アイプチはアイシャドウの先?後?テカるのをなんとかしたい

アイプチしてからアイシャドウ?
アイシャドウしてからアイプチ?

今の主流は、アイシャドウからのアイプチなんだそうです!
この方が、アイプチがテカることもなく、自然な仕上がりになるみたいですよ。

もちろん、色々な方法を試して自分に合ったものを見つけてみてくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

あまのじゃくな性格になる原因とあまのじゃくを直す方法とは

あまのじゃくな性格になってしまう原因はあるのか。自分に愛情や関心を示してほしいのに、いざ相手が振...

家が大好きな主婦が増えている。意外と忙しい実態とその理由とは

「お家が大好き」という家の中で生活するのが一番充実しているという主婦が増えています。「一日中...

部活で運動量の多い高校生のお弁当。がっつり男子弁当

部活をしている男子のお弁当はとにかくボリュームが大切です。少ない量やあっさりとしたおかずばかりでは、...

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

犬の鳴き声で気持ちがわかる!?クーンと鳴くときの気持ち

犬の鳴き声で「クーン」はどんなときにしてくるのでしょうか?子犬のうちなら可愛いクーンも大きくなってく...

体を柔らかくする方法【簡単ストレッチ】効果的に柔軟性をアップ

体を柔らかくする方法と言えば、やっぱりストレッチですよね!ストレッチは続けることで効果を得られること...

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

モラハラ離婚での子供への伝え方や影響と知っておきたいこと

モラハラ夫との離婚したいと思っていても、子供がいることでなかなか踏み込めないという人もいるかもしれま...

社会人の腕時計の値段の相場とは?年代や職種による値段の捉え方

社会人になると、学生の頃に身に付けていた腕時計がしっくりこない場合があります。新たに腕時計を買い...

【音楽】ピアノの経験を活かせるさまざまな仕事

子供の頃からピアノを習っていて、将来はピアノの経験を活かした仕事をしたいと考える方も多いと思います。...

宝石を研磨する方法について。宝石の硬度と磨き方について

宝石を研磨する方法について興味があります!もちろん、ダイヤモンドを紙やすりで磨こうとはしませ...

体の筋肉の名称とその役割を覚えて、効果的な筋トレをしましょう

筋トレを始めようと思って本などを見ていると「大臀筋」や「下腿三頭筋」など見たことも聞いたこともような...

コンサートチケットの本人確認が増えている理由と注意点

コンサートチケットの中には、本人確認が必要なチケットがあります。私も最近体験しました。コンサート...

中学1年生くらいからの女子の反抗期!特徴と対処法・関わり方

娘が中学生になってからなんだか反抗的な態度を取る、返事もしないし口答えも多くなった・・・。こんな風に...

岡山県民の性格!女性の性格や恋愛感!職場では完全主義者で勤勉

岡山県はその昔、工業地帯だったことから岡山県民の性格は理知的で理論的な面があるとされています。...

スポンサーリンク

アイプチをするとアイシャドウがテカるのを防ぎたい!

アイプチをするとアイシャドウがテカってしまって見栄えを良くできないと困っている人は多くいると思います。

そういった場合、アイプチとアイシャドウの順番が仕上がりに大きく影響しているのです。

まずアイプチで二重を作ってからアイシャドウを乗せていませんか。

この順番でメイクをしてしまうと、メイク崩れもしやすいですしアイシャドウがテカって見えてしまいます。
テカるとアイプチをしているのがわかりやすくなってしまいますし、アイプチの粘着力も弱くなってアイプチの白い液も浮き出てきてしまうのです。

こうしてメイク崩れを引き起こしてしまうので、アイプチはファンデーションやアイシャドウの最後に行うようにしてみましょう。

化粧をする順序としては、化粧下地を付けた上にファンデーションを塗り、アイライナーを引いてからアイシャドウを乗せましょう。

そして最後にアイプチをすることをお勧めします。

アイプチがバレバレなアイシャドウにはしたくない!テカるのを防ぐには?

