野菜の水やりは夕方いいって本当?その理由とみずやりの仕方

野菜の水やりはいつあげるのが最適?夏の水やりは夕方がいいといわれますが、それは本当なのでしょうか?またその理由とは?

みずやりの仕方や時間帯、量や温度についてもご紹介いたします。

家庭菜園をされる方は、ただ水やりをするのではなくポイントを抑えてあげてくださいね。せっかくの野菜が台無しになってしまうこともあるようですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夫が育児に協力的!イクメンの特徴と育児に非協力的な時の考え方

夫が家事や育児に協力的だとママもとっても助かりますよね!子供のお世話や家事に追われている時に夫が助け...

前髪を自分で切る割合は多い!失敗しないカットのポイントとは

前髪だけは自分で切るという人の割合は意外と多いそうです。もちろん、前髪だけでも美容室に行くという人も...

綺麗なママについ嫉妬してしまう!でも態度に出すのはNGです

綺麗なママって、何をしたわけでは無くても周りから嫉妬されてしまうことがあるんですよね・・・。 ...

別居はするけど離婚しない!浮気されても離婚しない理由と対処法

パートナーに浮気をされていたことがわかると、とてもショックですよね。悲しい気持ちを抱えて辛い時間を過...

韓国人の食べ方で気になる音、クチャクチャ食べる理由があった

韓国人はクチャクチャと音を立てる食べ方が多いといいます。 日本人がクチャクチャと音を立てて食べ...

ニートの息子を追い出す方法とニートにさせない事前予防とは

ニートの息子を追い出すために日々苦労をしているご家族もいるでしょう。 現在成人なのに働かないニ...

粘土工作が幼児に与えるメリット!粘土は子供の脳を発達させる

粘土を使って工作を作ると、幼児の発達に色々な嬉しいメリットを与えます。小さいうちから粘土を使って子供...

体を柔らかくする方法【簡単ストレッチ】効果的に柔軟性をアップ

体を柔らかくする方法と言えば、やっぱりストレッチですよね!ストレッチは続けることで効果を得られること...

猫の居場所は?雨の日に野良猫がいる場所とエサや過ごし方を解説

しとしとと雨が降っている雨の日、野良猫たちが一体どこで過ごしているのか気になる人もいますよね。家の中...

インドの列車はなぜ屋根にも乗るほど満員なのかを調査

インドの超満員列車をテレビや雑誌で一度は見たことあるのではないでしょうか。 日本の満員電車とは...

赤ちゃんに嫌われてる?母親が抱っこをすると泣く理由と対処法

初めて赤ちゃんを出産して、毎日一生懸命育児を頑張っているママたちの中には、母親が赤ちゃんを抱っこする...

宝くじが当たるときには前兆が?コレが気になった時がチャンス

宝くじが当たるときにはこんな前兆があるそうです!?いったいどんな前兆があるのでしょうか? 宝く...

スマホの自撮りでかわいく見せるコツ!テクニックでもっと好印象

今は多くの人がスマホを持ち、SNSなどに投稿する人も増えています。スマホで自撮りをする機会もますます...

スーツの後ろに付いてる糸は?ベントについている糸について

スーツの後ろに糸がバッテンについていますよね。スーツを着慣れない方はコレって何?と思われるのではない...

目玉焼きの黄身を真ん中にする方法!綺麗な目玉焼きの作り方解説

目玉焼きを焼くとき、いつも黄身が真ん中からずれて綺麗に作れないというお悩みを抱えている人もいますよね...

