先生の異動が発表される時期はいつ頃なのか

学校の先生は3年から5年在籍したのち異動するのが一般的です。

正式発表の前には必ず内示されますので、子供たちが知る前に先生自身は異動することがわかっています。

では、先生の異動が発表されるのはいつ頃なのでしょうか。内示される時期とは?

先生は異動がわかっていても、正式発表されるまで絶対口外しません。そのため予期せぬ異動で子供たちが動揺してしまうことも少なくありません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

猫がキャットタワーに登らないのはなぜ?登らない理由と対処法

飼っている猫のためにキャットタワーを購入してみたけど、全く猫が登らない。こんなお悩みを抱えている飼い...

小銭貯金を郵便局で!硬貨の入金ができるATMは郵便局だけ

小銭貯金をするなら郵便局のATMが最適です。もちろん、銀行のATMでも硬貨対応のものもありま...

栄養満点バナナの美味しい食べ方と長持保存方法!

バナナって手頃に食べられて美味しいですよね。そのままでも十分に美味しいバナナですが、食べ方によっては...

体を柔らかくする方法は?短期間で硬い体を柔らかくする方法

体が硬いことが悩みだという人もいますよね。硬い体を短期間で柔らかくする方法が知りたいという人もいるで...

石粉粘土で作る簡単ブローチ!陶器のようなかわいいアクセサリー

陶器のように見えるかわいいアクセサリーは、石粉粘土という粘土を使ってハンドメイドすることができます。...

木綿VS絹ごし、麻婆豆腐に合う豆腐の紹介と美味しくするコツ

麻婆豆腐はふんわりとした豆腐が美味しいですね。この豆腐、木綿と絹ごしあなたはどちらを使っています...

体を柔らかくする方法【バレエ】股関節を柔かく背中をしなやかに

体を柔らかくする方法。バレエダンサーのしなやかな動きは、鍛え上げられた筋肉と、しなやかな柔軟性に...

原付に乗ることが怖いと感じる人のための練習方法を教えます

原付の免許は持っているものの、実際に乗ってみると怖いと感じてしまう人が多いと言います。普段車に乗り慣...

外国人に日本語をマスターさせる教え方のコツ!

外国人にとって日本語はかなり難しいといいます。世界的に見ても複雑な言語で、日本語をマスターするにはか...

夏休みの宿題は最終日までにやるコツと効率的に終わらせる方法

夏休みの宿題は最終日までに計画的に終わらせておくのが理想です。しかし、どうしてもギリギリにな...

夫婦の生活で感じるストレス。解消の為に出来る事と円満のコツ

恋人同士の時は少しでも一緒にいたい、長くいたいと思っていた時期もあったでしょう。夫婦になり一緒に...

セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると何歳?長生をさせよう

セキセイインコを飼育している人の中には、セキセイインコの寿命を人間年齢に例えると一体何歳なのか気にな...

上司の紹介で付き合うのはアリ?上司の紹介も出会いのひとつ

上司の紹介で付き合うと別れたときに気まずいのでは・・・。そもそも会ってみて気に入らない、気に入られな...

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。では、包丁の基本的な使い方とは、置...

コミケに向かう電車は混雑必須!初心者が参加する際の心構え

東京ビックサイトで開催されるコミックマーケット、通称「コミケ」。 毎年多くの人が来場するイベント...

スポンサーリンク

先生の異動が発表されるのはいつ?

先生の異動が発表されるのは、一体いつ頃なのでしょうか。とても気になりますよね。

先生の異動の辞令は校長先生から出されます。では、それは一体いつなのかと言えば、3月であることが一般的なようです。

大抵の学校では1ヶ月くらい前から、校長先生より、異動する先生に伝えられます。異動することに対して、問題がないかどうか確認されます。

余程の事情がない限り、それを拒否することができません。本人の確認なしに、異動が決定していることもあります。先生の希望は関係なく、もし、その辞令を断るようなら、先生を辞めなければならないということになるのです。先生を続けたいのであれば、異動するしかありません。

異動することに異議がないようなら、3月過ぎてから、異動が確定します。正式な辞令は3月を過ぎてから出されることが一般的です。

先生の異動の発表で内示される時期はいつ?

