ガスの元栓閉め忘れた!問題について。今のガスって元栓ないんだね

ガスの元栓を閉め忘れて外出しちゃった!

もう、家に戻ることもできないしソワソワしちゃいますよね?

ガスコンロは、ガスの元栓を締めていてもいなくても、ガスが漏れる設計にはなく、仮にホースに穴が空いていたとしても、ガス漏れを検知する警報機が作動しますのでご安心を。

ちなみに、現代のガス器には元栓がないのだとか。

これなら、外出先で『あー!ガスの元栓締め忘れた!』なんて焦ることなくなりますね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

七五三の着物の着付け方法!3歳の女の子の着付けとポイント

女の子の七五三は3歳の頃と7歳の頃の2回です。七五三は、子供の健やかな成長を願って行われる行事でもあ...

叔父や伯父への香典の金額相場やマナーと悩んだときの対処法

叔父や伯父への香典について悩む人も多いでしょう。叔父や伯父というのは香典の金額が決めづらい立場でもあ...

初めての漫喫でのデートには、どんな服装がいいのかを紹介

漫喫でデートと聞くと、ちょっと不安に感じる女性もいることでしょう。ですが、最近の漫喫はとても...

猫が赤ちゃんの鳴き声を出す理由と対処法!猫の気持ちを知ろう

飼っている猫が赤ちゃんのような鳴き声を出しているとき、一体なぜそのような鳴き声を出すのかわからない飼...

長ネギのみじん切りの方法はこれで一発!細かいみじん切りの方法

長ネギは料理に欠かせない野菜の一つで、色んなメニューの名脇役として登場しますね。薬味としても人気...

カップ麺のスープアレンジ!残ったスープで作る美味しいレシピ

時間のない時にも便利なカップ麺ですが、麺を食べ終わった後のスープはどうしていますか?全部飲み切る...

幼稚園バスがあるのにナゼ送迎は自家用車?その理由と注意点

幼稚園には園バスがあり園児の送迎を行ってくれます。しかし自家用車で送迎をする保護者の方も。な...

川エビのミナミヌマエビの飼い方!初心者向け飼育の基本

川エビの一種、ミナミヌマエビは育てやすく、初心者にも育てやすい種類です。大きさも小さめで、透明なかわ...

アメリカのお風呂の入り方と日本のお風呂事情と大きく違う点

アメリカ人のお風呂の入り方は、日本の入り方と全く違います。日本は湯船にゆったりとつかり、時には小...

体が柔らかくなる期間は?柔軟の効果を感じるのに必要な時間とは

体が柔らかくなるにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?個人差があり、どのくらいのストレッ...

体脂肪を増やす方法。食事・運動・睡眠!痩せるも太るも同じこと!

体脂肪を増やす方法は、いくつかあります。痩せることに必死な人が多い世の中で、太りたいなんて贅...

桃の色々レシピ。シロップがジュースやゼリーやジェラートに変身

そのまま食べても美味しい桃ですが、たくさんあったりちょっと固いなという場合には桃を使って色々な食べ方...

スモック【保育園・幼稚園用】の簡単かわいいアレンジアイデア

保育園や幼稚園で着るスモック。もう少しかわいくアレンジしたいと思うことがあると思います。そこで、...

駐車場のスリット部分に雑草が。すき間の雑草対策方法とは

駐車場のスリットに雑草が生えてしまうのをどうにかしたい。雑草対策にはどのようなものがいいのでしょうか...

保育園に通園している子供が朝ごはんを食べない理由

保育園に通う子供が朝ごはんを食べない、ご飯を食べるのに時間がかかるとイライラしてしまうママも多いので...

スポンサーリンク

ガスの元栓を閉め忘れてもガスが漏れるということは設計上ありません

ガスコンロを使うには、元栓を開けなくてはいけません。元栓を開けても、ガス管がしっかりしていれば漏れることはないでしょう。

元栓が常に開いていても漏れることは無いように設計されているそうです。しかし、万が一漏れた時は非常に危険なので使っていない時は元栓を閉めなくてはいけません。

開栓したままでもガス使用機器を使わなければ、ガス代はかかりませんがガスホースに穴が空いていればガス代は発生します。

LPガスを使用する場合は警報機の設置も義務付けられています。もし、警報機が作動してしまったら落ち着いて火を止めましょう。

ガス漏れに気がついた時

火を使っている場合はすぐに消しガスの元栓を締めましょう。窓を開けて換気をします。ガス会社に連絡をして指示を待ちます。けっして、換気扇をつけてはいけません。窓を開けてください。換気扇は電気で動いているので火花が起きる可能性があります。

きちんとガスを管理している会社に連絡をしましょう。

ガスの元栓、閉め忘れた!という心配がいらない今のガスの元栓事情知ってました?

