体力が落ちたらどの位で戻るの?戻す方法と期間について

体力が落ちた。

怪我で運動の練習ができなかったり、入院生活などで活動量が減ると、筋肉が減り体力も落ちてしまいます。

落ちた体力を戻すには、筋力を戻すことが重要になってきます。

体力が落ちたと感じたら、焦ってもとに戻そうとしますが、それは禁物です。
時間はかかりますが、筋力も体力も回復させることができますから、焦らずに運動を再開させましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

テニスの点数の仕組みを理解して、10倍楽しく試合を見よう

テレビでテニスの試合を見ていると、野球やサッカーとは違った点数の仕組みがよくわからない人も多いのでは...

太もも裏側のストレッチ・ハムストリングスを伸ばす方法と効果

太ももの裏側にはハムストリングスという筋肉があります。この部分のストレッチを行うと、一体どんな効果が...

職場にノースリーブはおばさん以前の問題!避けるべきアイテム

職場にノースリーブを着ていくと「おばさんなのに肌を見せて」と陰口を叩かれる、といった意見も耳にします...

鍵の交換を自分でする方法!交換手順と注意するポイント

鍵の調子が悪く、開け締めがスムーズにいかない場合や、お子様が鍵を落としてしまった場合など、鍵の交換を...

車にぬいぐるみを置くのは違反?助手席などに乗せる心理

車のダッシュボードや助手席にぬいぐるみを置いている車を見かけたりしませんか? では、車内や助手...

部屋のドアの隙間をなくしたいときに試したい方法

部屋のドアに隙間があると、寒い冬なんかは床下がスースーして寒いものです。なんとか隙間をなくしたい!と...

不良品の交換はレシートなしでも対応可能なのか対処法を紹介

不良品の交換はレシートなしでもできるのか気になりますよね。まさか不具合があるなんて思ってもいないのだ...

うさぎがハーネスを嫌がる時の装着方法とハーネスに慣らす方法

「ハーネスを付けてうさぎと散歩をしたい」と思っている飼い主さんもいますよね。ですが、うさぎがハーネス...

8ヶ月の赤ちゃんの昼寝。起こす?起こさない?

8ヶ月の赤ちゃん。 起こさないと、いつまでも昼寝を続けてしまいます。 でも、せっかく気持ちよく寝...

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

【音楽】ピアノの経験を活かせるさまざまな仕事

子供の頃からピアノを習っていて、将来はピアノの経験を活かした仕事をしたいと考える方も多いと思います。...

洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置のメリット

「洗濯機を設置する際は防水パンなしでもいいの?設置したほうがいい?」という悩み。アパートやマンション...

単位を取れない夢をよく見る!そんな夢をみるのには意味がある

単位を取れない夢。起きた後も後味が悪いです。私は卒業をしてから何年もたつのに未だに、そんな夢を見るこ...

男性が結婚指輪をつけるのを嫌がった時の解決方法と妥協案

結婚したら男性も結婚指輪をつけるものだと思っていたのに、彼から「結婚指輪はつけたくない」と抵抗された...

免許【合格するコツ】学科試験の重要なポイントと注意点

免許合格のコツについては、日頃からの準備が大切です。学科試験にはなんとか一回で合格して、次の実技試験...

スポンサーリンク

体力が落ちたと感じ、とり戻すのにはどのくらいの時間が掛かるの

まずは落ちた筋肉をとり戻す

しかし、これには個人差があります。筋肉をとり戻すために必要な期間はトレーニングをしていた時間によって違うからです。そのため、素人が計算するよりも専門家に計算してもらった方がいいかもしれません。

運動でとり戻す場合

まず運動を習慣化させるようにしましょう。

「継続は力なり」と言いますが、体力は運動を継続しなければつきません。習慣化させるために必要な日数は21日間と言われているようですが、運動の場合は3ヶ月必要となります。簡単には体力は戻らないのです。