先生の異動は、大抵、3年から5年程度同じ学校に在籍した場合に多いようです。他学校の先生が不足していたり、空きがあった場合に異動になります。校長先生より、まず内示を受けて、異動するかどうか分かります。大抵12月頃といわれています。

赴任する学校は2月から3月に分かります。校長や教頭の場合は、3月の中頃に内々に分かります。

正式に異動準備に取り掛かるのは、春休みに入ってからと言えます。移動先の校長や教頭などと打ち合わせをして、詳しい内容を決めていくのです。

PTA役員や、先生同士でも、異動の先生の情報や内示を知ることは出来ません。他言してはいけないことになっているはずです。しかし、引継ぎがあることもあるので、3月に入ると、異動する先生へ内示の発表があるはずです。

先生自身が異動を知っていても発表するまでは口外できないの?

内示は、あくまでも内示です。ですから、先生自身が異動を知っていても、発表になるまでは口外できません。校内の先生同士であったとしても、口外できないのが事実です。先生自身は、3月になれば、異動するのかどうか、どこに異動するのかなどは、分かっているはずなのです。

万が一、口外してしまったら、どこからか生徒に伝わってしまうこともあるでしょう。そうなってしまっては大変です。新聞などに掲載されたり、校内からの正式発表を待って、初めて自分の口から生徒に報告できます。3学期の最後の日になることもあります。

先生としても、異動がわかっている上で、来年度の話を保護者としなければならない場合には、実は気まずいと感じながらも、話しをしなければならないでしょう。

離任式の日まで、先生自身が異動することが分かっていたとしても、保護者にも、もちろん生徒にも伝えてはいけないのです。辛いところです。

異動までの年数は先生によって違うの?

先生の異動は、大抵3年から5年程度、長くても、10年くらいで異動することが殆どです。短い先生では、1~2年程度で異動してしまう先生もいます。先生によって、異動までの年数が違う場合があります。

人事の権限は校長先生が持っていることが普通です。結婚して引越ししたので異動したい、もっと小規模の学校に行きたいなど、先生も色々な理由によって異動を希望している場合があります。

先生によっては、引き抜きや、引き留めも存在します。それは、校長先生の権限ともいえます。校長先生が異動した場合には、その先生を必要としている場合には、引き抜かれることもあるのです。そのため、在籍年数が短くても、異動することになる先生もいるのです。

クラス替えをする前に、異動になってしまう先生がいると、良い先生ならなおさら、生徒や保護者から残念に思われることもあるでしょう。

しかし、先生の異動は必ずやってきます。仕方がないのかも知れません。

先生の突然の異動によってショックを受ける子供も

4月1日付けの先生の人事異動については、3月末に発表になります。そのことで、子供も保護者もショックを受けることもあるでしょう。悲喜交々だとは思います。

場合によっては、4月に入るまで異動発表してはいけない地域もあるようです。
その理由として、ギリギリまで人事が変わることがあるため、公表に至ることが出来ないのだそうです。

進級する生徒や、卒業した生徒たちからは、もう少し異動がはやく分かれば、しっかりと先生にお別れや御礼を伝えられたのに、と言う声が聞こえてきそうですが、4月まで発表できない地域では、こういった諸事情があるようです。

一般の会社では、人事異動は事前に発表されることが殆どです。しかし、学校の先生の異動の場合には、同じようにはいかないのが現実です。

学校は、子供にとって大切な場所であり、先生も大切な存在であることは言うまでもありません。しかし、進級して、また春に学校に行った時にはときには、お世話になった先生が異動で別の学校に行ってしまったというのでは、やはりショックを受ける子供がいるのは、当然なのかもしれません。