寝る前にガスの元栓を閉めなくてもいいのでしょうか?

家を出るときにはガスの元栓を閉めても、寝る前に閉める人が少なくなっているのはこんな理由があるためです。

それは、ガス漏れが発生したら自動的にガスを止める安全装置があるためです。昔はガス漏れを防ぐためには元栓を閉めるしか方法がありませんでした。

またこのような元栓は毎日開け閉めしない前提で作られています。ねじ栓と呼ばれている風呂釜や、ビルトインコンロなど、簡単には移動出来ない器具に使われている元栓は毎回閉める必要がありません。

工具でねじ込んで固定しているので、ホースは簡単には外れません。ガスのホースの中も、特殊加工されているものなので、普通のハサミなどでは切ることができません。開け閉めを頻繁に行なうと、逆に本体からガス漏れを起こしやすくなってしまう可能性があります。

寝る前には、閉めなくてもいいガスの元栓ですが、長く家を空けるときや元栓が開いていると不安だなというときには締めましょう。

ガスの元栓は使い終わったら閉めるから、閉め忘れなんてしません!これって少数派?

ガスの元栓は閉めなくてもいいということがわかりましたが、実際閉めている人と閉めていない人はどのくらいの割合なのでしょうか?

私の周りの人に聞いてみると、ほとんどの人が閉めていないと答えました。

小さい頃から、「ガスの元栓は閉める」家庭で育ってきた私はかなり驚きましたが確かに言われてみれば面倒なことかもしれません。

しかし、私にとっては歯を磨くのと同じ習慣なのです。

むしろガスの元栓が閉まっていなければ、気になって眠れません。そこまで神経質になる必要はないのかもしれません。しかし、習慣になっているのだから仕方ありません。

また、ガスの元栓に触ることがなく、いざ閉めようと思っても油やグリスで閉めることができないときにはどうしたらいいのでしょうか。

ガスの元栓が締まらないときには、無理をせずにまず掃除をしてから試してみてください。無理に回すと壊れてしまったり安全装置が故障してしまいます。

ガス会社に相談すれば、内部清掃か交換に来てくれます。

ガスの元栓は、ナゼ閉めなければならないのか

ガスの元栓を締めたほうがいい理由にはどんなものがあるのでしょうか。

長期の外出の場合は、不測の事態も考えなくてはいけません。外出の間に災害が起きないとは言い切れませんよね。

家を留守にしているときに、大地震や台風などで家が巻き込まれてしまうこともあるでしょう。

災害時にガス漏れが起きてしまうと、大きな二次災害となってしまいます。

外出の間ガス漏れをしていたらと思うとゾッとしますね。

ガス漏れに気がついたときには、火気は絶対に使用してはいけません。電気などのスイッチにも絶対に触れないでください。電気のスイッチは切る時にも火花がでます。

ガス栓、メーターガス栓を閉めましょう。

ガス漏れの原因は、「部品の劣化」「内部の水漏れ」「耐用年数」などがあります。定期的に点検してもらうことが大切です。ガスを使っている場合、ガス会社から点検の通知が来ます。点検通知が来ていないなと思ったらガス会社に確認してみましょう。

ガスの元栓を閉め忘れると、ちょっとずつガスが漏れてる気がする

ガスの元栓を閉めるのはガス代を節約するためだという人もいるかもしれません。
しかし、元栓を閉める閉めないはガスの節約にはなんの効果もありません。

ガスを使っても使わなくても、ガスの基本料金はかかります。 ガスは、電気料金と違い、待機電力的なものがないのが特徴です。

契約している限り、ガスを使っても使わなくても基本料金は発生しますが、コンロを使わなければガスの使用料金はかかりません。

ガス漏れしているなと思うのは、ガス臭いときですがあの独特な臭いは「付臭剤」といって嫌な匂いをガスにつけているのです。この臭いはガスとすぐにわかる臭いであり人体に影響のないものという基準でつけられています。なんだか、体によくない匂いな気がしていましたがそんなことはないんですね。

天然ガスは本来、無味無臭となります。目に見えないガスはわざと気がつけるように匂いをつけているのです。

万が一ガスが漏れても、気がつくことができるようにこんな工夫がされているのですね。