体力が落ちたらどの位で戻るの?戻す方法と期間について

体力が落ちた。

怪我で運動の練習ができなかったり、入院生活などで活動量が減ると、筋肉が減り体力も落ちてしまいます。

落ちた体力を戻すには、筋力を戻すことが重要になってきます。

体力が落ちたと感じたら、焦ってもとに戻そうとしますが、それは禁物です。
時間はかかりますが、筋力も体力も回復させることができますから、焦らずに運動を再開させましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【包丁の研ぎ方】シャープナーの使い方とデメリットについて

簡単に包丁を研ぐことができるグッズとして人気のシャープナー。しかし、使ったことがない人にとってはどん...

知り合いの父親が亡くなった時にかける言葉。ベストな言葉選び

友人や会社の人など身近な人の父親が亡くなったといういう突然の訃報に、なんて声を掛けていいのかよくわか...

雨で湿度が高い!ジメジメした嫌な湿度を下げる方法を教えて!

雨が降っていると家の中の湿度が高くなってジメジメ・・・。湿度が原因で気が滅入ったり、なんだかイライラ...

ヒールは歩き方で脱げる事も?脱げる原因と自分でできる対処法

パンプスなど、ヒールのある靴を履いていると脱げてしまう事もありますよね。歩き方によってはヒールが脱げ...

冬なのに湿度が高い?そんな場合の湿度を下げる簡単な方法!

冬の期間は湿度は低くなりますが、室内の湿度は高いということもあります。最近のマンションなどは...

ジムに必要な持ち物!バッグの選び方から便利グッズまでご紹介

運動不足解消のためにもジムへ通おう!となったら、ジム用のバッグ、ジムに必要な持ち物まで色々揃えなくて...

ダンスのキャップが落ちないようにする方法を紹介します

ダンスのキャップを落ちないようにする方法はあるのでしょうか?激しいダンスでもキャップが落ちないように...

畳にフローリングカーペットを敷く時はカビ対策を忘れずに!

畳にフローリングカーペットを敷くことで、和室から洋室へと変えることができますが、敷く前のカビ対策が大...

名前を間違える男性は脈なしかも。その心理とこれからの接し方

好きな人、気になる人から名前を間違えられたらショックですね。名前を間違えるくらいなのだから脈なし...

【音楽】ピアノの経験を活かせるさまざまな仕事

子供の頃からピアノを習っていて、将来はピアノの経験を活かした仕事をしたいと考える方も多いと思います。...

ミョウガの収穫時期は?夏ミョウガと秋ミョウガの収穫と栽培方法

家庭菜園でミョウガを育てている人の中には、家庭菜園初心者の方もいますよね。ミョウガの収穫時期について...

運転中のこんな行動にイライラ!助手席の人のマナーは大切です

長距離を運転しているときやドライブに出かける時など、誰かを助手席に乗せて運転をしたり、誰かの助手席に...

着物でトイレに行くときに気をつける事とは?行き方や入り方

着物でトイレに行きたくなったときにはどのように行けばいいのでしょうか?ずっとトイレを我慢する...

革靴のひび割れを自分で補修する方法と注意点を理解しましょう

お気に入りの革靴のひび割れ。長期間履いたのであれば寿命だと考える人もいるかもしれませんが、まだ諦めな...

服の生地の種類や特徴を理解して、上手に着こなしましょう

服を洗濯する時に表示を確認すると「綿」など生地の種類が必ず書いてありますが、いったいどのくらいの種類...

スポンサーリンク

体力が落ちたと感じ、とり戻すのにはどのくらいの時間が掛かるの

まずは落ちた筋肉をとり戻す

しかし、これには個人差があります。筋肉をとり戻すために必要な期間はトレーニングをしていた時間によって違うからです。そのため、素人が計算するよりも専門家に計算してもらった方がいいかもしれません。

運動でとり戻す場合

まず運動を習慣化させるようにしましょう。

「継続は力なり」と言いますが、体力は運動を継続しなければつきません。習慣化させるために必要な日数は21日間と言われているようですが、運動の場合は3ヶ月必要となります。簡単には体力は戻らないのです。

