粘土工作が幼児に与えるメリット!粘土は子供の脳を発達させる

粘土を使って工作を作ると、幼児の発達に色々な嬉しいメリットを与えます。小さいうちから粘土を使って子供の脳や感覚を発達させましょう!

粘土で工作をすることで、子供たちは色々なことを学んでいきます。メリットを理解して、親子で一緒に粘土工作をしてみましょう。

そこで今回は、粘土で工作を作ることが子供に与えるメリットについてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ノートの使い道。今話題の趣味ノートを作ってみよう!

ノートの使い道って人それぞれです。 主に、勉強に使うイメージですが、今話題の『趣味ノート』を始めて...

駐車場のスリット部分に雑草が。すき間の雑草対策方法とは

駐車場のスリットに雑草が生えてしまうのをどうにかしたい。雑草対策にはどのようなものがいいのでしょうか...

セキセイインコがおしゃべりが上手で得意な理由!

犬や猫などのペットを飼育している人は、この子はどんな話をするんだろうと一度は話しをしてみたいと考えた...

女性の肩幅は広いのがいい?狭いのがいい?男性目線から見た件

肩幅が広い女性から見ると、肩幅の狭い女性は華奢に見えたり女の子らしく見えたり、羨ましく感じることもあ...

料理が上手い人の基準はどこ?これができれば料理上級者に見える

女性ならば、やはり料理は上手になりたいもの。 最初はみんな料理初心者ですが、周りの人から見た時の料...

セキセイインコはおしゃべり上手!オスが話し出す時期と練習方法

「セキセイインコのオスはおしゃべりが得意だ」という話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。...

植物を育てるのが上手な人が実践!植物を元気に成長させる方法

部屋やお庭に植物があると見ているだけでも癒されますし、部屋やお庭の雰囲気もぐっとよくなりますし、花を...

コンサートチケットの本人確認が増えている理由と注意点

コンサートチケットの中には、本人確認が必要なチケットがあります。私も最近体験しました。 コンサート...

うさぎがハーネスを嫌がる時の装着方法とハーネスに慣らす方法

「ハーネスを付けてうさぎと散歩をしたい」と思っている飼い主さんもいますよね。ですが、うさぎがハーネス...

母の一人暮らしは寂しい思いをしていないか心配。出来る事を紹介

男性の寿命よりも女性の寿命の方が長いため、老後は女性が残されることになるケースは多いのではないでしょ...

金魚の水槽を掃除いらずにすることは可能?綺麗な水槽を保つコツ

金魚飼育でもっとも大変な作業が、水槽掃除です。掃除いらずの水槽が作れたら…と思う方も多いのではないで...

授業中に寝るのがばれないコツと睡魔に打ち勝つ寝ない方法

授業中に寝るのがばれないコツはあるのでしょうか。 寝る体勢や座席によっても先生にばれずに寝るコ...

電車に乗る時の子供の暇つぶし方法!ゲームやおすすめグッズ紹介

小さな子供を連れて電車に乗る時、長い時間電車を利用することで、子供が飽きてしまうことがあります。 ...

跳び箱練習を自宅でするオススメな方法と誰でもできるコツとは

跳び箱の練習は跳び箱がなくても自宅でできるのでしょうか? では、自宅でできる跳び箱が飛べるよう...

猫が赤ちゃんの鳴き声を出す理由と対処法!猫の気持ちを知ろう

飼っている猫が赤ちゃんのような鳴き声を出しているとき、一体なぜそのような鳴き声を出すのかわからない飼...

