ブリッジのやり方を子供に教えるときのコツや続ける効果とは

ブリッジのやり方を子供に教えるときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

では、子供にブリッジのやり方を教える前に、準備したいこととはどんなことでしょう?

また、子供に教えるときのブリッジのやり方のポイントや続けることで期待できる効果とはどんなこと?

そこで、ブリッジのやり方を子供に教えるときのコツや続ける効果、または注意点などについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

計画を立てるのが苦手!克服することはできる?考え方と対処法

計画を立てることが苦手でいつもうまくいかないという人もいますよね。うまく計画を立てて予定を進めて行き...

クッキーに書くチョコペンのコツ【初心者向けスイーツレッスン】

プレゼント用にクッキーを作って、メッセージを入れる場合や、カワイイ模様を入れる時に使うのがチョコペン...

塾の体験授業が緊張するときの対処法と申し込む前の注意点とは

塾の体験授業が緊張するという生徒は多いです。しかし、自分に合った塾を選ぶためには、やはり授業を体験し...

隙間収納はDIYで!隙間にピッタリの収納ラックを手作りしよう

冷蔵庫横や洗濯機横など、家には無駄な隙間がたくさんあります。その隙間をDIYで収納スペースにすれ...

昭和に流行ったこんな言葉…。昭和死語でレッツバブリー!

昭和に流行った言葉はたくさんあります。平成生まれの方には理解の難しい言葉がたくさんあると思い...

オービスが50キロオーバーで光った!恐怖の罰金の金額とは

車を運転していてついスピードが出てしまうことはありますが、50キロオーバーでオービスが光った場合はシ...

兄弟の結婚祝い【披露宴なし】相場や地域差・経済事情について

兄弟が結婚する時の結婚祝いは【披露宴なし】でも10万円包むのが相場であり、一般的だと言われています。...

証明写真を撮る時は前髪は眉毛にかからないようにしよう!

就活で証明写真を撮ることがありますが、前髪は面接官への印象を与えるとても重要なポイントとなるので注意...

騒音問題を管理会社へ伝えた後の手紙の効果と問題解決に向けて

マンションで多い騒音の悩み。問題を解決してほしいと管理会社に連絡を入れた場合、騒音被害を訴えるやり方...

夜中のカップラーメンで太る理由と食べても太らないコツとは

夜中にカップラーメンを食べると太ると言いますが、それには理由があるのです。では、夜中にカップ...

髪にシャンプーの匂いを残す方法!これで男性からも好感度UP!

髪からシャンプーの良い匂いがする女性って憧れますよね。自分もそうなりたいって感じる人も多いのでは?...

ハムスターの床材は新聞紙でもいい?ハムスターの飼い方

ハムスターの床材として新聞紙は適している?適していない?消耗品となる床材はできれば、コストがかからな...

ワンカールパーマで失敗しないためのコツと防ぐためにできること

ワンカールパーマをかけたはずが失敗してしまったとお悩みのあなた。実は、ワンカールパーマとは失...

158cmの平均体重はどのくらい?女性の標準体重や美容体重

女性に生まれたからには美しくいたいと思うのは誰しもが持つ願いです。それはきっと老若男女変わらない...

スポンサーリンク

ブリッジの効果とは?子供にやり方を教える前に

ブリッジは、ヨガなどのポーズでも用いられているため、体力増加や健康維持にもぴったりです。

ブリッジをすると、様々なことに効果をもたらします。その効果とは、腹筋、背筋、腕の筋肉、体の柔軟性です。ブリッジはこれらの能力を高めることが出来ます。

ブリッジは、逆さ感覚も養うことが出来ます。逆さ感覚とは、逆さまになる感覚です。この感覚に慣れていないいと、マット運動や鉄棒を行った際に、怖いという気持ちから、体が硬直してしまい、怪我をしやすくなります
しっかり体を動かして、この感覚を育てておくことは子供にとって大切です。
子供にやり方を教える前に、すでに自ら子供がブリッジを行っている場合、頭が床についているのをよく見かけます。

