ラインが長文の友達にウンザリしたときの対処法と回避するコツ

ラインが長文の友達っていますよね。どうして彼女はそんなに長いラインを送ってくるのでしょうか?

では、友達からの長文ラインがめんどくさいときはどんな対応をしたらいいのでしょう?ウザいときの対処法とは?

また、長文ラインが職場の同僚の場合は少々気を使ってしまいますよね。そんなときにうまく回避するときの方法とは?

そこで、ラインが長文の友達にウンザリしたときの対処法と回避するコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

浴室の換気扇で洗濯物乾く!効率的な乾かし方のコツを紹介

浴室の換気扇は洗濯物乾くのにとても便利です。部屋干しでいつも洗濯物がなかなか乾かなくて困っているとい...

猫が尻尾の付け根を嫌がる理由とは?猫の急所を紹介します

猫は尻尾の付け根を触られると嫌がるのはどうして?実家の猫は尻尾の付け根を撫でると喜んでいたような…?...

ガスの元栓閉め忘れた!問題について。今のガスって元栓ないんだね

ガスの元栓を閉め忘れて外出しちゃった! もう、家に戻ることもできないしソワソワしちゃいますよね...

作り置きの容器は消毒した方が安心安全!消毒してから保存しよう

作り置きおかずを作ったら容器に入れて冷蔵庫で保存をしますが、その容器、しっかり消毒していますか? ...

岩塩がピンク色をしているのはなぜ?人気のヒマラヤ岩塩とは

ピンク色をしている岩塩を見たことがある人もいるでしょう。普通の塩は白い色なのに、なぜ岩塩がピンク色を...

記憶を消したい。残念ながら記憶を消す方法はありません

記憶を消したい。 過去の記憶。 苦しい思い出。 思い出したくない場面。 心が重くなるよう...

騒音問題を管理会社へ伝えた後の手紙の効果と問題解決に向けて

マンションで多い騒音の悩み。問題を解決してほしいと管理会社に連絡を入れた場合、騒音被害を訴えるやり方...

ベランダの目隠くしで隣の視線対策!おすすめの目隠し対策を紹介

賃貸マンションで生活している人の中には、ベランダ越しのお隣の視線や周囲の視線が嫌だと感じている人もい...

8ヶ月の赤ちゃんの昼寝。起こす?起こさない?

8ヶ月の赤ちゃん。 起こさないと、いつまでも昼寝を続けてしまいます。 でも、せっかく気持ちよく寝...

洗剤の種類を減らすメリットと上手に選ぶためのポイント

洗剤種類を減らすのはオススメです。種類を減らすだけで洗剤の置く場所もスッキリしますし、ストックの管理...

オリーブオイル賞味期限切れ活用法!捨てずにエコな使い道

オリーブオイルはどこのご家庭にもあり、パスタやサラダなどの調理に使うことが多いですよね。 最近は健...

スキンシップが苦手。子供への愛情不足を心配します

スキンシップが苦手。 母親でも、子どもに甘えられたりベタベタされたりするのを、苦手に思う人も居...

快適な温度とは?室内の過ごしやすい温度や湿度をご紹介

快適に過ごせる室内の温度はいったいどのくらいなのでしょうか? 過ごしやすい室内の温度は、季節によって...

アルバムをプレゼントして友達の誕生日をお祝い!作り方を解説

友達の誕生日にどんなものをプレゼントしたら良いのか悩んでいる人もいますよね。そんな時は、手作りのアル...

髪の毛の外ハネを直す方法!外出先でも直せる方法と外ハネ対策

髪の毛が外ハネするとなんだか気が滅入りませんか?キレイにスタイリングした髪の毛ので外出する方がテンシ...

スポンサーリンク

どうして?うんざりする友達の長文ライン!

友達とのコミュニケーションでラインを使うことが多くなってくることもあると思いますが、そのラインでの文章、長文だな?って感じる事はありませんか?