1週間運動しなかった場合、体力をとり戻すためには倍の2~3週間かかると言われていますが、運動を習慣化させる3ヶ月間が重要です。

まずは運動を継続させるようにしましょう。

体力が落ちたらとり戻すには相当な時間が掛かる

人間の体の筋肉量は年齢を重ねることによって減っていきます。若い男性と高齢の男性で比較した場合、片足の筋肉量の違いは約900gと言われています。

しかし若い男性であっても運動不足だと、体力は40~50代に低下することもあり、また高齢者になると運動不足によって失う筋肉量は少なくても筋肉を増やすことが難しくなるようです。

ある研究者グループが高齢者に運動に関する実験をしました。運動しない期間を設けた後で週に3~4回の自転車トレーニングを6週間続けたのですが、この6週間では元の筋肉に戻らなかったというのです。

2週間怪我や病気で入院して体力が落ちた場合

その間に失った筋力を取り戻すには3倍かかることもあると言われています。

運動不足によって失われた体力をとり戻すことは簡単なことではありません。時間も相当かかると覚悟しましょう。

また、体力を取り戻すための運動は有酸素運動だけではなく、負荷を加えて行うウエイトトレーニングも一緒に行った方が効果があります。

体力が落ちたと感じても、焦って戻すのは禁物!ゆっくりと回復させましょう!

サッカーをしている人が怪我で体力が落ちてしまった場合

早くとり戻したいからと重いウエイトの筋トレなどを最初から行ってしまうこともありますが、無理は禁物です。焦らずにゆっくりと時間をかけて行うようにしましょう。

まずは有酸素運動から始めましょう。ウォーキングやジョギングなどでもいいし、走ることが苦手であれば水泳もおすすめです。特に膝を傷めている人などは、水中ウォーキングでもよいでしょう。自転車も有酸素運動です。

痛みがない場合は、ダッシュなどのトレーニングを入れてみましょう。

ただし、何回も繰り返すだけではなく、休憩することもお忘れなく。そしてダッシュは体に負担がかかるので、毎日行わないようにしましょう。

回復までに時間はかかるかもしれませんが、焦らないようにしましょう。サッカーを楽しみながら練習していきましょう。必ず体力は戻ります。

トレーニングの中断中でも体力を維持する方法あります!

テスト期間などでトレーニングを中断して体力が落ちた場合

また、3年生になるとトレーニング自体をやめてしまう人もいますよね。

トレーニングを中断すること、またはやめてしまうことを「ディトレーニング」と言われています。活動量が減ってしまうことによって身体の機能も低下しますが、これはトレーニングをしていた期間や中断した期間、食事や性別などによっても変わってきます。

トレーニングを中断することによって「技能」「スピード」「筋力」「持久力」に影響が出ますが、技能やッスピードに関しては影響は少ないと言われています。この2つに関しては生まれつき持っている筋繊維に関係してくるからです。

しかし筋力と持久力に関しては、トレーニングを中断して2週間もすると落ちてきます。その後3~6ヶ月もするとトレーニング前のレベルに近いところまで落ちてしまいますが、まったく運動をしていない初心者まで落ちるというわけではありません。

ディトレーニングの影響を少なくするためには、強度(負荷)が関係してきます。トレーニングの時間や回数が減っても練習の強度(負荷)を保つようにすれば体力は低下しないと言われているのです。

テスト期間中であれば、通常のトレーニングの時間は確保できないでしょう。しかし、強度さえ保っておけば体力は維持することが可能なのです。

楽しく体を動かそう!気持ちと体に喜びを!

運動をした後は爽快感もあるし楽しい、それはわかってはいるものの、いざ運動をしようと思うと「30分走らなくちゃ。」とか「○kg痩せるまで頑張らなくちゃ。」などと考えてしまって動くのが億劫になってしまうのではないでしょうか?

体を動かすことは楽しいことです。実際に運動した後はごはんもおいしいし、程よい疲れもあってぐっすり眠れるなど良いことばかりだと思いませんか?そうなると、また運動しようという気持ちが生まれます。このくりかえしなのです。

体を動かすことは楽しいこと。自分も楽しいし、体も健康的になれるので喜んでいるのです。

体を動かすことが億劫だと感じる時には、運動は楽しいということを思い出して下さい。体力もついてくれば、億劫だと思わなくなりますよ!


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691