体力が落ちたらどの位で戻るの?戻す方法と期間について

体力が落ちた。

怪我で運動の練習ができなかったり、入院生活などで活動量が減ると、筋肉が減り体力も落ちてしまいます。

落ちた体力を戻すには、筋力を戻すことが重要になってきます。

体力が落ちたと感じたら、焦ってもとに戻そうとしますが、それは禁物です。
時間はかかりますが、筋力も体力も回復させることができますから、焦らずに運動を再開させましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

メイクでスポンジの代用に使えるアイテムと上手な選び方

メイクをするときにスポンジを忘れてしまったら、なにか代用できるアイテムはないかと探しますよね。...

脳の疲労回復にはこの音楽がオススメ!癒される理由と効果につて

脳の疲労回復に音楽を!音楽には、リラックス効果があることは医学的にも証明されています。...

電車に赤ちゃんと一緒に乗車する!周囲に迷惑をかけない方法

子育てをしていると赤ちゃんと一緒に電車に乗らないといけない場合もあります。出来るだけ電車に乗りたくな...

革のひび割れ修復を自宅で【革靴編】注意点やポイントと予防対策

革のひび割れの修復は自分でもできるのでしょうか?革靴を丁寧に履いていたつもりなのに、気がつけばひび割...

旦那の転勤。子供なしで転勤。孤独とさみしさを乗り越えるには

旦那の転勤による、精神的不安定さを抱えてしまう奥様はたくさんいらっしゃいます。転勤族だって知...

あなたの旦那も我慢しているかも?料理下手な妻を持つ苦悩

料理は美味しいことに越したことがありません。1日仕事を頑張り家では奥さんが美味しい料理を用意...

バスタオルを使わない割合って結構多いの?の疑問について

バスタオルを使わない家庭の割合って、どのくらいか知ってますか?私も常々疑問に思っていました。...

記憶を消したい。残念ながら記憶を消す方法はありません

記憶を消したい。過去の記憶。苦しい思い出。思い出したくない場面。心が重くなるよう...

お札の数え方!縦読み横読みの手の動きと指の動かし方

銀行員の人はお札の数え方が上手ですが、どう手を動かしてあんなに素早くお札を数えることができるのかと気...

ハムスターのトイレ砂として代用できるもの!困った時の代用品

ハムスターのお世話で、トイレ砂を交換しようと思ったら、トイレ砂が切れていた…。買いに行ける明...

ピアノの楽譜を暗譜する方法!コツを掴めば絶対に忘れずに弾ける

ピアノを発表会などでで演奏するときには、楽譜を暗譜することを求められますよね。では、ピアノの...

ジムスタッフとの会話を躊躇するより仲良くなる方がメリット大

運動不足解消やダイエット目的でジムに通っている方も多いと思いますが、ジムスタッフとトレーニング中会話...

夏祭りの浴衣に合うかわいい髪型!ミディアムヘアの簡単アレンジ

夏には楽しい行事がいろいろとありますよね。夏祭りや花火大会など、浴衣を着る機会もあると思います。 ...

バレエ発表会!子供の肌に負担をかけないメイク落としの方法

バレエの発表会では、子供が普段はしないような派手なメイクを施します。子供にとっては、可愛い衣装やメイ...

LINEの未読無視を友達にされたときの対処法とスルーする方法

LINEの未読無視を友達にされたら、どうして未読のままなのか気になってしまいますよね。では、...

スポンサーリンク

体力が落ちたと感じ、とり戻すのにはどのくらいの時間が掛かるの

まずは落ちた筋肉をとり戻す

しかし、これには個人差があります。筋肉をとり戻すために必要な期間はトレーニングをしていた時間によって違うからです。そのため、素人が計算するよりも専門家に計算してもらった方がいいかもしれません。

運動でとり戻す場合

まず運動を習慣化させるようにしましょう。

「継続は力なり」と言いますが、体力は運動を継続しなければつきません。習慣化させるために必要な日数は21日間と言われているようですが、運動の場合は3ヶ月必要となります。簡単には体力は戻らないのです。

