ラインが長文の友達にウンザリしたときの対処法と回避するコツ

ラインが長文の友達っていますよね。どうして彼女はそんなに長いラインを送ってくるのでしょうか?

では、友達からの長文ラインがめんどくさいときはどんな対応をしたらいいのでしょう?ウザいときの対処法とは?

また、長文ラインが職場の同僚の場合は少々気を使ってしまいますよね。そんなときにうまく回避するときの方法とは?

そこで、ラインが長文の友達にウンザリしたときの対処法と回避するコツなどについてご紹介致します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

騒音問題を管理会社へ伝えた後の手紙の効果と問題解決に向けて

マンションで多い騒音の悩み。問題を解決してほしいと管理会社に連絡を入れた場合、騒音被害を訴えるやり方...

浪人した友達を応援したい!やってもいいこと・悪いことは〇〇!

友達が受験に失敗して浪人することが決まった時、大変な受験勉強を励ましたり、次の受験で合格することがで...

8ヶ月の赤ちゃんの昼寝。起こす?起こさない?

8ヶ月の赤ちゃん。 起こさないと、いつまでも昼寝を続けてしまいます。 でも、せっかく気持ちよく寝...

親への挨拶…。結婚前提の彼女の両親に挨拶する時のマナーとは

彼女の親へ挨拶・・・。結婚前提で付き合っている彼女の両親に挨拶に行く時は緊張するでしょう。 その場...

猫が逃げたときの捕まえ方とは?探すポイントやコツを紹介

猫が逃げたときには慌ててしまいますが、まずは落ち着いてこの場所を探してみましょう。 猫が逃げた...

犬に食べさせてはダメ!クッキーや食べ物は人間用の物を与えない

飼い主さんが食べている物を犬が欲しがることもあります。ですが、人間用のクッキーなどの食べ物を犬に与え...

アラサーで一人暮らしを始める。そのきっかけと必要性につてい

アラサーで一人暮らしを始めるきっかけとは? 逆に言うと、アラサーまで一人暮らしだったなんてと周...

同棲の生活費は彼氏持ちか折半か。ケンカにならないお金のルール

彼氏と同棲をしたいという時には、お金のことも前もって話しておくのがおすすめです。生活費は彼氏持ちにし...

アメリカの結婚式は招待状から式のスタイルまで日本とは大違い!

アメリカの結婚式について調べてみたところ、招待状からその式のスタイルまで日本とは大きく違うことが分か...

facebookで友達削除するとメッセージによって気付くのか

facebookでもう繋がりたくない友達がいる場合、友達削除をすることで繋がらなくはなりますが、相手...

サイン会で大好きな漫画家に差し入れする場合に注意することとは

大好きな漫画家のサイン会が開催されると聞くと、行ってみたくなりますよね。 芸能人などのサイン会...

高校の作文の書き方のコツと高得点を取るためのポイント

高校入試の作文の書き方にはポイントがあるのでしょうか? 作文の苦手だと言う人は、作文を書くとき...

モラハラ離婚での子供への伝え方や影響と知っておきたいこと

モラハラ夫との離婚したいと思っていても、子供がいることでなかなか踏み込めないという人もいるかもしれま...

No Image

船を女性に例える理由!名前の決め方と女性の名前を付けるワケ

英語では船を女性に例えて表現することがありますが、これには一体どんな理由があると思いますか?また、女...

つけ麺スープの残りは美味しいダシ!残ったスープの活用法

ラーメンのつけ麺を食べると、どうしても最後にスープが残りますよね。 たっぷりとダシの効いた美味...

スポンサーリンク

どうして?うんざりする友達の長文ライン!

友達とのコミュニケーションでラインを使うことが多くなってくることもあると思いますが、そのラインでの文章、長文だな?って感じる事はありませんか?

