体脂肪を増やす方法。食事・運動・睡眠!痩せるも太るも同じこと!

体脂肪を増やす方法は、いくつかあります。

痩せることに必死な人が多い世の中で、太りたいなんて贅沢な悩みのように思われますが、太れない体質の人や、太る必要がある人も居ます。

単純に、消費カロリーよりも摂取カロリーが多ければ太らせることができますが、健康的に太るには、自分の体のことや必要な摂取カロリーを知った上で太らなければなりません。
また、健康的に体重を増やすには、質の良い睡眠も必要です。

健康的に体脂肪を増やす方法をご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夫婦の生活で感じるストレス。解消の為に出来る事と円満のコツ

恋人同士の時は少しでも一緒にいたい、長くいたいと思っていた時期もあったでしょう。夫婦になり一緒に...

冬は釣りが難しい?冬の川で釣れる魚を紹介します

釣りが大好きな人なら、夏とは言わず、春も秋も一年中釣りがしたいですよね。しかし、冬だけは話は別で...

拘置所の差し入れに食べ物は制限あり!差し入れで嬉しいものとは

拘置所の差し入れに食べ物はできるのか疑問に思う人もいるでしょう。拘置所では食べ物の持ち込みは...

野菜の水やりは夕方いいって本当?その理由とみずやりの仕方

野菜の水やりはいつあげるのが最適?夏の水やりは夕方がいいといわれますが、それは本当なのでしょうか?ま...

ゆで卵をレンジで温め直しすると危険な理由と爆発させないコツ

ゆで卵を電子レンジで温め直しすると爆発すると聞いたことはありませんか?これを防ぐためには、ゆ...

お弁当のおかずに煮物を冷凍して使う場合の工夫と注意

毎朝のお弁当作りは本当に大変。できるだけ作り置きや冷凍を活用したいものです。食卓の定番である...

魚のお手軽簡単レシピ!フライパンで美味しく片付けもラクラク

ご家庭で焼き魚を食べる時には、魚焼きグリルで焼くご家庭が多いと思います。でも、この魚焼きグリ...

太もも裏側のストレッチ・ハムストリングスを伸ばす方法と効果

太ももの裏側にはハムストリングスという筋肉があります。この部分のストレッチを行うと、一体どんな効果が...

風邪や熱があり寝るときの服装とは?寝巻きや布団のかけ方

風邪をひいてしまい寝るときにはどんな服装で眠るといいのでしょうか?寒いときには厚着をしたほう...

セラミックのフライパンが焦げる理由と正しいお手入れ方法

焦げないことがメリットのセラミックのフライパン。しかし、実際に使ってみると「焦げた」という人が多いと...

おみくじの恋愛運が『あきらめなさい』そんな時でも解決策はある

お正月には、毎年神社に初詣に行き、おみくじを引くと言う方は多いですよね。または、旅行で訪れた先の...

部活の引退が遅いと受験勉強に響く?成功するタイプとは

部活の引退が遅いのは、本人よりも親が心配になってしまいますよね。しかし、部活を最後まで精一杯させてあ...

ぬいぐるみの収納アイデア!大量のぬいぐるみの居場所を作る方法

どんどん増えるぬいぐるみの収納にお困りの方はいませんか?大きなぬいぐるみや、小さなこまごまとした...

生姜の収穫時期の目安は?収穫時期を変えると色々な味が楽しめる

生姜を初めて育てる人の中には生姜の収穫時期の目安についてよくわからない人もいますよね。せっかく栽培す...

サボテン短毛丸の育て方のコツや水やりのポイントをご紹介

サボテンの中でも丈夫で比較的育て方が簡単な短毛丸ですが、根腐れせずに綺麗に花を咲かせるためにはコツが...

スポンサーリンク

【体脂肪を増やす方法】とにかく炭水化物をたくさん食べる!

