1歳半は絵本から成長する?読まないのはもったいない!

1歳半の子供に絵本の読み聞かせをしていると、他のものに興味が向くなどして集中しないこともあるでしょう。

でも、子供が嫌がったからと言って、絵本を読まないのはとてももったいないことなんです。

子供は絵本からいろんなことを学び、影響を受けるといいます。

そこで、絵本が子供に与える影響や効果、子供に絵本に興味をもたせる工夫などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

No Image

プロ野球の契約更改の仕組みとは?一般人とは違う世界を解説!

個人事業主であるプロ野球選手。シーズンが終了すると年棒の金額が発表になったり、FAするというニュース...

男性に嫌悪感を抱く理由。原因はそれぞれ!環境やトラウマとは

近くに男性がいると何となく落ち着かない、気分が悪い、嫌悪感があるという女性がいます。男性に対...

ハムスターがトイレ砂で砂浴びはOK?砂浴びの役割と対処法

ハムスターがトイレ砂で砂浴びをしてしまう事に頭を悩ませている飼い主さんもいるのではないでしょうか。ト...

No Image

女性の事、好きな人の事を思い出す男性の気持ちとタイミングとは

好きだった女性、付き合っていた女性など男性が好きな人を思い出す事はあるでしょう。どんな瞬間、どん...

先生の異動が発表される時期はいつ頃なのか

学校の先生は3年から5年在籍したのち異動するのが一般的です。正式発表の前には必ず内示されます...

猫の習性を知れば気持ちがわかる!面白い行動に隠された意味

猫を飼育しているとその独特な習性や行動を面白く感じたりと魅力をたくさん感じますよね。今猫が何を感...

ジムに必要な持ち物!バッグの選び方から便利グッズまでご紹介

運動不足解消のためにもジムへ通おう!となったら、ジム用のバッグ、ジムに必要な持ち物まで色々揃えなくて...

保育園に通園している子供が朝ごはんを食べない理由

保育園に通う子供が朝ごはんを食べない、ご飯を食べるのに時間がかかるとイライラしてしまうママも多いので...

雲の流れが早いのはなぜ?流れや動きと種類・天気の関係を解説

ふと空を見上げると、雲の流れが早いことに気がつく事もあります。雲の流れが速い時、天気にはどんな影響を...

野菜の水やりは夕方いいって本当?その理由とみずやりの仕方

野菜の水やりはいつあげるのが最適?夏の水やりは夕方がいいといわれますが、それは本当なのでしょうか?ま...

自転車の塗装とサビ取りを自分でする方法とサビから守るコツ

自転車の塗装やサビ取りは道具を用意して手順通り行えば、女性ひとりでも意外と簡単に行うことができます。...

絶叫系が苦手でも友達と遊園地を楽しみたいときの対処法と克服法

絶叫系が苦手でも友達と一緒に遊園地を楽しみたいと思う人は多いはずです。しかし、絶叫系が苦手な...

大学受験に失敗した人の立ち直り方!考えすぎないようにしよう

大学受験に失敗すると、「こんなはずではなかった。」と立ち直ることができない人も多いでしょう。...

動物や子供が嫌いな人はいる!その心理と人に言えないホンネとは

動物や子供が嫌いだったり、苦手だと感じている人もいるのは事実です。そう公言しまうと、「冷たい...

ワンカールパーマで失敗しないためのコツと防ぐためにできること

ワンカールパーマをかけたはずが失敗してしまったとお悩みのあなた。実は、ワンカールパーマとは失...

スポンサーリンク

1歳半で絵本を読まないのは?集中しないときは?

