1歳半は絵本から成長する?読まないのはもったいない!

1歳半の子供に絵本の読み聞かせをしていると、他のものに興味が向くなどして集中しないこともあるでしょう。

でも、子供が嫌がったからと言って、絵本を読まないのはとてももったいないことなんです。

子供は絵本からいろんなことを学び、影響を受けるといいます。

そこで、絵本が子供に与える影響や効果、子供に絵本に興味をもたせる工夫などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

犬の鳴き声で気持ちがわかる!?クーンと鳴くときの気持ち

犬の鳴き声で「クーン」はどんなときにしてくるのでしょうか?子犬のうちなら可愛いクーンも大きくなってく...

犬の散歩を夜中にすることのメリットと注意点と危険への対策

昼間に散歩が出来ない、夜しか時間がないなどの理由で犬の散歩が夜中になってしまう場合もあるでしょう。...

見た目が怖い人で本当は優しい人の特徴と見た目通り怖い人の特徴

見た目が怖いけど、本当は優しいという人はいます。あなたの周りにもいませんか?人は見た目が9割...

授業中に寝るのがばれないコツと睡魔に打ち勝つ寝ない方法

授業中に寝るのがばれないコツはあるのでしょうか。寝る体勢や座席によっても先生にばれずに寝るコ...

男性の太ももの平均的な太さとは?細くするための方法も解説!

スピードスケートや自転車競技などのスポーツをしている人の太ももってかなり太く感じますが、男性の平均的...

クッキーに書くチョコペンのコツ【初心者向けスイーツレッスン】

プレゼント用にクッキーを作って、メッセージを入れる場合や、カワイイ模様を入れる時に使うのがチョコペン...

100均の材料でDIYアクセサリーハンドメイド初心者でも簡単

ハンドメイドでアクセサリーを作る方も多いですが、ハンドメイドの材料もいろいろと揃えると、市販のアクセ...

子犬の噛み癖は2ヶ月でもしっかりと直そう!その方法を教えます

生後2ヶ月のかわいい子犬。しかし、噛み癖に悩まされている飼い主も多いと言われています。しかし...

アイプチはアイシャドウの先?後?テカるのをなんとかしたい

アイプチしてからアイシャドウ?アイシャドウしてからアイプチ?今の主流は、アイシャドウから...

セラミックフライパンが焦げ付く原因は2つ!使い方に注意

表面が白くおしゃれな印象が強いセラミックフライパン。滑りが良く料理がしやすいフライパンですが、間...

サイン会で大好きな漫画家に差し入れする場合に注意することとは

大好きな漫画家のサイン会が開催されると聞くと、行ってみたくなりますよね。芸能人などのサイン会...

知り合いの父親が亡くなった時にかける言葉。ベストな言葉選び

友人や会社の人など身近な人の父親が亡くなったといういう突然の訃報に、なんて声を掛けていいのかよくわか...

スマホの自撮りでかわいく見せるコツ!テクニックでもっと好印象

今は多くの人がスマホを持ち、SNSなどに投稿する人も増えています。スマホで自撮りをする機会もますます...

あまのじゃくな性格になる原因とあまのじゃくを直す方法とは

あまのじゃくな性格になってしまう原因はあるのか。自分に愛情や関心を示してほしいのに、いざ相手が振...

風邪や熱があり寝るときの服装とは?寝巻きや布団のかけ方

風邪をひいてしまい寝るときにはどんな服装で眠るといいのでしょうか?寒いときには厚着をしたほう...

スポンサーリンク

1歳半で絵本を読まないのは?集中しないときは?

