マスクを寝る時につけるなら濡らすと効果的!理由と付け方

寝る時にまでマスクをしていたら寝にくいのでは?確かに慣れるまでは寝にくいこともあるかもしれません。しかし、マスクを寝る時に濡らすととっても嬉しい効果があるんです。

こんな効果があるのなら、乾燥している時期ではなくともつけて寝る価値があるかもしれませんね。

夜の歯磨きのついでに濡れマスクを用意してみてはいかがでしょうか?濡れマスクの作り方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生おからとおからパウダーは代用することができる?特徴と使い方

スーパーなどでよく見かけるおからは「生おから」と言われるタイプですが、サラサラと粉状になったタイプが...

花が長持ちする保存方法。 冷蔵庫を使って日持ちさせよう

蒸し暑い夏の時期ですと切花を買ってきて飾ってもあまり日持ちがしませんよね。それは花が長持ちするには適...

名前を間違える男性は脈なしかも。その心理とこれからの接し方

好きな人、気になる人から名前を間違えられたらショックですね。 名前を間違えるくらいなのだから脈なし...

友達に誘われない子供に親ができる友達力の育て方のコツとは

友達に誘われない子供が友達から好かれるようになるにはどうしたらいいのでしょうか? では、子供が...

子供の育て方で性格に影響が?性格が良い子とはこんな子!

子供の育て方で、性格にはどのような影響があるのでしょうか? 結果だけ褒めていると、努力しない子供に...

鍵の交換を自分でする方法!交換手順と注意するポイント

鍵の調子が悪く、開け締めがスムーズにいかない場合や、お子様が鍵を落としてしまった場合など、鍵の交換を...

計画を立てるのが苦手!克服することはできる?考え方と対処法

計画を立てることが苦手でいつもうまくいかないという人もいますよね。うまく計画を立てて予定を進めて行き...

アラフィフ離婚事情。貯金はどのくらい必要?お金より健康が必要

アラフィフで離婚を考えている。 どのくらいの貯金があれば、生活できるのかな? 貯金より、まず...

コンサートのうちわが目立つ色とは?背景と文字とのバランス

アイドルのコンサート=うちわというくらい、目立つ色でメッセージを書いた自作のうちわは定番グッツとなっ...

犬は亡くなる前に鳴くというのはホント?最期を見届けるために

どんなに長生きするようになったとは言っても、人間よりは先に愛犬は亡くなってしまいますよね。 犬...

アメリカで子供を留守番させてもいい年齢と厳しいルールとは

アメリカでは子供を一人で留守番させてはいけない厳しいルールがあります。 これは、州によっては子...

断捨離とは単純に片付けや掃除の類義語ではない。

断捨離とは単純に片付けや掃除のことを指しているのではありません。 モノを通して、そのモノへの執...

カップ麺のスープアレンジ!残ったスープで作る美味しいレシピ

時間のない時にも便利なカップ麺ですが、麺を食べ終わった後のスープはどうしていますか? 全部飲み切る...

親への挨拶…。結婚前提の彼女の両親に挨拶する時のマナーとは

彼女の親へ挨拶・・・。結婚前提で付き合っている彼女の両親に挨拶に行く時は緊張するでしょう。 その場...

駐車場のスリット部分に雑草が。すき間の雑草対策方法とは

駐車場のスリットに雑草が生えてしまうのをどうにかしたい。雑草対策にはどのようなものがいいのでしょうか...

スポンサーリンク

マスク 寝る時にマスクを濡らすと風邪をひいたときに役立つ!風邪予防にも

マスクの保湿効果

外出する時と同じくマスクをつけることで保湿効果があります。エアコンを使っている部屋や乾燥した季節に寝る時にオススメです。鼻がつまり口呼吸になりがちな時も、マスクが鼻呼吸を助けてくれます。市販されている商品もあるのでお手軽に使用することが出来ます。

他にものマスクは肌乾燥の対策にも効果があります。

寝る時に大きめのマスクをする

口びるや頬の保湿にもなります。

気温が低く乾燥した空気は、ウイルスが繁殖しやすくなるので、適度な気温と湿度を保つことで風邪の感染予防にもつながります。マスクをつけることが風邪の予防になるのは、呼吸する時に外の空気と温め湿った状態にするからです。マスクをすることで乾燥を防いで、口の中を湿った状態に保つことで免疫力を高めることになるのでウイルスが定着することを防げるようになるのです。寝る時は出来るだけマスクをつけることで感染の予防にもなるのです。