ある方の意見ですが、友達からのラインの文章で長文だと、「都合の良い人」にされてる可能性があるのでは?と指摘されています。

いつも悩みを相談したり、自分のことばかり話してくる人っていますよね。そういう時ってどんな対応をすると良いのでしょうか。

そんなラインがきたら、返信には時間をかけましょう。また、相手も暇でそのような文章を送ってきている可能性もあるので、あなた自身も自分のことを優先でよいのではないかと思います。

相手の方も、自分の人生にあまり満足ができていないから、長文になってしまうのかもしれませんね。少しそっとしてあげる事も手なのかもしれませんね。

友達からの長文ラインがめんどくさいときは?

友達からのラインが長文である、そんな時は、少し返事をするのに時間を置いて上げた方がよいことについてみてきました。ここでは、友達からの長文ラインですが、返事も面倒な時はどうしたらよいかについてみていきたいと思います。

友達からのラインが長文で返信に困った時の簡単にできる方法

  1. 未読にする
    面倒な場合ですが、ラインも開かずに、未読にする方法もあります。自分の都合が良いときに読むという手もありますよね。
  2. 忙しい」と伝える
    素直に「今、忙しいので返事できなくてごめんね」と伝えることもできます。そうすると、相手のからのラインの数も減ってくるのではないでしょうか。
  3. スタンプで返信する

無理に返事をしようとせずに、スタンプを利用することもできます。そうすることで、相手も「忙しいのかな?」と察してくれるのではないでしょうか。

友達からのウザい長文ラインを対処するには?

友達からの長文ラインが来るときは、未読にしたり「忙しい」と伝える事、またスタンプで返信すると、相手にも「忙しいのかな?」と察してもらえるのではないか?ということについてみてきました。ここでは、友達からの長文ラインにどう対処していけばよいのかについてみていきたいと思います。

色々対応しているけど、それでも友達から長文のラインがくる。
そんな時ですが、適度に「うん」「そうだね」と相槌をしてあげればよいのではないでしょうか。

ここで注意したいのは、あまり相槌の種類が多いと、興味があるように思われてしまうので、種類は少なくしましょう。あなたが「興味がない」ということが相手に伝われば、自然とラインの回数が減ってくるのではないでしょうか。

もう一つ考えられるのは、迷惑していることを相手に伝えることです。
「ラインが長すぎる」とはっきり伝えたとしても、本当の友達ならば、それ以降は注意してくれるかもしれませんよね。
本当の友達であれば、はっきり言っても、信頼関係は続くのではないでしょうか。

長文ラインへの返信は短く!うまく回避するには?

友達からの長文ラインへの対処法ですが、適度な相槌をすることによって、興味がないことを相手に示す、また、はっきり相手に迷惑だということについてみてきました。ここでは、長文ラインが来るときに、返事を短くして回避する方法についてみていきたいと思います。

長文ラインが来るときですが、返事を短くしてみたらどうでしょうか。毎回短い返事をしたら、相手も諦めがつき、長文ラインを送るのを辞めるのではないでしょうか。

また、長文ラインを送る人ですが、どんな性格なのでしょうか?

考えられるのは、自分のことを知って欲しいひと・気を使っている人。

相手の方も気を使って長文になっている可能性もありますが、迷惑になっていることも考慮しなくてはいけないのかもしれませんね。

職場の長文ラインを送る同僚への対処法は?

友達から長文ラインがくるけれど、そのように長文ラインを送る人の特徴を2点みてきました。
ここでは、仕事上、長い文章を送ってくる人への対処方法をみていきたいと思います。

長文になっている人ですが、短い文章だと、逆にきついと感じるかもしれないので、言葉を選んでいるうちに、長い文章になってしまうのかもしれませんね。

読んでいる側の人ですが、「既読スルー」になっているのかな?と気を使う時代になってきているのかもしれません。

仕事上では、相手も気を使って言葉を選んでいる可能性もあるので、こちらも丁寧な返事を要求されるのではないでしょうか。プライベートではないので、しっかりとした返答も求められるのかもしれませんよね。

プライベートでしたら、「ラインの文章が長すぎる!」ときっぱりいえるかもしれませんが、仕事となると、ある程度の対応も読む側は必要になってくるのかもしれません。とはいえ、送り側も読む側も、ビジネスマナーを守ってコミュニケーションをとっていきたいですよね。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691