ジムスタッフとの会話を躊躇するより仲良くなる方がメリット大

運動不足解消やダイエット目的でジムに通っている方も多いと思いますが、ジムスタッフとトレーニング中会話をすることはありますか?

トレーニングに来ているのだから、ジムスタッフと特別会話をしなくてもいいのでは?と思ってしまいますし、込み入った話をするのは迷惑なのではとも感じてしまいます。

スタッフと会話をしても問題ないのか、スタッフと気軽に会話をし仲良くなる方法などについてご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

体が柔らかくなるストレッチ!毎日やると絶対に柔らかくなる!

体が固いと感じている人は多いものです。ですが諦めてはいけません! ストレッチを少しずつでも、毎...

猫のトリミングのポイントやコツとは?やり方を紹介します

猫のトリミングはどんなことをしたらいいのでしょうか?また、猫のトリミングのやり方とは? 愛猫を...

身体が柔らかくなりたいならストレッチ!そのポイントとは

身体が柔らかくなりたいならストレッチがおすすめ。 お金もかかりませんし、毎日コツコツ続けることで身...

歌の習い事は子供に最適!得られる効果やメリットを解説

子供の習い事でも人気のある音楽系の習い事。「歌」もその1つではないでしょうか。 楽器を使って学...

体脂肪を増やす方法。食事・運動・睡眠!痩せるも太るも同じこと!

体脂肪を増やす方法は、いくつかあります。 痩せることに必死な人が多い世の中で、太りたいなんて贅...

自治会の役員の上手な断り方!円満な断り方と引き受けるメリット

自治会や町内会の役員をどうしてもやりたくないとき、どんな風に断れば良いのでしょうか。上手な断り方が分...

風呂場に洗濯物を干すと、部屋干しよりもこんなにいいことが!

皆さん洗濯物はどこに干していますか? リビングで部屋干しや使っていない部屋に干すという人もいる...

アラサーで一人暮らしを始める。そのきっかけと必要性につてい

アラサーで一人暮らしを始めるきっかけとは? 逆に言うと、アラサーまで一人暮らしだったなんてと周...

鉄のフライパンに必要な「最初の手入れ」と「普段の手入れ」

鉄のフライパンは熱の伝わりが良いので、料理の仕上がりに違いが出ます。またフライパンのままオーブンで加...

車にぬいぐるみを置くのは違反?助手席などに乗せる心理

車のダッシュボードや助手席にぬいぐるみを置いている車を見かけたりしませんか? では、車内や助手...

猫の習性を知れば気持ちがわかる!面白い行動に隠された意味

猫を飼育しているとその独特な習性や行動を面白く感じたりと魅力をたくさん感じますよね。 今猫が何を感...

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

コンサートのうちわが目立つ色とは?背景と文字とのバランス

アイドルのコンサート=うちわというくらい、目立つ色でメッセージを書いた自作のうちわは定番グッツとなっ...

ブリッジのやり方を子供に教えるときのコツや続ける効果とは

ブリッジのやり方を子供に教えるときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか? では、子供...

自転車の塗装とサビ取りを自分でする方法とサビから守るコツ

自転車の塗装やサビ取りは道具を用意して手順通り行えば、女性ひとりでも意外と簡単に行うことができます。...

スポンサーリンク

ジムスタッフとの込み入った会話はタブーなの?

ジムでのトレーニングをしている方の中には、主に2通りのタイプがあります。トレーニングに集中して、誰とも会話せずにストイックに打ち込む人もいれば、さまざまな人との会話を楽しみながら、自分のペースでトレーニングに励む人もいますよね。

なかには、トレーニングそっちのけで話に花を咲かせているご婦人方もいるようですが、個人的には他人の迷惑にならない程度であれば、それぞれの楽しみ方があっても良いのではと思います。

仕事中のジムのスタッフに対して話しかけるのは気が引けるという方もいらっしゃるかもしれませんが、あまり気にせず話しかけてみることをオススメします。彼らも、お客さんがどんな目的でジムにやってきているのかを知ることで、より適切なアドバイスができますし、なによりもそれが彼らの仕事なのです。

