日本の民族衣装「和服」と男性和服のオシャレなスタイルとは!

日本の民族衣装「和服」。
主に男性や子供が着る甚平なども、伝統的な日本在来の衣服です。

この和服についてや、男性和服のオシャレなスタイルを紹介します!

また、日本人男性が女性に着てほしい民族衣装について。そして、男性の間で着物が流行っているのか、食事の仕方などの男性の和服着物で気をつける事などもまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

金魚の水槽を掃除いらずにすることは可能?綺麗な水槽を保つコツ

金魚飼育でもっとも大変な作業が、水槽掃除です。掃除いらずの水槽が作れたら…と思う方も多いのではないで...

目を大きくする方法は?子供も大人も気になるその方法を紹介!

目を大きくする方法が知りたい! 子供の目が小さいから大きくする方法を知りたい人、また、大人でも目を...

嫉妬や妬みの違いとは?嫉妬や妬みに隠れた心理を紹介します

誰にでもある嫉妬や妬み・・このふたつの気持ちにはどのような違いがあるのでしょうか? 気にしなけ...

岩塩がピンク色をしているのはなぜ?人気のヒマラヤ岩塩とは

ピンク色をしている岩塩を見たことがある人もいるでしょう。普通の塩は白い色なのに、なぜ岩塩がピンク色を...

目薬の差し方には裏技があります。上手く差すコツと正しい使い方

目薬を差すのが苦手という人もいますね。目に入ってくるのが見えるのですから当然です。 ですが場合...

お葬式に出席する場合の香典の渡し方と服装のマナーを理解しよう

お葬式に出席することになった場合、香典袋はどれがいいのか、渡す時のタイミングや渡し方はどうしたらいい...

絵の題材に迷った時の決め方!まずは好きな物を思い浮かべよう

これから絵を描こうと紙を前にした時、何を描くべきか題材で悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。...

目の疲労回復グッズにはどんなものがある?目の疲れ対策

目の疲労回復に役立つのはどのようなグッズなのでしょうか?目が疲れていると、肩が凝ってしまったり、頭痛...

セラミックのフライパンが焦げる理由と正しいお手入れ方法

焦げないことがメリットのセラミックのフライパン。しかし、実際に使ってみると「焦げた」という人が多いと...

化学か物理かどっちを選択するかで迷った時の考え方

理系生徒が授業選択や受験科目を選択する時に悩むのが、化学か物理のどっちにするかです。 私立の理...

おにぎりを三角にするコツとは?手の形と角度の付け方

おにぎりといえば三角型が定番ですが、丸型しかできず三角に作れないという方もいるのではないでしょうか。...

ミョウガの収穫時期は?夏ミョウガと秋ミョウガの収穫と栽培方法

家庭菜園でミョウガを育てている人の中には、家庭菜園初心者の方もいますよね。ミョウガの収穫時期について...

騒音問題を管理会社へ伝えた後の手紙の効果と問題解決に向けて

マンションで多い騒音の悩み。問題を解決してほしいと管理会社に連絡を入れた場合、騒音被害を訴えるやり方...

お札の数え方!縦読み横読みの手の動きと指の動かし方

銀行員の人はお札の数え方が上手ですが、どう手を動かしてあんなに素早くお札を数えることができるのかと気...

ブリッジのやり方を子供に教えるときのコツや続ける効果とは

ブリッジのやり方を子供に教えるときには、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか? では、子供...

スポンサーリンク

主に男性や子供が着る甚平など、日本の民族衣装「和服」について

日本の民族衣装といえば和服です。
近年、男性が着物を着ている姿はあまり見かけませんが、甚平などは一時ブームにもなりました。

もちろん、あれも日本の民族衣装のうちの一つです。

甚平は主に男性や子供の和服の部屋着です。
袖も裾も短いので、夏に着る事が多いです。
上衣は羽織のようになっていて、脇についている紐を結んで着用します。
下は半ズボンになっています。
着用時の楽さと涼しさから見直されて、最近では夏になるとお店で良く見かけます。

他にも日本の和服としては、着物はもちろん、浴衣や袴があります。

夏祭りなどで女性が浴衣を着ているのは良く見かけますよね。
男性も着ている方が増えてきたような気がします。

浴衣というのは着物をラフにしたもので、元々は湯上りに着る室内着です。
温泉旅館にいくと良く置いてありますよね。

普通の着物よりも簡単に着付けること出来るので、最近は海外の観光客からも人気を集めています。

袴は、和装の時に腰より下を覆うようにして着用するものです。
剣道で着用しているスカートのようなものも袴です。
近年では学校の卒業式などのイベントで着られる事が多いです。

着物は女性が着ているのを見かけることはありますが、男性が着ている姿はほとんど見ることがなくなりました。
冠婚葬祭など正装するときに着る事が多いです。

日本の民族衣装「和装」の男性のオシャレなスタイルとは!

