野菜の水やりは夕方いいって本当?その理由とみずやりの仕方

野菜の水やりはいつあげるのが最適?夏の水やりは夕方がいいといわれますが、それは本当なのでしょうか?またその理由とは?

みずやりの仕方や時間帯、量や温度についてもご紹介いたします。

家庭菜園をされる方は、ただ水やりをするのではなくポイントを抑えてあげてくださいね。せっかくの野菜が台無しになってしまうこともあるようですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アメリカの結婚式は招待状から式のスタイルまで日本とは大違い!

アメリカの結婚式について調べてみたところ、招待状からその式のスタイルまで日本とは大きく違うことが分か...

yシャツの黄ばみを落とす重曹の使い方!頑固な黄ばみの落とし方

きれいに洗濯しているはずなのに、気付くと薄っすらと付いているYシャツの黄ばみ。特に襟周りが気にな...

ナンバープレートが盗難にあったら保険は使えるのか徹底解説

車上荒らしによってカーナビなどが盗難にあうケースが増えていますが、実はナンバープレートの盗難も多いと...

職場の虐めは残念ながらどこでもある。自分の身は自分で守ろう

「職場の虐めはどこでもあるものなの?」そう思っているあなたはきっと幸せな人です。残念ながら職場の虐め...

体が柔らかくなる期間は?柔軟の効果を感じるのに必要な時間とは

体が柔らかくなるにはどのくらいの期間が必要なのでしょうか?個人差があり、どのくらいのストレッ...

クレープのトッピングで人気のものは?美味しいクレープのレシピ

クレープのトッピングで人気のものは一体何なのか気になる人もいますよね。大人から子供まで人気のクレープ...

一人暮らしの女子料理の頻度と上手に作るコツ

進学や就職などで一人暮らしを始める人も多いですよね。はじめて一人暮らし女子の料理頻度はどのくらいなの...

綺麗なママについ嫉妬してしまう!でも態度に出すのはNGです

綺麗なママって、何をしたわけでは無くても周りから嫉妬されてしまうことがあるんですよね・・・。...

川エビのミナミヌマエビの飼い方!初心者向け飼育の基本

川エビの一種、ミナミヌマエビは育てやすく、初心者にも育てやすい種類です。大きさも小さめで、透明なかわ...

大学の入学式に親は出席するかしないか。出席率と注意点

小・中・高校の入学式は子供の成長も楽しみに出席したという保護者の方は多いでしょう。では大学の...

体を柔らかくする方法【簡単ストレッチ】効果的に柔軟性をアップ

体を柔らかくする方法と言えば、やっぱりストレッチですよね!ストレッチは続けることで効果を得られること...

下っ腹の痩せ方!筋トレで効果的に引き締めるその方法とは!

下っ腹がぽっこり出ているのが気になっているそこのあなた!痩せ方、知りたいですよね?筋トレで効果的に引...

長ネギのみじん切りの方法はこれで一発!細かいみじん切りの方法

長ネギは料理に欠かせない野菜の一つで、色んなメニューの名脇役として登場しますね。薬味としても人気...

【猫の出産】出産後の猫は食欲旺盛!栄養価の高い食事が大切!

飼っている猫が妊娠して出産をした時、飼い主さんが気になるのは猫の栄養や食事など、猫の健康面についてで...

うさぎが足ダンする理由と夜中に行った場合の対処法を徹底解説

幼稚園などでうさぎを飼っていると「うさぎを飼いたい。」と子供にねだられることもあるかもしれません。...