ある方の意見ですが、友達からのラインの文章で長文だと、「都合の良い人」にされてる可能性があるのでは?と指摘されています。

いつも悩みを相談したり、自分のことばかり話してくる人っていますよね。そういう時ってどんな対応をすると良いのでしょうか。

そんなラインがきたら、返信には時間をかけましょう。また、相手も暇でそのような文章を送ってきている可能性もあるので、あなた自身も自分のことを優先でよいのではないかと思います。

相手の方も、自分の人生にあまり満足ができていないから、長文になってしまうのかもしれませんね。少しそっとしてあげる事も手なのかもしれませんね。

友達からの長文ラインがめんどくさいときは?

友達からのラインが長文である、そんな時は、少し返事をするのに時間を置いて上げた方がよいことについてみてきました。ここでは、友達からの長文ラインですが、返事も面倒な時はどうしたらよいかについてみていきたいと思います。

友達からのラインが長文で返信に困った時の簡単にできる方法

  1. 未読にする
    面倒な場合ですが、ラインも開かずに、未読にする方法もあります。自分の都合が良いときに読むという手もありますよね。
  2. 忙しい」と伝える
    素直に「今、忙しいので返事できなくてごめんね」と伝えることもできます。そうすると、相手のからのラインの数も減ってくるのではないでしょうか。
  3. スタンプで返信する

無理に返事をしようとせずに、スタンプを利用することもできます。そうすることで、相手も「忙しいのかな?」と察してくれるのではないでしょうか。

友達からのウザい長文ラインを対処するには?

友達からの長文ラインが来るときは、未読にしたり「忙しい」と伝える事、またスタンプで返信すると、相手にも「忙しいのかな?」と察してもらえるのではないか?ということについてみてきました。ここでは、友達からの長文ラインにどう対処していけばよいのかについてみていきたいと思います。

色々対応しているけど、それでも友達から長文のラインがくる。
そんな時ですが、適度に「うん」「そうだね」と相槌をしてあげればよいのではないでしょうか。

ここで注意したいのは、あまり相槌の種類が多いと、興味があるように思われてしまうので、種類は少なくしましょう。あなたが「興味がない」ということが相手に伝われば、自然とラインの回数が減ってくるのではないでしょうか。

もう一つ考えられるのは、迷惑していることを相手に伝えることです。
「ラインが長すぎる」とはっきり伝えたとしても、本当の友達ならば、それ以降は注意してくれるかもしれませんよね。
本当の友達であれば、はっきり言っても、信頼関係は続くのではないでしょうか。

長文ラインへの返信は短く!うまく回避するには?

友達からの長文ラインへの対処法ですが、適度な相槌をすることによって、興味がないことを相手に示す、また、はっきり相手に迷惑だということについてみてきました。ここでは、長文ラインが来るときに、返事を短くして回避する方法についてみていきたいと思います。

長文ラインが来るときですが、返事を短くしてみたらどうでしょうか。毎回短い返事をしたら、相手も諦めがつき、長文ラインを送るのを辞めるのではないでしょうか。

また、長文ラインを送る人ですが、どんな性格なのでしょうか?

考えられるのは、自分のことを知って欲しいひと・気を使っている人。

相手の方も気を使って長文になっている可能性もありますが、迷惑になっていることも考慮しなくてはいけないのかもしれませんね。

職場の長文ラインを送る同僚への対処法は?

友達から長文ラインがくるけれど、そのように長文ラインを送る人の特徴を2点みてきました。
ここでは、仕事上、長い文章を送ってくる人への対処方法をみていきたいと思います。

長文になっている人ですが、短い文章だと、逆にきついと感じるかもしれないので、言葉を選んでいるうちに、長い文章になってしまうのかもしれませんね。

読んでいる側の人ですが、「既読スルー」になっているのかな?と気を使う時代になってきているのかもしれません。

仕事上では、相手も気を使って言葉を選んでいる可能性もあるので、こちらも丁寧な返事を要求されるのではないでしょうか。プライベートではないので、しっかりとした返答も求められるのかもしれませんよね。

プライベートでしたら、「ラインの文章が長すぎる!」ときっぱりいえるかもしれませんが、仕事となると、ある程度の対応も読む側は必要になってくるのかもしれません。とはいえ、送り側も読む側も、ビジネスマナーを守ってコミュニケーションをとっていきたいですよね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691