ホイップクリームを保存するなら冷蔵?冷凍?オススメの保存方法

ホイップクリームって意外と余ってしまい困りませんか?冷蔵保存でどの位持つのかが気になりますよね。

そこでホイップクリームの保存期間について調べてみました!生クリームはホイップするかしないかでも保存期間が変わってきますよ!

また少しでも保存期間を延ばしたいときに、オススメの保存方法についてもご紹介いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大学生の美容院選びは値段から?選ぶポイントやかける平均金額

大学生が初めて美容院を選ぶときは、値段が一番気になるようです。学生ですものそれは大事ですよね。 ...

大学に行ったら彼氏・彼女ができるって思ってたのにできないよ!

大学へ進学したら彼氏や彼女ができる! そう、感じていたのに実際のところは… 高校のように...

革のひび割れ修復を自宅で【革靴編】注意点やポイントと予防対策

革のひび割れの修復は自分でもできるのでしょうか?革靴を丁寧に履いていたつもりなのに、気がつけばひび割...

グルーガンのグルーで作る簡単可愛いアクセサリーの作り方

グルーガンを使う時には、接着剤として購入する方が多いと思います。接着剤としても優秀なグルーガンですが...

職場でお菓子を配る行為は迷惑かどうか。上手な断り方の方法とは

職場でお菓子を配る人がいます。どこかのお土産を買って来ましたという他にも毎日のようにお菓子を持ってき...

別居はするけど離婚しない!浮気されても離婚しない理由と対処法

パートナーに浮気をされていたことがわかると、とてもショックですよね。悲しい気持ちを抱えて辛い時間を過...

待ち合わせに遅刻する人の対処方法連絡なしの場合は帰るのもアリ

待ち合わせではいつも待たされてばかり。毎回のように遅刻してさらに連絡なしの彼氏や友人に振り回されて疲...

アロマの香りを長持ちさせる方法とは?場所に合わせる事が大切

アロマの香りを長持ちさせるにはどのような方法があるのでしょうか?アロマの香りは使い始めは丁度良くても...

アロマハンドクリームの作り方のコツと気をつけたい注意点

アロマハンドクリームの作り方は材料が揃えばどなたでも簡単です。水洗いなどで手が荒れてしまっても、自分...

玄関のタイルをDIYで貼り替える方法と貼替え時の注意点

玄関の古いタイルを新しいタイルにしたいなら、思い切ってDIYに挑戦してみませんか? プロに頼むのも...

嫉妬や妬みの違いとは?嫉妬や妬みに隠れた心理を紹介します

誰にでもある嫉妬や妬み・・このふたつの気持ちにはどのような違いがあるのでしょうか? 気にしなけ...

卵の白身が濁ってるのは新鮮なしるし?卵の鮮度について

卵の白身が濁ってると、もしかしてこれは古い卵なのでは…と思ったことはありませんか? 卵かけご飯やす...

コンサートチケットの本人確認が増えている理由と注意点

コンサートチケットの中には、本人確認が必要なチケットがあります。私も最近体験しました。 コンサート...

ショパンの別れの曲の難易度とは?練習する場合のコツを教えます

ちょっと聞いた限りではショパンの曲の中ではそれほど難易度は高くないように思える「別れの曲」。 ...

おばあちゃんの誕生日に子供と一緒に作れる料理とスイーツ

おばあちゃんの誕生日をお家でお祝いする時には、お祝いのお料理を何にしようかと悩みますよね? また、...

スポンサーリンク

ホイップクリームの保存は常温NG!冷蔵での保存方法

まずは開封していない生クリームですが、皆さん知っての通り常温の保存はできません。
開封していなくても冷蔵庫で保存をしましょう。保存温度は3度以下となっています。

また保存期間ですが、生クリームのパッケージに表示されている期限までとなっています。種類にもよりますが、牛乳とは違ってスーパーで買ってくると1~2ケ月ほどもつようです。

