夫に無視される期間が長い場合の解決方法は「待つこと」

夫婦喧嘩をすると、夫が無視するというケースもありますが、その期間が長いとどうやって仲直りしたらいいのか悩んでしまいますよね。

自分が原因の場合は素直に謝ることもできますが、相手が悪くでも無視されるのがいやだったら自分が折れるしかないのでしょうか?

無視期間が長くなったら最悪離婚なんてことにもなる?夫に無視される期間が長い場合の解決方法を教えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

既読スルー!友達から既読無視される。友達の心理と思いつくこと

既読スルー。 ちょっと凹むけど、LINEは気軽なツールです。 あまり気にしないほうがいいと思いま...

旦那が怖い。話せない。それは異常な夫婦関係ですよ

旦那のことが怖い。 突然怒り出すから、話せない。意見を言うことは許されない。 そんな、夫婦関...

レジンの宇宙塗りの基本的な塗り方と綺麗なグラデーションのコツ

レジンアクセサリーで人気の宇宙塗りは、大人の女性でも身につけられるシックな仕上がりで深い色味がとても...

【水泳帽への名前付け】2種類の付け方とコツをご紹介します

プールのシーズンが始まると水泳帽や水着に名前を付けるようにと、園や小学校から連絡がきます。 し...

実家暮らしでのストレス!30代女性が感じる悩みと対処法

仕事を持つ30代の女性でも、実家暮らしの方は大勢います。 食事の心配はいりませんし、金銭的にも一人...

中学1年生くらいからの女子の反抗期!特徴と対処法・関わり方

娘が中学生になってからなんだか反抗的な態度を取る、返事もしないし口答えも多くなった・・・。こんな風に...

野菜の水やりは夕方いいって本当?その理由とみずやりの仕方

野菜の水やりはいつあげるのが最適?夏の水やりは夕方がいいといわれますが、それは本当なのでしょうか?ま...

作り置きの容器は消毒した方が安心安全!消毒してから保存しよう

作り置きおかずを作ったら容器に入れて冷蔵庫で保存をしますが、その容器、しっかり消毒していますか? ...

ジムスタッフとの会話を躊躇するより仲良くなる方がメリット大

運動不足解消やダイエット目的でジムに通っている方も多いと思いますが、ジムスタッフとトレーニング中会話...

寝坊をした時に使える言い訳【学校編】寝坊を防ぐ方法も解説

前の晩夜更かしをして寝坊しまい、学校にはなんて言い訳をしようかと考えてしまうこともあると思います。 ...

包丁の使い方の基本の握り方や姿勢と素材による切り方の違い

包丁は使い方の基本ができていなければ、調理も上達しません。 では、包丁の基本的な使い方とは、置...

柴犬が洋服を嫌がる時の対策!洋服を着せるメリットと嫌がる理由

柴犬に洋服を着せようと思っても、洋服を嫌がるためになかなか着てくれないこともありますよね。柴犬が洋服...

歌の習い事は子供に最適!得られる効果やメリットを解説

子供の習い事でも人気のある音楽系の習い事。「歌」もその1つではないでしょうか。 楽器を使って学...

塾や習い事を辞めるときの挨拶やマナーについて

塾や習い事を辞めるときの挨拶は、皆さんどうしていますか?入会するときは電話やメールだけではなく、直接...

アメフト部とチア部はアメリカスクールカーストのトップ?を調査

アメリカの高校を描いたドラマや映画を見ると、アメフト部やチア部が人気者で生徒のリーダー的存在というイ...

スポンサーリンク

夫と喧嘩して無視される期間が数日間と長い場合はどうすればいい?

夫と喧嘩して夫に無視されてしまうことありますよね。
また、無視されている期間が長ければ長いほど不安になるのではないでしょうか。

夫に無視されている期間が長い場合は「待つこと」も一つの対処法

無視されていると、相手の機嫌をとるために積極的に話しかけることありませんか?