床から頭を離すのは、年齢にもよりますがなかなか難しいものです。子供にブリッジを教える際には、手のつき方から毎日少しずつ練習するように教えましょう。

なかなかお腹を持ち上げることが出来ない子供もいるでしょう。「うちの子供、腰が固いのかしら」と考える親御さんもいるかも知れませんが、お腹が持ち上がらないのは、肩の周りが硬いからなのです。子供の肩や肩甲骨回りをマッサージをしてあげたり、その部分を動かすストレッチや体操を取り入れると良いでしょう。

子供に教えるときのブリッジのやり方のポイント

ブリッジを子供に教えるときのやり方には、ポイントがあります。それは、手と足の位置をしっかり意識するように教えることです。手と足の位置を正しい位置に持ってくることが出来れば、あとはコツ一つで腰を持ち上げることが出来ます。

先ずは、手と足の位置をしっかり適切な位置に置けるように意識させてみましょう。子供はたくさんのことに意識を向けるのを苦手としています。他の事に意識を向けないように注意してください。

小さな台を用意し、それを子供の背中に置いてください。背中や腰を意識することなく、手と足の位置だけに集中できます。台を置いたら、手と足の位置を決定してください。手と足は、台の近くに置きましょう。台から離れてしまうと、力が入らず上に持ち上がりません。手足は内側に入れるように努力してください。

子供でもできるブリッジのやり方のコツとは

子供でもブリッジはできます。そのためのやり方には、コツがあります。それは、子供がやりやすい、そして滑りにくい場所で行うことです。

勿論、滑りにくいという点では、床で素足で行うのも良いと思いますが、床は硬くて危険と感じ、布団で行っている人もいるかも知れません。しかし布団では、柔らかすぎてブリッジがしにくいという点もあります。そこでオススメなのが、ヨガマットです。ヨガマットは少し厚めのものが良いでしょう。
子供がブリッジをしやすい環境を作ってあげることも、ブリッジが上達するコツでもあります。

ヨガマットの上に、仰向けに寝て、足をお尻の下にもって行きましょう。耳の近くに手を置いて、足の裏をつけた状態で先ずはお尻だけを浮かせます。頭で体重を支えている状態です。次に手の位置を再確認して、腕を伸ばして体を持ち上げましょう。ブリッジの完成です。

ブリッジは子供の全身筋力のレベルアップができる!

ブリッジを行うことで、子供の全身の筋力をレベルアップさせることが出来ます。しかし全身の筋力を高めるためには、毎日の積み重ねが大切です。ブリッジの練習の積み重ねは、筋力アップして行くのがわかりやすく、目標を立てやすい運動とも言えます。目標を達成することができれば、子供にとっても自信に繋がります。何秒出来たか、何回できたかという記録をとっておくのも、筋力アップする上で、日々の効果を確認できるのでオススメです。

もし、ブリッジのレベルアップ表を作るのであれば、段階を追って出来るような表が良いでしょう。

 

  1. 床から頭を浮かせることが出来る。
  2. 30秒以上ブリッジできる。
  3. 片方の足を上げることが出来る。
  4. 膝の間に、物を挟んで30秒ブリッジできる。
  5. ブリッジの姿勢のまま歩くことができる。

 

このような表を作れば、レベルアップを目的にブリッジに取り組むことが出来ます。ぜひ、何か目標を決めて、楽しくブリッジの練習をしましょう。

ブリッジの練習方法と気をつけたい注意点

ブリッジのやり方には、練習方法と気をつけたい注意点がいくつかあります。

子供にブリッジを練習させる際、大人がサポートをしてあげるとよいでしょう。子供の背中に手を当てて、垂直に持ち上げてあげましょう。慣れてくると、段々子供一人で出来るようになります。

もしサポートが難しいようなら、壁を使って体を反らせる練習をさせましょう。壁に背中を向けて立ちます。手を耳の横に持ってきて、手のひらを壁につけます。そのまま少しずつ反っていくとブリッジの状態に似た形になります。

ブリッジは、毎日の練習が大切です。いきなり反らしすぎると、背中や腰に負担がかかり怪我の原因になります。
毎日練習して、少しずつ背中や腕、肩周りが柔軟になってきたら、子供一人でも出来るようになるはずです。

それまで、ゆっくりと焦ることなく子供が練習を続けられるように、サポートしてあげてください。