でも味に違いが出てくると思いますので、なるべく早く使用したほうが良いと思いますよ。

そして気になるのは開封した後ですが、冷蔵庫で保存をする場合は劣化がすぐに始まってしまうの、すぐに利用をしてください。

また冷凍をする事もできますが、ホイップをせずに冷凍をする場合は解凍後、油分と水分の分離が気になります。

この場合はホイップをして使用するのではなく、料理などに使用することをオススメします。

ホットコーヒーに入れてもいいですね。

ホイップクリームを冷蔵で保存する方法

一度開封をしてしまうと冷蔵保存は向かないというお話をしましたが、保存方法次第では少しだけ保存期間を延ばすことが出来るようです。

泡立てずに保存をするならば、そのままではなく蓋付きの保存容器がオススメです。そのままだと1~3日程度しか持ちませんが、保存容器に移すことで保存期間を1週間程度に延ばすことが出来ます。

次に泡立てをしたホイップクリームですが、コチラは泡立てる前よりも劣化が早い場合があります。

使う分だけ泡立てをして使いきってしまうことをオススメしますが、余ってしまって翌日などに使用したいというときには、やはり保存容器に入れて冷蔵保管をしてください。

保存期間は1日程度です。泡立てをしてしまったホイップクリームは、そのまま使用するよりも調理に利用したりと加熱する方法が良いと思いますが、もしホイップしたまま使うならば、もう一度泡立てが必要になると思います。

そのことも頭に入れて生クリームの泡立てをするときは7~8割程度にしておき、使うときに使う分だけをしっかりと泡立てると、仕上がりが良くなります。

ホイップクリームを保存するなら冷蔵よりも冷凍がオススメ!

では生クリームを保存するときは、どのような保存方法が一番良いのかというと、やはり冷凍保存です。この方法なら、保存期間を延ばすことが出来ます。

しかし上記した通り、ホイップをする前の生クリームを冷凍保存した場合、分離してしまうことを考えると料理の中にいれて使う方法しかありません。

そこでお菓子作りなどに飾りとして使用したい場合には、ホイップをしてから冷凍すると良いでしょう。

方法はとっても簡単です。生クリームに砂糖を入れてデコレーションをするときと同じようにホイップをします。

あとは蓋付きの保存容器に入れて冷凍するだけでOKです。

またホイップした生クリームを絞り袋に入れて、バットや金属トレーなどに搾り出して冷凍する方法もあります。

この時、トレーなどにはクッキングシートを敷いておくと、ホイップクリームが取れやすくなりますよ。

コレだとそのまま飾りとして冷凍したホイップクリームを使うことが出来て便利ですよね。コーヒーなどの飲み物には凍ったまま浮かべることもできてとても便利です。

冷凍したホイップクリームの使い方別解凍方法

お菓子やフルーツにホイップクリームを使いたいと考えているならば、ホイップした生クリームを絞り袋に入れて、両端を閉じて冷凍すると使い勝手がよく便利です。解凍は冷蔵庫で自然解凍してくださいね。

次に料理などに使用する場合には先ほどもお話したとおり、ホイップしなくてもそのまま生クリームを冷凍したものを使ってOKです。その場合は保存容器などに入れて冷凍しましょう。

またコーヒーなどの飲み物にホイップしたクリームをのせたいという場合ならば、絞ったホイップクリームを冷凍する方法がオススメ。

コレだとホイップも凍りやすいですし、凍った後はトレイから外して密閉容器や袋に入れて保存をする事も可能です。

ちなみに冷凍保存をしたからといって、保存期間が劇的にのびるわけではありません。あまり冷凍保存を長くしてしまうと味が落ちてしまうので半月~1ヶ月までの間には、食べきってしまうことをオススメします。

冷凍したホイップクリームを使ったオススメレシピ

冷凍庫を覗いてみるとホイップクリームが残っている。そんな時に使いきりが出来るオススメのレシピをご紹介します。

ヨーグルトと生クリームが運良く冷蔵庫に残っていたら作って見ましょう。

ヨーグルトと冷凍ホイップクリームをミキサーにかけると、ヨーグルトドリンクができます。

材料はヨーグルト、冷凍ホイップクリーム、そして氷です。さらにあれば、ジャムや蜂蜜、フルーツを入れると自分好みのヨーグルトドリンクを作ることができます。

ヨーグルトの酸味が生クリームのクリーミーさと混ざり合い、とても飲みやすくさっぱりとした口当たりになります。

食欲がわかないときでも、飲みやすいと思いますのでぜひ作って見て下さい。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691