旦那が怖い。話せない。それは異常な夫婦関係ですよ

旦那のことが怖い。
突然怒り出すから、話せない。意見を言うことは許されない。

そんな、夫婦関係は異常です。パートナー関係は対等であり、公平の上に平等でなければなりません。

一方的に、支配される生活は存在してはなりません。

夫の言動や行動を、日記につけてみましょう。
後から読み返すと、いかに自分が異常な日常を送っているのかが、客観的にわかるはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学校のバザーに出すもので、手作りの場合のポイント!

小学校でバザーはありますか? 学校によって色んな細かいルールはあるようですが、子供のためならと...

PTA会長に推薦された場合の断り方とは?ウソはNGです

PTAの役員をやるだけでも大変なのに、会長に推薦されたりするとなんとか断りたいと考えてしまう人の方が...

既読スルー!友達から既読無視される。友達の心理と思いつくこと

既読スルー。 ちょっと凹むけど、LINEは気軽なツールです。 あまり気にしないほうがいいと思いま...

記憶を消したい。残念ながら記憶を消す方法はありません

記憶を消したい。 過去の記憶。 苦しい思い出。 思い出したくない場面。 心が重くなるよう...

授業中に寝るのがばれないコツと睡魔に打ち勝つ寝ない方法

授業中に寝るのがばれないコツはあるのでしょうか。 寝る体勢や座席によっても先生にばれずに寝るコ...

友達から遊びに誘われない理由と誘われる人になるための方法

ようやく大学に入ってできた友達。でも、遊びに行く時はいつも自分が誘ってばかりで、友達からは誘われない...

女性の肩幅は広いのがいい?狭いのがいい?男性目線から見た件

肩幅が広い女性から見ると、肩幅の狭い女性は華奢に見えたり女の子らしく見えたり、羨ましく感じることもあ...

神と妖怪の違いは?神様になった妖怪と幽霊と妖怪の違いを解説

神と妖怪の違いは一体何なのかご存知ですか?どちらも人間の目で見ることができない存在であり、存在してい...

10月始まりの手帳が売られているのはなぜ?始まり月の多様化

毎年12月になると、店頭に翌年のカレンダーと手帳が並びますよね。 毎年同じ手帳を使うという方も...

1歳半は絵本から成長する?読まないのはもったいない!

1歳半の子供に絵本の読み聞かせをしていると、他のものに興味が向くなどして集中しないこともあるでしょう...

夢と潜在意識の関係は?潜在意識は夢でメッセージを伝えてくれる

夢と潜在意識には関係があるという話を聞くこともありますが、実際にそんなことは起こり得ることなのでしょ...

新卒と中途との待遇の違いと中途採用者が出世するための秘訣

新卒とは違って中途採用者に求められるのは即戦力。 即戦力を期待されて入社しても、新卒よりも待遇が悪...

幼稚園バスがあるのにナゼ送迎は自家用車?その理由と注意点

幼稚園には園バスがあり園児の送迎を行ってくれます。しかし自家用車で送迎をする保護者の方も。 な...

木綿VS絹ごし、麻婆豆腐に合う豆腐の紹介と美味しくするコツ

麻婆豆腐はふんわりとした豆腐が美味しいですね。 この豆腐、木綿と絹ごしあなたはどちらを使っています...

中国人観光客が日本に押し寄せる理由について調べた

日本国内で中国人観光客を見ない日はありません。それくらい日本には中国人観光客が押し寄せるのですが、な...

スポンサーリンク

旦那が怖い、話せない。これは精神的に支配されている状況だと思われます

妻が旦那に不満を漏らしたとします。

この時に、妻の言い分を聞くどころか、威圧的な態度や説教、そして激しい怒りになって返ってくると、妻は旦那に従うだけの存在になっていくでしょう。

旦那に逆らうと、無視が続いたり怒鳴ったり。
日常的に怒られるので、旦那の顔色をうかがいビクビクする生活になってしまうのです。

また、生活費を十分にもらっていないというケースや、子供がほしくてもなかなか作ろうとしてくれないなんてケースも。

妻の体が弱くてしっかりしていないから、子育てするのはムリと言われてしまうのです。
常に、妻が悪いと言われ続けるので、自信もなくなって自分が悪いから旦那がこんな態度なのだと思い込んでいる事もあります。

