電車に赤ちゃんと一緒に乗車する!周囲に迷惑をかけない方法

子育てをしていると赤ちゃんと一緒に電車に乗らないといけない場合もあります。出来るだけ電車に乗りたくないけど、どうしても乗らないといけない場合ありますよね。

電車に赤ちゃんと一緒に乗ると迷惑をかけることもあります。

赤ちゃんと一緒に電車に乗る場合、気をつけることポイントや対処方法について調べてまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

母の一人暮らしは寂しい思いをしていないか心配。出来る事を紹介

男性の寿命よりも女性の寿命の方が長いため、老後は女性が残されることになるケースは多いのではないでしょ...

目の疲労回復グッズにはどんなものがある?目の疲れ対策

目の疲労回復に役立つのはどのようなグッズなのでしょうか?目が疲れていると、肩が凝ってしまったり、頭痛...

アイプチはアイシャドウの先?後?テカるのをなんとかしたい

アイプチしてからアイシャドウ? アイシャドウしてからアイプチ? 今の主流は、アイシャドウから...

アラサーで一人暮らしを始める。そのきっかけと必要性につてい

アラサーで一人暮らしを始めるきっかけとは? 逆に言うと、アラサーまで一人暮らしだったなんてと周...

女性の肩幅は広いのがいい?狭いのがいい?男性目線から見た件

肩幅が広い女性から見ると、肩幅の狭い女性は華奢に見えたり女の子らしく見えたり、羨ましく感じることもあ...

パーティーに差し入れするならコレがおすすめ!大人数でも大丈夫

大人数のパーティーの差し入れはどんなものを持っていけばいいのか迷ってしまいますよね。 みんなが...

添い寝で赤ちゃんの寝かしつけをしたい!泣いても耐えて!

添い寝をすると赤ちゃんは安心するそうです。 そして、抱っこでの寝かしつけやおっぱいを飲ませなが...

車のブレーキが効かない!原因や覚えておきたい対処法と修理相場

車のブレーキが効かないのは大変危険です。走行中に突然ブレーキが効かないと焦ってしまいますが、そんなと...

夫婦の会話がない。子供なし夫婦の会話の見つけ方について

夫婦で会話がない。 子供なしなので、二人の共通の楽しみや趣味などがないと、顔を合わせるだけの毎日に...

目薬の差し方には裏技があります。上手く差すコツと正しい使い方

目薬を差すのが苦手という人もいますね。目に入ってくるのが見えるのですから当然です。 ですが場合...

義父と同居する時に迷う間取り、将来を見越して設計を立てよう

義父と同居となり家を新築する場合、どのような間取りにするべきか迷ってしまいます。 起床時間、寝る時...

平成生まれと昭和生まれの違い!こんな言動が時代を感じる

高度経済成長時代に生まれた昭和生まれと、バブル崩壊後に生まれた人が多い平成生まれ。 生まれた時代が...

大学生の美容院選びは値段から?選ぶポイントやかける平均金額

大学生が初めて美容院を選ぶときは、値段が一番気になるようです。学生ですものそれは大事ですよね。 ...

地球の傾きの理由!地球の傾きは何度?地球の傾きと四季について

地球は少し傾いていますよね。でも、どうして傾いているのか、その理由を知らない人も多いと思います。私達...

絵が上手い人の特徴!絵が苦手な人が参考になるヒント

絵やイラストが得意という方がいますが、そのような方達にはどうやら特徴があるようです。 絵の上手い人...

スポンサーリンク

電車で赤ちゃんと一緒に移動すると迷惑になる?

