ショパンの「革命のエチュード」の弾き方のコツを徹底解説!

ショパンの曲は全体的に難易度が高くなっていますが、「革命のエチュード」も上級の中でも高い方ですよね。

特に最初の左手の部分が最初の難関だとも言われていますが、弾き方にはコツがあるのでしょうか?

ショパンの「革命のエチュード」を弾けるようになりたい人のために、弾き方のコツを徹底解説します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

友達から遊びに誘われない理由と誘われる人になるための方法

ようやく大学に入ってできた友達。でも、遊びに行く時はいつも自分が誘ってばかりで、友達からは誘われない...

嫁が介護を苦に離婚したいと言っている…。当たり前だ!

嫁の介護問題。義両親の介護で離婚される夫婦が増えているようです。日本には「嫁」が「夫の両...

ヘアアイロン【2way】の正しい使い方と注意点を理解しよう

ヘアアイロンの中でもストレートにもカールにも使える2wayはとっても便利ですよね。しかし、便...

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

夏休みの課題【家庭科編】オススメ簡単作品や攻略ポイントとは

夏休みの課題の中には、家庭科からも課題が出されることがありますよね。家庭科の課題に何を作った...

うさぎに赤ちゃんが生まれたら?生まれたてのうさぎの接し方

うさぎに赤ちゃんが生まれたら気になってしまいますよね、母親はちゃんとお世話をしているか?ときには赤ち...

足首が硬い子供が急増する理由。柔らかくするメリットとその方法

足首が硬い子供が増えているといいます。足首が硬い、曲がりが悪いのでしゃがむことが出来ないそうです...

職場にノースリーブはおばさん以前の問題!避けるべきアイテム

職場にノースリーブを着ていくと「おばさんなのに肌を見せて」と陰口を叩かれる、といった意見も耳にします...

1ヶ月半頃の赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠リズムについて

1ヶ月半頃になると赤ちゃんも夜ぐっすり眠ってくれるのでは?と淡い期待を抱いてしまいます。ちょうど...

拘置所の差し入れに食べ物は制限あり!差し入れで嬉しいものとは

拘置所の差し入れに食べ物はできるのか疑問に思う人もいるでしょう。拘置所では食べ物の持ち込みは...

法事の香典は新札か?法事に使用するお札と香典のマナーを解説

法事に香典を出すことになったとき、今まで香典を包んだことがなければ使用するお札は新札かどうかわからな...

部屋の掃除のやる気を出す方法。曲や時間や場所にこだわってみる

キレイな部屋は気持ちの良いものです。逆に部屋の中が散らかっていたり、物で溢れていると何となく落ち...

七五三の着物は母方が準備?子供の七五三の着物と初穂料について

子供の七五三を控え、着物を誰が用意するものなのか知りたい人もいるのではないでしょうか。母方の実家が用...

仕事の失敗で落ち込む時の対処法!失敗を自分の成長に活かすには

仕事で失敗やミスをしてしまうと落ち込むことがあります。どうして失敗したのか、自分は仕事ができないので...

身体が柔らかくなりたいならストレッチ!そのポイントとは

身体が柔らかくなりたいならストレッチがおすすめ。お金もかかりませんし、毎日コツコツ続けることで身...

スポンサーリンク

ショパンの「革命のエチュード」に初めて挑戦する人のための弾き方とは?

ピアノ曲で有名な作曲家と言えばショパンですね。
特にショパンのエチュード集は日本語で「練習曲」というだけあって激しく動き回る両手のアルペジオが特徴です。
なかでも群を抜いて有名なのは「革命のエチュード」。
衝撃的な音から始まるメロディーは「革命」という名に相応しくとても印象的です。

聞いてる人を魅了する演奏にするためには、左手のセクションをいかに強弱をつけ左右のバランスを考えながら感情を表し弾くかが問題点になってきます。
初めはf(フォルテ:大きく又は強く)からいきなり始まります。
強い苦悩の激しさを感じますね。
左手の長く早い降下のあと今度は右手の降下が始まる、といった両手でのユニゾンの正確さが求められてきます。
出版社にもよりますが、ほとんどの楽譜には強弱をつけるように印がついてますので確認しながら弾くとコツをつかめるかもしれません。

おそらく大人になってからピアノを始めた方が「革命のエチュード」を完全に弾きこなすためには2、3年の練習では相当練習しなければいけないような気がしますが、とても素敵な大曲なのでぜひチャレンジしていただきたいです。

ショパンの「革命のエチュード」の弾き方にはコツがある?