スポンサーリンク

野菜水やりの役割と夕方がいいといわれる理由

自宅の庭や畑でガーデニングや家庭菜園を楽しんでいるご家庭は、たくさんあります。

自分でつくった野菜を食べる瞬間は幸せな時間です。

野菜作りにおいて、欠かせない「水やり」ですが、いくつか役割があります。

  • 植物の根の部分に水を吸収させる
  • 根が呼吸するために必要な酸素を作り出す
  • 葉についた埃などを落とす
  • 株や土の温度を適正に保つ

このように、植物や水をやるという行為は、土をぬらすというだけではなく大切な役割があるということです。

水やりの時間も大切

基本は、朝のうちに水やりをすると良いですが、季節によっても温度が変わってきますので、時間帯や回数を考える必要があります。

真夏の日中は、外気はもちろんのこと、土の中も相当熱くなっていますので、ここで水やりをしてしまうと根が熱さで煮えてしまうことがあります。

なので、暑い夏などの水やりは、朝のまだ涼しいうちに済ませます。

特に、鉢植えなどでは、朝に水やりをたっぷりしても、夕方までには土がカラカラに乾いてしまうこともありますので、その場合は、また夕方にも水やりをしましょう。

また「打ち水」も、熱くなりすぎた地面の温度を下げるのに効果的なので、これも夕方行うのがよいでしょう。

夏の野菜の水やりはやっぱり夕方!早朝にもあげよう

夏の暑いときには、野菜の水やりは早朝のまだ涼しいうちにたっぷりとあげましょう。

基本的には、水やりはこの1回で大丈夫です。

植物は、日が出ている午前中に、光合成を行い成長しますので、光合成の活動を始める朝8時頃から水やりをすることをおすすめします。

鉢やプランターなどで育てている場合は、水は底面から流れるくらいたっぷりと与えます。
受け皿にたまった水は、毎回捨てるようにしましょう。

育てている作物によっても、水やりの加減は違ってきます。

そんなに水を必要としない作物もあれば、水をたくさん必要とする作物まで様々です。

その作物をひとつひとつ丁寧に観察し、水切れが良いものを見つけましょう。

水やりは朝に一日一回たっぷりと、というのが基本と書きましたが、その日の気温や作物によっても様子が変わってきます。

夕方までに水が乾ききって、しおれてくるような状態であれば、夕方の少し涼しくなってきた頃を見計らって、葉水をかけてやります。

昼間の暑い時間帯に水やりをすることは、土の中が蒸し風呂状態になってしまうので避けましょう。

野菜の水やり!夕方に毎日あげないといけない?

野菜作りのベテランの方の中には、水は毎日やる必要はないという意見もありました。

作物の種類によっても違うので、一概には言えませんが、作物に毎日たっぷり水を与えることによって、自分の力で根を伸ばさなくなってしまうということです。

確かに、人間も同じですよね。
苦労しなくても、お金が毎日天から降ってきたら、誰も一生懸命働かなくなりますよね(笑)

植物にも同じことが言えるようです。

毎日、ふんだんに水がもらえていると、自分で水を探す必要がなくなるので、根を伸ばさなくなる…なるほどと思いました。

逆に、植物にある程度我慢させて、ご褒美のようにたっぷり水を与えるという育てられた方をした植物は、水分や養分を根を伸ばして自分で探しにいくので、味も美味しい野菜になるということです。

種まきや苗の植え付け時の水やりの仕方について

野菜作りを行うときは種まきや苗の植え付けから始まりますが、この時の水まきにもポイントがあります。

種をまくときには、乾いた土ではなく、少し湿らせた土に、穴をあけて種をまきます。

そして、水やりは種が流れないように、静かに全体の土に浸み込ませます。

また、種まきの後は、土が乾燥しないように、芽が出るまでは土の表面を新聞紙などで覆っておくと良いでしょう。

苗の植え付けをする時には、土に苗鉢より少し大きめの穴をあけてあらかじめ水をやります。

そして、土が全体に湿ってから苗を植えつけていきます。

植え付けたら、周りの土を少し寄せて、植えた部分に盛り土をして土を固めます。
そして、土と根をよくなじませるように株全体に水をやります。

植え付け後の1週間は水を切らさないように注意しますが、その後は徐々に根が張っているので、植物自ら水や養分を吸収できるようになりますので、毎日の水やりは必要ありません。

むしろ水を与えすぎることで、根の発育が悪く、虚弱な野菜になる可能性が高いです。

土の表面の乾き具合を確認しながら、表面が白く乾いてきた頃が水やりのサインです。

水やりは時間帯の他に、温度や量も重要です

鉢やプランターで育てている植物の場合は、鉢底から水が流れ出るくらいが水やりの目安です。
地植えの場合は、その目安がわかりにくいのですが、土全体が湿るくらいというのがポイントです。

ただし、発芽までの期間や発芽直後にたっぷり水をやりすぎてしまうと、根の張りが十分でなくなるので、成長を妨げてしまうことにもつながります。

時期を考えながら、水やりの量も調整していきましょう。

水やりにおいては、水の温度もとても大きなポイントです。
人間にも言えることですが、水の温度は冷たすぎても体が冷えて、臓器にも負担がかかりますよね。熱すぎても、体にとっては良くはありません。

植物も同じで、適正の温度=常温がベストです。

水やりの際には水温にも注意をすると良いでしょう。