赤ちゃんは、生後すぐにはまだ免疫がついていないので、自宅などの清潔な環境で育てることが大切です。

生後1ヶ月を過ぎ、1ヶ月検診で外出の許可が出た頃から、徐々に外出ができるようになります。

初めは短い時間を外の空気に触れさせる程度で、だんだんと時間を長くしていくことが一般的です。

小さな赤ちゃんを連れて移動する場合、混雑したところは感染のリスクがあるので避けた方がベターですが、どうしても移動しなくてはいけない時もありますよね。

電車など、特に混雑している乗り物に乗るのは、生後2ヶ月を過ぎてからが良いでしょう。

まだ首がすわっていないうちは、無理をしないことです。

抱っこ紐やベビーカーを併用するなど、いつでも対応できるように準備しておくのがおすすめです。

とはいえ通勤ラッシュの朝などは、人がぎゅうぎゅうで、赤ちゃんにはかなりリスクがありますので混雑した時間帯は避けましょう。

そして、冬場は特にウィルス性の菌が多いので、混雑したところは避けましょう。

電車で赤ちゃんが泣いていることがよくありますが、原因はいろいろ考えられます。

「不安を感じている」「おむつが気持ち悪い」「おなかがすいた」など、赤ちゃんはまだ話せないので、泣くことで自分の感情を表します。

いくらあやしても泣き止まない場合、赤ちゃんは泣くものだと分かってはいても、特に電車など周りの人にも迷惑じゃないかなど、親としては常に考えてしまいますよね。

次から、赤ちゃんがぐずったときの対処方法についてご紹介します。

電車の中で赤ちゃんがぐずると迷惑になる!対処の仕方

赤ちゃんとしては、いつもの家と違う環境で不安を感じたり、自由にならない体勢に窮屈さを感じたり、眠いのに眠れないなど、いろいろな理由でぐずることがあります。

電車の中は、たくさんの乗客が乗り合わせているところです。

みんながみんな、赤ちゃんに理解あるという訳ではないので、中には、赤ちゃんが泣いているときに「ウルサイ!なんとかしろ!」などと怒鳴ってくる人もいるかもしれません。
そんな時、親としては「そんなこと言われても赤ちゃんなんだから仕方ないでしょ!」という気持ちになってしまっても、決して口に出してはいけません。

高確率で、トラブルになることが目に見えています。

もちろん、開き直って泣いている赤ちゃんをほったらかしにスマホ見たりしてはだめですよ。

ちゃんと赤ちゃんをなだめつつ、怒鳴った人に「申し訳ありません」と一言謝るだけでもその人の気持ちが収まるかもしれませんし、周りの何も言わない乗客も「お母さん、大変だな」と同情の目で見守ってくれることが多いです。

いろいろな人間がいて、そんな大人だってぐずる赤ちゃん時代を経て大人になっているわけですから、あまり思い込まず、赤ちゃんをなだめましょう。

いくらなだめても泣き止まないときは、一旦下車するなどして気分転換しましょう。

電車で赤ちゃんが大泣き!他の人に迷惑をかけないように

赤ちゃんは、お母さんの気持ちを特に敏感に察します。
お母さんが、不安を感じてパニックになったら、赤ちゃんも不安な気持ちになります。

不安を感じて泣いている赤ちゃんの場合は、まずお母さんが落ち着くことが大切です。
そして、赤ちゃんの目を見ながら、お話ししてあげると赤ちゃんも落ち着くことがあります。

電車の中は冷房が効いているので、乾燥しています。
のどが渇いて泣いているという可能性もありますので、水分補給するというのもひとつの方法です。

ジュースやミルクよりは、麦茶などを飲ませてあげると良いでしょう。

また、混雑していなければ、抱っこして窓際に連れていき、外の風景を見せたり、話しかけたりするということも気分転換になり、泣き止んでくれることがあります。

長い時間乗らなくては行けない場合は、あらかじめお菓子やおもちゃを用意しておくと、そちらに気をとられるので、いい子でいてくれることがあります。

乗車前に、いっぱい遊ばせて疲れさせて、移動中にぐっすりというのが、ママにとっては楽な方法です。

電車の中で赤ちゃんを落ち着かせる方法はあるの?

赤ちゃんを落ち着かせるポイント

  • 抱っこ紐などで、赤ちゃんを向き合う体勢で抱っこし、ママと体を密着させます。
  • 赤ちゃんはじっとしているよりも体を揺らすと落ち着くので、窓際の壁などによしかかり、赤ちゃんをあやします。
  • 赤ちゃんが泣き出しても、あせらないでママは笑顔で話しかけます。
  • 麦茶などの飲み物や、おもちゃなどを事前に準備しておきます。

赤ちゃんは泣くのが普通なんだからと、泣かせ放題の母親は周りからみても良い印象はありません。

泣いても対処できる準備を事前にするということが親としてできる周りへの配慮になり、そうすることで、周りの人も温かく見守ってくれることが多いです。

赤ちゃんと一緒に電車に乗る時に注意すること

首がまだすわっていない赤ちゃんとお出かけするときには、シートが水平になるねんね型のベビーカー、または抱っこ紐がとても便利で、多くのママたちが利用しています。

特に、抱っこ紐は赤ちゃんもママと密着できて安心しますし、ママも両手が空くので、荷物も持てて便利です。

新生児から使える抱っこ紐もたくさんあります。
小さい赤ちゃんには、ハンモックのような形で赤ちゃんを包み込む「スリング」も人気の育児アイテムです。

ベビーカーは大きく、混雑時にはかなりのスペースをとってしまうので周りにも迷惑がかかるばかりでなく、赤ちゃんにも負担がかかります。どうしても混雑時に当たってしまった時は、ベビーカーは邪魔にならないように折りたたみ、赤ちゃんを抱っこしてしっかり守りましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691