もしも、あまり他人と接することが得意ではないのであれば、ムリしてスタッフとも会話する必要はないでしょう。その辺は相手も多くのお客さんと接してきたプロですから、必要以上にコミュニケーションを取ろうとはしてこないはずです。

ジムのスタッフと会話をきっかけに仲良くなるには

ジムに通う人の中には、初対面の人とも気軽に話せるタイプの人もいますが、きっかけがなければなかなか話しかけにくいものですよね。その点、ジムのスタッフであれば、すでにトレーニングに関することという共通の話題があるのですから、そこから身近な話題にも話を広げやすいので、話しかけるハードルは低いと言えます。

ですが、ジムによってはお客様との個人的な付き合いを禁じている場合も多いため、いきなり恋愛対象として積極的にアピールしてしまうと、かえって意識的に遠ざけられてしまう可能性もあるので注意が必要です。

たとえジムのスタッフに好意を抱いていたとしても、こちら側はあくまでもお客様なのです。つねに笑顔で丁寧に接してくれていたとしても、それは仕事の一部として、その他のお客様と同様に接してくれているだけかもしれません。

すこしでも仲良くなりたいと思ったら、あくまで自然に距離感を縮めて仲良くなることが大切です。

ジムのスタッフと自然に会話が弾むようになる方法

人は誰しも、自分の話していることに対して相手の反応がないと、「ちゃんと理解してくれているのだろうか?」と感じるものです。黙って話を聞いていたほうがいい場面もありますが、相手の話すことに対して相槌を打ったり、時々は質問を交えたりすることによって「自分の話をきちんと聞いてくれている」と感じて、より話しやすくなります。
話していて心地よいと感じる相手とは、積極的に話したくなるものですよね。

これらはジムのスタッフも同じで、やはり自分の話を聞き流している人よりも、きちんと興味を持って聞いてくれる相手に対してのほうが、話していても楽しいですし、好感度はグッと上がるでしょう。

また、徐々にトレーニング中の会話が増えてきたら、その他の世間話も織り交ぜてみましょう。挨拶に一言添えることで、より会話が続くようになります。ここで大切なのが、常に笑顔で話しかけること。それを続けることで、あなたの印象=笑顔となり、相手もより心を開いてくれることでしょう。

ジムのスタッフとトレーニング中に会話をしないといけない?

ジムに通う目的は主に身体を鍛えることですが、人とのコミュニケーションを楽しみにして通う人たちも少なくありませんよね。スタッフやジム仲間との会話を楽しみながら、一緒にトレーニングをすることで、ジムに通うモチベーションを保てるのであれば、それもまた良し。

ジムのスタッフはさまざまなお客さんを相手にしているわけですから、どのような接し方を望んでいるのかを判断し、なるべく一人一人に合わせた対応を心がけているはずです。

性別も年齢もバラバラな人たちが集まっているということは、さまざまなタイプの人がいます。会話を楽しみながらトレーニングをする人がいる反面、中には一人黙々とストイックにトレーニングに打ち込みたい人もいるでしょう。

必要以上の会話を望まないスタイルの人に対しては、ジムのスタッフも余計な話はしないで、要点だけを伝えるようにするなど、その辺は心得ているので、スタッフと無理に会話をしなければならないと気を遣う必要はないでしょう。

ジムのスタッフと会話するメリット

ジムのスタッフの主な仕事は、トレーニング器具の正しい使い方の説明や、効果的なトレーニング方法をアドバイスすることなどです。中にはきちんとスタッフのアドバイスを聞かずに、自己流でやっている人もわりと多いようですが、黙々とトレーニングしている姿をみると、なかなか指摘することも出来ずにいることも…。

普段からコミュニケーションの取れている間柄であれば、早い段階で適切なアドバイスを受けることが出来るので、より効果的に鍛えることが出来ますよね。

また、トレーニングに関すること以外にも、ジム周辺の飲食店やイベントの情報を教えてもらったりも出来れば、貴重な情報交換の場としても活用出来そうです。

このように、ジムのスタッフと仲良くなることで、ジムに通うことがより楽しくなれば、無理なく続けられそうですね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691