大学生の美容院選びは値段から?選ぶポイントやかける平均金額

大学生が初めて美容院を選ぶときは、値段が一番気になるようです。学生ですものそれは大事ですよね。

では、大学生は美容院の値段はいくら以上だと高いと思うのでしょうか?選ぶポイントやかける平均金額とは?

また、モテたい男子大学生は美容院に行くのがオススメですよ!

そこで、大学生の美容院選びについて、値段など選ぶポイントやかける平均金額についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

親が過干渉!大学生になったら親は関わり過ぎずに子供に自立を!

大学生になっても親の過干渉で悩んでいるという人もいます。過干渉の親は、自分が過干渉だということに気が...

新卒と中途との待遇の違いと中途採用者が出世するための秘訣

新卒とは違って中途採用者に求められるのは即戦力。即戦力を期待されて入社しても、新卒よりも待遇が悪...

冬なのに湿度が高い?そんな場合の湿度を下げる簡単な方法!

冬の期間は湿度は低くなりますが、室内の湿度は高いということもあります。最近のマンションなどは...

市販のパック餅をつきたてに再現する3つの方法

スーパーに行くとパックに入った餅が売られていますが、そのパック入りの餅を、なんとつきたての餅に再現で...

返信が来ない!友達から返信が来ない時に考えられる原因

友達にメールやLINEを送ったのに中々返信が来ないこともありますよね。友達に嫌われてしまった?何かあ...

植物を育てるのが上手な人が実践!植物を元気に成長させる方法

部屋やお庭に植物があると見ているだけでも癒されますし、部屋やお庭の雰囲気もぐっとよくなりますし、花を...

運動会2歳児向けの障害物競争と障害物を作る際の注意点

幼稚園や保育園などの運動会では、2歳児が参加する障害物競争もあります。まだまだ体が未発達な2歳児...

1歳半は絵本から成長する?読まないのはもったいない!

1歳半の子供に絵本の読み聞かせをしていると、他のものに興味が向くなどして集中しないこともあるでしょう...

平成生まれと昭和生まれの違い!こんな言動が時代を感じる

高度経済成長時代に生まれた昭和生まれと、バブル崩壊後に生まれた人が多い平成生まれ。生まれた時代が...

ネットの友達と音信不通に。突然の別れに戸惑っています

ネット上の友達と突然連絡が取れなくなってしまった。音信不通になってしまったのは、どうしてでし...

寝坊をした時に使える言い訳【学校編】寝坊を防ぐ方法も解説

前の晩夜更かしをして寝坊しまい、学校にはなんて言い訳をしようかと考えてしまうこともあると思います。...

証明写真を撮る時は前髪は眉毛にかからないようにしよう!

就活で証明写真を撮ることがありますが、前髪は面接官への印象を与えるとても重要なポイントとなるので注意...

コンサートチケットの本人確認が増えている理由と注意点

コンサートチケットの中には、本人確認が必要なチケットがあります。私も最近体験しました。コンサート...

100均の材料でDIYアクセサリーハンドメイド初心者でも簡単

ハンドメイドでアクセサリーを作る方も多いですが、ハンドメイドの材料もいろいろと揃えると、市販のアクセ...

白シャツの黄ばみを重曹で綺麗に!衣類の黄ばみ汚れを落とす方法

着ようと思っていた白シャツに、黄ばみ汚れを見つけてしまった経験がある人もいますよね。旦那様やお子...

スポンサーリンク

大学生が初めて美容院を選ぶときは、値段重視!

美容院と言っても料金にかなり幅がありますよね。

大学生になってバイトを始めると、ある程度自分で自由に使えるお金も持つようになりますが、どんな美容院を選べばよいのでしょうか?

大学生が美容院を選ぶ時に重視するポイントを聞いてみると「値段」「雰囲気」「美容師のスキル」などという回答がありました。

中でも「値段」と答えた人が多く、おしゃれな髪型にしたいものの、できるだけ安くしたいというのが本音なのかもしれません。

しかし、あまり安い料金の美容院も心配になるようです。だからといって高すぎるのも困るという人が多いのではないでしょうか?

