アイプチはアイシャドウの先?後?テカるのをなんとかしたい

アイプチしてからアイシャドウ?
アイシャドウしてからアイプチ?

今の主流は、アイシャドウからのアイプチなんだそうです!
この方が、アイプチがテカることもなく、自然な仕上がりになるみたいですよ。

もちろん、色々な方法を試して自分に合ったものを見つけてみてくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置のメリット

「洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置したほうがいい?」という悩み。アパートやマンション...

セキセイインコはおしゃべり上手!オスが話し出す時期と練習方法

「セキセイインコのオスはおしゃべりが得意だ」という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。...

猫の習性を知れば気持ちがわかる!面白い行動に隠された意味

猫を飼育しているとその独特な習性や行動を面白く感じたりと魅力をたくさん感じますよね。 今猫が何を感...

耳たぶにピアスを開けたい!ニードルを使う場合の注意点とは

初めて耳たぶにピアスを開ける人は、ピアッサーにするかニードルにするか迷うところでしょう。 ニー...

塾や習い事を辞めるときの挨拶やマナーについて

塾や習い事を辞めるときの挨拶は、皆さんどうしていますか?入会するときは電話やメールだけではなく、直接...

運動会2歳児向けの障害物競争と障害物を作る際の注意点

幼稚園や保育園などの運動会では、2歳児が参加する障害物競争もあります。 まだまだ体が未発達な2歳児...

掛け布団と毛布がずれるのはどうして?毛布がずれるのを防ぐ方法

掛け布団と毛布が寝ている間にいつの間にかずれるのはどうしてでしょうか? そんなに寝相が悪いわけ...

高校生男子のがっつり弁当は簡単に。肉ののっけ弁当がおすすめ

毎日のお弁当作りは本当に大変です。 忙しい朝は出来るだけ手早く簡単に済ませたいと思いますね。 ...

風邪でも朝ごはんは食べよう!パンでも大丈夫!食べたいレシピ

風邪をひいたみたい・・・。朝ごはんは食べた方がいいの?それとも胃腸に負担がかかるから食べないほうがい...

旦那が自己中で子供!そう!旦那という生き物はそういうものです

旦那の自己中っぷりに、本当にもう腹しか立たない。 子供より子ども! イライラする気持わか...

朝の電車で寝るのは睡眠不足の可能性も!質の良い睡眠が大切!

朝の通勤時間に眠くなって電車で寝る癖がどうしても直らないという人もいますよね。朝に電車の中で眠くなっ...

生地を裁断するコツ!裁断する前の準備やハサミの使い方

服を作ったり、小物を作ったりしていると生地の裁断が重要なことに気がつきます。 縫い目の方が気に...

アメリカで子供を留守番させてもいい年齢と厳しいルールとは

アメリカでは子供を一人で留守番させてはいけない厳しいルールがあります。 これは、州によっては子...

幼稚園バスがあるのにナゼ送迎は自家用車?その理由と注意点

幼稚園には園バスがあり園児の送迎を行ってくれます。しかし自家用車で送迎をする保護者の方も。 な...

新卒と中途との待遇の違いと中途採用者が出世するための秘訣

新卒とは違って中途採用者に求められるのは即戦力。 即戦力を期待されて入社しても、新卒よりも待遇が悪...

スポンサーリンク

アイプチをするとアイシャドウがテカるのを防ぎたい!

アイプチをするとアイシャドウがテカってしまって見栄えを良くできないと困っている人は多くいると思います。

そういった場合、アイプチとアイシャドウの順番が仕上がりに大きく影響しているのです。

まずアイプチで二重を作ってからアイシャドウを乗せていませんか。

この順番でメイクをしてしまうと、メイク崩れもしやすいですしアイシャドウがテカって見えてしまいます。
テカるとアイプチをしているのがわかりやすくなってしまいますし、アイプチの粘着力も弱くなってアイプチの白い液も浮き出てきてしまうのです。

こうしてメイク崩れを引き起こしてしまうので、アイプチはファンデーションやアイシャドウの最後に行うようにしてみましょう。

化粧をする順序としては、化粧下地を付けた上にファンデーションを塗り、アイライナーを引いてからアイシャドウを乗せましょう。

そして最後にアイプチをすることをお勧めします。

アイプチがバレバレなアイシャドウにはしたくない!テカるのを防ぐには?