スポンサーリンク

幼児が粘土工作を作るメリット

粘土工作で感覚機能や手、指の発達を促す

直接手で粘土に触れることで、粘土の冷たさや触れた感覚を感じることができます。

触れた時の刺激が大脳に伝わって意欲的に活動することにつなげます。

また、手を使って丸めたりつまんだりする行動で手や指の発達を促します。

粘土工作には創造性を育む効果あり

柔らかくて扱いやすい粘土は、色々な形を作ることができます。

頭の中で思い描いたイメージを形にすることで創造性を育んで豊かな発想力を育てることができます。

科学的な思考力を育む効果も粘土工作にはあります

粘土をひっぱたり丸めたりすることで、どんな形に変化するのかを知ることができます。

ヘラを使って形を作ったり、抜き型を使うことでどんな形になるのかを考え、因果関係を元にして結果を予測するという思考力を身につけることができます。

粘土で工作をすることは幼児にこんなメリットもあります

粘土工作で集中力を身につけることができる

子供が粘土で遊んでいるとき、何も話さずに黙々と作業をしていることが多いです。

これは、自分の頭の中にある作りたいものを作るために集中して作業してるからです。

粘土をしてる間は、次はどんな形にしようか、これを作ってみよう!というように、先のことを考えながら集中して取り組むようになります。

子供は集中力が続かないことが多いですが、粘土で遊ぶことによって集中力を身につけてあげましょう。

粘土工作は脳や五感を刺激する

子供の色々な感覚を刺激してくれるのが粘土のメリット。

粘土の柔らかさや色、臭いなど、子供の五感を刺激する要素が含まれています。

粘土が与える刺激によって子供の感性を伸ばしていける効果があるのです。

幼児の粘土工作におすすめの粘土は?

子供が粘土遊びをする時にオススメなのが「小麦粘土」です。

小麦粘土は100円均一で購入することもできますし、コスト面を考えても安いです。

また、触った感じも柔らかく、色々な色がありますので、子供が粘土遊びをするときにはオススメの粘土になります。

気軽に購入して子供に粘土遊びをさせてあげましょう。

最近では自宅で小麦粘土を手作りする人も増えてきています。

小麦粘土は「小麦粉・水・油・塩・食用色素」があれば簡単に作ることができます。

口に入れても問題のないもので作られていますので、子供が口に入れてしまった時のことを考えても安心なものになりますね!

粘土を手作りする工程をお子さんと一緒に楽しむのもオススメですよ!

ですが、自分で作った手作り粘土には防腐剤が含まれていません。

手作りをした小麦粘土は、その日のうちに破棄するようにしましょう。

多めの塩を入れてジッパー付きの袋で保存をすれば2~3日程度は日持ちします。

子供が芸術を習うメリットは?

子供が芸術に触れ合うことによるメリット

想像力や表現力を育む

 

自分のアイデアを元に作品を作るということは、物を作り出す想像力や表現力を身につけられるということになります。

アイデアを考えることや、どうすればもっと良くなるか、もっとうまく作れるようになるかを考える力が付き、工夫することや知恵を出すことを学んでいきます。

こういったスキルは勉強面でも役立てることができます。

感性や感覚が身につく

先生のお手本や作品を目にすることで、自分以外の人が作った物に触れ合う機会が多くなります。

綺麗なものや面白いものを見て鑑賞し、芸術を楽しむことを覚えていきます。

絵の具を使うことで色の変化を学び、色彩感覚を身につけることもできるのです。

また、立体感覚や観察眼、バランスを見て工夫する力、デザイン性を鍛えるというメリットもあります。

大人も一緒に粘土遊びをやってみよう

粘土遊びはとても単純なものですが、はじめて粘土で遊ぶ子供にはとても難しいものです。

手のひらのどこを使うか、どの部分をどうやって動かせば良いかなど、こうした部分が経験のない子供には難しいことでもあります。

子供に粘土を教える場合は、まずは大人がお手本を見せてあげると良いでしょう。

大人が楽しそうに粘土遊びをしていると、子供もそれを見て興味を持ってきます。

最初のうちは自分で作らずに「作って!」とねだって来ることも多いですが、作って上げることで子供の期待感を高めることもできます。

粘土遊びは、球・ひもが作れればあとは簡単!

粘土を作る時の基本としては、丸い球と紐状の物を作れるようになれば、それを組み合わせることで応用して色々な物を作れるようになります。

子供が経験することによって手先が器用になり、色々な物を自由に作れるようになっていきますよ!

子供と一緒に大人も粘土で楽しんでみましょう。
子供とのコミュニケーションを取ることができますし、何よりも楽しい時間を過ごすことができます。

粘土には、子供に嬉しいメリットがいっぱいです!


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691