アイプチをすることでテカるのを防ぐためには先ほども述べましたが、アイメイクの順番が大切になってきます。

順番はアイシャドウを塗ってからアイプチをつけてみるようにしてください。
その際は、アイシャドウはアイプチをするラインにそって綿棒でとってからアイプチをするとより仕上がりがきれいになるでしょう。
まぶたの皮脂も取ると化粧持ちもよくなります。

アイメイクの順序を変える事以外に気を付けてほしいのは、アイプチを重ねづけしすぎないことです。

重たい一重だと、2重・3重にしてアイプチを塗ってがっつり二重を作りがちです。
しかし、あまり重ねづけをするとよりテカりが目立ち、アイプチをしている感が出てしまうのです。

他にテカらない方法としては綿棒で優しくこするとテカりを抑える事ができます。

接着式ではないアイプチの場合にこの方法が使えます。
あまり強く擦りすぎると逆効果になってしまいますので注意しながら行いましょう。

アイプチを隠すアイシャドウ。テカるのはアイプチじゃなく皮脂かも?

アイプチをするとアイメイクがテカりやすくなってしまうのが気になりますよね。

しかし、アイプチが原因であるのではなく、そもそも顔の皮脂が原因になっている場合もあります。

そのため、メイクをする前には、必ず顔の余分な皮脂をふき取るようにしてください。

皮脂をふき取る際はあぶらとり紙よりもティッシュなどの方が皮脂をとりすぎる事がないのでお勧めです。

このひと手間でメイクの仕上がりも持ちもかなり違ってくるでしょう。

アイプチだけでなく、アイメイクやメイク全体の持ちが良くなって化粧がヨレづらくなるのです。

もし皮脂が多めだと、アイプチの粘着力は下がり、持ちが良くなくなります。

アイプチは取れてくるとのりの白い部分が浮き出てきて二重が取れてきますし、アイプチをしているのが周りにバレバレになってしまうでしょう。

その為にも、化粧前には皮脂をふき取る事をお勧めします。

アイプチで最後に仕上げる!メリットとデメリット。そしてちょっとしたコツをご紹介!

先ほども述べましたが、アイプチをつける順番が最も化粧の仕上がりを変えていきます。
アイプチは二重にすることができる便利なものですが、アイシャドウを後から塗るとアイプチが目立ってしまうのです。

その為、アイプチはアイシャドウを塗った後に塗るようにしてみましょう。

しかしデメリットとしては、アイシャドウのあとにアイプチをするとアイプチの粘着力が少し弱まりはがれ易くなってしまうことです。

少しでも改善するためには、アイプチを塗るラインのみ綿棒などでアイシャドウを取った方が持ちが良くなるでしょう。

また、皮脂によってアイプチが取れやすくならないように化粧前には皮脂取りを行ってください。

アイプチのノリはつけすぎず、薄めに塗った方が仕上がりがきれいです。
そして、焦ってプッシャーで二重を作ったり触ったりせずにしっかり乾いてから二重を作ってください。

色々な方法を試してみましょう!

アイプチは時間が経つと皮脂や汗でどんどんヨレてしまいがちです。

アイプチを少しでも崩れないようにするためには、できれば一時間ごとにアイプチを塗りなおして二重をキープする必要があるでしょう。

しかし、毎回メイク直しをすることは難しいと思います。
そういった場合は、なるべくウォータープルーフなどの皮脂や汗に強いアイプチを選ぶようにしてみましょう。

どうしてもアイシャドウなどを塗ってしまうとアイプチの粘着力は弱まり取れやすくなってしまいます。

なので、最初から接着力のつよいアイプチを選ぶようにしてみてくださいね。

そして、アイプチ以外にもアイテープなど二重を作るアイテムはほかにもあるので、試してみてはどうでしょうか。

100均にもアイテープなどが売られていますので、手軽に試すことができます。

アイメイクと合わせてアイプチを綺麗にするのはコツが必要となります。

ぜひ自分に合ったやり方を探してみてください。