ダンスのキャップが落ちないようにする方法を紹介します

ダンスのキャップを落ちないようにする方法はあるのでしょうか?激しいダンスでもキャップが落ちないようにするにはどうしたらいいの?

いくつか方法がありますが、あのテープを使った方法はかなり落ちないようにできるのではないでしょうか?しかも、見た目もGOODです。

大人はもちろん、子どもの頭に合わせるときにも役立つ情報を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

外国人に日本語をマスターさせる教え方のコツ!

外国人にとって日本語はかなり難しいといいます。世界的に見ても複雑な言語で、日本語をマスターするにはか...

柿の木にいる毛虫の駆除方法とは?種類に合わせて退治しよう

庭にある柿の木に最近毛虫がついている…。そんな場合、どうやって駆除すればいいのか悩みますよね。...

親への挨拶…。結婚前提の彼女の両親に挨拶する時のマナーとは

彼女の親へ挨拶・・・。結婚前提で付き合っている彼女の両親に挨拶に行く時は緊張するでしょう。その場...

靴を履いて歩くと痛い!足の甲が痛くならない靴の選び方

靴を履いて歩くと痛いのって、最悪ですよね。その反対で、自分の足にピッタリと合う靴を履くとどんなに...

保育園って祝日はお休み?仕事がある場合の対処法について

保育園を利用している共働き夫婦にとって、保育園がお休みの時に万が一仕事が入ってしまった場合はどうすれ...

ショパンの別れの曲の難易度とは?練習する場合のコツを教えます

ちょっと聞いた限りではショパンの曲の中ではそれほど難易度は高くないように思える「別れの曲」。...

上司の紹介で付き合うのはアリ?上司の紹介も出会いのひとつ

上司の紹介で付き合うと別れたときに気まずいのでは・・・。そもそも会ってみて気に入らない、気に入られな...

100均の材料でDIYアクセサリーハンドメイド初心者でも簡単

ハンドメイドでアクセサリーを作る方も多いですが、ハンドメイドの材料もいろいろと揃えると、市販のアクセ...

黒いマスクが韓国で流行っているのはなぜ?の疑問を調査!

日本でも見かけることが多い黒いマスクですが、韓国はそれ以上。特に10代~20代の若者の利用が高く...

バラの消毒方法について初心者でもわかるお手入れのポイント

バラを育てるには、消毒方法や水やり、病気対策などきちんとしたお手入れが必要です。バラを育てる...

魚のアラは正しい下処理で臭みなく!魚の味噌汁の作り方

魚のアラを使った味噌汁はお店などで食べるととても美味しいですが、いざ自分で調理しようと思うと、アラの...

高校でバイト禁止なら内職はしてもいい?高校生のアルバイト事情

高校がバイト禁止なら内職をすればいい?と単純に考えるのは危険かもしれません。確かに、内職なら働いてい...

コンビニ風パスタサラダの作り方からアレンジ方法まで徹底解説!

コンビニに並んでいるパスタサラダ、一回食べると病みつきになってしまいますよね。でも毎回買って...

記憶を消したい。残念ながら記憶を消す方法はありません

記憶を消したい。過去の記憶。苦しい思い出。思い出したくない場面。心が重くなるよう...

院試の面接で落ちた場合の選択肢と秋就活を成功させる方法

院試の面接で落ちた場合、この先どうすればいいのかと落ち込んでしまうのではないでしょうか。院試...

スポンサーリンク

ダンスのキャップを落ちないようにするなら

ダンスシーンでキャップはマストなアイテムです。今や、キャップは、ダンスパフォーマンスにも影響する大切なアイテムの一つです。チーム同士でデザインを揃えて被ることもあるでしょう。しかし、激しいダンスの際には、キャップが落ちてしまうこともしばしば。キャップが落ちないようにするには、どうしたら良いのでしょうか。

一般的なのが、アメピンを使った方法です。耳の上辺りの髪と帽子をアメピンで一緒に挟むと、違和感なく留めることができます。これはキャップだけでなくニット棒にも使えますが、ある程度の髪の長さがないと出来ません。

バンダナを使った方法もおすすめです。バンダナをしっかりと頭に巻いてその上から帽子を被れば動かないように抑えることができます。バンダナは、キャップだけでなく、ハットやハンチングなどにも使えます。キャップと相性の良いカラーのバンダナを選べば、ポイントにもなってお洒落です。キャップが落ちないようにするには、バンダナの被り方にもコツがあるので、練習しておくと良いでしょう。

