アイプチはアイシャドウの先?後?テカるのをなんとかしたい

アイプチしてからアイシャドウ?
アイシャドウしてからアイプチ?

今の主流は、アイシャドウからのアイプチなんだそうです!
この方が、アイプチがテカることもなく、自然な仕上がりになるみたいですよ。

もちろん、色々な方法を試して自分に合ったものを見つけてみてくださいね!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

喧嘩が起きた時の仲裁方法は?大人の喧嘩・子供の喧嘩の仲裁方法

目の前で喧嘩が起きてしまったらあなたは仲裁に入りますか?場合によって仲裁に入るかどうかは違うと思いま...

チンチラのケージに必要な大きさとケージ選びのポイント

チンチラを飼う場合には色々な飼育道具が必要になりますが、中でも重点を置きたいのがケージです。チン...

夜中の電話は非常識?電話をかけてもいい時間帯は〇時まで

夜中に電話をかけるのは非常識なのはわかるけれど、その時間は何時までとなるのでしょうか?夜中でも電話を...

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

ご飯を使った簡単安心おやつ!お子様に人気のレシピをご紹介

皆さんはお子様のおやつにはどんなものを出していますか?理想は手作りという方も多いと思いますが...

連絡が遅い友達が言う理由とは。返信が早くなる対策も紹介します

あなたの周りにも連絡しても返信が遅い友達っていませんか?返信のスピードに関してはみんな色々違...

市販のパック餅をつきたてに再現する3つの方法

スーパーに行くとパックに入った餅が売られていますが、そのパック入りの餅を、なんとつきたての餅に再現で...

紅茶と緑茶の葉っぱは同じ?木の種類とお茶の葉っぱについて解説

紅茶や緑茶が大好きで、毎日飲んでいるという人もいますよね。自分の好みの入れ方でお茶の味を楽しんでいる...

記憶を消したい。残念ながら記憶を消す方法はありません

記憶を消したい。過去の記憶。苦しい思い出。思い出したくない場面。心が重くなるよう...

インドの列車はなぜ屋根にも乗るほど満員なのかを調査

インドの超満員列車をテレビや雑誌で一度は見たことあるのではないでしょうか。日本の満員電車とは...

猫がキャットタワーに登らないのはなぜ?登らない理由と対処法

飼っている猫のためにキャットタワーを購入してみたけど、全く猫が登らない。こんなお悩みを抱えている飼い...

テニスの点数の仕組みを理解して、10倍楽しく試合を見よう

テレビでテニスの試合を見ていると、野球やサッカーとは違った点数の仕組みがよくわからない人も多いのでは...

母の一人暮らしは寂しい思いをしていないか心配。出来る事を紹介

男性の寿命よりも女性の寿命の方が長いため、老後は女性が残されることになるケースは多いのではないでしょ...

隙間収納はDIYで!隙間にピッタリの収納ラックを手作りしよう

冷蔵庫横や洗濯機横など、家には無駄な隙間がたくさんあります。その隙間をDIYで収納スペースにすれ...

ロマンスカーの展望席の予約裏技を大公開!今すぐチェック

ロマンスカーの展望席から眺める景色は格別!予約困難な席ですが、予約裏技があるの知っていますか?あ...

スポンサーリンク

アイプチをするとアイシャドウがテカるのを防ぎたい!

アイプチをするとアイシャドウがテカってしまって見栄えを良くできないと困っている人は多くいると思います。

そういった場合、アイプチとアイシャドウの順番が仕上がりに大きく影響しているのです。

まずアイプチで二重を作ってからアイシャドウを乗せていませんか。

この順番でメイクをしてしまうと、メイク崩れもしやすいですしアイシャドウがテカって見えてしまいます。
テカるとアイプチをしているのがわかりやすくなってしまいますし、アイプチの粘着力も弱くなってアイプチの白い液も浮き出てきてしまうのです。

こうしてメイク崩れを引き起こしてしまうので、アイプチはファンデーションやアイシャドウの最後に行うようにしてみましょう。

化粧をする順序としては、化粧下地を付けた上にファンデーションを塗り、アイライナーを引いてからアイシャドウを乗せましょう。

そして最後にアイプチをすることをお勧めします。

アイプチがバレバレなアイシャドウにはしたくない!テカるのを防ぐには?

