日本の民族衣装「和服」と男性和服のオシャレなスタイルとは!

日本の民族衣装「和服」。
主に男性や子供が着る甚平なども、伝統的な日本在来の衣服です。

この和服についてや、男性和服のオシャレなスタイルを紹介します!

また、日本人男性が女性に着てほしい民族衣装について。そして、男性の間で着物が流行っているのか、食事の仕方などの男性の和服着物で気をつける事などもまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ゆるふわの巻き方でボブをふんわりともっと可愛くする方法

ふんわりとしたボブってとても魅力的です。こんな髪型になりたいと思っている女性も多いはずです。ボブ...

栄養満点バナナの美味しい食べ方と長持保存方法!

バナナって手頃に食べられて美味しいですよね。そのままでも十分に美味しいバナナですが、食べ方によっては...

アメリカの結婚式は招待状から式のスタイルまで日本とは大違い!

アメリカの結婚式について調べてみたところ、招待状からその式のスタイルまで日本とは大きく違うことが分か...

化学か物理かどっちを選択するかで迷った時の考え方

理系生徒が授業選択や受験科目を選択する時に悩むのが、化学か物理のどっちにするかです。私立の理...

独身者が多い会社にはこんな理由が!?日本のリアル結婚事情

会社によって独身者が多い会社、逆に既婚者が多い会社というのはあるのでしょうか?調べてみると、やは...

文房具をアレンジで簡単可愛くさせるコツ!仕事の効率もアップ

文房具は簡単にアレンジするだけで自分だけのオリジナル文房具へと変身できちゃいます。では、簡単...

コンサートチケットの本人確認が増えている理由と注意点

コンサートチケットの中には、本人確認が必要なチケットがあります。私も最近体験しました。コンサート...

学校が楽しくないと一年生になって登校拒否してしまう背景

小学校一年生になって楽しく学校に通っていると思いきや、「学校が楽しくない、行きたくない」とある日突然...

女性が限定に弱い心理とは…。理由と限定に弱いタイプ人の特徴

店頭に並ぶ『限定品』やカフェの『期間限定商品』などには、つい目が行ってしまいますよね。特に女性は限定...

No Image

ヒールの高さは身長に合わせるのが一番!その計算方法を紹介

日本人女性の平均身長が158センチですが、少しでも足を長く見せたい、スタイルをよくみせたいと高いヒー...

幼稚園の年少さんに通園し始めたが友達が出来ない時の解決策

4月から幼稚園の年少さんになり楽しい幼稚園生活を送ってほしいと願うママも多いですよね。しかし友達が出...

つけ麺スープの残りは美味しいダシ!残ったスープの活用法

ラーメンのつけ麺を食べると、どうしても最後にスープが残りますよね。たっぷりとダシの効いた美味...

日光の代わりにライトで植物を育成!おすすめライトの選び方

室内で植物を育ててみたいけど、日当たりの良い場所が確保できないという理由で育てるのを諦めている方はい...

小学校のバザーに出すもので、手作りの場合のポイント!

小学校でバザーはありますか?学校によって色んな細かいルールはあるようですが、子供のためならと...

お昼のコンビニに飽きたからお弁当生活に!時短弁当のコツ

働く女子の皆さんは、お昼はどのようなものを食べていますか?近くの飲食店で外食、コンビニのお弁...

スポンサーリンク

主に男性や子供が着る甚平など、日本の民族衣装「和服」について

日本の民族衣装といえば和服です。
近年、男性が着物を着ている姿はあまり見かけませんが、甚平などは一時ブームにもなりました。

もちろん、あれも日本の民族衣装のうちの一つです。

甚平は主に男性や子供の和服の部屋着です。
袖も裾も短いので、夏に着る事が多いです。
上衣は羽織のようになっていて、脇についている紐を結んで着用します。
下は半ズボンになっています。
着用時の楽さと涼しさから見直されて、最近では夏になるとお店で良く見かけます。