男性の着物姿はほとんど見かけなくなってしまいました。

外出着としての男性の和装スタイルは、着物と羽織が基本になります。
このセットは洋装でいうスーツ、もしくはそれ以上の正装になります。

羽織はスーツでいうジャケットにあたるものですので、これを羽織るだけで、きちんとした上品な印象を与えます。

初詣や新年会などには和装がぴったりです。
また、結婚披露宴なども、スーツの男性が多いので着物と羽織で出席すると喜んでいただけることでしょう。

もし、目上の方や礼儀を尽くしたい時には袴を着用すると、より失礼のない装いになります。

足袋の色を白にすることで、準礼装な装いになります。

とりあえず和装を始めてみようと思う方は、「紬(つむぎ)」とよばれる織り方の着物と羽織をおすすめします。
よそ行きとしても使えますし、羽織を着なければカジュアルにも使うことが出来ます。

日本人男性が女性に着てほしい民族衣装とは!

海外旅行などに行くと、それぞれの国に民族衣装があり、一度は袖を通してみたくなりますよね?

女性よりも男性の方が「着てみたい!」と思う人は少ないようですが、それでも多くの人が民族衣装を機会があれば着てみたいと思っているようです。

アジア各国の民族衣装の中で最も人気があるのが「アオザイ」です。

アオザイはベトナムの民族衣装で、長い丈の上衣に長ズボンを組み合わせて着用します。上衣にある腰の辺りまではいったスリットが、風にそよぐ姿が女性らしさを感じさせる、とても美しい民族衣装です。

他にもインドの「サリー」や韓国の「チマチョゴリ」、中国の「チャイナ服」も人気があります。

人気の理由はどれも「美しいから」というものが圧倒的に多く、男性が女性に来て欲しいと思うのも同様の理由からだそうです。

男性の間で着物が流行っているって本当?

たまにメディアで話題になる「男性の間で着物が流行してる」って本当なのでしょうか?
正直、普段見かけることはほとんど無く、その信憑性は微妙な感じです。

着物はあまり見かけませんが、甚平姿の男性はすごく増えたと感じています。

また、夏祭りで浴衣を着ている男性も以前より見かけるようになったかもしれません。
浴衣のカップルをみると、なんだか羨ましくなりますね。

実際、暖かくなると甚平や男性物の浴衣が店頭に並びだしますが、昔よりずっと品数が多い気がしますし、目立つ場所に並んでいたりします。

ということは、需要があるということなので、やはり流行っているということなのでしょうか。

着実に勢力を伸ばしているような感じは受けます。

個人的には男性の和装姿は大歓迎です。
普段の洋装の姿とは違ってなんだか少し上品に見えますし、艶っぽく感じませんか?

食事の仕方など、男性の和服着物で気をつける事とは!

普段和服を着ない方だと、食事の時には面倒に思うかもしれません。
着物は絹で出来ているものが多いので、食事の汚れがつかないように気をつける必要があります。

手ぬぐいを用意して膝の上にかけると良いでしょう。

また、袖も普段と違い食べ物につきやすいので気をつけます。
飲み物も引っ掛けてしまわぬように、少し遠くに置くとよいでしょう。

物を取るときは、袖に気をつけます。
手で袂と呼ばれる袖の下を持ち上げましょう。

上のものを掴む時は、腕が丸見えになっては格好悪いので、もう一方の手を袖口に添えて下がらないようにします。

女性が袖口の広い服を着た時の姿を思い出すと、わかりやすいかもしれません。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function set_post_views() in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php:691 Stack trace: #0 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-includes/template-loader.php(106): include() #1 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/c1908923/...') #2 /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/index.php(17): require('/home/c1908923/...') #3 {main} thrown in /home/c1908923/public_html/toikotae.jp/wp-content/themes/the-thor-child/single.php on line 691