まずはじめに大変さを感じるのが左手の16分音符です。

一小節目から嵐を予感させる左手の16分音符は指がもつれてしまうのが特徴的で最初のこの部分がきれいに弾けないと曲の印象はガラッと変わってしまいます。

はじめのうちは楽譜を見ながらひたすらゆっくり最初の16分音符を引き続け、暗譜ができる様になってきたら、リズムを変えて練習していきます。

スタッカート(一音一音きって弾く方法)など取り入れてみるとよいでしょう。
徐々にスピードをあげて、間違えなくなってきたらそこで初めて早く弾く練習に入ります

そして気をつけて弾いてほしいことがあります。

上手に弾くということに集中しすぎて肩の力が入ってしまうことがよくあります。
長時間そのまま引き続けると肩こりの原因にもなりますので、極力意識して休憩を入れながら肩の力を抜くことを心がけましょう。

ショパンの「革命のエチュード」の弾き方で注意するポイントとは?

身体に力を入れすぎない事。

手首、肩、首に力が入っているとどうしても堅い音しかでてきません。

この曲に入る前に、ツェルニーやハノンといった指の練習の楽譜をさらっておくとよいかもしれません。
諸説ありますが、ハノンの練習で手首を痛めるといった例も出てますが、幼少期からピアノ教室に通っているお子さん達はハノン楽譜を練習している事が多いのです。
こちらの練習も譜読みが終わったらスタッカート法(タッタッタッ)やスキップ調(ターンタターン)での練習が良いとされていて、指の動きが良くなるとされています。

あとは気持ちを込めて弾きましょう。

そもそもこの曲はショパンの祖国ワルシャワで戦争が起こったとき出来上がった曲で、体の弱いショパンが戦力になれず祖国を案じ、思う気持ちが詰まった曲です。ぜひ時間のある方はショパンがどのような気持ちでこの大曲を作ったのか伝記書等を読んで調べてみるとよいでしょう。
より気持ちのこもった演奏になるに違いありません。

ショパンの「革命のエチュード」はあのリストでも最初は弾けなかった

フランツ・リスト(Franz Liszt/1811~1886)は、超絶技巧の先駆者とも言われるほどのピアニストでショパンとは友人でした。

フランツ・リストについて少し紹介しておきたいと思います。

代表的なピアノ曲として、ラ・カンパネラという曲がありますが、長年ピアノに携わっていた人でさえ完璧に弾きこなすのは難しい程の技術が必要になり、ピアニストがコンサートでよく選曲するほどのすばらしい大曲です。
ぜひ聴いてみてください。

ショパンは、リストに「革命のエチュード」を含めた練習曲を贈呈しました。ですが、そのなかの「革命のエチュード」のみひきこなせなかったのです。
リストでさえ、ショパンの「革命のエチュード」を弾きこなせなかったという話は有名な話しで、一度持ち帰り後日改めてショパンの前に現れ、「革命のエチュード」も完璧に弾きこなし、ショパンを唖然とさせたという話しがあります。
のちにショパンのエチュード集を全曲弾きこなしたリストに「革命のエチュード」をささげたとされています。

ショパンの革命を弾くためには、練習するしか方法はない?

最後になりますが、私なりのショパンの「革命のエチュード」を弾くコツをお伝えします。
まず、一日一度10分でもピアノに向かう事!!
これは、やはり目に見えないほどでも指の筋力はおちていきます。まして「革命のエチュード」ほどの早い難易度の高い曲を弾くということならなおさら実践して頂きたいです。
早く弾きたい気持ちをおさえ、最終段階の最後まで早く弾くのをおさえる。
これは、譜読み完成後どうしてもCDのように早く弾きたい!という方が多くいらっしゃると思いますが、早く弾くことで癖がつき指がもつれ始めなかなか直らないことがよくあります。
「頭では忘れてても指が覚えている」とピアノ経験者はよく話していますが、本当の話しで、ゆっくりたくさん練習に練習を重ねる事で指は覚えてくれます。
なので、完成したあとも何度もゆっくりたくさん弾くことをおすすめします。