1週間運動しなかった場合、体力をとり戻すためには倍の2~3週間かかると言われていますが、運動を習慣化させる3ヶ月間が重要です。

まずは運動を継続させるようにしましょう。

体力が落ちたらとり戻すには相当な時間が掛かる

人間の体の筋肉量は年齢を重ねることによって減っていきます。若い男性と高齢の男性で比較した場合、片足の筋肉量の違いは約900gと言われています。

しかし若い男性であっても運動不足だと、体力は40~50代に低下することもあり、また高齢者になると運動不足によって失う筋肉量は少なくても筋肉を増やすことが難しくなるようです。

ある研究者グループが高齢者に運動に関する実験をしました。運動しない期間を設けた後で週に3~4回の自転車トレーニングを6週間続けたのですが、この6週間では元の筋肉に戻らなかったというのです。

2週間怪我や病気で入院して体力が落ちた場合

その間に失った筋力を取り戻すには3倍かかることもあると言われています。

運動不足によって失われた体力をとり戻すことは簡単なことではありません。時間も相当かかると覚悟しましょう。

また、体力を取り戻すための運動は有酸素運動だけではなく、負荷を加えて行うウエイトトレーニングも一緒に行った方が効果があります。

体力が落ちたと感じても、焦って戻すのは禁物!ゆっくりと回復させましょう!

サッカーをしている人が怪我で体力が落ちてしまった場合

早くとり戻したいからと重いウエイトの筋トレなどを最初から行ってしまうこともありますが、無理は禁物です。焦らずにゆっくりと時間をかけて行うようにしましょう。

まずは有酸素運動から始めましょう。ウォーキングやジョギングなどでもいいし、走ることが苦手であれば水泳もおすすめです。特に膝を傷めている人などは、水中ウォーキングでもよいでしょう。自転車も有酸素運動です。

痛みがない場合は、ダッシュなどのトレーニングを入れてみましょう。

ただし、何回も繰り返すだけではなく、休憩することもお忘れなく。そしてダッシュは体に負担がかかるので、毎日行わないようにしましょう。

回復までに時間はかかるかもしれませんが、焦らないようにしましょう。サッカーを楽しみながら練習していきましょう。必ず体力は戻ります。

トレーニングの中断中でも体力を維持する方法あります!

テスト期間などでトレーニングを中断して体力が落ちた場合

また、3年生になるとトレーニング自体をやめてしまう人もいますよね。

トレーニングを中断すること、またはやめてしまうことを「ディトレーニング」と言われています。活動量が減ってしまうことによって身体の機能も低下しますが、これはトレーニングをしていた期間や中断した期間、食事や性別などによっても変わってきます。

トレーニングを中断することによって「技能」「スピード」「筋力」「持久力」に影響が出ますが、技能やッスピードに関しては影響は少ないと言われています。この2つに関しては生まれつき持っている筋繊維に関係してくるからです。

しかし筋力と持久力に関しては、トレーニングを中断して2週間もすると落ちてきます。その後3~6ヶ月もするとトレーニング前のレベルに近いところまで落ちてしまいますが、まったく運動をしていない初心者まで落ちるというわけではありません。

ディトレーニングの影響を少なくするためには、強度(負荷)が関係してきます。トレーニングの時間や回数が減っても練習の強度(負荷)を保つようにすれば体力は低下しないと言われているのです。

テスト期間中であれば、通常のトレーニングの時間は確保できないでしょう。しかし、強度さえ保っておけば体力は維持することが可能なのです。

楽しく体を動かそう!気持ちと体に喜びを!

運動をした後は爽快感もあるし楽しい、それはわかってはいるものの、いざ運動をしようと思うと「30分走らなくちゃ。」とか「○kg痩せるまで頑張らなくちゃ。」などと考えてしまって動くのが億劫になってしまうのではないでしょうか?

体を動かすことは楽しいことです。実際に運動した後はごはんもおいしいし、程よい疲れもあってぐっすり眠れるなど良いことばかりだと思いませんか?そうなると、また運動しようという気持ちが生まれます。このくりかえしなのです。

体を動かすことは楽しいこと。自分も楽しいし、体も健康的になれるので喜んでいるのです。

体を動かすことが億劫だと感じる時には、運動は楽しいということを思い出して下さい。体力もついてくれば、億劫だと思わなくなりますよ!