大学生の美容院選びは値段から?選ぶポイントやかける平均金額

大学生が初めて美容院を選ぶときは、値段が一番気になるようです。学生ですものそれは大事ですよね。

では、大学生は美容院の値段はいくら以上だと高いと思うのでしょうか?選ぶポイントやかける平均金額とは?

また、モテたい男子大学生は美容院に行くのがオススメですよ!

そこで、大学生の美容院選びについて、値段など選ぶポイントやかける平均金額についてまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

オービスが50キロオーバーで光った!恐怖の罰金の金額とは

車を運転していてついスピードが出てしまうことはありますが、50キロオーバーでオービスが光った場合はシ...

ハムスターの疑似冬眠は時間が勝負!適切な処置をしよう

ハムスターには「疑似冬眠」があり、もしそうだった場合は時間が勝負です。すぐに適切な処置をしないと...

シナモンが苦手!美味しく食べられる食べ方は?おいしいレシピ

シナモンが苦手で日頃からあまり食べないという人もいますよね。ですが、シナモンを食べられるようになりた...

コミケに向かう電車は混雑必須!初心者が参加する際の心構え

東京ビックサイトで開催されるコミックマーケット、通称「コミケ」。 毎年多くの人が来場するイベント...

魚のアラは正しい下処理で臭みなく!魚の味噌汁の作り方

魚のアラを使った味噌汁はお店などで食べるととても美味しいですが、いざ自分で調理しようと思うと、アラの...

夫が育児に協力的!イクメンの特徴と育児に非協力的な時の考え方

夫が家事や育児に協力的だとママもとっても助かりますよね!子供のお世話や家事に追われている時に夫が助け...

セラミックのフライパンが焦げる理由と正しいお手入れ方法

焦げないことがメリットのセラミックのフライパン。しかし、実際に使ってみると「焦げた」という人が多いと...

部活で運動量の多い高校生のお弁当。がっつり男子弁当

部活をしている男子のお弁当はとにかくボリュームが大切です。少ない量やあっさりとしたおかずばかりでは、...

猫が尻尾の付け根を嫌がる理由とは?猫の急所を紹介します

猫は尻尾の付け根を触られると嫌がるのはどうして?実家の猫は尻尾の付け根を撫でると喜んでいたような…?...

社会人の腕時計の値段の相場とは?年代や職種による値段の捉え方

社会人になると、学生の頃に身に付けていた腕時計がしっくりこない場合があります。新たに腕時計を買い...

食事中に鼻をかむのはマナー違反だと思うか聞いてみた!

ラーメンや、辛いものを食べると鼻水が止まらないことってありますよね。食事中に鼻をかむのってど...

テニスの点数の仕組みを理解して、10倍楽しく試合を見よう

テレビでテニスの試合を見ていると、野球やサッカーとは違った点数の仕組みがよくわからない人も多いのでは...

【卒業旅行】大学生最後に卒業旅行に行かないと後悔することも!

大学を卒業した時、気の合う友達や恋人と卒業旅行に行くという人もいますよね。ですが、誰もがみんな卒業旅...

女子の財布は黒じゃダメ?開運アップする財布のカラーについて

女子が持つ財布の色は?ピンクなどのかわいいカラーが人気の一方で、定番の黒もよく使われているそうです。...

コンサートチケットの本人確認が増えている理由と注意点

コンサートチケットの中には、本人確認が必要なチケットがあります。私も最近体験しました。コンサート...

スポンサーリンク

大学生が初めて美容院を選ぶときは、値段重視!

美容院と言っても料金にかなり幅がありますよね。

大学生になってバイトを始めると、ある程度自分で自由に使えるお金も持つようになりますが、どんな美容院を選べばよいのでしょうか?

大学生が美容院を選ぶ時に重視するポイントを聞いてみると「値段」「雰囲気」「美容師のスキル」などという回答がありました。

中でも「値段」と答えた人が多く、おしゃれな髪型にしたいものの、できるだけ安くしたいというのが本音なのかもしれません。

しかし、あまり安い料金の美容院も心配になるようです。だからといって高すぎるのも困るという人が多いのではないでしょうか?