太りたいなら炭水化物をたくさん摂りましょう
3大栄養素

  • 炭水化物
  • 脂質
  • たんぱく質

3大栄養素のうち、炭水化物と脂肪は身体を動かす際に必要な栄養です。
カロリーがあって、エネルギー源としての働きがあります。
1日の身体を動かすために使用している消費カロリーと全く同じカロリーを摂っていたら、体重が増えたりする事も減る事もないとされています。

カロリーが燃焼されなかった分は体脂肪として変わっていくために、炭水化物と脂肪をたくさん摂取していたら太っていく事になります。

痩せている人はカロリーを摂っても体脂肪になり、余分なカロリーが燃焼しやすいといわれています。
太りやすかったり、太りにくかったりする体質があり、摂取した栄養を吸収する働きに差が出てきてしまうと医学的にも言われています。

しかしそれでも、余分な炭水化物と脂質は体脂肪に変わっていきますので、痩せ過ぎている人も否定的にならず沢山食べることにしましょう。

体脂肪を増やすには自分の体のことをしっかりと知ろう!食事の方法と栄養バランスについて。

ダイエットしていなくても、痩せ過ぎで悩んでいる人もいます。
あまりにも体重や脂肪が少なすぎても疾病の原因になってしまいます。
何を食べても太らない人は注意しましょう。

3食ちゃんと食べる
1日3食は毎日の生活をするにあたって必要になってきます。
もしも1食でも食べなかったりしてしまうと、その分の栄養バランスが悪くなってしまいますし、必要なカロリーも摂れなくなってしまいます。
普段の生活で消費カロリーが多い人は、活動量計などもありますので、自分の消費カロリーがどの位かを把握しておくことも大切になってきます。
消費しているカロリーと摂取しているカロリーを比べて、摂取するカロリーの方が多くなるように気をつけましょう。

胃腸などが元気に働いているかを知る

3食ちゃんと食べているのに体重が増えない場合は、胃腸の働きが良くなくて栄養が吸収されきれてない可能性もあるので、1度病院で診てもらいましょう。

体脂肪を増やす方法は、食べる他に睡眠の質をあげること!

体重が増えてほしい場合

普段使っているカロリーよりも多くのカロリーを食べ物から摂取します。

とにかく食べましょう。痩せている人は殆どの人があまり食べていなかったりカロリーが低いものを好んでいる事が多いです。
痩せの大食いという人も、摂っているカロリーが使っているカロリーよりも多い生活をしていれば必ず太ってきます。
食べれるだけ食べて、カロリーをたくさん摂取し、あまり動かずにカロリーが消費されない毎日を過ごしていれば体重も増えていきます。

しかし、動かずに食べるだけで増やした場合はブヨブヨとした太り方になってしまいます。
体重は増やしたくても、ブヨブヨした締まりのない身体に太りたいわけではないと思います。

それを予防してくれるのは睡眠です。
ぐっすりと眠れると成長ホルモンが分泌されて、新陳代謝を良くしてくれ、痩せやすい身体になると同時に筋肉もつくってくれる働きがあります。
健康的に筋肉をつけて太るためには成長ホルモンは大切なのです。

食が細い人は、プロテインを摂取してみよう!

寝る直前に食べることは控える

もしも寝る直前にたくさん食べてしまうと、胃がもたれたりして逆に食欲が減ってしまい、治るのにも時間がかかってしまいます。

食後は眠たくなってしまいますが、食べた直後は眠ってしまわないように気をつけましょう。

夕食はしっかりと食べましょう

1日3食は大切ですが、その中でも殆どの人が夕食で1番摂取できるカロリーが多いと思いますし、夕食は大切ですので必ずしっかり食べましょう。

プロテインを摂取する

眠っている間は成長ホルモンが活発に分泌されるそうなので、寝る前にプロテインを摂りましょう。
寝る前でもプロテインなら胃にもたれてしまう事もないかと思います。
毎日しっかりと食事を摂り、そのうえで補助的にプロテインを摂取していきましょう。