1歳半頃は様々なものに興味がある時期なので見守ってあげましょう

1歳頃になってくると、絵本をまだ読んでいなくても勝手にめくってしまったり、破ってしまったり、途中で違う事をやり始めてしまうことは当然です。
それが普通の成長だと思って見守ると気持ちにも余裕ができると思います。
読み聞かせなどをやっているイベントなどに行っても興味をもたなかったり、歩き始めるようになると更に他に興味がいってしまう子もいると思います。
しかし、全く興味がなかったような子が、2歳になる前に突然絵本が大好きになるような事も多くあります。

最後まで読む事に拘らずに、まだまだ色々なことに興味がある時期だから当たり前として接しましょう。

絵本の読み聞かせをやっているイベントなどに一緒に行きましょう

今まで興味をもっていなくても、他の子供達が絵本を読んでいたり、座って読み聞かせの時に聞いている姿を見せてあげます。
自然と興味が出てくるものですので、もしもなかなか興味をもたなかったとしても、他の子と比べたり無理強いはしないようにしましょう。

いつも見えるところに絵本をおきましょう

もしも絵本に興味がなかったとしても、目につくところで自分で手に取れるように絵本を置くことで、自分のペースで見てみたくなる時もあるかもしれません。

1歳半の子供に絵本を読まないのはもったいない!

他のもので遊びながら、しっかりと絵本の内容を聞いている事もあるそうです。
聞いていないようなそぶりで他の遊びをしていても、しっかりと聞いてくれている可能性があるようです。

もしも読んでいても聞いていないからという理由で諦めてしまい絵本を読んでいなかったとして、その子が話をするのも遅かったら、もしかしたら読まなかった事の影響なのかもしれないと申し訳なく思ってしまう事もあるようです。

焦らなくても3歳頃になればお話してくれるようになってくるとは思いますが、例え明らかに聞いていないとしても、2歳位までの小さなうちは読み続けていることが大切だとも言われているようです。
なので気にせずに焦らずに読み続けてあげましょう。

1歳半の子供が絵本に興味がないから読まないはやめよう!

絵本の読み聞かせの途中で子供が飽きたら止める

もしも読み聞かせをしている途中で、子供が他の遊びをしていたり、ぐずってしまったりし始めたら止めましょう。

無理強いして、無理やり読み聞かせを聞かせようとしても、イライラしてしまったり、子供にとっても楽しくないマイナスな感情を与えてしまいます。

子供にとって絵本を読んでいる時間は楽しい事に思えるように工夫しましょう。

興味がなさそうでも、たまには絵本の読み聞かせをする

子供が興味をもっていても、もっていなくても、たまには読み聞かせをするようにしましょう。

その子供に合った絵本を読む

その子の好きなものや、対象年齢も合っているかその子の年齢より低い簡単なものを読むようにすると、絵本の苦手意識がなくなって楽しいものだと認識しやすいかもしれません。

絵本が子供に与える影響とは

物事を絵本で覚える

子供は色々な言葉、名前などを覚えることが大好きです。

言葉や名前を覚えて、その意味も理解できるようになってくるので、自分で意味が分かって会話ができるようになってきます。

興味をもったものに対して指をさしたりする事も増えていきますので、名前などを教えてあげたり会話するようにして、言葉を更に発達できるようにしましょう。

いつもの生活の中で見たことのあるような物の名前や、動物、乗り物などの名前、特徴などが分かりやすい絵本が好きな子供が多いでしょう。

質問したりすると、指をさして答えてくれたりするので楽しいです。
音や鳴き声、単純な言葉などの繰り返しがあるような絵本なども人気があるようです。

生活に大切な習慣を絵本で覚える

食事の時間や、お昼寝の時間、歯を磨く時間、お風呂に入る時間などの生活のリズムや、歯を磨く大切さなどを題材にしている絵本などを読む事で、自分から楽しい生活習慣ができるキッカケになります。

赤ちゃんを絵本に興味をもたせるには?

絵本を指さしながら読むようにする

指をさしながら絵本を読んでいたら、子供も真似をして指をさすようになったりします。
絵本の中の動物や物に対して興味をもったり何かを聞きたがったりしても、指をさして訴えたりするようになってきます。

絵本を好きにさせる

絵本をグチャグチャにされてしまったり、破られたりしてしまう事もあるかもしれません。
しかし、もしも汚されたりするのがイヤで子供が触った時に、絵本を取りあげてしまいますと、この子供は自分から読まなくなってしまいます。
汚れてしまったり破れてしまう事もあるかもしれませんが、絵本の絵を見たりして楽しんだり自分からできるように自由に手に取れるようにしましょう。

自分のお気に入りの絵本が出てきて、同じ本ばかりを選んで見るようになっていたりします。