他にも日本の和服としては、着物はもちろん、浴衣や袴があります。

夏祭りなどで女性が浴衣を着ているのは良く見かけますよね。
男性も着ている方が増えてきたような気がします。

浴衣というのは着物をラフにしたもので、元々は湯上りに着る室内着です。
温泉旅館にいくと良く置いてありますよね。

普通の着物よりも簡単に着付けること出来るので、最近は海外の観光客からも人気を集めています。

袴は、和装の時に腰より下を覆うようにして着用するものです。
剣道で着用しているスカートのようなものも袴です。
近年では学校の卒業式などのイベントで着られる事が多いです。

着物は女性が着ているのを見かけることはありますが、男性が着ている姿はほとんど見ることがなくなりました。
冠婚葬祭など正装するときに着る事が多いです。

日本の民族衣装「和装」の男性のオシャレなスタイルとは!

男性の着物姿はほとんど見かけなくなってしまいました。

外出着としての男性の和装スタイルは、着物と羽織が基本になります。
このセットは洋装でいうスーツ、もしくはそれ以上の正装になります。

羽織はスーツでいうジャケットにあたるものですので、これを羽織るだけで、きちんとした上品な印象を与えます。

初詣や新年会などには和装がぴったりです。
また、結婚披露宴なども、スーツの男性が多いので着物と羽織で出席すると喜んでいただけることでしょう。

もし、目上の方や礼儀を尽くしたい時には袴を着用すると、より失礼のない装いになります。

足袋の色を白にすることで、準礼装な装いになります。

とりあえず和装を始めてみようと思う方は、「紬(つむぎ)」とよばれる織り方の着物と羽織をおすすめします。
よそ行きとしても使えますし、羽織を着なければカジュアルにも使うことが出来ます。

日本人男性が女性に着てほしい民族衣装とは!

海外旅行などに行くと、それぞれの国に民族衣装があり、一度は袖を通してみたくなりますよね?

女性よりも男性の方が「着てみたい!」と思う人は少ないようですが、それでも多くの人が民族衣装を機会があれば着てみたいと思っているようです。

アジア各国の民族衣装の中で最も人気があるのが「アオザイ」です。

アオザイはベトナムの民族衣装で、長い丈の上衣に長ズボンを組み合わせて着用します。上衣にある腰の辺りまではいったスリットが、風にそよぐ姿が女性らしさを感じさせる、とても美しい民族衣装です。

他にもインドの「サリー」や韓国の「チマチョゴリ」、中国の「チャイナ服」も人気があります。

人気の理由はどれも「美しいから」というものが圧倒的に多く、男性が女性に来て欲しいと思うのも同様の理由からだそうです。

男性の間で着物が流行っているって本当?

たまにメディアで話題になる「男性の間で着物が流行してる」って本当なのでしょうか?
正直、普段見かけることはほとんど無く、その信憑性は微妙な感じです。

着物はあまり見かけませんが、甚平姿の男性はすごく増えたと感じています。

また、夏祭りで浴衣を着ている男性も以前より見かけるようになったかもしれません。
浴衣のカップルをみると、なんだか羨ましくなりますね。

実際、暖かくなると甚平や男性物の浴衣が店頭に並びだしますが、昔よりずっと品数が多い気がしますし、目立つ場所に並んでいたりします。

ということは、需要があるということなので、やはり流行っているということなのでしょうか。

着実に勢力を伸ばしているような感じは受けます。

個人的には男性の和装姿は大歓迎です。
普段の洋装の姿とは違ってなんだか少し上品に見えますし、艶っぽく感じませんか?

食事の仕方など、男性の和服着物で気をつける事とは!

普段和服を着ない方だと、食事の時には面倒に思うかもしれません。
着物は絹で出来ているものが多いので、食事の汚れがつかないように気をつける必要があります。

手ぬぐいを用意して膝の上にかけると良いでしょう。

また、袖も普段と違い食べ物につきやすいので気をつけます。
飲み物も引っ掛けてしまわぬように、少し遠くに置くとよいでしょう。

物を取るときは、袖に気をつけます。
手で袂と呼ばれる袖の下を持ち上げましょう。

上のものを掴む時は、腕が丸見えになっては格好悪いので、もう一方の手を袖口に添えて下がらないようにします。

女性が袖口の広い服を着た時の姿を思い出すと、わかりやすいかもしれません。