日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン

日常に「コタエ」を求めるWEBマガジン│トイコタエ

証明写真を撮る時は前髪は眉毛にかからないようにしよう!

2018.8.29

就活で証明写真を撮ることがありますが、前髪は面接官への印象を与えるとても重要なポイントとなるので注意が必要です。

前髪は眉毛を出す方がいいのでしょうか。どんな前髪にするべき?

前髪だけでなく、眉毛も重要なポイントになります。

また、今流行りの「眉上の前髪ぱっつん」での証明写真はありかなしかについても調べました。

証明写真の時の前髪は眉毛を出すくらいの方が良い?

証明写真を撮るとき、前髪を上げて眉毛を見せると印象ががらりと変わります。
眉毛を見せることで、表情が豊かになり好印象を与えます。

証明写真のときは、特に前髪に注意しましょう。眉は人の表情をつくるのに重要な役目を果たしています。集団面接のときには、いちいち声を出すわけには行かないので、表情をつくることで真剣に話を聞いているのかどうかを、面接官が判断している場合もあります。聞いている態度からも、好印象を与えることが出来るというわけです。

前髪を全て上げることは難しいかも知れませんが、普段少々長めの前髪だったとしても、前髪を横に流すことで、眉毛を出すことが出来ます。

前髪を横に流したり、両サイドに分けると、眉毛だけではなく額を出すことも出来ます。額を出すことで、表情を明るく見せることができます。前髪が眉毛にかぶっていると暗い表情に見えてしまいます。

額をだすことで、面接官に、自分を出すことができるというアピールを第一印象で与えることができるのです。

証明写真を撮るときは前髪が目や眉毛にかからないように分けると好印象に

証明写真を撮るときは、前髪が目や眉毛にかからないようにすると好印象を与えます。だからといって、顔の両サイドに、前髪の横のもみあげより少し前部分を伸ばして垂らしすような、触覚ヘアは止めましょう。顔を隠したいという気持ちは分かりますが、証明写真や面接の時には、両サイドの髪は、しっかりとまとめるべきです。顔をはっきり見せるということが重要になります。

顔をはっきり見せることで、好印象を与えることができます。前髪が目や眉毛にかかってしまうようであれば、整髪料を使用して前髪をしっかりと分け、眉毛を見せるようにしましょう。

就職活動の際、眉毛はアーチ眉が理想です。女性であれば、柔らかい印象を与えます。眉尻は、山なりにしましょう。また、眉毛が短いと、幼い印象を与えてしまうため、肌になじみの良い濃い目の茶色で眉を書き足してあげましょう。

トレンドの眉毛ではなく、あくまで就職活動にあわせた眉毛作りも大切です。表情豊かになり、明るい印象を面接官に与えることができます。

証明写真は前髪も大事だけど眉毛も重要なポイント!

証明写真では、もちろん前髪は大切ですが、眉毛も重要なポイントになります。眉毛で内定が決まるといっても過言ではありません。

証明写真は、内定を自分のものにする重要なポイントなのです。企業の採用担当者は、まず履歴書に目を通す際、証明写真を見ることは確かです。証明写真はあなたの印象を左右します。その印象は、前髪だけでなく、眉毛によって変わります。

なぜ、眉毛が印象を左右するのかといえば、それは眉毛は目の上の部分にあるため、目の印象に大きく影響を与えるからなのです

顔の印象を判断するときに、必ず人は目を見るはずです。そのため、目と眉毛に注目すると言えます。しかし、眉毛が前髪にかかっていて見えないようでは、顔の印象がはっきりしません。

もし、証明写真をとるのであれば、眉毛は、ちょっと太いくらいの自然なほうが目に強い印象や優しい安心感を与えてくれます。眉毛が太いだけで、顔の彫りが深いように感じ、顔立ちもはっきりします。眉毛が薄いと、顔も貧相に見えてしまいます。

証明写真で眉上の前髪ぱっつんはあり?なし?

眉毛を見せたほうがよいからとはいえ、証明写真を撮る際に、前髪ぱっつんはどうなのでしょうか。

ぱっつんの前髪は、就職活動の際には、大して影響を与えません。しかし、前髪の量が多いような重たいぱっつんの前髪では、表情がしっかりと分からないことがあり、暗い印象を与えてしまいます。

前髪ぱっつんにするのであれば、ある程度、空いた感じの軽めのぱっつんが良いでしょう。しかし、ぱっつん前髪は、時として幼い印象を与えてしまいます。就職活動では社会人らしい大人っぽい印象を与えたほうが良い場合もあります。

そのようなときは、前髪を分けて、眉毛を見せた方が無難といえます。前髪を分けたら、ロングヘアであれば後ろに束ねたり、ミディアムヘアであれば耳にかけるなどして、サイドの髪が顔にかからないように工夫して下さい。

また、企業や業界によっては、ぱっつんの前髪を好まない業種もありますので、前髪は分けておくのが理想的です。

証明写真を撮るのに前髪がまとまらない!どうしたらいい?

証明写真をとるのに、前髪が眉毛にかかるのを気にして、横に分けたいと思う人もいると思います。しかし、実際前髪を分けた際に、直ぐにもとの位置に戻ってしまったり、前に垂れてしまう人もいるかもしれません。そんなときは、どのようにしたらよいのでしょうか。

実際、前髪の長さが中途半端な場合、そのままの状態ではだらしなく見えてしまいます。整髪料やワックスなど使って、前髪を横に流して、かるく固定するとよいでしょう。両サイドの髪が顔周りにかかっているのも良くありません。両サイドを耳の横でピンなどを使って、留めるとよいでしょう。

くせが強くて、どうしてもまとまらないという人は、ドライヤーの温風を使ってセットしてみましょう。ヘアオイルなどを使ってブローすると、まとまりやすくなります。どうしてもくせ毛が気になる方は、ストレートパーマをかけたりヘアピンを利用するのもお勧めです。

 - 簡単な問いに対する答え