韓国人の食べ方で気になる音、クチャクチャ食べる理由があった

韓国人はクチャクチャと音を立てる食べ方が多いといいます。

日本人がクチャクチャと音を立てて食べるのはマナー違反だと言われていますが、なぜ韓国人は音を立てて食べるのでしょうか。そこに理由はあるのでしょうか。

調べれば調べるほど、日本とは違う韓国の食文化が色々見えてきました。理由を知れば納得するかも?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゆで卵をレンジで温め直しすると危険な理由と爆発させないコツ

ゆで卵を電子レンジで温め直しすると爆発すると聞いたことはありませんか? これを防ぐためには、ゆ...

化学か物理かどっちを選択するかで迷った時の考え方

理系生徒が授業選択や受験科目を選択する時に悩むのが、化学か物理のどっちにするかです。 私立の理...

コンサートのうちわが目立つ色とは?背景と文字とのバランス

アイドルのコンサート=うちわというくらい、目立つ色でメッセージを書いた自作のうちわは定番グッツとなっ...

高校の作文の書き方のコツと高得点を取るためのポイント

高校入試の作文の書き方にはポイントがあるのでしょうか? 作文の苦手だと言う人は、作文を書くとき...

院試の面接で落ちた場合の選択肢と秋就活を成功させる方法

院試の面接で落ちた場合、この先どうすればいいのかと落ち込んでしまうのではないでしょうか。 院試...

旦那がケチ過ぎてムカつく!離婚する前にちょっと考えてみて!

旦那がケチで、ケチすぎて離婚したい! でも、ちょっと待って! 浪費家の旦那より、ケチな旦那の...

雨の日の休日は家族で何をして過ごす?雨の日を楽しく過ごす方法

せっかくの休日なのに雨!家族でお出かけの予定を立てていたのに、雨が降ってその予定がキャンセルになって...

猫に睡眠を邪魔される!カワイイけど寝たい!そんなあなたへ

猫に睡眠を邪魔されて、いつもいつも寝不足状態…。 かまって欲しくて起こしに来る姿はとってもカワ...

塾の体験授業が緊張するときの対処法と申し込む前の注意点とは

塾の体験授業が緊張するという生徒は多いです。しかし、自分に合った塾を選ぶためには、やはり授業を体験し...

【音楽】ピアノの経験を活かせるさまざまな仕事

子供の頃からピアノを習っていて、将来はピアノの経験を活かした仕事をしたいと考える方も多いと思います。...

LINEの未読無視を友達にされたときの対処法とスルーする方法

LINEの未読無視を友達にされたら、どうして未読のままなのか気になってしまいますよね。 では、...

夏休みの宿題は最終日までにやるコツと効率的に終わらせる方法

夏休みの宿題は最終日までに計画的に終わらせておくのが理想です。 しかし、どうしてもギリギリにな...

部活の引退が遅いと受験勉強に響く?成功するタイプとは

部活の引退が遅いのは、本人よりも親が心配になってしまいますよね。しかし、部活を最後まで精一杯させてあ...

【猫の出産】出産後の猫は食欲旺盛!栄養価の高い食事が大切!

飼っている猫が妊娠して出産をした時、飼い主さんが気になるのは猫の栄養や食事など、猫の健康面についてで...

原付に乗ることが怖いと感じる人のための練習方法を教えます

原付の免許は持っているものの、実際に乗ってみると怖いと感じてしまう人が多いと言います。普段車に乗り慣...

スポンサーリンク

韓国人の食べ方。クチャクチャと音を立てるのはなぜ?

日本人でもクチャクチャと音を食べる人がいますが、それはその人の癖であって、日本の礼儀が良いとするマナーには欠けてしまいますね。

しかし韓国人はとにかく口を開けてクチャクチャと音を立てて食べる人が多く、それに違和感を持つ日本人はたくさんいます。
それは、その人の癖ではなく韓国文化の1つのようです。