キャップにゴムひもを縫い付けるという方法もあります。確実にキャップが落ちることはありません。細めのゴムで見えないようにするのが理想的ですが、横からや、上を向いた際には見えてしまうこともあるので注意が必要です。

ダンスのキャップを落ちないようにできる「すき間テープ」

ダンス中にキャップを落ちないようにするには、すき間テープを利用しましょう。帽子の内側の頭周りにすき間テープをはりつければ、見た目を変えることなくサイズダウンが出来ます。すき間テープとは、ウレタン素材で、片側が粘着面になっているものです。

まずは、帽子をひっくり返し、頭のサイズに合うように長さを調整してカットします。直ぐは貼らず、テープを挟んだ状態で一度被ってみましょう。きついと感じる場合は、全体に貼る必要はありません。部分的にテープを貼ってください。キャップの内側にあるリボンの帯の裏にすき間テープを貼れば、目立つことなくサイズ調整が出来ます。

すき間テープは100円ショップなどでも購入可能です。すき間テープにも厚みがいくつかあります。サイズが大きいと感じるようなら、きつくなるように少し厚いタイプのすき間テープを選びましょう。

ダンスのキャップを落ちないようにしたいからといって洗うのはNG

ダンスの際にキャップが落ちないようにするには、キャップを縮めればよいのではないかと思う人もいるかも知れません。しかし、いくら縮めたいからといって、いきなり洗ってしまうのは良くありません。

先ずは、素材と洗濯表示を確認してください。中には洗えるキャップもありますが、素材によってはウールを使用していて洗えないものもあります。ウール素材のキャップを洗ってしまうと縮むだけでなく、型崩れを起こしてしまいます。

キャップの中には水洗いできるものもありますが、洗える場合の殆どは手洗いが基本です。
洗う前に、先ずはキャップのよごれをしっかりと落としましょう。ブラシでほとりを取ったり、ガムテープを使って表面のゴミを取りましょう。キャップの内側は汗のかきやすい部分です。全体を洗わなくても、タオルに中性洗剤を浸して、拭くだけでも多少の汗の汚れを落とすことが出来ます。

水洗いする際には、手洗いが基本です。つばの部分は折れやすいため、優しく扱うように注意してください。洗い終わったら陰干ししましょう。キャップの中に新聞やタオルをつめて、形が崩れないようにしてください。

ダンスのキャップを選ぶ時のポイント

ダンスのキャップが落ちないようにするには、選び方にもポイントがあります。落ちないキャップを選ぶだけでなく、出来れば自分に似合うのもを選びたいものです。

頭のサイズにあったキャップを選ぶことで、落ちづらく似合いやすくなります。
では、頭のサイズを図る際、どの部分を測るのが良いのでしょうか。額と後頭部にある出っ張った部分の周囲の長さを測ってください。しかし、被り方は人それぞれです。被り方に特徴がある人は、別の位置を測ったほうが良いでしょう。

キャップと言っても、ブランドによってシルエットが違います。サイズの合わないキャップを被ることによって似合わないだけでなく、本来のシルエットを崩す原因になってしまいます。そのためにも、自分の頭のサイズを把握しておくことはとても重要です。
サイズが分かれば、選ぶ時のポイントになり購入しやすくなります。しかし、なかなか自分のサイズが見つからないような時は、サイズを調整したり、海外のブランドのものを探すのも一つの手です。

顔にあうキャップを探すのは、なかなか難しいものです。特にキャップを選ぶ際に気をつけたいのが、シルエットとつばの大きさです。キャップのシルエットは、顔の形によって印象が変化します。また、顔の大きさとつばの大きさの対比で、顔の大きさを大きく見せたり、目立たなくさせてしまう為、色々なキャップを被ってバランスの良いものを見つけるのが理想的です。

ダンスのキャップはこうしておけば汚れがつきにくい!

ダンスのキャップは、購入してから被る前に、防水スプレーをしておくと汚れがつきにくくなります。後々、汚れが落ちないと嘆くことがないよう、先ずは購入したら直ぐに防水スプレーをしましょう。

防水スプレーが生地をコーティングしてくれるため、キャップに汚れがついた場合でも、生地には直接染みません。そのため、汚れが落としやすくなります。

また、防水スプレーをすると、多少の雨であれば、雨が帽子に浸透しないだけでなく、頭が濡れるのを防いでくれます。キャップが濡れてしまうと型崩れの原因になるため、防水スプレーをしておけば、型崩れも防ぐことが出来るのです。

お気に入りのキャップは、できるだけ綺麗なままで愛用したいですよね。そのためにも、防水スプレーをすることをオススメします。