ダンスのキャップが落ちないようにする方法を紹介します

ダンスのキャップを落ちないようにする方法はあるのでしょうか?激しいダンスでもキャップが落ちないようにするにはどうしたらいいの?

いくつか方法がありますが、あのテープを使った方法はかなり落ちないようにできるのではないでしょうか?しかも、見た目もGOODです。

大人はもちろん、子どもの頭に合わせるときにも役立つ情報を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

窓の断熱シートが綺麗に取れない時の剥がし方とポイント

冷気対策で窓に貼った断熱シート、その剥がし方で困ってしまう方は多いようです。断熱シートはオー...

玉ねぎの収穫の目安と収穫後の処理・乾燥方法・玉ねぎの保存方法

家庭菜園で玉ねぎを栽培している人は、玉ねぎの収穫の目安と収穫後の処理・乾燥方法について知りたいですよ...

ラインが長文の友達にウンザリしたときの対処法と回避するコツ

ラインが長文の友達っていますよね。どうして彼女はそんなに長いラインを送ってくるのでしょうか?...

青い着物にぴったりのメイク。基本のメイクやリップやチークの色

一生に一度の成人式は思い出に残るものにしたですね。晴れ着の色も何色にしようか迷ってしまいます...

ジムに必要な持ち物!バッグの選び方から便利グッズまでご紹介

運動不足解消のためにもジムへ通おう!となったら、ジム用のバッグ、ジムに必要な持ち物まで色々揃えなくて...

グルーガンのグルーで作る簡単可愛いアクセサリーの作り方

グルーガンを使う時には、接着剤として購入する方が多いと思います。接着剤としても優秀なグルーガンですが...

タコさんウインナーが広がらない悩みを解決。切り方にコツあり

お弁当のおかずの定番のタコさんウインナーですが、足の部分が上手く広がらないというお悩みはありませんか...

果物ジュースの基本の作り方!野菜や豆乳も使ってみて!

果物はたくさん食べることは出来ないけれど、 ジュースにしたら忙しい朝でも手軽に摂れそうですね!...

髪の毛の外ハネを直す方法!外出先でも直せる方法と外ハネ対策

髪の毛が外ハネするとなんだか気が滅入りませんか?キレイにスタイリングした髪の毛ので外出する方がテンシ...

異性からの電話の断り方の上手なコツや相手を傷つけない方法とは

異性からの誘いの電話がしつこいときに上手な断り方とはどうしたらいいのでしょうか?では、相手が...

冬なのに湿度が高い?そんな場合の湿度を下げる簡単な方法!

冬の期間は湿度は低くなりますが、室内の湿度は高いということもあります。最近のマンションなどは...

犬の散歩を夜中にすることのメリットと注意点と危険への対策

昼間に散歩が出来ない、夜しか時間がないなどの理由で犬の散歩が夜中になってしまう場合もあるでしょう。...

インコのケージの掃除の手順や丸洗い方法と清潔に保つための頻度

インコのケージの掃除はとても大切です。インコにとってケージは毎日生活する場所なので、汚れが酷くなる前...

本音と建前が交差する顔の不思議、恋愛するなら左側ポジションで

コミュニケーションの場では常に本音と建前が交差するものですが、相手が本音なのか建前なのか、顔だけで判...

長ネギのみじん切りの方法はこれで一発!細かいみじん切りの方法

長ネギは料理に欠かせない野菜の一つで、色んなメニューの名脇役として登場しますね。薬味としても人気...

スポンサーリンク

ダンスのキャップを落ちないようにするなら

ダンスシーンでキャップはマストなアイテムです。今や、キャップは、ダンスパフォーマンスにも影響する大切なアイテムの一つです。チーム同士でデザインを揃えて被ることもあるでしょう。しかし、激しいダンスの際には、キャップが落ちてしまうこともしばしば。キャップが落ちないようにするには、どうしたら良いのでしょうか。

一般的なのが、アメピンを使った方法です。耳の上辺りの髪と帽子をアメピンで一緒に挟むと、違和感なく留めることができます。これはキャップだけでなくニット棒にも使えますが、ある程度の髪の長さがないと出来ません。

バンダナを使った方法もおすすめです。バンダナをしっかりと頭に巻いてその上から帽子を被れば動かないように抑えることができます。バンダナは、キャップだけでなく、ハットやハンチングなどにも使えます。キャップと相性の良いカラーのバンダナを選べば、ポイントにもなってお洒落です。キャップが落ちないようにするには、バンダナの被り方にもコツがあるので、練習しておくと良いでしょう。