「雰囲気」と答えた人は、やはりセンス重視のようです。カットだけなら1時間もかからないかもしれませんが、パーマやカラーとなると時間もかかります。居心地の良さを求めるのもわかりますね。

大学生に聞いた!美容院の値段はいくら以上だと高い?

美容院のカット代金は担当者を指名すると高くなることがありますが、大学生にとっていくら以上になると「高い」と感じるのでしょうか?

カットにはシャンプーやブローも含まれますが、3,000円以上となると高いと感じる人が多いようです。

特に男性の場合は床屋の代金と比較してしまうので、3,000円以上になると高いと感じてしまうのかもしれません。

反対に女性の場合は5,000円以上となると高いと感じる人が多いようです。「髪は女の命」とは言いますが、髪の毛に5,000円以上かけるのはきついと感じる人もいるようです。

5,000円でも技術が高い人ならいいという人もいるようですが、もしそうじゃない人に当たったらと考えると高いと感じるのかもしれませんね。

女子大学生の美容院選びのポイントは?平均の値段と回数は?

大学生でも女子と男子では美容院選びのポイントも違うでしょう。

女子の場合は値段も重要ですが、それ以上にお店の雰囲気を重視するようです。

もちろん美容師の技術や評判も大切ですが、見た目の雰囲気を大切にする女性が多いといいます。

今では美容院を選ぶために検索サイトが使われているようですが、おしゃれな美容院を選ぶ人も多いとか。

また、値段についてはばらつきがあり、平均的には3,000~8,000円くらい使っているようです。

カットのみであれば3,000円くらいなのかもしれませんが、カラーやパーマとなると最低でも5,000円以上かかってしまうでしょう。

少しでも安く済ませた女子大学生は、カットモデルなども利用しているようです。

美容院へ行く回数については、毎月ではなく数ヶ月に一度行く人が多く、カラーリングをしている人は地毛が目立ってくると行かなくてはいけないからかもしれません。

髪の毛を伸ばしているという人でも傷みの問題もあるため、少なくても半年に一度は美容院へ行っているようです。

男子大学生の場合、美容院にいくらかける?

男子大学生の場合はカットのみの人が多いので、美容院にかける金額も女子大学生よりも低いようです。

カットのためにどのくらいの金額の美容院へ行っているのかを聞いてみると、一番多かったのは「1,000円」でした。その次は「2,000円」、「3,000円」となっているようで、女性に比べると安いですよね。

男子大学生の場合は、髪を切るためならそのくらいが妥当だと考えているのかもしれません。また、1,000円カットでも腕がいい人はたくさんいると答えた人もいるようです。

学生割引が使えるから安く済むという人もいました。また3,000円くらいでも自宅の近くで居心地も良いから妥当だと思うという人もいます。

髪の長さやカットに行く頻度、ファッションに興味があるかどうかによっても美容院にかけるお金は変わるのかもしれませんね。

モテたい男子大学生は美容院に行こう!

大学生になって少しでもモテたいのであれば、床屋ではなく美容院デビューをしましょう。

初めて美容院へ行く時は緊張するかもしれません。しかし、美容院に行くだけで今までの自分を変えることができるかもしれないのです。

イケメンであれば黙っててもモテますが、そうじゃない場合は顔の雰囲気で勝負しましょう。

顔が特別かっこいいわけではないけど、かっこよく見える人っていませんでしたか?それは髪型と眉毛に関係があるのです。

腕のいい美容師さんにお願いしてかっこいい髪形にしてもらい、眉毛も整えてもらいましょう。そうするだけでイケメンに近づくことができるのです。

また、美容室にはいろいろなファッション雑誌が置かれています。待ち時間の間に読んでみましょう。

今まではファッションに興味がなかった人でも、自分が変わることによって興味が出てきます。美容室でファッションの勉強をしましょう。

もしわからないことがあったら、美容師さんに聞いてみてもよいでしょう。美容師さんっておしゃれな人が多いですよね?

美容院で自分を変えてみましょう。そうすれば性格も積極的になってきて、女子にどんどん話しかけることができるようになるかも?