1週間運動しなかった場合、体力をとり戻すためには倍の2~3週間かかると言われていますが、運動を習慣化させる3ヶ月間が重要です。

まずは運動を継続させるようにしましょう。

体力が落ちたらとり戻すには相当な時間が掛かる

人間の体の筋肉量は年齢を重ねることによって減っていきます。若い男性と高齢の男性で比較した場合、片足の筋肉量の違いは約900gと言われています。

しかし若い男性であっても運動不足だと、体力は40~50代に低下することもあり、また高齢者になると運動不足によって失う筋肉量は少なくても筋肉を増やすことが難しくなるようです。

ある研究者グループが高齢者に運動に関する実験をしました。運動しない期間を設けた後で週に3~4回の自転車トレーニングを6週間続けたのですが、この6週間では元の筋肉に戻らなかったというのです。

2週間怪我や病気で入院して体力が落ちた場合

その間に失った筋力を取り戻すには3倍かかることもあると言われています。

運動不足によって失われた体力をとり戻すことは簡単なことではありません。時間も相当かかると覚悟しましょう。

また、体力を取り戻すための運動は有酸素運動だけではなく、負荷を加えて行うウエイトトレーニングも一緒に行った方が効果があります。

体力が落ちたと感じても、焦って戻すのは禁物!ゆっくりと回復させましょう!

サッカーをしている人が怪我で体力が落ちてしまった場合

早くとり戻したいからと重いウエイトの筋トレなどを最初から行ってしまうこともありますが、無理は禁物です。焦らずにゆっくりと時間をかけて行うようにしましょう。

まずは有酸素運動から始めましょう。ウォーキングやジョギングなどでもいいし、走ることが苦手であれば水泳もおすすめです。特に膝を傷めている人などは、水中ウォーキングでもよいでしょう。自転車も有酸素運動です。

痛みがない場合は、ダッシュなどのトレーニングを入れてみましょう。

ただし、何回も繰り返すだけではなく、休憩することもお忘れなく。そしてダッシュは体に負担がかかるので、毎日行わないようにしましょう。

回復までに時間はかかるかもしれませんが、焦らないようにしましょう。サッカーを楽しみながら練習していきましょう。必ず体力は戻ります。

トレーニングの中断中でも体力を維持する方法あります!

テスト期間などでトレーニングを中断して体力が落ちた場合

また、3年生になるとトレーニング自体をやめてしまう人もいますよね。

トレーニングを中断すること、またはやめてしまうことを「ディトレーニング」と言われています。活動量が減ってしまうことによって身体の機能も低下しますが、これはトレーニングをしていた期間や中断した期間、食事や性別などによっても変わってきます。

トレーニングを中断することによって「技能」「スピード」「筋力」「持久力」に影響が出ますが、技能やッスピードに関しては影響は少ないと言われています。この2つに関しては生まれつき持っている筋繊維に関係してくるからです。

しかし筋力と持久力に関しては、トレーニングを中断して2週間もすると落ちてきます。その後3~6ヶ月もするとトレーニング前のレベルに近いところまで落ちてしまいますが、まったく運動をしていない初心者まで落ちるというわけではありません。

ディトレーニングの影響を少なくするためには、強度(負荷)が関係してきます。トレーニングの時間や回数が減っても練習の強度(負荷)を保つようにすれば体力は低下しないと言われているのです。

テスト期間中であれば、通常のトレーニングの時間は確保できないでしょう。しかし、強度さえ保っておけば体力は維持することが可能なのです。

楽しく体を動かそう!気持ちと体に喜びを!

運動をした後は爽快感もあるし楽しい、それはわかってはいるものの、いざ運動をしようと思うと「30分走らなくちゃ。」とか「○kg痩せるまで頑張らなくちゃ。」などと考えてしまって動くのが億劫になってしまうのではないでしょうか?

体を動かすことは楽しいことです。実際に運動した後はごはんもおいしいし、程よい疲れもあってぐっすり眠れるなど良いことばかりだと思いませんか?そうなると、また運動しようという気持ちが生まれます。このくりかえしなのです。

体を動かすことは楽しいこと。自分も楽しいし、体も健康的になれるので喜んでいるのです。

体を動かすことが億劫だと感じる時には、運動は楽しいということを思い出して下さい。体力もついてくれば、億劫だと思わなくなりますよ!