しかし結婚して10年経つと、さずがにこのままでいいのかな、本当に私が悪いのかなと、旦那から逃れたいという気持ちが強くなっていくでしょう。

そこで離婚を考えても、経済的に余裕もなくきっと旦那も離婚に反対してくる。40代になってしまい、どうしてここまで一緒に居てしまったのかと思うように。

それは、やはり旦那に支配されていたからなのです。
自分で判断して行動する力を喪失してしまっていたからなのです。

旦那が怖い、話せない…。それは、モラハラです

まずは、モラハラ加害者の特徴についてです。

  • 突然不機嫌になったりする。怒りを爆発させたりする
  • ウソで自分を大きく見せる
  • モラハラと、優しくて機嫌がいいとの繰り返し

次は、モラハラ被害者の特徴です。

  • 責任感が強い
  • 頼まれると断る事ができない
  • 人のために、自分を犠牲する

対等に夫婦関係を築けていけないというは、モラハラの特徴でしょう。

旦那が怖くて、逃げる事は悪い事ではないかもしれないど、たまに優しい時もあるから。

そう思っているかもしれませんが、モラハラ旦那が妻に優しくなるのは、モラハラ行為の対象であるあなたを逃がさないためなのです。

たまに優しいからと、その時のために一緒にいることに意味があると思いますか?

逃げて距離を置いても良いのではないでしょうか。

これは私の経験ですが、モラハラのストレスから解放されたくて別居しました。
色々トラブルもありましたが、離婚が成立し、今は別の人との人生を歩んでいます。

もし、逃げる勇気がないのなら、自分の考え方を変えるのも1つの方法じゃないかと思っています。

旦那が怖い、話せない。キレるタイミングを察知して

旦那のモラハラ行為の対処法

1番大事な事は、前兆を察知してできるだけスルーすること。

モラハラに対して心の準備をして、絶妙なタイミングで対応ができるようになる為には、前兆を察知することが大事です。

気にいらない状況になった時など、その前兆が現れませんか?
スーパーの駐車場が満車でなかなか空きがない場合、イライラしますよね?
そして他のお店に行こうと言っても、オレはここに停めたい!!!となるでしょう。

こうなると、もう止めようがありません。

そこで対処法は、何も言わずにイライラしていることに気づかないふりをすることです。
何を言っても、どんな対応をしても旦那のモラハラは始まります。
なので、気づかないふりをしてスルーする事が1番なのです。

  • 傍観者になる事
  • 気にしない事
  • 聞き流す事
  • 逆転の発想をする事

これができると、モラハラ旦那との生活がたラクになるのではないでしょうか。

モラハラまではいかないけれど、こんな夫はストレスです

旦那ストレスに陥っている人はいませんか?
そこの旦那さん。私の妻は大丈夫って、根拠もなく安心していませんか?

パートナーにストレスを与える男性にはタイプがあるようです。
そして旦那に対して、不満を言えない女性もキケンです。

では、妻を主人在宅ストレス症候群にさせてしまう夫の特徴などを紹介します。

妻にストレスを与える夫の特徴

それはこのような行動をする男性です。

帰宅後や休日に、毎回食事の献立を聞いてきたり、入浴の準備を妻にさせたりします。
また、一人で食事をした時は自分で後片付けをしなかったり、妻の都合を考えずにリクエストや要求を行い、妻になんでも指図する。

このように、自分中心で妻が動くことを強要する旦那は、相手を精神的にも体力的にも追い詰めるでしょう。また、妻が出歩くのを快く思わないで、行動を制限するような言動が目立つ男性もいますよ。

当てはまっている旦那さん、いませんか?

モラハラ夫の正体を見抜いた時に、あなたは救われます

旦那の正体がわかれば、旦那への恐怖は大幅に減るでしょう。

正体も知らず、何者かわからないという状態は1番怖くないですか?

正体をしらないと、頭の中で勝手に旦那をモンスター化してしまいますよね?

まずは、旦那があなたに対して何をしているのかを認識する事からはじめてください。

そうると、あなたはモラハラ行為をする旦那を、本当にしょうもない人間だと気づく事ができるでしょう。

そして、その人から押さえつけられていた事にも気が付く事もできるでしょう。

どうですか?だんだん怒りに震えてきませんか?

それが当然なのです。

旦那がどういう人間かをよく見てください。
モラハラ行為をする旦那を心底、見下す日が来ると思います。

そして格下の人間に見え、彼に関心を持つことが難しくなるでしょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691