マスクを寝る時につけて濡らすとのどに優しい!マスクの濡らし方

濡れマスクの作り方は2種類

1つ目はガーゼマスクを利用した物

洗濯をするとで何度も使うことが出来るので経済的にも負担が軽く、いつも濡れマスクを使いたい人のオススメです。

2つ目は不織布マスクを使ったもの

使い捨てタイプなので、たまに濡れたマスクを使いたい人にオススメです。市販の物もありますが金銭的にも高価です。この方法は簡単かつ、お金もあまりかからないのでオススメです。

ガーゼマスクの作り方は、ガーゼマスクを1枚用意します。上部1/3を外側に折り曲げる。紐や折り曲げた部分以外は濡らさないように、折り曲げた部分の中心部にビチョビチョにならない程度に水を含ませる。折り返した部分を外側に折り、鼻を塞がないように、口だけにマスクをします。

不織布マスクの作り方

不織布マスクを2枚と、不織布マスクに収まる程度の布ガーゼ1枚を用意します。布ガーゼを不織布マスクの2/3程度の大きさにして、水で湿らします。濡らしすぎには注意しましょう。このカーゼを不織布マスクで挟みます。使う時はガーゼの部分が口にくるようにします。寝る時にマスクをすることで喉のケアにもなります。

マスク寝る時にはマスクをつける、濡らすをして喉を守ろう!

寝ている時は、飲み込む運動が行われないので、唾液や鼻の粘膜の分泌もあまり出ないのです。乾燥すると鼻や喉の免疫力が低下するのでウイルスが繁殖しやすくなるのです。そして夜は副交感神経が優位になるので、昼間よりリンパ球の防衛反応が強くなるのです。「風邪引いた?」と朝に思うことが多いのは寝ている間にウイルスに攻撃されているからです。喉の痛みを防ぐためには、乾燥をさせないことです。

鼻呼吸の場合は吸った空気をろ過して、温めて湿らせて体内に届かせます。しかし寝ている時は口呼吸をしている人が多いので、そのまま体内に空気を送っていることになるので、喉が痛くなります。寝る時に濡らしたマスクをつけて寝ることで口呼吸をしていたとしても温かい空気が喉を潤してくれます。特に冬場は乾燥します。マスクをつけることで喉の他にもケア出来る部分があります。女性は特に嬉しいと思いますが、マスクをつけて寝ることで保湿されるのでほうれい線も目立たなくなるのです。

マスク 寝る時にマスクを濡らすといいのは乾燥した時期だけではなかった!

マスクは花粉症対策や、ホコリ、ハウスダストなどのアレルギー反応を起こすのを防いでくれます。花粉の時期はもちろん、人混みの多い場所や、掃除のときなと、ホコリやハウスダストが空気中にたくさん漂ってる時に使用すると便利です。

アレルギー症状がない人はマスクは必要ない?

こう考えるかもしれませんが、アレルギーはいつ発症するかわからないので、今後アレルギーにならないためにもマスクをして予防しましょう。

寝る前にしっかり歯磨きをしても、朝起きると口臭が気になるという人いますよね。そのような人はマスクをつけて寝ましょう。寝ている間、口の中が乾燥すると唾液の分泌量が少なくなります。唾液には口内の細菌の繁殖を抑え、清潔に保つ力があるのです。菌が繁殖すると口臭の原因にもなります。朝起きて口臭が気になるという人は予防のためにもマスクをして寝ることをオススメします。

寝る時にマスクをつけるのを止めたほうがいい人とは?

喉の乾燥を防いでくれるマスクですが、マスクをして寝ることで息苦しく寝れない人がいたり、マスクのゴムが擦れて何度も目を覚ますと眠りが浅くなります。そのような人が毎日マスクをして寝ると、逆に睡眠の質が悪くなるので体力が落ちてしまいます。自身の睡眠がきちんととれていない場合は無理にマスクをして寝る必要はありません。

マスクが肌荒れを引き起こ場合もある

寝ている時でも寝返りをします。寝返りを打つとマスクを肌が擦れてしまい肌荒れの原因になることもあるのです。寝る時にマスクをつけるということは一晩中マスクが触れています。毎日マスクをして寝ることで肌への負担も大きくなります。肌が弱い人は気をつけるようにしましょう。そしてマスクの中は高温多湿になるので、ウイルスが雑菌が発生することもあります。雑菌を好むニキビ菌。寝る時につけるマスクが原因でニキビができることもあります。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691