1歳半は絵本から成長する?読まないのはもったいない!

1歳半の子供に絵本の読み聞かせをしていると、他のものに興味が向くなどして集中しないこともあるでしょう。

でも、子供が嫌がったからと言って、絵本を読まないのはとてももったいないことなんです。

子供は絵本からいろんなことを学び、影響を受けるといいます。

そこで、絵本が子供に与える影響や効果、子供に絵本に興味をもたせる工夫などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

本音と建前が交差する顔の不思議、恋愛するなら左側ポジションで

コミュニケーションの場では常に本音と建前が交差するものですが、相手が本音なのか建前なのか、顔だけで判...

部屋のドアの隙間をなくしたいときに試したい方法

部屋のドアに隙間があると、寒い冬なんかは床下がスースーして寒いものです。なんとか隙間をなくしたい!と...

スーパーの店長が嫌い!アルバイト先の店長が嫌いな時の対処法

アルバイト先のスーパーの店長のことが嫌いで、この先どうしたらいいか悩んでいる人もいますよね。バイト先...

つけ麺スープの残りは美味しいダシ!残ったスープの活用法

ラーメンのつけ麺を食べると、どうしても最後にスープが残りますよね。たっぷりとダシの効いた美味...

雲の流れが早いのはなぜ?流れや動きと種類・天気の関係を解説

ふと空を見上げると、雲の流れが早いことに気がつく事もあります。雲の流れが速い時、天気にはどんな影響を...

父親・母親から受け継ぐ遺伝。二つの遺伝子の行方について

父親の遺伝が強いとか、母親からしか受け継がれない遺伝子があるとか、子供への遺伝については諸説様々あり...

部屋の掃除のやる気を出す方法。曲や時間や場所にこだわってみる

キレイな部屋は気持ちの良いものです。逆に部屋の中が散らかっていたり、物で溢れていると何となく落ち...

ベランダの目隠くしで隣の視線対策!おすすめの目隠し対策を紹介

賃貸マンションで生活している人の中には、ベランダ越しのお隣の視線や周囲の視線が嫌だと感じている人もい...

赤ちゃんの写真を取る時の色んなアイデアが欲しい

ただでさえ可愛い赤ちゃんが自分の子供だった場合は、その可愛さが3倍にも4倍にもなりますよね。そん...

綿のワンピースのしわをどうにかしたい!シワの伸ばし方や予防法

綿のワンピースにしわがついてしまった!?こんなときにはどうやってしわを伸ばしたらいいのでしょうか?...

石粉粘土で作る簡単ブローチ!陶器のようなかわいいアクセサリー

陶器のように見えるかわいいアクセサリーは、石粉粘土という粘土を使ってハンドメイドすることができます。...

猫がキャットタワーに登らないのはなぜ?登らない理由と対処法

飼っている猫のためにキャットタワーを購入してみたけど、全く猫が登らない。こんなお悩みを抱えている飼い...

yシャツの黄ばみを落とす重曹の使い方!頑固な黄ばみの落とし方

きれいに洗濯しているはずなのに、気付くと薄っすらと付いているYシャツの黄ばみ。特に襟周りが気にな...

大学生の美容院選びは値段から?選ぶポイントやかける平均金額

大学生が初めて美容院を選ぶときは、値段が一番気になるようです。学生ですものそれは大事ですよね。...

タコさんウインナーが広がらない悩みを解決。切り方にコツあり

お弁当のおかずの定番のタコさんウインナーですが、足の部分が上手く広がらないというお悩みはありませんか...

スポンサーリンク

1歳半で絵本を読まないのは?集中しないときは?