アイプチをすることでテカるのを防ぐためには先ほども述べましたが、アイメイクの順番が大切になってきます。

順番はアイシャドウを塗ってからアイプチをつけてみるようにしてください。
その際は、アイシャドウはアイプチをするラインにそって綿棒でとってからアイプチをするとより仕上がりがきれいになるでしょう。
まぶたの皮脂も取ると化粧持ちもよくなります。

アイメイクの順序を変える事以外に気を付けてほしいのは、アイプチを重ねづけしすぎないことです。

重たい一重だと、2重・3重にしてアイプチを塗ってがっつり二重を作りがちです。
しかし、あまり重ねづけをするとよりテカりが目立ち、アイプチをしている感が出てしまうのです。

他にテカらない方法としては綿棒で優しくこするとテカりを抑える事ができます。

接着式ではないアイプチの場合にこの方法が使えます。
あまり強く擦りすぎると逆効果になってしまいますので注意しながら行いましょう。

アイプチを隠すアイシャドウ。テカるのはアイプチじゃなく皮脂かも?

アイプチをするとアイメイクがテカりやすくなってしまうのが気になりますよね。

しかし、アイプチが原因であるのではなく、そもそも顔の皮脂が原因になっている場合もあります。

そのため、メイクをする前には、必ず顔の余分な皮脂をふき取るようにしてください。

皮脂をふき取る際はあぶらとり紙よりもティッシュなどの方が皮脂をとりすぎる事がないのでお勧めです。

このひと手間でメイクの仕上がりも持ちもかなり違ってくるでしょう。

アイプチだけでなく、アイメイクやメイク全体の持ちが良くなって化粧がヨレづらくなるのです。

もし皮脂が多めだと、アイプチの粘着力は下がり、持ちが良くなくなります。

アイプチは取れてくるとのりの白い部分が浮き出てきて二重が取れてきますし、アイプチをしているのが周りにバレバレになってしまうでしょう。

その為にも、化粧前には皮脂をふき取る事をお勧めします。

アイプチで最後に仕上げる!メリットとデメリット。そしてちょっとしたコツをご紹介!

先ほども述べましたが、アイプチをつける順番が最も化粧の仕上がりを変えていきます。
アイプチは二重にすることができる便利なものですが、アイシャドウを後から塗るとアイプチが目立ってしまうのです。

その為、アイプチはアイシャドウを塗った後に塗るようにしてみましょう。

しかしデメリットとしては、アイシャドウのあとにアイプチをするとアイプチの粘着力が少し弱まりはがれ易くなってしまうことです。

少しでも改善するためには、アイプチを塗るラインのみ綿棒などでアイシャドウを取った方が持ちが良くなるでしょう。

また、皮脂によってアイプチが取れやすくならないように化粧前には皮脂取りを行ってください。

アイプチのノリはつけすぎず、薄めに塗った方が仕上がりがきれいです。
そして、焦ってプッシャーで二重を作ったり触ったりせずにしっかり乾いてから二重を作ってください。

色々な方法を試してみましょう!

アイプチは時間が経つと皮脂や汗でどんどんヨレてしまいがちです。

アイプチを少しでも崩れないようにするためには、できれば一時間ごとにアイプチを塗りなおして二重をキープする必要があるでしょう。

しかし、毎回メイク直しをすることは難しいと思います。
そういった場合は、なるべくウォータープルーフなどの皮脂や汗に強いアイプチを選ぶようにしてみましょう。

どうしてもアイシャドウなどを塗ってしまうとアイプチの粘着力は弱まり取れやすくなってしまいます。

なので、最初から接着力のつよいアイプチを選ぶようにしてみてくださいね。

そして、アイプチ以外にもアイテープなど二重を作るアイテムはほかにもあるので、試してみてはどうでしょうか。

100均にもアイテープなどが売られていますので、手軽に試すことができます。

アイメイクと合わせてアイプチを綺麗にするのはコツが必要となります。

ぜひ自分に合ったやり方を探してみてください。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691