ですが、話しかけることによって夫は「無視しても相手から話しかけてくるから、仲直りできるタイミングはいつでもある」と思ってしまい、無視を頻繁にするのかもしれません。
旦那さんの性格にもよりますが、同じように無視してみて旦那さんのほうから話しかけてくるのを待っていると、話しかけてくるかもしれません。

無視されると、その先喧嘩が長引かないように自分が折れることが多いと思いますが、時には相手の反応を待ってみるのも一つの方法です。

夫に無視される期間が長いと、離婚の可能性もある?

夫に無視され続けていると、「いつまで無視されるのかな」と考えたり、「このまま離婚するのかな」と考えてしまうことありますよね。

喧嘩の大きさは家庭によってさまざま、日数にもパターンがある

  • 最も多いのが、「2~3日程度」です。
    この程度の無視であれば、少しの間距離を置くことで、お互いに仲直りしたいという気持ちになりやすく、日常生活に戻りやすいのでしょう。
  • その次に多いのは、「1~2週間程度」です。
    この期間無視が続く場合は、腑に落ちない何かがあるのではないでしょうか。
    お互い維持を張らずに、冷静に話し合ってみてはいかがでしょうか。
  • また中には、「1ヶ月以上」も無視が続く場合があります。
    こうなってしまうと、離婚に繋がってしまう可能性もあります。
    コミュニケーション不足は、夫婦関係が上手くいかない大きな原因です。
    気持ちの整理をつけて、お互いに歩み寄る努力が必要です。

夫の長い無視期間を早く終わらせるためには待つことも必要

無視を続けられると、不安になったり悲しくなったり、時にはイライラすることもあると思います。

ですが、無視されている期間は「お互いに結論が出るまで、考えることができる期間」でもあるのです。

自分には自分のペースがあるように、夫にも夫のペースがあります。

自分はもう結論が出たからと言って急かしてしまうと、それが原因でまた喧嘩になってしまい、いつまでも喧嘩が終わらなくなってしまうかもしれません。

そのため「夫が結論を出す期間だから仕方ない」くらいの気持ちで待ってみてはいかがでしょうか。

待っている間に、夫も冷静になって考えてくれるかもしれません。

また、結論がまとまっていると、気持ちもすっきりして落ち着いて話し合うことができます。

夫が無視する時ってどんな心理状態なの?

夫が無視をするときには、自分の怒りを抑えるためであったり、怒りを相手に伝えるための意思表示をしていたりなど、さまざまな心理状態が考えられます。

自分の怒りを抑えるための無視である場合は、相手を自分の言葉で傷つけてしまいそうなときに、あえて無視をします。

また、常に冷静に理性的でありたいと思う男性であれば、こういった理由で無視をする傾向が強いでしょう。

もう一つ、怒りなどを伝えための意思表示である場合は、あなたの攻撃的な態度に対して怒りを表すために、無視をしている可能性が高いです。

また、怒りなどを伝えるための意思表示で無視をしている場合は、「これ以上自分を責めないで」「怒りを沈ませてほしい」「もうあなたのことを相手にしたくない」と思っていることが多いです。

どちらにしても、お互い冷静に落ち着いてから話したいと思っているでしょう。
そのため、夫が少し落ち着くまで待ってみてから、話しかけるようにしましょう。

夫無喧嘩で夫に無視されている場合の解決方法は?

夫婦喧嘩の解決法は「きっかけを作ること」が仲直りポイント

夫の好きな料理を作ってみる

仲直りのきっかけを作る上で、料理を作ることは効果的です。

仲直りしたいけれど、どんな言葉をかけたら良いかわからないときありますよね。

そんなときは、夫の好きな料理を作ってみてはいかがでしょうか。
夫も喜んで、機嫌が戻るかもしれません。

家族に間に入ってもらう

お互いに意地を張って中々仲直りできない場合は、子供などに間に入ってもらいましょう。
しかし、ある程度成長した子供なければ仲裁に入ってもらうことは難しいでしょう。
また、子供が嫌な思いをするかもしれませんので、注意が必要です。

とりあえず謝ってみる

無視の状況を変えるには、謝ることが手っ取り早いこともあります。

喧嘩の原因が、自分に非が無い場合もあるかもしれません。
ですが、そこは大人になって、無視したことについて謝りましょう。

夫も謝りやすい環境を作ってあげるために、まずは自分から謝って仲直りのきかっけを作りましょう。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691