1歳半頃は様々なものに興味がある時期なので見守ってあげましょう

1歳頃になってくると、絵本をまだ読んでいなくても勝手にめくってしまったり、破ってしまったり、途中で違う事をやり始めてしまうことは当然です。
それが普通の成長だと思って見守ると気持ちにも余裕ができると思います。
読み聞かせなどをやっているイベントなどに行っても興味をもたなかったり、歩き始めるようになると更に他に興味がいってしまう子もいると思います。
しかし、全く興味がなかったような子が、2歳になる前に突然絵本が大好きになるような事も多くあります。

最後まで読む事に拘らずに、まだまだ色々なことに興味がある時期だから当たり前として接しましょう。

絵本の読み聞かせをやっているイベントなどに一緒に行きましょう

今まで興味をもっていなくても、他の子供達が絵本を読んでいたり、座って読み聞かせの時に聞いている姿を見せてあげます。
自然と興味が出てくるものですので、もしもなかなか興味をもたなかったとしても、他の子と比べたり無理強いはしないようにしましょう。

いつも見えるところに絵本をおきましょう

もしも絵本に興味がなかったとしても、目につくところで自分で手に取れるように絵本を置くことで、自分のペースで見てみたくなる時もあるかもしれません。

1歳半の子供に絵本を読まないのはもったいない!

他のもので遊びながら、しっかりと絵本の内容を聞いている事もあるそうです。
聞いていないようなそぶりで他の遊びをしていても、しっかりと聞いてくれている可能性があるようです。

もしも読んでいても聞いていないからという理由で諦めてしまい絵本を読んでいなかったとして、その子が話をするのも遅かったら、もしかしたら読まなかった事の影響なのかもしれないと申し訳なく思ってしまう事もあるようです。

焦らなくても3歳頃になればお話してくれるようになってくるとは思いますが、例え明らかに聞いていないとしても、2歳位までの小さなうちは読み続けていることが大切だとも言われているようです。
なので気にせずに焦らずに読み続けてあげましょう。

1歳半の子供が絵本に興味がないから読まないはやめよう!

絵本の読み聞かせの途中で子供が飽きたら止める

もしも読み聞かせをしている途中で、子供が他の遊びをしていたり、ぐずってしまったりし始めたら止めましょう。

無理強いして、無理やり読み聞かせを聞かせようとしても、イライラしてしまったり、子供にとっても楽しくないマイナスな感情を与えてしまいます。

子供にとって絵本を読んでいる時間は楽しい事に思えるように工夫しましょう。

興味がなさそうでも、たまには絵本の読み聞かせをする

子供が興味をもっていても、もっていなくても、たまには読み聞かせをするようにしましょう。

その子供に合った絵本を読む

その子の好きなものや、対象年齢も合っているかその子の年齢より低い簡単なものを読むようにすると、絵本の苦手意識がなくなって楽しいものだと認識しやすいかもしれません。

絵本が子供に与える影響とは

物事を絵本で覚える

子供は色々な言葉、名前などを覚えることが大好きです。

言葉や名前を覚えて、その意味も理解できるようになってくるので、自分で意味が分かって会話ができるようになってきます。

興味をもったものに対して指をさしたりする事も増えていきますので、名前などを教えてあげたり会話するようにして、言葉を更に発達できるようにしましょう。

いつもの生活の中で見たことのあるような物の名前や、動物、乗り物などの名前、特徴などが分かりやすい絵本が好きな子供が多いでしょう。

質問したりすると、指をさして答えてくれたりするので楽しいです。
音や鳴き声、単純な言葉などの繰り返しがあるような絵本なども人気があるようです。

生活に大切な習慣を絵本で覚える

食事の時間や、お昼寝の時間、歯を磨く時間、お風呂に入る時間などの生活のリズムや、歯を磨く大切さなどを題材にしている絵本などを読む事で、自分から楽しい生活習慣ができるキッカケになります。

赤ちゃんを絵本に興味をもたせるには?

絵本を指さしながら読むようにする

指をさしながら絵本を読んでいたら、子供も真似をして指をさすようになったりします。
絵本の中の動物や物に対して興味をもったり何かを聞きたがったりしても、指をさして訴えたりするようになってきます。

絵本を好きにさせる

絵本をグチャグチャにされてしまったり、破られたりしてしまう事もあるかもしれません。
しかし、もしも汚されたりするのがイヤで子供が触った時に、絵本を取りあげてしまいますと、この子供は自分から読まなくなってしまいます。
汚れてしまったり破れてしまう事もあるかもしれませんが、絵本の絵を見たりして楽しんだり自分からできるように自由に手に取れるようにしましょう。

自分のお気に入りの絵本が出てきて、同じ本ばかりを選んで見るようになっていたりします。