キャップにゴムひもを縫い付けるという方法もあります。確実にキャップが落ちることはありません。細めのゴムで見えないようにするのが理想的ですが、横からや、上を向いた際には見えてしまうこともあるので注意が必要です。

ダンスのキャップを落ちないようにできる「すき間テープ」

ダンス中にキャップを落ちないようにするには、すき間テープを利用しましょう。帽子の内側の頭周りにすき間テープをはりつければ、見た目を変えることなくサイズダウンが出来ます。すき間テープとは、ウレタン素材で、片側が粘着面になっているものです。

まずは、帽子をひっくり返し、頭のサイズに合うように長さを調整してカットします。直ぐは貼らず、テープを挟んだ状態で一度被ってみましょう。きついと感じる場合は、全体に貼る必要はありません。部分的にテープを貼ってください。キャップの内側にあるリボンの帯の裏にすき間テープを貼れば、目立つことなくサイズ調整が出来ます。

すき間テープは100円ショップなどでも購入可能です。すき間テープにも厚みがいくつかあります。サイズが大きいと感じるようなら、きつくなるように少し厚いタイプのすき間テープを選びましょう。

ダンスのキャップを落ちないようにしたいからといって洗うのはNG

ダンスの際にキャップが落ちないようにするには、キャップを縮めればよいのではないかと思う人もいるかも知れません。しかし、いくら縮めたいからといって、いきなり洗ってしまうのは良くありません。

先ずは、素材と洗濯表示を確認してください。中には洗えるキャップもありますが、素材によってはウールを使用していて洗えないものもあります。ウール素材のキャップを洗ってしまうと縮むだけでなく、型崩れを起こしてしまいます。

キャップの中には水洗いできるものもありますが、洗える場合の殆どは手洗いが基本です。
洗う前に、先ずはキャップのよごれをしっかりと落としましょう。ブラシでほとりを取ったり、ガムテープを使って表面のゴミを取りましょう。キャップの内側は汗のかきやすい部分です。全体を洗わなくても、タオルに中性洗剤を浸して、拭くだけでも多少の汗の汚れを落とすことが出来ます。

水洗いする際には、手洗いが基本です。つばの部分は折れやすいため、優しく扱うように注意してください。洗い終わったら陰干ししましょう。キャップの中に新聞やタオルをつめて、形が崩れないようにしてください。

ダンスのキャップを選ぶ時のポイント

ダンスのキャップが落ちないようにするには、選び方にもポイントがあります。落ちないキャップを選ぶだけでなく、出来れば自分に似合うのもを選びたいものです。

頭のサイズにあったキャップを選ぶことで、落ちづらく似合いやすくなります。
では、頭のサイズを図る際、どの部分を測るのが良いのでしょうか。額と後頭部にある出っ張った部分の周囲の長さを測ってください。しかし、被り方は人それぞれです。被り方に特徴がある人は、別の位置を測ったほうが良いでしょう。

キャップと言っても、ブランドによってシルエットが違います。サイズの合わないキャップを被ることによって似合わないだけでなく、本来のシルエットを崩す原因になってしまいます。そのためにも、自分の頭のサイズを把握しておくことはとても重要です。
サイズが分かれば、選ぶ時のポイントになり購入しやすくなります。しかし、なかなか自分のサイズが見つからないような時は、サイズを調整したり、海外のブランドのものを探すのも一つの手です。

顔にあうキャップを探すのは、なかなか難しいものです。特にキャップを選ぶ際に気をつけたいのが、シルエットとつばの大きさです。キャップのシルエットは、顔の形によって印象が変化します。また、顔の大きさとつばの大きさの対比で、顔の大きさを大きく見せたり、目立たなくさせてしまう為、色々なキャップを被ってバランスの良いものを見つけるのが理想的です。

ダンスのキャップはこうしておけば汚れがつきにくい!

ダンスのキャップは、購入してから被る前に、防水スプレーをしておくと汚れがつきにくくなります。後々、汚れが落ちないと嘆くことがないよう、先ずは購入したら直ぐに防水スプレーをしましょう。

防水スプレーが生地をコーティングしてくれるため、キャップに汚れがついた場合でも、生地には直接染みません。そのため、汚れが落としやすくなります。

また、防水スプレーをすると、多少の雨であれば、雨が帽子に浸透しないだけでなく、頭が濡れるのを防いでくれます。キャップが濡れてしまうと型崩れの原因になるため、防水スプレーをしておけば、型崩れも防ぐことが出来るのです。

お気に入りのキャップは、できるだけ綺麗なままで愛用したいですよね。そのためにも、防水スプレーをすることをオススメします。