1歳半頃は様々なものに興味がある時期なので見守ってあげましょう

1歳頃になってくると、絵本をまだ読んでいなくても勝手にめくってしまったり、破ってしまったり、途中で違う事をやり始めてしまうことは当然です。
それが普通の成長だと思って見守ると気持ちにも余裕ができると思います。
読み聞かせなどをやっているイベントなどに行っても興味をもたなかったり、歩き始めるようになると更に他に興味がいってしまう子もいると思います。
しかし、全く興味がなかったような子が、2歳になる前に突然絵本が大好きになるような事も多くあります。

最後まで読む事に拘らずに、まだまだ色々なことに興味がある時期だから当たり前として接しましょう。

絵本の読み聞かせをやっているイベントなどに一緒に行きましょう

今まで興味をもっていなくても、他の子供達が絵本を読んでいたり、座って読み聞かせの時に聞いている姿を見せてあげます。
自然と興味が出てくるものですので、もしもなかなか興味をもたなかったとしても、他の子と比べたり無理強いはしないようにしましょう。

いつも見えるところに絵本をおきましょう

もしも絵本に興味がなかったとしても、目につくところで自分で手に取れるように絵本を置くことで、自分のペースで見てみたくなる時もあるかもしれません。

1歳半の子供に絵本を読まないのはもったいない!

他のもので遊びながら、しっかりと絵本の内容を聞いている事もあるそうです。
聞いていないようなそぶりで他の遊びをしていても、しっかりと聞いてくれている可能性があるようです。

もしも読んでいても聞いていないからという理由で諦めてしまい絵本を読んでいなかったとして、その子が話をするのも遅かったら、もしかしたら読まなかった事の影響なのかもしれないと申し訳なく思ってしまう事もあるようです。

焦らなくても3歳頃になればお話してくれるようになってくるとは思いますが、例え明らかに聞いていないとしても、2歳位までの小さなうちは読み続けていることが大切だとも言われているようです。
なので気にせずに焦らずに読み続けてあげましょう。

1歳半の子供が絵本に興味がないから読まないはやめよう!

絵本の読み聞かせの途中で子供が飽きたら止める

もしも読み聞かせをしている途中で、子供が他の遊びをしていたり、ぐずってしまったりし始めたら止めましょう。

無理強いして、無理やり読み聞かせを聞かせようとしても、イライラしてしまったり、子供にとっても楽しくないマイナスな感情を与えてしまいます。

子供にとって絵本を読んでいる時間は楽しい事に思えるように工夫しましょう。

興味がなさそうでも、たまには絵本の読み聞かせをする

子供が興味をもっていても、もっていなくても、たまには読み聞かせをするようにしましょう。

その子供に合った絵本を読む

その子の好きなものや、対象年齢も合っているかその子の年齢より低い簡単なものを読むようにすると、絵本の苦手意識がなくなって楽しいものだと認識しやすいかもしれません。

絵本が子供に与える影響とは

物事を絵本で覚える

子供は色々な言葉、名前などを覚えることが大好きです。

言葉や名前を覚えて、その意味も理解できるようになってくるので、自分で意味が分かって会話ができるようになってきます。

興味をもったものに対して指をさしたりする事も増えていきますので、名前などを教えてあげたり会話するようにして、言葉を更に発達できるようにしましょう。

いつもの生活の中で見たことのあるような物の名前や、動物、乗り物などの名前、特徴などが分かりやすい絵本が好きな子供が多いでしょう。

質問したりすると、指をさして答えてくれたりするので楽しいです。
音や鳴き声、単純な言葉などの繰り返しがあるような絵本なども人気があるようです。

生活に大切な習慣を絵本で覚える

食事の時間や、お昼寝の時間、歯を磨く時間、お風呂に入る時間などの生活のリズムや、歯を磨く大切さなどを題材にしている絵本などを読む事で、自分から楽しい生活習慣ができるキッカケになります。

赤ちゃんを絵本に興味をもたせるには?

絵本を指さしながら読むようにする

指をさしながら絵本を読んでいたら、子供も真似をして指をさすようになったりします。
絵本の中の動物や物に対して興味をもったり何かを聞きたがったりしても、指をさして訴えたりするようになってきます。

絵本を好きにさせる

絵本をグチャグチャにされてしまったり、破られたりしてしまう事もあるかもしれません。
しかし、もしも汚されたりするのがイヤで子供が触った時に、絵本を取りあげてしまいますと、この子供は自分から読まなくなってしまいます。
汚れてしまったり破れてしまう事もあるかもしれませんが、絵本の絵を見たりして楽しんだり自分からできるように自由に手に取れるようにしましょう。

自分のお気に入りの絵本が出てきて、同じ本ばかりを選んで見るようになっていたりします。