アイプチをすることでテカるのを防ぐためには先ほども述べましたが、アイメイクの順番が大切になってきます。

順番はアイシャドウを塗ってからアイプチをつけてみるようにしてください。
その際は、アイシャドウはアイプチをするラインにそって綿棒でとってからアイプチをするとより仕上がりがきれいになるでしょう。
まぶたの皮脂も取ると化粧持ちもよくなります。

アイメイクの順序を変える事以外に気を付けてほしいのは、アイプチを重ねづけしすぎないことです。

重たい一重だと、2重・3重にしてアイプチを塗ってがっつり二重を作りがちです。
しかし、あまり重ねづけをするとよりテカりが目立ち、アイプチをしている感が出てしまうのです。

他にテカらない方法としては綿棒で優しくこするとテカりを抑える事ができます。

接着式ではないアイプチの場合にこの方法が使えます。
あまり強く擦りすぎると逆効果になってしまいますので注意しながら行いましょう。

アイプチを隠すアイシャドウ。テカるのはアイプチじゃなく皮脂かも?

アイプチをするとアイメイクがテカりやすくなってしまうのが気になりますよね。

しかし、アイプチが原因であるのではなく、そもそも顔の皮脂が原因になっている場合もあります。

そのため、メイクをする前には、必ず顔の余分な皮脂をふき取るようにしてください。

皮脂をふき取る際はあぶらとり紙よりもティッシュなどの方が皮脂をとりすぎる事がないのでお勧めです。

このひと手間でメイクの仕上がりも持ちもかなり違ってくるでしょう。

アイプチだけでなく、アイメイクやメイク全体の持ちが良くなって化粧がヨレづらくなるのです。

もし皮脂が多めだと、アイプチの粘着力は下がり、持ちが良くなくなります。

アイプチは取れてくるとのりの白い部分が浮き出てきて二重が取れてきますし、アイプチをしているのが周りにバレバレになってしまうでしょう。

その為にも、化粧前には皮脂をふき取る事をお勧めします。

アイプチで最後に仕上げる!メリットとデメリット。そしてちょっとしたコツをご紹介!

先ほども述べましたが、アイプチをつける順番が最も化粧の仕上がりを変えていきます。
アイプチは二重にすることができる便利なものですが、アイシャドウを後から塗るとアイプチが目立ってしまうのです。

その為、アイプチはアイシャドウを塗った後に塗るようにしてみましょう。

しかしデメリットとしては、アイシャドウのあとにアイプチをするとアイプチの粘着力が少し弱まりはがれ易くなってしまうことです。

少しでも改善するためには、アイプチを塗るラインのみ綿棒などでアイシャドウを取った方が持ちが良くなるでしょう。

また、皮脂によってアイプチが取れやすくならないように化粧前には皮脂取りを行ってください。

アイプチのノリはつけすぎず、薄めに塗った方が仕上がりがきれいです。
そして、焦ってプッシャーで二重を作ったり触ったりせずにしっかり乾いてから二重を作ってください。

色々な方法を試してみましょう!

アイプチは時間が経つと皮脂や汗でどんどんヨレてしまいがちです。

アイプチを少しでも崩れないようにするためには、できれば一時間ごとにアイプチを塗りなおして二重をキープする必要があるでしょう。

しかし、毎回メイク直しをすることは難しいと思います。
そういった場合は、なるべくウォータープルーフなどの皮脂や汗に強いアイプチを選ぶようにしてみましょう。

どうしてもアイシャドウなどを塗ってしまうとアイプチの粘着力は弱まり取れやすくなってしまいます。

なので、最初から接着力のつよいアイプチを選ぶようにしてみてくださいね。

そして、アイプチ以外にもアイテープなど二重を作るアイテムはほかにもあるので、試してみてはどうでしょうか。

100均にもアイテープなどが売られていますので、手軽に試すことができます。

アイメイクと合わせてアイプチを綺麗にするのはコツが必要となります。

ぜひ自分に合ったやり方を探してみてください。