韓国では音を立てて食べる食べ方は「ご飯が美味しい」「ご飯を味わっている」という意味がこめられています。

日本人にとっては耳障りな音と言っても過言ではないことが韓国ではごく当たり前の事だということがわかります。

日本人がラーメンや蕎麦をすする音は逆に海外では食事中のマナー違反ですので、国によって文化の違いが様々ですね。

クチャクチャと音を立てる食べ方が一般的な韓国人の食事事情

他にも食に関する韓国の文化はあるんですよ。

日本人はご飯のお茶碗やお味噌汁のお椀は持って食べるように子供の時からしつけされますね。
置いたまま食べるのは「犬食い」といって、犬が餌を食べ得る姿に例えられます。
しかし韓国ではお茶碗を持ち上げることはしません。
いわゆる「犬食い」をします。
韓国の料理はご飯に汁物をかけて食べる事が多く、主食になる物はスプーンを使って食べる事が多いことが理由の1つでもあります。

また、人のお家にお呼ばれした時に大量の料理でおもてなしをされます。
しかし、何もわからない日本人だったら出されたものは残さず食べる事が日本ならではの礼儀でありますので無理にでも全て食べようとしますが、足りないのかとおかわりを出されることがありますので注意してください。
これを把握しておかないと「食い意地が張ってる」とみなされることがありますよ。
それでなくても、どう見ても1人では食べきれない量でもてなすのが韓国のおもてなしです。
韓国では少し残して食事を終える事が食事のマナーなのです。

日本とは逆のマナーがいくつかありますので、混乱してしまうでしょうが、韓国に行った際は気をつけてくださいね。

韓国人の音を立てる食べ方が気になる!どうすれば理解できる?

日本人にとっては音を立てて食べる韓国人の食べ方に違和感を持つ人が多いです。
しかし文化の違いを認識する必要がありますよね。
日本にも韓国人が違和感を持つマナーはたくさんありますのでお互い様です。
国によって様々な文化があることを理解しないと異文化交流は成り立ちません。
無駄にイライラをすることは不必要なエネルギーを使うことになりますので、視野を広く、大きく器を持つことを心がけましょう。

身近に韓国人がいて、どうしても食べ方が気になるという方は、この際お友達になってみるのもいいのではないでしょうか。
異文化経験がない人は特に異文化交流を体験してみてください。
人が持つ偏見や固定概念はそれを覆す何かがないと変えることができません。
韓国人と友達になり相手が良い人だと分かれば、無駄にイライラとすることもないでしょう。

相手の文化を知ると相手がしている言動に納得できることも多いですよ。

食べ方だけじゃない!日本人が驚く韓国人の食事文化とは

  • 酒豪が多い
    韓国人はとにかくお酒が強いです。
    男性はもちろん女性もお酒が強い人が多く、韓国焼酎のソジュにビールを入れて飲むことが主流で若いうちから鍛えられているそうです。
    そしてやっぱり辛いものにはお酒が合うんでしょうね。
  • 居酒屋のお通し
    日本では居酒屋に行くとお通しが必ずついてきますが、少量にも関わらず料金も加算されます。
    しかし、韓国ではメインのお料理を頼めば、他の一品料理を頼まなくて良いほどのサイドメニューがついてきて、しかも無料です。
    それが日本のお通しみたいなものです。日本には絶対にないサービスですね。
  • シェア
    日本人でもシェアすることは多いですが、1人前はきっちり1人前の量で出てきます。ですが、韓国では1人前は2人分の量と認識されていることが多くとにかくどこでもシェアすることが多くなります。
    そのため、1人で外食する人は日本人のように多くはないそうです。

韓国人と日本人とではどのくらい食べ方に違いがあるのか

  • 親戚や会社の集まりなど大人数の時は必ず年長者を中心にして料理を食べる
  • 年配者、一番偉い人が先に食事に箸をつけ、それから他の人達が食事を始める
  • お茶碗を持たない
  • 音を立てて食べる
  • 料理は最後の少し残す
  • 新聞など読みながら食べている人が少ない
    (日本ではお父さんは新聞を読みながら食べるイメージがありますよね)
  • 日本では箸は横に並べますが韓国では縦に並べる

ざっと違いを並べるとこのくらいですが、ご飯を置く位置など細かいルールはたくさんあります。
しかし時代と共に、昔からの伝統を取り入れる人も減ってきていて簡易的な方法を取り入れられていることが多くなってきています。

いずれにせよ韓国に住む日本人、日本に住む韓国人、きっと彼らはお互いの国の文化を理解しながら、住んでいるんですね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691