が上がってしまっています。仕事上、主にパソコンばかりしている人は首の位置が肩より前にでてしまっている、下ばかり向いていること姿勢を少し正す事で解消できます。
    良い姿勢をキープする事は日々の意識が必要となります。
  • 呼吸の仕方
    水泳選手のインタビューなどでよく見かけますが、競技が終わり一息つく間もなく選手はインタビューがあります。
    その時の選手は疲れも残り胸や肩から呼吸をしていませんか。
    肋骨が横に開くように胸や肩で大きく息し、しだいにおさまっていきますよね。
    運動もしていないのに、この胸式呼吸、肩呼吸が癖になっている人は呼吸法を見直す必要があります。

肩が上がる癖を治したいなら身体の力を抜く練習をしよう!

肩が上がってしまうのは心理的なことが原因でもありますが、癖になってしまっている場合も考えられます。

肩の力を抜こうと意識すると、抜くことができますが、意識するあまり逆効果になってしまうことがあります。

意識を肩からそらし、自分の好きな趣味などに違うことに集中すると肩の力を抜くことができるとおもいます。

また肩に力が入っている事で体の重心は上へとあがり良い状態とはいえません。
その対処法として、足の裏を意識する事もとても効果的です。
姿勢を正して立ち両足均等に体重をかけて立ちます。
前を向いたまま足の指を5本べったり地につけると体の重心は下に下がります。
最後に肩の力が抜けてているのを確認し抜けているのであれば体の重心は上手に下に下がっている状態です。

通勤ラッシュで電車やバスで立つ事が多いと思いますが、毎日意識して練習してみましょうね。
慣れてくると自然と肩の力を下げることができますよ。

あなたの肩はなで肩?それともいかり肩?

肩の形は人それぞれ違います。
大きく分けて、なで肩といかり肩がありますがその違いでも印象が変わってきます。

  • いかり肩の特徴
    僧帽筋の上部線維と肩甲挙筋が短く筋肉が硬まる傾向にあります。
    これらの筋肉をほぐす、もしくは下部繊維の筋肉を鍛えれば、肩の上がりが少しでも解消につながります。
    いかり肩の人は肩が凝ったと感じやすくマッサージを受ければ即効性があります。
  • なで肩の特徴
    腕を支える僧帽筋の上部繊維が低下し、腕を支える筋肉が弱まってしまう傾向にあります。腕を支えようと常に肩に力が入ってしまうため、肩が上がってしまいます。
    少しでも肩の筋肉をつけることをオススメします。
    なで方の人はいかり肩の人のように肩が凝ったときに、マッサージを受けるのは僧帽筋の力がなく伸びきった状態ですので、マッサージは逆効果です。

肩が上がってしまうのは、緊張しているから?

肩が上がってしまう癖を心理学で説明します。

肩が上がってすくめてしまう人を見ることがよくあります。
そのしぐさにこめられている人間の心理は自信のなさ、恐怖や不安、緊張などが理由に挙げられます。
肩をすくめて身を小さくすることがそれらの表れとしてでます。
気温的に寒くなってきた時に同じ行動をしますよね。
それは意識的に筋肉の力を入れ体を小さくし、熱のエネルギーを蓄えようとする人間の本能です。

この2つの理由が同じしぐさをする、その関係性がまだはっきりとは明らかにされてはおりませんが、肩を上げてすくめている人を見て気温的に寒くないのであれば、その人が悩みを抱えている、もしくは何かに失敗やミスを犯したとき、不安ごとがある時と考え、暖かい言葉をかけてあげると相手もその気持ちが少しでも和らぐかもしれませんね。