スポンサーリンク

野菜水やりの役割と夕方がいいといわれる理由

自宅の庭や畑でガーデニングや家庭菜園を楽しんでいるご家庭は、たくさんあります。

自分でつくった野菜を食べる瞬間は幸せな時間です。

野菜作りにおいて、欠かせない「水やり」ですが、いくつか役割があります。

  • 植物の根の部分に水を吸収させる
  • 根が呼吸するために必要な酸素を作り出す
  • 葉についた埃などを落とす
  • 株や土の温度を適正に保つ

このように、植物や水をやるという行為は、土をぬらすというだけではなく大切な役割があるということです。

水やりの時間も大切

基本は、朝のうちに水やりをすると良いですが、季節によっても温度が変わってきますので、時間帯や回数を考える必要があります。

真夏の日中は、外気はもちろんのこと、土の中も相当熱くなっていますので、ここで水やりをしてしまうと根が熱さで煮えてしまうことがあります。

なので、暑い夏などの水やりは、朝のまだ涼しいうちに済ませます。

特に、鉢植えなどでは、朝に水やりをたっぷりしても、夕方までには土がカラカラに乾いてしまうこともありますので、その場合は、また夕方にも水やりをしましょう。

また「打ち水」も、熱くなりすぎた地面の温度を下げるのに効果的なので、これも夕方行うのがよいでしょう。

夏の野菜の水やりはやっぱり夕方!早朝にもあげよう

夏の暑いときには、野菜の水やりは早朝のまだ涼しいうちにたっぷりとあげましょう。

基本的には、水やりはこの1回で大丈夫です。

植物は、日が出ている午前中に、光合成を行い成長しますので、光合成の活動を始める朝8時頃から水やりをすることをおすすめします。

鉢やプランターなどで育てている場合は、水は底面から流れるくらいたっぷりと与えます。
受け皿にたまった水は、毎回捨てるようにしましょう。

育てている作物によっても、水やりの加減は違ってきます。

そんなに水を必要としない作物もあれば、水をたくさん必要とする作物まで様々です。

その作物をひとつひとつ丁寧に観察し、水切れが良いものを見つけましょう。

水やりは朝に一日一回たっぷりと、というのが基本と書きましたが、その日の気温や作物によっても様子が変わってきます。

夕方までに水が乾ききって、しおれてくるような状態であれば、夕方の少し涼しくなってきた頃を見計らって、葉水をかけてやります。

昼間の暑い時間帯に水やりをすることは、土の中が蒸し風呂状態になってしまうので避けましょう。

野菜の水やり!夕方に毎日あげないといけない?

野菜作りのベテランの方の中には、水は毎日やる必要はないという意見もありました。

作物の種類によっても違うので、一概には言えませんが、作物に毎日たっぷり水を与えることによって、自分の力で根を伸ばさなくなってしまうということです。

確かに、人間も同じですよね。
苦労しなくても、お金が毎日天から降ってきたら、誰も一生懸命働かなくなりますよね(笑)

植物にも同じことが言えるようです。

毎日、ふんだんに水がもらえていると、自分で水を探す必要がなくなるので、根を伸ばさなくなる…なるほどと思いました。

逆に、植物にある程度我慢させて、ご褒美のようにたっぷり水を与えるという育てられた方をした植物は、水分や養分を根を伸ばして自分で探しにいくので、味も美味しい野菜になるということです。

種まきや苗の植え付け時の水やりの仕方について

野菜作りを行うときは種まきや苗の植え付けから始まりますが、この時の水まきにもポイントがあります。

種をまくときには、乾いた土ではなく、少し湿らせた土に、穴をあけて種をまきます。

そして、水やりは種が流れないように、静かに全体の土に浸み込ませます。

また、種まきの後は、土が乾燥しないように、芽が出るまでは土の表面を新聞紙などで覆っておくと良いでしょう。

苗の植え付けをする時には、土に苗鉢より少し大きめの穴をあけてあらかじめ水をやります。

そして、土が全体に湿ってから苗を植えつけていきます。

植え付けたら、周りの土を少し寄せて、植えた部分に盛り土をして土を固めます。
そして、土と根をよくなじませるように株全体に水をやります。

植え付け後の1週間は水を切らさないように注意しますが、その後は徐々に根が張っているので、植物自ら水や養分を吸収できるようになりますので、毎日の水やりは必要ありません。

むしろ水を与えすぎることで、根の発育が悪く、虚弱な野菜になる可能性が高いです。

土の表面の乾き具合を確認しながら、表面が白く乾いてきた頃が水やりのサインです。

水やりは時間帯の他に、温度や量も重要です

鉢やプランターで育てている植物の場合は、鉢底から水が流れ出るくらいが水やりの目安です。
地植えの場合は、その目安がわかりにくいのですが、土全体が湿るくらいというのがポイントです。

ただし、発芽までの期間や発芽直後にたっぷり水をやりすぎてしまうと、根の張りが十分でなくなるので、成長を妨げてしまうことにもつながります。

時期を考えながら、水やりの量も調整していきましょう。

水やりにおいては、水の温度もとても大きなポイントです。
人間にも言えることですが、水の温度は冷たすぎても体が冷えて、臓器にも負担がかかりますよね。熱すぎても、体にとっては良くはありません。

植物も同じで、適正の温度=常温がベストです。

水やりの際には水温にも注意をすると良いでしょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691