「雰囲気」と答えた人は、やはりセンス重視のようです。カットだけなら1時間もかからないかもしれませんが、パーマやカラーとなると時間もかかります。居心地の良さを求めるのもわかりますね。

大学生に聞いた!美容院の値段はいくら以上だと高い?

美容院のカット代金は担当者を指名すると高くなることがありますが、大学生にとっていくら以上になると「高い」と感じるのでしょうか?

カットにはシャンプーやブローも含まれますが、3,000円以上となると高いと感じる人が多いようです。

特に男性の場合は床屋の代金と比較してしまうので、3,000円以上になると高いと感じてしまうのかもしれません。

反対に女性の場合は5,000円以上となると高いと感じる人が多いようです。「髪は女の命」とは言いますが、髪の毛に5,000円以上かけるのはきついと感じる人もいるようです。

5,000円でも技術が高い人ならいいという人もいるようですが、もしそうじゃない人に当たったらと考えると高いと感じるのかもしれませんね。

女子大学生の美容院選びのポイントは?平均の値段と回数は?

大学生でも女子と男子では美容院選びのポイントも違うでしょう。

女子の場合は値段も重要ですが、それ以上にお店の雰囲気を重視するようです。

もちろん美容師の技術や評判も大切ですが、見た目の雰囲気を大切にする女性が多いといいます。

今では美容院を選ぶために検索サイトが使われているようですが、おしゃれな美容院を選ぶ人も多いとか。

また、値段についてはばらつきがあり、平均的には3,000~8,000円くらい使っているようです。

カットのみであれば3,000円くらいなのかもしれませんが、カラーやパーマとなると最低でも5,000円以上かかってしまうでしょう。

少しでも安く済ませた女子大学生は、カットモデルなども利用しているようです。

美容院へ行く回数については、毎月ではなく数ヶ月に一度行く人が多く、カラーリングをしている人は地毛が目立ってくると行かなくてはいけないからかもしれません。

髪の毛を伸ばしているという人でも傷みの問題もあるため、少なくても半年に一度は美容院へ行っているようです。

男子大学生の場合、美容院にいくらかける?

男子大学生の場合はカットのみの人が多いので、美容院にかける金額も女子大学生よりも低いようです。

カットのためにどのくらいの金額の美容院へ行っているのかを聞いてみると、一番多かったのは「1,000円」でした。その次は「2,000円」、「3,000円」となっているようで、女性に比べると安いですよね。

男子大学生の場合は、髪を切るためならそのくらいが妥当だと考えているのかもしれません。また、1,000円カットでも腕がいい人はたくさんいると答えた人もいるようです。

学生割引が使えるから安く済むという人もいました。また3,000円くらいでも自宅の近くで居心地も良いから妥当だと思うという人もいます。

髪の長さやカットに行く頻度、ファッションに興味があるかどうかによっても美容院にかけるお金は変わるのかもしれませんね。

モテたい男子大学生は美容院に行こう!

大学生になって少しでもモテたいのであれば、床屋ではなく美容院デビューをしましょう。

初めて美容院へ行く時は緊張するかもしれません。しかし、美容院に行くだけで今までの自分を変えることができるかもしれないのです。

イケメンであれば黙っててもモテますが、そうじゃない場合は顔の雰囲気で勝負しましょう。

顔が特別かっこいいわけではないけど、かっこよく見える人っていませんでしたか?それは髪型と眉毛に関係があるのです。

腕のいい美容師さんにお願いしてかっこいい髪形にしてもらい、眉毛も整えてもらいましょう。そうするだけでイケメンに近づくことができるのです。

また、美容室にはいろいろなファッション雑誌が置かれています。待ち時間の間に読んでみましょう。

今まではファッションに興味がなかった人でも、自分が変わることによって興味が出てきます。美容室でファッションの勉強をしましょう。

もしわからないことがあったら、美容師さんに聞いてみてもよいでしょう。美容師さんっておしゃれな人が多いですよね?

美容院で自分を変えてみましょう。そうすれば性格も積極的になってきて、女子にどんどん話しかけることができるようになるかも?